November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
【夜うさぎ】

ういっしゅの主人(多分)。実家・新潟から遠く離れた岡山で遠距離飼い主中。今年は卒論やら就活やらに追われる予定…。

【うぃっしゅ】

10歳のゴールデン。愛称うぃ。現在リンパ腫寛解記録、1年11ヶ月!甲状腺機能低下症で投薬中。乳腺腫瘍、腎不全発病。

【りんく】

2歳のしっぽ付きコーギー。愛称りん・りん子。口蓋裂の手術・治療終了しました。避妊手術はいつになったらできるのだろうか。

【みん】

夜うさぎの双子の片割れ的存在の三毛猫。しっぽはカギ尻尾です。通称・化け猫みん様。2007年8月3日永眠。享年21歳。

CATEGORY
RECENT
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINK
MYALBUM
SEARCH
PR




Aug 26, 2007
飼い犬に手を・・・
噛まれました。。。

もちろんうぃちゃんはそんな事しません。
りんくによる犯行です(^^;)

全然たいしたことない傷なんですけどね。
ちょっと歯が刺さった程度。
いやーしかし、びっくりしました。


なぜそんな事になったかというとですね。
昨日、うぃりんを病院に連れて行ったのです。

うぃの薬とフィラリアの薬、ノミダニ予防のフロントラインを貰うついでに、りんの爪きりをしてもらおうと思ったわけです。
もう鬼のように爪が伸びてたんですよ。

で、その爪切りの最中に。

恐怖で動き回るりんをなだめつつ押さえながらの爪切り。
突然りんくが「キャン!」と言って私の手に…!!
一瞬でしたが、しっかりガブリといきました。

原因はトリマーさん。。。深爪しちゃったんですね。
ちょっと血が出てしまいました。
そりゃ痛いしびっくりしたよね、りんく。でも人を噛んじゃいかんでしょーが。

この病院のトリミング、いまいち爪切りが上手じゃないような。
確かうぃも…過去2度ほど深爪をされてるんですよね(^^;)
うーん…それ以外はとてもいいのですが…3回目となるとちょっと。

でも病院を変える気はありませんけどね。
近いし。



えー、噛まれた経緯はこのくらいにして、うぃの診察記録。


2〜3日前から吐き戻しがあったので、検診ついでに診てもらいました。

まず体重。なんと26kg!!
かつてこんな体重を記録したことがあっただろうか。いや、ない。
びっくりです。さらにびっくりなことに、
痩 せ す ぎ で す!!!


どうも、甲状腺の薬が効きすぎているようなんですね。
今は限界まで減らした5錠しか飲んでいないのですが、それでも効きすぎかも。

このままだと、甲状腺ホルモンが出すぎた時の病気になってしまいます。
もう一度血液検査をして、甲状腺の数値を調べた方がいいとの事で。
来月中に血液検査をする方針になりました。

それから。吐き戻しの方は胃薬をもらいました。
昨日の夕飯・今日の朝食は完食で、今のところ吐き戻しはないです。


さらにリンパチェック。
いつもより長い触診に、飼い主ドッキドキ。

リンパには問題ありませんでした。


が、乳腺が腫れているとの事。。。
ええ、気付いていましたよ。でも先生に言うの忘れてた…りんに噛まれたショックで(笑

診察の結果、膿が出た跡があるので化膿しているのは間違いないと。
とりあえず消炎剤を飲ませてみましょうとの事です。


が。どうも、しこりのような物があるような感じなのです。
腫れてるので分かりにくいのですが、かすかに触れるしこり。

これがどういう物なのかは、まだ分かりません。
膿かもしれないですし。腫れた乳腺かもしれません。

消炎剤で様子を見て、しこりが消えなかったらその時は、検査をしなくてはいけないそうです。

というわけで、とりあえず乳腺炎は確実なので5日分の消炎剤をもらってきました。


・・・ほんとにこの犬は、次から次へと違う病気ばっかり…。
病犬です。やまいだれ犬です。
本犬がノー天気に明るく過ごしているのが救いなのですが。


嫌なものです。
一度何かの癌を知ってしまったら、他の癌にも詳しくなる。
しこりが乳腺炎じゃなかったら?その先の答えにも、簡単に見当が付いてしまう。
どれだけリンパ腫が経過良好でも、心配なんて尽きませんね。
飼い主、寿命削られまくりです。ついでに財布の中身も(笑


とにかく、消炎剤できれいに治ってくれることを祈って。
今度はうぃを太らせる食事メニューの作成に、頭を悩ませることにします(^^)

