November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
【夜うさぎ】

ういっしゅの主人(多分)。実家・新潟から遠く離れた岡山で遠距離飼い主中。今年は卒論やら就活やらに追われる予定…。

【うぃっしゅ】

10歳のゴールデン。愛称うぃ。現在リンパ腫寛解記録、1年11ヶ月!甲状腺機能低下症で投薬中。乳腺腫瘍、腎不全発病。

【りんく】

2歳のしっぽ付きコーギー。愛称りん・りん子。口蓋裂の手術・治療終了しました。避妊手術はいつになったらできるのだろうか。

【みん】

夜うさぎの双子の片割れ的存在の三毛猫。しっぽはカギ尻尾です。通称・化け猫みん様。2007年8月3日永眠。享年21歳。

CATEGORY
RECENT
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINK
MYALBUM
SEARCH
PR




Apr 22, 2007
あと半年。



昨日、4月21日で、うぃが抗がん剤治療を終えてから1年半が経ちました。


副作用による皮膚炎から始まり、謎のリンパの腫れ、2度のリンパの排膿手術、後ろ足の弱り、そしてホルモン疾患疑惑…
と、何かと病気と縁が切れませんが、再発だけはせずに頑張ってくれています。


2年間、寛解状態をキープできたら、治ったと言ってもいいと先生が言いました。


あと半年、です。あとたった半年。
発病してからこれまでの時間と比べたら、短い時間です。

でも…これまでで一番長い時間でもあると思います。

あと半年。



うぃの体には、何個かしこりがあります。
リンパとは違う場所だし、ほとんどが脂肪のカタマリです。

ブラッシングの時や遊んでいる時、何気なくうぃに触った時に、そのしこりに手が触れるとドキっとします。

一瞬で、再発の2文字が頭を巡って。
心臓が冷えるような、あの感覚。


今でも時々、うぃが再発してしまった…という電話をもらう夢を見ます。
何ていう夢を見てるんだ、縁起でもない…と自分に憤慨しますが、
結局、どんなに前向きに過ごしていても、心の中には常に再発への恐怖が潜んでいるんだと思い知ります。


もし、このまま無事に半年を過ごせても…たとえ治ったと言える状態になったとしても、再発の不安は無くならないのでしょう。
きっと、何年経っても。


この不安がなくなるのは、うぃとさよならをする時です。

この不安を抱えてこれからの時間を過ごす事が、今うぃが生きている事の代償なら、それでいいって思えます。



いつかは必ずさよならをしなければいけないし、10歳を過ぎたうぃには、それは遠い未来の話ではありません。

いつかは後ろ足が動かなくなるかもしれないし、いつかは何かの病気になるかもしれないし、いつかは再発するかもしれない。

でも、せめて、私とうぃが一緒に暮らせる時までは、その『いつか』が来ないでほしい。
それが今の願いです。


だから、あと半年。
うぃには頑張ってもらおうと思います。




                      2〜3歳頃のうぃ。


こうして並んでいる姿を写真にとって、改めて見てみると…
うぃって大型犬なんですねぇ。大きいな〜。
普段は気にならないんですよね、この大きさが。

ちなみに…
背後でうっすらと笑みを浮かべて、うぃに向かって鼻を伸ばしているのはナウマン象の子供です。
私の背後にいる、でっかいのはナウマン母さん。
【ナウマン象の親子像】なんですよ(笑)

野尻湖に旅行に行った時の写真です。
ナウマン象よりも、オオツノシカの等身大模型が不気味だった事しか記憶にありません(笑)
すごく大きいのに、姿は普通の鹿と同じだったのが不気味でした…(-_-;)




半年後は盛大にお祝いをしましょう。
Apr 12, 2007
さくら
あれから、また少し甲状腺について調べました。

甲状腺機能低下症じゃなくても、老齢・麻酔をかける手術・心疾患・リンパ腫などで甲状腺の機能が低下するそうです。
これも当てはまる事が多くて…。

どちらにしろ、検査はしてもらった方が良さそうです。
ちなみに…まだ病院へ連れて行っていません…。

どうにも家業の方が忙しいようです。。。
うぃと店、どっちが大事なの!?と言いたいところですが…
私ら子供がいなければ、とっくに店をやめているだろうに、私達がさんざんお金をかけさせるから店を辞めるわけにはいかず…なんだろうな〜と思うと、そんな事言えません(^^;)さすがに。

