November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
【夜うさぎ】

ういっしゅの主人(多分)。実家・新潟から遠く離れた岡山で遠距離飼い主中。今年は卒論やら就活やらに追われる予定…。

【うぃっしゅ】

10歳のゴールデン。愛称うぃ。現在リンパ腫寛解記録、1年11ヶ月!甲状腺機能低下症で投薬中。乳腺腫瘍、腎不全発病。

【りんく】

2歳のしっぽ付きコーギー。愛称りん・りん子。口蓋裂の手術・治療終了しました。避妊手術はいつになったらできるのだろうか。

【みん】

夜うさぎの双子の片割れ的存在の三毛猫。しっぽはカギ尻尾です。通称・化け猫みん様。2007年8月3日永眠。享年21歳。

CATEGORY
RECENT
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINK
MYALBUM
SEARCH
PR




Aug 28, 2006
『きたぐに』より。
m1156698981385063.jpgm1156698981459809.jpg只今、新潟へ向かう夜行列車に乗っております。
はい、帰省中です(^-^)やっと帰省です。
Aug 26, 2006
我が家のお盆休み
毎年、我が家のお盆休みは普通のお盆(13〜15)の一週間後。
飲食店なので普通のお盆時期は稼ぎ時。
私が物心ついた頃から、ずっとお盆は一週間遅れでした。
そして、一週間遅れのお盆休み恒例行事・父の実家、栃木県へ家族でお泊り。
ここ数年は日帰りですが、必ず犬連れで父の実家へお出かけしています。

今年、我が家のお盆休みの直前にうぃの手術がありました。
栃木へ行くのはどうするか…手術直後だし、今年は犬は留守番にしようか、との話もでたのですが。
うぃは、この栃木へのお出かけが大好き!
家族みんなで、長い時間車に乗っていくのが好きみたい。
毎年毎年、本当に嬉しそうにしているので、今年も頑張って連れて行くことになりました。
というわけで、22日に栃木までお出かけしたそうです。
一家揃って。
私以外ですが……(寂)

りんは、初めての長距離ドライブ。
栃木までは早くて二時間半、途中で犬のトイレ・人のご飯などなどに停まるので、三時間はかかる長旅です。
うぃほど車に慣れていないりんくは、400円の大きめのバッグに入って、車に乗せます。
こんな感じ。


不思議と、このバッグに入れると大人しくしているそうです。
トイレも座れもマテもできない困ったちゃん・りんく、ハウスだけは完璧にできるんですよね。
自分が入る場所が与えられている方が落ち着くみたい。

乗ってすぐはビビリっぱなしだったりんも、しばらく走るとリラックスしてきて、最後は爆睡だったそうです。
この調子で車に慣れていったら、いっぱいお出かけできるよ、りん。

さて一方、うぃはこんな感じ。


3列シートの一番後ろがうぃの場所です。
余裕の表情です。慣れたもんですね。実に楽しそう。
胸元のハゲが気になりますが…(^^;)

うぃは子犬の頃から頻繁に車に乗せていたため、車大好き犬になりました。
普段お留守番が多い家だから、なおさら。
車に乗れば一緒にいける、お留守番しなくていいと思っているんでしょうね。
車酔いも全くなし、途中サービスエリアで停まれば自分からトイレを済ませてお水を飲む、非常にお利口さんな奴です。
りんもこれくらいになってくれたら楽なのですが(^^;)

栃木の家についてからも、2匹はお利口にしていたようです。
うぃは部屋の窓のすぐ外につなぎ、りんは車の中(ドアは全開)。
家の中に入れてあげたいけど、さすがにそうはいかないので…(^^;)
けっこう、外も満喫しているみたいですけどね。

そんな2匹のツーショット。


さて、うぃはどこにいるでしょう(^^;)