1188097872418879.jpg

















 病院に連れて行かれて、たそがれるうぃ。
    「次は5日後か…」







1179849972092366.jpg

リンパ腫は全く問題なしだったんですけどねぇ。
May 17, 2007
河川敷ドッグラン…?
15、16日と東京に行ってきました。
母と妹と私の、女3人で。一泊二日のプチ旅行です。

着物屋さんに行ってきました。
古着の着物を狙ってたのですが、残念ながらサイズが合うものがなく、収穫はなしでした…。


もちろん、父と弟と犬たちはお留守番。
父は2日とも、犬たちを河川敷に連れて行ったようです。

最近、夜うさぎ家では勝手に河川敷をドッグランなんて呼んでます(笑

自称ドッグラン。
いや、でも河川敷がそう名乗ってるわけじゃないから、自称というのはおかしいか…
じゃあ他称ドッグラン?それも違いますね…。
とにかく河川敷ドッグランです!


近ごろは天気も気温もちょうど良いので、毎週河川敷に行ってるみたいです。

そして父は、河川敷で犬たちの写真を撮りまくっています(笑
すごい勢いでケータイのデータが増えてるらしいです。


先週、そんな父から写メが届きました。
父ちゃん、写メなんて送れたんだ…。

これがその写真。


                       クリックで拡大します

このうぃ、可愛くないですか!?
可愛いですよね!(飼い主馬鹿)

ちょっとポストカード風ですよね〜。(飼い主馬鹿…)
さっそく待ち受けにしています。


旅行中も、河川敷から父の写メがたくさん届きました。
母のケータイ宛だったので、ここにアップできないのが残念ですが…

ムービーも送られてきてました。
父ちゃん、ムービー撮影なんてできたんだ…。

ムービーには、それなりの速度で走っているうぃが一瞬だけ写っていました。
あとはリードのアップとか地面のアップでしたが(笑



うぃ、少しだけど走れるようになりました。
やはり甲状腺機能低下症の症状で、無気力不活発になっていたようです。

薬を飲み始めてから、ずいぶん症状が改善されました。

まず、表情が明るくなった。
寝ている時間が減った。
歩ける距離が増えた。
少し走れるようになった。

毛は…さすがに、まだ復活はしていません(^^;)
そもそも、これから抜けていく時期なので…毛がふさふさに戻るのは冬頃でしょうか。

それでも、ずいぶん元気になりました。
薬を飲む前は、そうとうしんどかったんでしょうね…。


足腰の方は、相変わらず…です。
これは甲状腺のせいではないみたいですね。

走ったり歩いたりはできるようになったけど、基本的に段差はもう苦しいし、階段も大変そう。
やっぱりスロープは必要みたいです。

という事は、ダイエットもやっぱり必要ですね…
がんばろう、うぃっしゅ。



それにしても、この写真のうぃちゃん可愛いなぁ〜。



飼い主馬鹿ですいません…。
May 01, 2007
甲状腺機能低下症。
GW、如何お過ごしでしょうか。
ワタクシ、夜うさぎは心身ともにリラックスできるところにいます。
うちの大学は、今日明日もお休みなので、なんと9連休なのです。
年に一度の癒しの時間、満喫しております。

ただ、ちょっとネットからは遠ざかっています。
連休明けたら、いつもどおりネット漬けに戻りますが。


さて。
このような連休を過ごしているのでご報告が遅くなってしまいましたが、
うぃっしゅ病院に行ってきました。

えーと、まあ大体予想通りの結果になりました。


血液検査で甲状腺ホルモンの量を調べたのですが。

通常の数値が1.1〜3.6のところ、うぃは0.3未満。
少なすぎて、これ以上は測定不能でした。
明らかに甲状腺ホルモンが出ていません。

それから、甲状腺へホルモンを出せという命令を伝える、脳から出されるホルモンの量も調べました。

通常は0.08〜0.32ですが、うぃは1.6。
多いです。

この検査結果から、
甲状腺ホルモンが出ていないので脳はホルモンを出そうとして命令を沢山だしているのに、甲状腺は萎縮していてさっぱりホルモンが出ていない…
という状態であるとわかります。

明らかに、『甲状腺機能低下症』でした。
疑う余地もありません。


血液検査からは他に、コレステロール値が高いとか、中〜軽度の貧血であることとかが分かりました。
これらは、甲状腺機能低下症の影響によるのだそうです。


甲状腺機能低下症は、ホルモン剤を飲んで足りないホルモンを補っていれば状態は良くなります。
うぃは体重40kgなので、だいたい6〜8錠くらいが必要量だそうです。

とりあえず、今は6錠飲んでいます。
これから様子を見つつ、薬の量を調節していくそうです。

次の通院は明日、5月2日。
1〜2ヶ月後にもう一度血液検査をして、様子を見ていく予定です。


ちなみに…
うぃに必要なホルモン剤は6〜8錠ですが、だいたい一ヶ月に8,000円から10,000円かかるそうです。

可愛いから、子供が欲しがるから、ペットブームだから、癒されたいから…
なんて、中途半端な気持ちじゃ犬なんて飼えませんよね。




リンパ腫の方は、問題なしでした。
Apr 07, 2007
疑惑
ずっと、ずっと気になってはいたんです。
うぃっしゅの様子。


リンパ腫という大きい病気をしたとはいえ、まだ10歳なのに、あまりにも老け込んでいないか?

