主にワンコ同伴のお出掛け情報

2016年3月
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
PROFILE
管理人・光

兵庫県出身、高知県を経て岡山県在住。

デコさん♂

実家の先々代犬、雑種のデコさんです。

アイちゃん♀

実家の先代犬、柴のアイです。1992/10/30生まれ。

愛 ♀

2004/09/16生まれ。ユメの子供で唯一兵庫県外に行きました。愛媛のカコママさんちで4ヨーキーと一緒に暮らした後、現在は私と一緒に暮らしています。

キキ ♀

愛媛県出身。コニーちゃんの娘。高知ショコラの双子の姉。2006年5月末から愛と一緒に私の所で暮らしています。

CATEGORY
RECENT
LINK
ARCHIVES
2016年03月分(1)
2013年10月分(2)
2013年06月分(2)
2012年05月分(1)
2012年02月分(2)
2012年01月分(4)
2011年12月分(1)
2011年11月分(2)
2011年10月分(4)
2011年09月分(1)
2011年08月分(2)
2011年07月分(3)
2011年06月分(2)
2011年05月分(5)
2011年03月分(2)
2011年02月分(1)
2011年01月分(14)
2010年12月分(6)
2010年11月分(9)
2010年10月分(6)
2010年09月分(3)
2010年08月分(4)
2010年07月分(5)
2010年06月分(3)
2010年05月分(5)
2010年03月分(2)
2010年02月分(3)
2010年01月分(3)
2009年12月分(1)
2009年11月分(2)
2009年10月分(2)
2009年09月分(1)
2009年08月分(1)
2009年07月分(3)
2009年06月分(3)
2009年05月分(8)
2009年04月分(9)
2009年02月分(2)
2009年01月分(5)
2008年12月分(2)
2008年11月分(9)
2008年10月分(13)
2008年09月分(5)
2008年06月分(1)
2008年05月分(4)
2008年03月分(3)
2008年01月分(1)
2007年11月分(2)
2007年10月分(3)
2007年08月分(9)
2007年07月分(4)
2007年04月分(2)
2007年03月分(4)
2007年02月分(3)
2007年01月分(10)
2006年12月分(9)
2006年11月分(6)
2006年10月分(8)
2006年09月分(21)
2006年08月分(8)
2006年07月分(1)
2006年05月分(2)
2006年03月分(2)
2006年02月分(3)
2006年01月分(1)
2005年12月分(2)
2005年11月分(6)
2005年10月分(2)
SEARCH
PR




2011/02/10
犬インフルエンザ

楽天トラベルのメルマガに犖い離ぅ鵐侫襯┘鵐境瓩砲弔い峠颪い討△辰燭里如△修陵彁櫃鮟颪ます。

★イヌインフルエンザは確実に存在します。

2004年、アメリカ・フロリダ州のドッグレースに出場したグレーハウンドから最初のイヌインフルエンザが確認されました。(その後の疫学調査により、実際の発生は現在1999年〜とされています。)。その時感染した22頭のうち、14頭が回復、8頭が死亡。
犬インフルエンザ、2005年には11の州で合計20000頭の競技用グレーハウンドの間に感染。グレーハウンド以外の犬種でも広くイヌインフルエンザの抗体を持っていることが確認され、
イヌインフルエンザウイルスは短い期間の間に広範囲に急速に広がった。

★イヌインフルエンザに感染するとどうなるか

感染後2〜5日間の潜伏期を経て80%が発症。
軽症型と重症肺炎型の2種類に分けられ、発症した犬の95〜99%は軽症型。
軽症型は軽い発熱と咳が特徴で、軽い「風邪」のような症状でほとんど「インフルエンザ」感染を疑わないがインフルエンザウイルスによるこの咳はなかなか治らず、長いと1ヶ月にも及ぶといわれている。ちょっと「ケンネルコフ」に似ている。

★イヌインフルエンザの治療薬は無い

治療薬は無いが、アメリカでは2009年からイヌインフルエンザ・ワクチンを、公共施設で飼育されていたり、インフルエンザ発症リスクの高い地域に住んでいたり、多くの犬に接する機会がある感染リスクの高い犬限定ながら接種して、ワクチンの効果は今のところ上々のよう。

★日本でも感染が確認されている

昨年11月に開かれた日本ウイルス学会学術集会で、2009年4月〜2010年7月までの間に14匹の犬に新型インフルエンザの抗体が見つかったと発表。
しかし日本にはまだイヌインフルエンザ・ワクチンは無い。

★イヌインフルエンザの予防

感染経路は人間の場合と同じ空気感染、媒介物(衣服・靴・水飲み容器・壁などなど)、人の手、を介して容易に広がる。
日本でイヌインフルエンザの流行が始まったら(1)犬の集まる所には行かない(2)人間の手洗いうがいの徹底。
人→犬への感染は確認されているが犬→人への感染は確認されていないので、まず人がインフルエンザに感染しない・付着させない・持ち帰らない事が第一。

 

 

・・・とのことです。

 

 

 

★日本国内で感染が確認された、という件について調べました。概略は以下の通り。

 

感染していたのは昨季流行した新型の豚インフルエンザで、新型インフルによる犬の感染例は米国や中国で確認されていたが、国内では初めての確認。
山口大学(山口県)と麻布大学(神奈川県)の付属病院に昨年4月から今年7月の間に骨折などで受診した犬計366匹の血液を調べた結果、14匹が新型インフルに感染していたことが認められた。
トイプードルやミニチュアダックスフント、チワワなど小型犬が多かった。詳細な犬の症状や受診時に飼い主がインフルエンザにかかっていたかどうかは不明だが、家庭内で人から感染したのではないかとみられている。
発症しても自然に治ったか、感染はしたが発症しなかったとみられる。神経質になる必要はないが、インフルに感染している人は飼い犬と濃厚な接触は避けた方がいい。というのが今のところ考えられる事だそうです。

 

 

 

★新型インフルエンザについて

 

新型インフルエンザウィルスとは、動物、特に鳥類や豚などのインフルエンザウィルスが人に感染し、人の体内で増えることができるように変化し、人から人へと効率よく感染できるようになったものを言います。
鳥インフルエンザは人へは感染し難く人の体内では増殖し難いと考えられてきましたが(しかし海外では死者も出ています)、人への感染能や人体内での増殖能が高くなる変異が見られるようになっているそうです。
過度に反応する事は無いとは思いますが、うがい・手洗いをしっかりする事は必要なようです。