うぃは手術直後、りんは初めてでしたが、楽しいお出かけになったようです。
良かったねぇ。



blogランキング。
Aug 24, 2006
りんの検査。
今日はりんくの口蓋裂の検査の日でした。
りんは朝ごはん抜きで、病院へ。帰ってきたのが夕方です。

結果。
手術の日は、9月6日に決定しました。
少し間があるのですが、手術に必要だというプロテクターとやらを取り寄せるのに、2週間近くかかるんだそうです。
プロテクターがどんな物なのかは分かりませんが…。

やはり、かなり難しい手術になるそうです。
口蓋裂は、要は奇形なので、手術の成功率もあまり高くはないとの事…
塞ぎきらずに穴が残ったり、縫った先から糸がとれてくっつかなかったり…そういう事はしょっちゅうのようで。
何度も手術する場合もあります、と言われました。
否定的な事をキッパリ言う先生です。包み隠さず。
手術に不安を持つ先生に不安を抱いたりもしていました、が。
りんの口蓋裂と分かってから、先生、ずいぶん色々調べて勉強されているみたいです。
できるだけ、成功する確率が高い方法を探し、再手術は避けたいと言ってくれました。

初めに病院へ行った時、体は小さいし、歯石はびっしりだし、虫持ちだったし…そんなりんを見て、「この子は長生きできないかもしれない」とまで言い、冷たい先生と思っていたのですが。
実はすごーく、りんの事は気にかかっていたそうです。
うぃのリンパ腫の時も、希望を持たせるような台詞は言わず、最悪の場合は…とか、再発は必ず…とか、そんな話ばかりされたんですよね。
でも、うぃの事もすごく気にしてくれてます。
言われた時は、もっと希望を持てるような事言ってよ…と思ったものですが。
最近は、この包み隠さない所がちょっといいかも、と。
冷たく思えるけど、無責任な明るい言葉は絶対言わない先生。
それはそれで、信頼できるのかもしれません。

とにかく、先生への不安は消えました。(100%ではないけども)
この先生を信じて、りんを預けたいと思います。


うぃも元気にしております。
リンパの腫れは、毛がなくなって姿が変わったので、手術前との比較ができないのですが…大きくはなっていない、ハズ。
小さくもなっていませんが…。
食欲だけは減りません。本当に。
一週間後にまた診察です。
抜糸は二週間後。早く治るといいねぇ。



               朝ごはん抜きな上に、夜は9時まで絶食のりんく。
               うぃは食べれるけど、おつきあい。朝は食べましたが。




blogランキング。
Aug 21, 2006
退院しました。
本日、うぃ退院しました。

経過が良かったから…とかではなく、もともと今日退院の予定だったようです。
状態は…まぁ、元気です。食欲だけは本当に減りません。
口の中切ったのに。。。

今回の手術では、口の中と外とリンパの三ヶ所を切開したようです。
傷口はホチキスでとまっています(痛;)
とりあえず傷口の状態は悪くないとの事です。

が、リンパはまだ腫れているようです。さすがに、急には腫れが引かないみたいですね。
やはり、また腫れてくる可能性もあると言われました。
まぁ異物が残ってたら腫れますよね…(^^;)
恐らく、腫れてきたら再手術になりそうです。財政が…
今回は、今までとは違う抗生剤を処方されました。
しばらくは、薬を飲んで様子見です。

案の定、あごから首、胸元にかけて丸刈りです…
思っていたより広範囲な毛刈りにプチショック!
食欲が落ちないのだけが救いです(^^;)



ちなみに、手術後すぐから普通に口からご飯を食べれたようです。
りんは点滴ですが…。
あまり良い写真が撮れないらしく、画像不足で今日も絵…。



blogランキング。
Aug 18, 2006
無事終了。



とりあえず、無事に手術は終了したようです。

お見舞いに行った妹によると。

「麻酔切れかけでボーっとしてて、すごい不細工な顔してた。あと鼻がぶひぶひ言ってたよ。首が包帯でぐるぐるに締め付けてるから、顔むくむくだった(^^;)」

……だそうです。
うーん、よく分からん。むくむくって…?