抗がん剤の副作用で毛は少なかったけど、今も毛が少ないのはおかしくないか?
抗がん剤を切ってから1年5ヶ月。副作用はこんなに長く続かないはず。

リンパ腫治療中、体力が落ちたまま戻らない。それに加えて、もともと股関節形成不全。
そのせいで足が弱っているけれど、それにしたって動かなすぎではないか?

そして。
これだけカロリーを減らして、りんくより少ない量のご飯にしているのに、体重が減らない…
それどころか、気を抜けばすぐ太ってしまうのは何故か?


その答えに、近いものに行き当たりました。

甲状腺機能低下症


その名の通りの病気です。

中・大型犬に多く、5歳以上の中・高齢期に発症しやすいです。
(まれに1歳くらいで発症する子もいるようですが)
犬にはとても多く見られるホルモン疾患です。

非常に進行がゆっくりで、「歳のせいだ」と見逃される事が多く、そうして放置されるうちに甲状腺細胞が破壊され、最終的には衰弱死してしまうそうです。


症状は実にたくさんですが、典型症状と言えるものはあまりないそうです。

よく言われる症状は、

・あまり遊ばない
・運動したあとでも、息が荒くならない
・しっぽを垂れ、頭を下げた姿勢が多い
・いつも申し訳なさそうな顔つきをしている
・名前を呼んでも、反応が鈍い
・歩く時、前足のつめを擦るように歩く
・後ろ足を突っ張った不自然な歩き方をする

・眼に輝きがない
・暖かい季節でも寒がる
・太りやすい
・毛並み、毛づやが悪い
・毛がゴワゴワする
・毛がはげやすくなった
・一度、毛を刈ると、なかなか生えそろわない
・おなかの毛が薄くなった
・おなかの皮膚が黒ずんできた

・舌先が冷たい
・皮膚が乾燥している

とにかく「不活発」。
ただし、「食欲」は、衰弱死の寸前までなくなることはなく、病気発見を見逃しやすい要因でもあるそうです。

これらの症状と、血液検査によって確定診断されます。
完治はしませんが、甲状腺ホルモン剤を飲ませることで改善はされます。
しかし、薬をやめることはできません。


で、うぃっしゅはどうかというと…
赤字にしてあるのが、うぃに当てはまっている症状です。
ほとんど全部です。特に、被毛・皮膚に関する項目。

抗がん剤の副作用は切れているはずなのに、尻尾・肩甲骨・鼻の頭の毛が薄い。
お腹の皮膚は黒ずんでいて、毛はほとんどありません。
長毛種なのに毛並みは悪く、ゴワゴワと硬い毛です。
りんと同じ周期で洗っているのに(それもトリミングに出しているのに)、りんよりも遥かに被毛の状態は悪いのです。
皮膚はカサカサしていて、フケも出ます。
秋頃、リンパの腫れで手術した時の毛刈り跡に、まだ毛が生えていません(産毛程度)。

歳のせいと思っていましたが、かなり不活発でよく寝ています。
歩き方に関しては、当てはまってはいますが…関節が悪いため、もとからそういった歩き方もしているので、微妙なラインです。

そして、最も発症しやすい犬種にあげられるのがゴールデンなのだそうです。
ざっと調べたところ、発症しやすい犬種は、
ゴールデン、シェルティ、ドーベルマン、コッカー、柴など…


うぃも、この急激な老化に関して、何度も主治医に相談していました。
そして、その度に太りすぎを注意されてきました。
太りすぎと決め付けられ(確かにそうなんですけど^^;)、他の原因の可能性はないような言われ方でした。
あまりに決め付けられ、結局は自分で調べて、この病気に行き当たったのです。