そもそも、うぃは私の犬であって、私が大学のために家を出たから他の家族に面倒を見てもらってる状況なわけで、私に家族を責める権利はないのです。
でも早いとこ病院に連れて行って欲しい。。。


明日は定休日なので、朝イチでメールをして、何とか連れて行ってもらえるように交渉してみます。



1176306084066710.jpg
大学の桜が満開になりました。
今の土地に校舎が建ってから7〜8年しか経っていないので、木も何だかひょろひょろしてます。
それでも、満開になればキレイなものですね。

うちの大学の桜は、街中と比べると少し咲くのが遅いです。
山の上だから・・・!?
咲くのは遅くても、散るのはあっという間なんですよね…。

その儚さが日本人の心の琴線に触れるのかな。
今大学の桜が満開という事は、桜の名所はもう散っている…
今年も花見に行けないまま桜の季節が終わりそうです。
儚すぎです…もう少し咲いていてくれれば!

でも私は、満開の時よりも散り始めの方が好きです。
花吹雪が好きなんですよねぇ。

桜が散ってしまっても、少ししたら八重桜が咲くし。
たんぽぽも咲きます。
春はまだ、これから。




桜の咲くこの時期、もう10年前と4年前に亡くなった兄弟猫の事を思い出します。
別に、彼らと桜を結びつける思い出があったわけでも、彼らが桜の時期に逝ったわけでもないのですが…
満開の桜を見ると、彼らを想うことが多くなります。

なぜでしょうね。
桜の季節に、帰って来ているのかな。



                      クリックで拡大します

                       満開の花のあいだに。
                        霞む花煙の先に。
                      舞い落ちる花びらと一緒に。



桜には不思議な力があるのかもしれませんね。


いつか彼らの事も書きたいと思っています。
いつになるやら…ですが(^^;)




さくらの季節もあと少しですね。
Apr 07, 2007
疑惑
ずっと、ずっと気になってはいたんです。
うぃっしゅの様子。


リンパ腫という大きい病気をしたとはいえ、まだ10歳なのに、あまりにも老け込んでいないか?

抗がん剤の副作用で毛は少なかったけど、今も毛が少ないのはおかしくないか?
抗がん剤を切ってから1年5ヶ月。副作用はこんなに長く続かないはず。

リンパ腫治療中、体力が落ちたまま戻らない。それに加えて、もともと股関節形成不全。
そのせいで足が弱っているけれど、それにしたって動かなすぎではないか?

そして。
これだけカロリーを減らして、りんくより少ない量のご飯にしているのに、体重が減らない…
それどころか、気を抜けばすぐ太ってしまうのは何故か?


その答えに、近いものに行き当たりました。

甲状腺機能低下症


その名の通りの病気です。

中・大型犬に多く、5歳以上の中・高齢期に発症しやすいです。
(まれに1歳くらいで発症する子もいるようですが)
犬にはとても多く見られるホルモン疾患です。

非常に進行がゆっくりで、「歳のせいだ」と見逃される事が多く、そうして放置されるうちに甲状腺細胞が破壊され、最終的には衰弱死してしまうそうです。


症状は実にたくさんですが、典型症状と言えるものはあまりないそうです。

よく言われる症状は、

・あまり遊ばない
・運動したあとでも、息が荒くならない
・しっぽを垂れ、頭を下げた姿勢が多い
・いつも申し訳なさそうな顔つきをしている
・名前を呼んでも、反応が鈍い
・歩く時、前足のつめを擦るように歩く
・後ろ足を突っ張った不自然な歩き方をする

・眼に輝きがない
・暖かい季節でも寒がる
・太りやすい
・毛並み、毛づやが悪い
・毛がゴワゴワする
・毛がはげやすくなった
・一度、毛を刈ると、なかなか生えそろわない
・おなかの毛が薄くなった
・おなかの皮膚が黒ずんできた