手術の結果です。
まずは普通どおりに内側から切開して、手探りで異物を探したそうです。
しかし、どれだけ探しても異物らしき物は見つからず。あんまりいじると神経に触れてしまうので、いったん膿だけ出して縫合したそうです。
もしかしたら、自然に異物が出た可能性もあるそうで。
けど、これだけ化膿していると、異物が出ても自然治癒は難しいそうなので、管を通して少しずつ膿を出しています。
膿を押し出すために、首に包帯をきつめに巻いています。
もし異物が残っていても、膿が出れば少しは探しやすくなるそうなので…まずは膿を出す事に専念するとの事でした。

うーん、異物は出なかったかぁ…
再びスッキリしない状態に(^^;)
もし異物が残ってたら再手術だけど…。
大型犬は、全身麻酔の値段が高いのですよ…後期の学費、本気で払えなかったらどうしよう。
りんの手術もあるし。。。

あ、うぃの事が終わらないと、りんの方は進められないそうです。
とりあえず、その間に親と相談してりんのブリーダーさんに連絡をとってみようと思います。

まぁ最良の結果というわけではありませんでしたが、とりあえず無事に手術が終わってよかったです。
おつかれ、うぃ。



blogランキング。

手術当日。
あっという間にうぃの手術当日です。
が…超間抜けな事に、昨日ケータイを友達の車に忘れてきてしまい、親と連絡が取れない状態です(^_^;)
何時から手術なのかも分からん…もう終わってるかも?(汗)
友達に聞いたところ、昨日の夜は親から何度も電話がかかってきてたそうです。…ヤバイ、怒られる。
あと一時間したら、友達のところにケータイを取りに行きます。
そしたら即効で親に連絡して、うぃの状態を聞いてきます〜。

こんな大事な日とその前日にケータイが無いなんて…何やってんだろう、自分×××




Aug 14, 2006
分からないだらけ。
りんとうぃの手術に、暖かい励ましの言葉をありがとうございます。
きっとうぃ&りんにも伝わったと思います(*^_^*)


さて。
わりと深刻な状態にあるにも関わらず、2匹はとても元気にしております。
この調子なら、ぱぱっと手術してさっさと治るはず!
…ですが、りんの事で、少し悩みが出てきました。

と言っても、りん本犬のことではなく、人間側の悩みです。

その悩みとは。りんのブリーダーさんに口蓋裂の事を連絡するかどうか、です。

今さら、返金を希望したりするつもりは無いし、りんを返すなんて全く考えていません。
が、口蓋裂が先天性障害である以上、こういう子が生まれたのだという事を繁殖者には知っておいてほしい…。
しかし、七ヶ月まで育てていたのだから、気付いているはずなんですよね。これだけ大きい亀裂なんだから…。

気付いていなかったのなら管理不行き届き、プロの繁殖者失格です。
気付いていたとしても、また問題が。
りんを売りに出していた時、うちに渡す時、少し食が細く、体も小さいが健康には全く問題が無い、と言っていたのです。
気付いていたなら、その言葉は完全に嘘。お金のやり取りがあるのだから、詐欺ともいえます。
気付いていたけど、障害だと知らなかったのなら…?それも、ブリーダー失格ですね。
お金を貰っているのだから、勉強不足なんて問題外です。しかも口蓋裂は、先天性障害としてはそこまで稀なものじゃない。
知っていなきゃいけない障害です。

…どの場合にせよ、ブリーダーさんに問題があるという事になります。
それを指摘して、どうしてもらうかは考えていないのですが…。


できるなら、りんの両親・兄弟犬での繁殖はしないでほしいです。
いや、本当は繁殖自体をやめてほしい。
障害のある子を生み出し、障害の事は全く言わずに売ったのですから。
悪気の有る無しじゃなくて、命を扱っているんです。
もしこれが口蓋裂じゃなくて、もっと命に直接関わるような重大な障害だったら?
健康と保証されて迎えたんだから、障害があるなんてまず思わない。そして、障害に気付く事もできないうちにりんくは死んでいたかもしれない。
そういう事態を引き起こすような事をしたんです。無責任にも程があります…。