自己診断スコアもやってみました。

10点以上→甲状腺機能低下症を含めて、何らかの異常が存在する可能性あり
15点以上→甲状腺機能低下症が強く疑われる
うぃの点数は20点でした。



実は1年前に、うぃの鼻のハゲを記事にしたところ、甲状腺の低下ではないかというコメントを頂いていたのです。
バカな私は、そのコメントに3ヶ月も経ってから気がつきました…
その後、主治医にその事を話してみたのですが、その時は他の症状が出ていず、たぶん違うだろうと言われたのです。
時期的にも、寛解して、抗がん剤の効果も切れていて、再発が怖い…という時期で、私も主治医も、たぶんリンパ腫の事ばかり意識していたのでしょう。
違うだろうと言われて、そのまま忘れていたのです。


今思えば、歳のせいだけとは言い難い事はたくさんありました。

なんでもっと気にかけていなかったのか。
なんで、1年前にコメントを頂いた時にもっと真剣に考えなかったのか。
なんで「たぶん」違う、という主治医の言葉を信じたのか。
なんでもっと食い下がらなかったのか。

なんであの時…は沢山あります。
けど、必要なのは「あの時」ではなく、「これから」です。


妹に連絡をして、なるべく早めに病院へ連れて行くように伝えました。
しかし、今の我が家では、りんの口蓋裂の時のように、先延ばし先延ばしになりそうな気がします。
こういう時に、私がうぃの傍にいれば、すぐにでも連れて行くのに…
リンパ腫の時も、手術の時も、そして今回も。
肝心な時にいつもいないなんて、本当にどうしようもない飼い主です。




暗い記事ですみません…。
Dec 29, 2006
後ろ足の診察
背景だけはお正月バージョンにして、記事はクリスマスのまま放置していました…
現在、実家に寄生虫…じゃない、帰省中です。
うぃりんとラブラブしています(^^)

無事クリスマスプレゼントも渡せました。
1167364155853372.jpg
姉ちゃんからのプレゼントは、りんも食べられる柔らかいパンと、りんは食べれないジャーキーの詰め合わせでした。
口蓋裂のせいで、堅いものを食べさせられないりん。
こいつ用のおやつを探すのは、えらい大変でした…。
犬用のおやつって、ほとんどが堅くてゴツゴツしたものばかりで。
ソフトとか柔らかとか書いてあっても、りんにあげるには堅かったり、角があったり。
なかなか難しい感じです。仕方ないか…。


さて、今日は大荒れの天気の中うぃの病院へ行ってきました。
どうも手術後の抜糸を忘れられてるような気がして、こちらから出向くことにしました。
(さすがに忘れられてはいませんでしたが)
抜糸は無事終了、膿のほうも残っていませんでした。
あと一週間、弱めの抗生剤を飲んで、治療終了になります。
腫れたせいで、皮膚は弛んでしまいましたが…毛が生えたら目立たなくなる、はず。。。

そして、かなり弱っている後ろ足の事を相談してみました。
少しだけ診てもらいました。

立たせた状態で、後ろ足の甲を床につける感じで曲げます。
反射的に元の状態に戻すのが普通の状態。
うぃは、すぐに元に戻しませんでした。しばらく、曲げられたまま立っています。
普段歩くときから、後ろ足の甲を擦るような感じで引きずって歩いているのです。
これは、後ろ足の神経・感覚が鈍ってきているせいだそうです。

大型犬には比較的多いそうですが、年を取ると、腰の辺りにある神経が体重に負けて圧迫され、後ろ足の感覚が鈍ってしまうのだそうです。
うぃはまだ9歳、弱るには少し早いのですが、肥満犬だし股関節も悪いので、こんなに弱ったのだろうと…。

歩けなくなりますか?と聞いてみました。
この子の場合は、その可能性は高いと思います…という返答。
そうだろうとは思っていました。
うぃの形成不全が分かった時から。
あとは、どれだけ長く歩ける時間を延ばせるか…です。

神経の圧迫を予防するのに一番効果的なのは、ダイエットです(苦笑されましたが)
今だってかなり気をつけていて、減ってないけど増えてもいない状態を保っているのですが。。。
もう少し…減らせるのが理想だそうです。む、難しいな…

そんなうぃですが、昨日は朝も夜もご飯を食べませんでした。
自らダイエットに励むというのか、愛犬よ…。
まぁ、抗生剤のせいで胃もたれして食欲が無かったのが真相ですが。
今日の朝は完食したし、胃薬も出してもらったのですぐに食欲も戻るでしょう。
ダイエットは気になるけど、食べないのは心配だからいいや…と思う甘い姉ちゃんです(^^;)

とりあえず、ダイエットは気長にやりたいと思います。
まずは、スロープを買って足の負担を減らす事から。
車の乗り降りも大変でした。今日は乗る方が大変だったみたいです。
後ろ足が踏ん張れないんですよね…下半身は、こちらが抱えあげないと乗れませんでした。