・舌先が冷たい
・皮膚が乾燥している

とにかく「不活発」。
ただし、「食欲」は、衰弱死の寸前までなくなることはなく、病気発見を見逃しやすい要因でもあるそうです。

これらの症状と、血液検査によって確定診断されます。
完治はしませんが、甲状腺ホルモン剤を飲ませることで改善はされます。
しかし、薬をやめることはできません。


で、うぃっしゅはどうかというと…
赤字にしてあるのが、うぃに当てはまっている症状です。
ほとんど全部です。特に、被毛・皮膚に関する項目。

抗がん剤の副作用は切れているはずなのに、尻尾・肩甲骨・鼻の頭の毛が薄い。
お腹の皮膚は黒ずんでいて、毛はほとんどありません。
長毛種なのに毛並みは悪く、ゴワゴワと硬い毛です。
りんと同じ周期で洗っているのに(それもトリミングに出しているのに)、りんよりも遥かに被毛の状態は悪いのです。
皮膚はカサカサしていて、フケも出ます。
秋頃、リンパの腫れで手術した時の毛刈り跡に、まだ毛が生えていません(産毛程度)。

歳のせいと思っていましたが、かなり不活発でよく寝ています。
歩き方に関しては、当てはまってはいますが…関節が悪いため、もとからそういった歩き方もしているので、微妙なラインです。

そして、最も発症しやすい犬種にあげられるのがゴールデンなのだそうです。
ざっと調べたところ、発症しやすい犬種は、
ゴールデン、シェルティ、ドーベルマン、コッカー、柴など…


うぃも、この急激な老化に関して、何度も主治医に相談していました。
そして、その度に太りすぎを注意されてきました。
太りすぎと決め付けられ(確かにそうなんですけど^^;)、他の原因の可能性はないような言われ方でした。
あまりに決め付けられ、結局は自分で調べて、この病気に行き当たったのです。


自己診断スコアもやってみました。

10点以上→甲状腺機能低下症を含めて、何らかの異常が存在する可能性あり
15点以上→甲状腺機能低下症が強く疑われる
うぃの点数は20点でした。



実は1年前に、うぃの鼻のハゲを記事にしたところ、甲状腺の低下ではないかというコメントを頂いていたのです。
バカな私は、そのコメントに3ヶ月も経ってから気がつきました…
その後、主治医にその事を話してみたのですが、その時は他の症状が出ていず、たぶん違うだろうと言われたのです。
時期的にも、寛解して、抗がん剤の効果も切れていて、再発が怖い…という時期で、私も主治医も、たぶんリンパ腫の事ばかり意識していたのでしょう。
違うだろうと言われて、そのまま忘れていたのです。


今思えば、歳のせいだけとは言い難い事はたくさんありました。

なんでもっと気にかけていなかったのか。
なんで、1年前にコメントを頂いた時にもっと真剣に考えなかったのか。
なんで「たぶん」違う、という主治医の言葉を信じたのか。
なんでもっと食い下がらなかったのか。

なんであの時…は沢山あります。
けど、必要なのは「あの時」ではなく、「これから」です。


妹に連絡をして、なるべく早めに病院へ連れて行くように伝えました。
しかし、今の我が家では、りんの口蓋裂の時のように、先延ばし先延ばしになりそうな気がします。
こういう時に、私がうぃの傍にいれば、すぐにでも連れて行くのに…
リンパ腫の時も、手術の時も、そして今回も。
肝心な時にいつもいないなんて、本当にどうしようもない飼い主です。




暗い記事ですみません…。
Apr 03, 2007
2歳!(若っ!)




りんく、2歳になりました〜♪♪


誕生日だからキレイにしなきゃ★という理由で、プレゼントは妹の心のこもったシャンプー&ブラッシングになりました(笑

おかげで、ふわふわピカピカいい匂いです。
フローラル系りんくです。


生まれてたった2年で、大きな手術をさせてしまったけど…
今、健康に毎日を過ごせることに感謝です。


我が家に来たばかりだった昨年の誕生日に比べると…

トイレも失敗しないようになったし
うぃ姉ちゃんとのケンカも減ったし
お座り・マテ・ふせができるようになったし
こちらの言う事を何となーく理解してる時もあるし。

ずいぶん一緒に暮らしやすくなりました。
我が家の生活にすっかり馴染んだ証拠ですね。


お利口さんになったりんく、もうすっかり大人かな?・・・と思ったら。



                     「眠くてたまらないでしゅ・・・」


夜10時を過ぎると、もう半分夢の中・・・
まだまだ夜更かしできない、お子ちゃまでした。

しまいにゃ、こんな格好まで・・・


                  人の腹の上で、へそ天で爆睡!