それをきちんと分かってほしい。
けど…どう伝えたら分かってもらえるかな…。
分かってもらえるのかな…。

りんだけじゃなく、うぃの手術もある事だし、あまり問題は増やしたくないのが本音です。
けど、ブリーダーさんにはちゃんと知って欲しい。
どうしたらいいんでしょうか…

連絡をしたとして、その後ブリーダーさんにどういう対応を望むのか、それも分かりません。
謝ってほしいのか、辞めてほしいのか。手術代でも払ってほしいのか。
…どうしてほしいのか、自分たちでもよく分からない。
ここに文章として書くことで、少しは自分の頭の中を整理できるかな…と思ったのですが。
うーん、余計にわけが分からなくなりました。
どうしよう…

Aug 11, 2006
うぃの検査結果。
うぃの検査が終わりました。結果報告です。
今回もあまり良い報告はできませんが…

検査の結果、歯のトラブルではなく、歯茎に木片か何かが刺さり、それが奥の方まで入り込んで化膿している可能性が高い事が分かりました。
歯石もないうぃが、ここへ来て急に歯のトラブル?と疑問に思っていたのですが、やはり歯はトラブルのある歯には見えなかったそうで、もう一度色々調べたようで…以前、同じような症状の子が、歯茎に草の茎が食い込んで化膿していた事があったそうで。
うぃもそのパターンだろう、と。
しかし、こうもコロコロと診断が変わるとは…。

原因は違っていましたが、やはり手術は必要であるそうです。
口の内側から切開して、原因の異物を取り除く手術です。
レントゲンに異物が写らないため、場所を特定するのは難しく、もし内側の切開で見つからない場合は、口の外側からも切開するそうで…す(痛;)。
さらに、リンパに溜まった血膿も抜かなくてはなりません。
チューブを通して抜くそうで、2〜3日入院する必要がありそうです…(T_T)
もう1つオマケに。。。
手術のための毛刈りは、かなーり見た目が悪くなってしまう…そうです(涙)。なんせ、あご丸刈り…ですから。
あーぁ。せっかく毛が生えてきたのに…。

手術は18日を予定しています。これ以上は延ばせないそう。
うーん…色々不安ですが。
がんばれ、うぃっしゅ!!


で、りんの手術についても少し話したそうです。
具体的な手術方法は検査しないと分からないのですが、やはりとても難しい手術になるようです。
うぃ&りんの先生は、以前にも口蓋裂の手術をした事があるそうですが、その時の子はりんほど亀裂が大きくなかったらしく…
経験があるといっても、かなり不安なようです。
そんな事言われても、先生だけが頼りだよ。助けてやってください(^^;)
手術後は、3日ほどは口から物は食べさせられないそうです。
なので、数日間入院して点滴で栄養をとる事になるかと…
さすがに、これは不憫ですね…。

かわいそうに。
りんは何も悪い事してないのに、口蓋裂なんて障害を持って生まれてしまったがために、そんな苦しい思いをしなきゃいけないなんて。
動物の病気は、いつも理不尽。悔しいです。

負けちゃいけないな。
りんもがんばろう。リンパ腫をやっつけた、うぃ姉ちゃんを見習え!
なんだか、今年は大変な夏になりそうです。


あ、一応診察記録もアップしておきました。
記録記録。何かの役に…たつことが無い方がいいな(^^;)



blogランキング。
診察記録
【Link】

8月8日(火)  体重6.8圈、ちょっと増えましたv

来院理由:以前から気になっていた上あごの亀裂に異物が見えた

診断名:「口蓋裂」

《処置・今後について》
異物はなかったので今回の処置は特になし。
今後は確実に手術が必要となる。手術は難易度の高いものになる。
検査と診察を重ね、どういった手術方をとるか、どの程度難しい手術になるかを検討した後、相談して手術の日取りを決める事にする。

《次回:8月23日 麻酔をかけての精密検査》


【Wish】

8月8日(火)  体重39.5圈、やや減ったような…?