階段も同じ感じです。後ろ足が上がらず・踏ん張れず。
それでも、2階の私の部屋で一緒に寝るといって聞かないので、毎晩階段でうぃの重たい下半身を抱えあげています。
何で寝る前に大汗かいて運動しなきゃいけないんだ…(^^;)
取っ手のついた、後ろ足介助パンツも買おうかなぁ…と思う、腰の痛い姉ちゃんでした。

1167364170155723.jpg
最後に、プレゼントを前に『待て』させられているうぃ。
この直後、袋に入ったままのパンに食らいつき、勢いあまって手も咥え、姉ちゃんにとっちめられました。




Please Click Here
Dec 18, 2006
うぃの後ろ足
さて、予告どおり前掛け姿のうぃの写真をアップします。

まずはアップから。

                       前足も剃られたのー。

うーん、赤ちゃんのよだれかけ状態ですね。
嫌がったりしないところは、さすが無頓着王うぃ。
誰かが外さない限り、つけっぱなしですね。楽でいいんですけど。

では、今度は引きで。


                         見んなよー。

ぶーたれてますねぇ。。。
付けっぱなしとはいえ、嫌なようです(笑


さてさて、病院で気になった事の詳細を書こうと思います。

入院室から出された時から、うぃの歩き方が少し変だったそうです。
なんと言いますか…こう、後ろ足が妙な具合に外股になってるというか…言葉で説明するのは難しい具合の歩き方らしいのですが…。
とにかく、妙な歩き方をしたそうです。
うぃはもともとモンローウォーク(形成不全なので)なんですが、それを引いても変な歩き方で、先生も「おかしいですね」と言ったそうで。

家に帰ってきてから少しずつ元に戻り、今日はほとんど変な歩き方はしなかったらしいのですが…
入院中は狭いケージの中にずっといたから、そのせいで少しおかしかったのかも…という事ですが、ちょっと気になります。

実は、水曜に預けに行った時も後ろ足が変だったようなのです。
伏せたときに、やけに後ろ足が外側に広がっていたとか…
家でも、床で滑ることが多かったみたいです。


もう数日様子をみて、まだおかしいようだったら、次の診察日にレントゲンを撮るなりしてもらうように言っておきました。
明らかに、股関節の具合が悪くなっていると私は思います。
冬になって、天候が崩れがちな今、体も鈍っているのかもしれません。
単純に、寒さが悪い影響を与えているのかもしれません。
いずれにせよ、今後はもっと気をつけてやらなくてはいけないですね。

形成不全じゃなかったら、まだまだ階段も車の乗り降りも楽勝で、飛ぶように走ることもできたかもしれないのにね。
こればっかりは、どうにもできません。




Please Click Here
Dec 17, 2006
帰ってきたー
予定より1日早いですが、本日(12/16)うぃ退院しました。
前と違って、大きな切開はしていないので早く回復したようです。

とりあえず、あらかた膿は出たようです。
リンパの上と下を少し切ってチューブを入れていたのですが、まだ少し膿が出るだろうとの事で、上側だけ縫って下側の傷はそのままだそうです。
現在、傷口の保護に、前掛け?のような物をしています。
その様子は明日、写真を送ってくれるそうです。なんだか笑える姿になったらしい…(^^;)

ひとまず、5日分の抗生剤を処方されました。
たぶん次は5日後に行く事になると思います。

さて、帰ってきたうぃのご様子は。。。


……お疲れのようです。
他にも色々あるのですが、詳しい事はまた明日アップします。
笑える前掛け姿の写真も一緒に(笑)

とりあえず。うぃ、お疲れ様。




Please Click Here
Dec 15, 2006
入院中です。



えーと、タイトルの通りですが。
うぃ、現在入院中であります。

予定通り、水曜日に病院へ預けてきました。
リンパの膿は、注射器では吸いきれない量が溜まっていたそうです。
とりあえず、リンパにチューブを入れてゆっくりゆっくり膿を出す方法をとっています。
時間はかかるけど、切開するより体に負担はかかりません。

原因の方は、やっぱり良く分からないですねー。
検査とかを色々して無理やり原因を探すより、とりあえずはリンパの腫れをとって、うぃに体力・免疫力をつける事に専念したいです。
もし三度目が起こったら…その時は精密検査ですね(^^;)

退院予定は、早くても日曜です。

1166115503644907.jpgりんく、うぃ姉ちゃんがいないとビビリに拍車がかかっています。
日曜まで、どうする?