いびきまでかいて寝ていました。

我が家に馴染みすぎた・・・!?


以上、2歳になったりんくレポート(?)でした。






そんなりんくに愛の1くりっく→2歳おめでとう♪
誕生日先行記事。
恒例といえば恒例な感じの、誕生日先行イラスト。

毎度毎度お目汚しですが(^^;)





りんく、今日で2歳です〜。
ちゃんとした誕生日記事は、夕方頃書きます。たぶん…。

それにしても、ひどいイラストですね…
うぃの時は、10歳だったし気合入れて描いてたんですが。

まったく、ひどい有様です…。
一枚しか描けませんでした。
ごめん、りんく。
姉ちゃん、もう疲れちゃったよ…





可愛そうなりんくに同情のクリック→よしよし、かわいそうに。
Apr 02, 2007
10年目。
半月も前の事ですが。。。

3月16日で、うぃが我が家に来てからちょうど10年になりました!(^^)/


うぃが来た時のことを、ちょっと思い出してみましょうか…


ペットショップでシャンプーされ、鳥かごに入れられた子犬と体面した後、その子はダンボール(のような紙箱のような)に入れられて、我が家に来ました。

シャンプーやら何やらで疲れていたのでしょうか。
家に着いた頃には子犬はぐっすり眠っていました。

早く触りたい、抱っこしたい、遊びたい…!
でも、家に着たばかりの子犬はなるべくそっとしておく事と本に書いてありました。
それに、寝ているのを起こすのはかわいそう。
抱っこは、この子が起きてからにしよう。

そう話し合って、子犬が起きるのを待つことに。
しかし、何時間経っても子犬は起きません。
そのうちに、父が仕事から帰ってきました。

父もさっそく子犬の様子を見に来ました。
そして次の瞬間、父は信じられない行動に!!

 
                       再現VTR(?)↓↓



なんと、眠っていた子犬を起こし、抱っこしたのです!!

子供の私達でさえ、起こすのはかわいそう…と抱っこしていなかったのに!!
最初に抱っこするのは私という約束だったのに―――!

何という事でしょう…私はいたく傷つきました。
それから10年たった今でも、この恨みは忘れてはおりません…。



そんなエピソードがありますが、何はともあれ、10年です。

早いものですね…10年だなんて。
あのふわふわの毛玉みたいな子犬が、まさか40圓竜霏里砲覆襪箸蓮
大型犬の成長って恐ろしいですね…!


しかし、無事に10年が迎えられたのは嬉しい事です。
というわけで、お祝いです!

                     お祝いの様子?↓↓




えーと、はい。今回もお肉やらケーキは無し…です(^^;)
それどころか、野菜onlyご飯でした。
可愛そうに…もし万が一来年までにダイエット成功したら、次はケーキを買ってあげよう。

1175446179751098.jpg
これが実際のご飯の写真です。
キャベツ大盛りです。生キャベツ。

キャベツの下は、野菜煮。
内容は、ニンジン・さつまいも・キャベツ・ジャガイモです。

バックに亡霊のように、うぃが写っていますね。



しかし、これはこれで贅沢ご飯なのですよ。

この野菜たち、減農薬栽培の超美味しい野菜なんです!
ネットでわざわざ取り寄せている物なんです。
(うちの店で…です。店の食材、我が家にも貰ってきてるのです)


キャベツもニンジンもすごーく甘い!
サツマイモなんて、鳴門金時です。超甘いんです。
ジャガイモも、父の実家で作っている無農薬のジャガイモ。

1人暮らしの私が普段食べている野菜より、はるかに高級…
ね、贅沢ご飯でしょう?


うぃちゃん。
肉とかケーキがいいなんて言ったら、バチがあたるのよ〜。
この野菜食べて、ダイエット頑張ろうね。
そして、もっとずーっと長生きしてください。
姉ちゃんより。




祝福のクリック、ぽちっとお願いします。→10年おめでとう♪