来院理由:以前から抗生剤で様子を見ていたリンパの腫れ

診断:歯か歯茎のトラブルが原因ではないかと言われる

《処置・今後について》
注射器で、歯茎に溜まった血膿を少し抜く。抗生剤は中止。
一度麻酔をかけて検査をする必要があるが、おそらく手術が必要になるとの事。
すでに検査時に処置して治るレベルではないと言われる。


8月10日(木)  体重39.6

麻酔をかけて検査をする。


《検査結果》

歯のトラブルではなく、木片のような物が歯茎のどこかに刺さり、それが奥まで入り込んで化膿している可能性が高い。
レントゲンには写らないので、切開する必要があるとの事。
口の内側から切開しても何も見つからない場合は、外側から切開することになる。
また、リンパに溜まった血膿も抜く必要がある。
チューブを通して抜くため、2〜3日の入院が必要。

《次回:18日に手術》

麻酔をしての検査だったが、帰宅後は至って元気。
朝食抜きだったため、非常に腹を減らし、食欲は旺盛…。
Aug 08, 2006
急展開。
前回の記事で、早く2匹の状態をスッキリさせたい…と書きましたが、予想を上回る急展開が起こりました。
つまり。。。
うぃのリンパの腫れの原因判明&りんの顎を診てもらったんです!!
び、びっくり…まさかこんな急に両方スッキリするとは。
動いたのは、アテにならん母ちゃんでも、頼れる妹でもなく…
なんと、父ちゃん&弟!!これもまたビックリ!
何でも、母ちゃん&妹が大学見学で留守にしていた日に、2匹まとめて病院へ行ったのだとか。意外すぎる展開にひたすらびっくり。男コンビ、やるときはやるのね…。
さて、展開が進んだのはよいのですが、結果は思わしくありませんでした。これは予想通りだけど…

後日、きちんとした診察記録をアップします。とりあえず今日は簡単に報告を。


まずうぃです。
あのリンパの腫れはやはりリンパ腫ではなく、歯および歯茎のトラブルが原因だと判明しました。
父曰く、うぃの口の下側(どの辺か詳しく教えてもらえなかった)から少し出血があったようで、それで病院へ連れて行く事にしたんだとか。
歯とは…盲点でした。リンパ腫を心配するあまり、先生までもがリンパ腫という意識で診察していたため、口の中や歯茎までは見ていなかったんです。反省……
状態としては、うーん…歯槽膿漏に近い感じのようです。ちょっと重度のようです。ショック…。
うぃは歯石がほとんどなく、歯のトラブルは過去にも無かったので、油断しきっていました。その油断が、発見の遅れになり、状態が悪化するまで気付けなかった。
考えてみれば、かなり歯並びが悪いんだから、注意しておくべきでした。反省…ごめん、うぃ。

とりあえず、10日に麻酔をかけてきちんと検査をするそうです。その上で、今後どうするかを話し合います。
が、獣医師は、すでに今の段階でも手術が必要だろうと言っています。10日の検査の時に、処置をして何とかなるレベルではないそうです。はぁ…


それからりんく。
結果から言うと、ずばり口蓋裂でした(分かりきっていたけど)。それも、かなり重度で手術は絶対必要、との事です。
口蓋裂は、個体によってかなり程度が違うと以前も書きました。実際、私が調べた中には、少し上あごに穴があいている子から、ばっくり亀裂がある子までいました。
りんは、口の先から喉の奥まで、途切れることなく亀裂が入っています。亀裂の幅も、かなり広めです。
今は食べる時にむせる程度で済んでいますが、今後歳を重ねていったらどうなるか分かりません。
口蓋裂の手術は、若い方がいいそうです。急を要するわけではないけど、近いうちに手術をした方がいい、手術しましょう、と先生に言われました。
がーん…分かってはいたけど、やはりショックですね。
けど、本当にこの先何が起こるか分からないし、手術は早いほうがいいと私も思います。実際、りんも一緒に病院へ連れて行ったのは、亀裂の奥に何か…パンの袋とかをしばっておく、金色の針金みたいな物が入っているように見えたからだと弟が言っていましたし。
それが万が一でも肺に入ってしまったら…ぞっとします。やはり、早いうちに塞がなくては。
と言いっても、急を要するほどではないので、今はうぃの治療が優先になりますが。