Please Click Here
Dec 08, 2006
再発ではないけれど
今日、うぃは病院に行ってきました。
例のリンパ付近の腫れで、です。

あれから様子を見ていましたが、やはりすごく腫れてしまいました。
もしかしたら…とドキドキしていましたが、食欲は落ちないし、体自体は辛そうな様子も全くありませんでした。
リンパ腫発症時のように、喉を圧迫されて吠える事もできなくなったり…という事はなく、腫れを除けば至っていつも通りです。

それでも母は診察を受けるのが怖いようで、父に行ってもらうとの事。結局、父の仕事が定休日の今日(7日)に病院へ行きました。


結果です。

とりあえず、リンパ腫の再発ではありませんでした。
ですが、以前手術したリンパの化膿の再発…でした。

原因として推測されるのは、

,泙整枴が入っている
年齢のせい
B亮租なもの
す海ん剤による免疫力低下のため、ささいな事でも化膿する

の4つです。
,鰐気い隼廚錣譴泙后もし異物が入っているのなら、もっと早くに化膿して腫れが再発するだろうとの事で。
一番可能性が高いのは、やっぱりい任靴腓Δ。
寛解はキープできても、免疫力はなかなか上がりませんね…
サプリをやったり、ご飯にあれこれ工夫してみたり、色々やってはいるのですが…。

来週水曜に再手術となりました。
注射器だけで膿を吸い出せれば、あとは薬で治るそうですが…
吸いきれないようなら、また切開です。
あー、せっかくハゲがなおってきてたのに(^^;)
思えば昨年から、ハゲとは縁が切れません。。。長毛種なのに…(T_T)

でも、毛はいつか生えてきますから。
とにかく、来週の手術で治りきってくれますように!

うぃっしゅ、がんばってくるんだよ。


                   目線の先にはビーフシチューが。





Please Click Here
Dec 01, 2006
もう12月
お久しぶりです(^^;)

やっと忙しい時期が終わりました。ネット復活です!
11月半ばからあたふたしているうちに、気付けばもう12月に…
今年も残すところあと1ヵ月だなんて信じられないですね。
早いなぁ…。


さて、飼い主があたふたしていた半月ほどのうぃ&りんの様子です。。。

うぃですが、外耳炎の次は右目が(正確には目の周り・まぶたとか)が腫れてしまいました。
一番ひどい時で、目が開かないくらいに腫れたそうで…
これもまた原因不明…。おそらく河川敷散歩の時に草か何かでアレルギーを起こし、それがひどくなったのだと思うのですが。
病院に行って薬をもらい、今は治まったようです。

そして、目が治って一安心…する間もなく、今度は顎です。

また、リンパ付近が腫れて…というか、しこりのようなものができてしまいました。
場所が場所だし、感触も何だかそれっぽい…という感じだったので、すぐに病院へ行きました。
結果は。
たぶんリンパ腫ではない、と思う…と何とも不安な答えでした。
他の部分のリンパは腫れていないので、とりあえず様子見です。
もっと腫れたらすぐに連れてきてくださいと言われました。
言われなくても連れて行きますが。。。

で、今日電話したところ、ちょっと大きくなってるような気がする〜…と母。
ついに再発…?嫌なドキドキです。
とにかく、気になるなら病院で見てもらって、細胞診でも何でもやってもらうように言っておきました。

寛解から1年と1ヵ月。抗がん剤の効果はとっくに切れています。
再発じゃない事をひたすら祈るしかありません。
…って、再発じゃなかったら何なんだろう?(-_-;)
10歳も目前だし、何かと病院との縁が切れないうぃでした。。。


一方、りんは。
ひたすら元気です。特に何も変わりなく。
食欲満点、元気一杯、やかましさ抜群です。まぁ元気なら良し。
一つ問題があるとすれば、最近うぃに喧嘩を売るようになった事ですね。
どういうわけか、うぃの口元が気になるらしくて、付きまとっているんです。
やたら匂いを嗅ぎにいって、うぃに怒られて逆ギレ…みたいな状態。。。
良くないですね…優位者(うぃ)にたてつくとは…
最近の若者はすぐ逆ギレする…なんて(^^;)
とにかく、うぃにたてつく様子を見せたら即叱るようにしています。(これも微妙なんですよね、本当は…)
解決策は検討中。気の合わない犬同士の多頭飼育は大変ですね…。


えー、長くなりましたが、11月末の2匹の近況でした。
最後に、2匹の写真でも。。。


                    無理やりな2ショット。







Please Click Here
Aug 21, 2006
退院しました。
本日、うぃ退院しました。

経過が良かったから…とかではなく、もともと今日退院の予定だったようです。
状態は…まぁ、元気です。食欲だけは本当に減りません。
口の中切ったのに。。。

今回の手術では、口の中と外とリンパの三ヶ所を切開したようです。
傷口はホチキスでとまっています(痛;)
とりあえず傷口の状態は悪くないとの事です。

が、リンパはまだ腫れているようです。さすがに、急には腫れが引かないみたいですね。
やはり、また腫れてくる可能性もあると言われました。
まぁ異物が残ってたら腫れますよね…(^^;)
恐らく、腫れてきたら再手術になりそうです。財政が…
今回は、今までとは違う抗生剤を処方されました。
しばらくは、薬を飲んで様子見です。

案の定、あごから首、胸元にかけて丸刈りです…
思っていたより広範囲な毛刈りにプチショック!
食欲が落ちないのだけが救いです(^^;)



ちなみに、手術後すぐから普通に口からご飯を食べれたようです。
りんは点滴ですが…。
あまり良い写真が撮れないらしく、画像不足で今日も絵…。



blogランキング。
Aug 18, 2006
無事終了。



とりあえず、無事に手術は終了したようです。

お見舞いに行った妹によると。

「麻酔切れかけでボーっとしてて、すごい不細工な顔してた。あと鼻がぶひぶひ言ってたよ。首が包帯でぐるぐるに締め付けてるから、顔むくむくだった(^^;)」

……だそうです。
うーん、よく分からん。むくむくって…?


手術の結果です。
まずは普通どおりに内側から切開して、手探りで異物を探したそうです。
しかし、どれだけ探しても異物らしき物は見つからず。あんまりいじると神経に触れてしまうので、いったん膿だけ出して縫合したそうです。
もしかしたら、自然に異物が出た可能性もあるそうで。
けど、これだけ化膿していると、異物が出ても自然治癒は難しいそうなので、管を通して少しずつ膿を出しています。
膿を押し出すために、首に包帯をきつめに巻いています。
もし異物が残っていても、膿が出れば少しは探しやすくなるそうなので…まずは膿を出す事に専念するとの事でした。

うーん、異物は出なかったかぁ…
再びスッキリしない状態に(^^;)
もし異物が残ってたら再手術だけど…。
大型犬は、全身麻酔の値段が高いのですよ…後期の学費、本気で払えなかったらどうしよう。
りんの手術もあるし。。。

あ、うぃの事が終わらないと、りんの方は進められないそうです。
とりあえず、その間に親と相談してりんのブリーダーさんに連絡をとってみようと思います。

まぁ最良の結果というわけではありませんでしたが、とりあえず無事に手術が終わってよかったです。
おつかれ、うぃ。



blogランキング。

手術当日。
あっという間にうぃの手術当日です。
が…超間抜けな事に、昨日ケータイを友達の車に忘れてきてしまい、親と連絡が取れない状態です(^_^;)
何時から手術なのかも分からん…もう終わってるかも?(汗)
友達に聞いたところ、昨日の夜は親から何度も電話がかかってきてたそうです。…ヤバイ、怒られる。
あと一時間したら、友達のところにケータイを取りに行きます。
そしたら即効で親に連絡して、うぃの状態を聞いてきます〜。

こんな大事な日とその前日にケータイが無いなんて…何やってんだろう、自分×××




Aug 11, 2006
うぃの検査結果。
うぃの検査が終わりました。結果報告です。
今回もあまり良い報告はできませんが…

検査の結果、歯のトラブルではなく、歯茎に木片か何かが刺さり、それが奥の方まで入り込んで化膿している可能性が高い事が分かりました。
歯石もないうぃが、ここへ来て急に歯のトラブル?と疑問に思っていたのですが、やはり歯はトラブルのある歯には見えなかったそうで、もう一度色々調べたようで…以前、同じような症状の子が、歯茎に草の茎が食い込んで化膿していた事があったそうで。
うぃもそのパターンだろう、と。
しかし、こうもコロコロと診断が変わるとは…。

原因は違っていましたが、やはり手術は必要であるそうです。
口の内側から切開して、原因の異物を取り除く手術です。
レントゲンに異物が写らないため、場所を特定するのは難しく、もし内側の切開で見つからない場合は、口の外側からも切開するそうで…す(痛;)。
さらに、リンパに溜まった血膿も抜かなくてはなりません。
チューブを通して抜くそうで、2〜3日入院する必要がありそうです…(T_T)
もう1つオマケに。。。
手術のための毛刈りは、かなーり見た目が悪くなってしまう…そうです(涙)。なんせ、あご丸刈り…ですから。
あーぁ。せっかく毛が生えてきたのに…。

手術は18日を予定しています。これ以上は延ばせないそう。
うーん…色々不安ですが。
がんばれ、うぃっしゅ!!