りんは、23日に麻酔をかけて詳しく検査をするそうです。
手術するのは絶対だけど、どのくらい難しい手術になるか診なければいけません。
確実に、難しい手術にはなると言われました。亀裂の幅が狭ければ、両側の肉を引っ張ってきて塞ぐ事もできるそうですが…その方法が使えないくらい、りんの亀裂は広いそうです。
手術する時期も、できれば夏は避けたいところですし…検査をして、手術の見通しを立てて再度相談、という形になりそうです。


簡単に報告するつもりだったのに、すっかり長くなってしまいました。
とりあえず、2匹の状態はハッキリと分かったし、今後の見通しもついたので、スッキリはスッキリ…したでしょうか(^^;)
案の定、あまり良い報告ができなくてすみません。10日にうぃの検査をしてから、また色々と報告したいと思います。




blogランキング。
Aug 06, 2006
復活!
テストやら何やらが、一応一段落ついたので…今日から復活します〜。

気がつけば、放置している間に梅雨が明け、8月に突入。
いきなりの連日真夏日に、さっそくダウンです…(^^;)
雪国生まれ・雪国育ちに、晴れの国岡山の夏は堪えますヨ…
すでにバテバテで、日差しを避けるために用がなければ家から一歩も出ないという駄目人間っぷりですが、ブログくらいはちゃんと更新していきたいと思います。

さて、放置していた間の犬ズの様子をご報告しますね。


まずうぃですが。
抗生剤で治っていたリンパが、また少し腫れてきているそうです(^^;)
獣医師もさすがに心配だったらしく、丁寧にあちこち診てもらったのですが。
発熱もなく、食欲旺盛・体重低下まったく無し。レントゲンやら聴診やらでも、何も引っかかりません。
やっぱり、前と同じで何かのばい菌が入ってリンパが腫れているのでは…との診断でした。
とりあえず、前回と同じ抗生剤を飲んで様子見です。
一度はこの薬で治っているので、再発の可能性は低いのですが…
なかなかスッキリしません。

川原散歩は続けているそうです。アレルギー疑惑への対策として、散歩から帰ったらすぐ体を拭いたりブラッシングをしたりしています。
これをしてから、かぶれの様な症状の方はキレイに治りました。
あとはリンパの腫れだけなんだよなぁ…
スッキリしないですねー(^_^;)

続いてりんく。
こっちは至って元気なのですが…まだ病院できちんと顎を診てもらっていません(>_<;)
病院行きます…と宣言してから、一体どれくらい経っているのか…(汗)
この日に病院行こう!と決めると、うぃのリンパが腫れたり、店に泥棒が入ったり、親の仕事が忙しくなって行けなくなったり。
どうもタイミングがよろしくありません。
間が悪い犬だな、りんく。。。
結局、うぃのリンパの腫れが再発したので、またりんくの顎は後回し。
そうこうしているうちに、夏休みで親の仕事が忙しくなってきました…
妹弟も行けそうにないようです(^^;)

もう、こうなったら私が帰省した時に連れて行こうかなぁ…
帰省予定、9月頭なんですが……
こちらの方もなかなかスッキリしてなくて、すいません。
しばらくは、うぃのリンパを治す事を優先させるので、りんの診察にはもう少しかかりそうです(-_-;)


うーん、2匹ともあまりスッキリしない状況です。
もどかしい…

なるべく早く、スッキリさせてご報告できるように頑張ります!



blogランキング。