で、りんの手術についても少し話したそうです。
具体的な手術方法は検査しないと分からないのですが、やはりとても難しい手術になるようです。
うぃ&りんの先生は、以前にも口蓋裂の手術をした事があるそうですが、その時の子はりんほど亀裂が大きくなかったらしく…
経験があるといっても、かなり不安なようです。
そんな事言われても、先生だけが頼りだよ。助けてやってください(^^;)
手術後は、3日ほどは口から物は食べさせられないそうです。
なので、数日間入院して点滴で栄養をとる事になるかと…
さすがに、これは不憫ですね…。

かわいそうに。
りんは何も悪い事してないのに、口蓋裂なんて障害を持って生まれてしまったがために、そんな苦しい思いをしなきゃいけないなんて。
動物の病気は、いつも理不尽。悔しいです。

負けちゃいけないな。
りんもがんばろう。リンパ腫をやっつけた、うぃ姉ちゃんを見習え!
なんだか、今年は大変な夏になりそうです。


あ、一応診察記録もアップしておきました。
記録記録。何かの役に…たつことが無い方がいいな(^^;)



blogランキング。
Aug 08, 2006
急展開。
前回の記事で、早く2匹の状態をスッキリさせたい…と書きましたが、予想を上回る急展開が起こりました。
つまり。。。
うぃのリンパの腫れの原因判明&りんの顎を診てもらったんです!!
び、びっくり…まさかこんな急に両方スッキリするとは。
動いたのは、アテにならん母ちゃんでも、頼れる妹でもなく…
なんと、父ちゃん&弟!!これもまたビックリ!
何でも、母ちゃん&妹が大学見学で留守にしていた日に、2匹まとめて病院へ行ったのだとか。意外すぎる展開にひたすらびっくり。男コンビ、やるときはやるのね…。
さて、展開が進んだのはよいのですが、結果は思わしくありませんでした。これは予想通りだけど…

後日、きちんとした診察記録をアップします。とりあえず今日は簡単に報告を。


まずうぃです。
あのリンパの腫れはやはりリンパ腫ではなく、歯および歯茎のトラブルが原因だと判明しました。
父曰く、うぃの口の下側(どの辺か詳しく教えてもらえなかった)から少し出血があったようで、それで病院へ連れて行く事にしたんだとか。
歯とは…盲点でした。リンパ腫を心配するあまり、先生までもがリンパ腫という意識で診察していたため、口の中や歯茎までは見ていなかったんです。反省……
状態としては、うーん…歯槽膿漏に近い感じのようです。ちょっと重度のようです。ショック…。
うぃは歯石がほとんどなく、歯のトラブルは過去にも無かったので、油断しきっていました。その油断が、発見の遅れになり、状態が悪化するまで気付けなかった。
考えてみれば、かなり歯並びが悪いんだから、注意しておくべきでした。反省…ごめん、うぃ。

とりあえず、10日に麻酔をかけてきちんと検査をするそうです。その上で、今後どうするかを話し合います。
が、獣医師は、すでに今の段階でも手術が必要だろうと言っています。10日の検査の時に、処置をして何とかなるレベルではないそうです。はぁ…


それからりんく。
結果から言うと、ずばり口蓋裂でした(分かりきっていたけど)。それも、かなり重度で手術は絶対必要、との事です。
口蓋裂は、個体によってかなり程度が違うと以前も書きました。実際、私が調べた中には、少し上あごに穴があいている子から、ばっくり亀裂がある子までいました。
りんは、口の先から喉の奥まで、途切れることなく亀裂が入っています。亀裂の幅も、かなり広めです。
今は食べる時にむせる程度で済んでいますが、今後歳を重ねていったらどうなるか分かりません。
口蓋裂の手術は、若い方がいいそうです。急を要するわけではないけど、近いうちに手術をした方がいい、手術しましょう、と先生に言われました。
がーん…分かってはいたけど、やはりショックですね。
けど、本当にこの先何が起こるか分からないし、手術は早いほうがいいと私も思います。実際、りんも一緒に病院へ連れて行ったのは、亀裂の奥に何か…パンの袋とかをしばっておく、金色の針金みたいな物が入っているように見えたからだと弟が言っていましたし。
それが万が一でも肺に入ってしまったら…ぞっとします。やはり、早いうちに塞がなくては。
と言いっても、急を要するほどではないので、今はうぃの治療が優先になりますが。

りんは、23日に麻酔をかけて詳しく検査をするそうです。
手術するのは絶対だけど、どのくらい難しい手術になるか診なければいけません。
確実に、難しい手術にはなると言われました。亀裂の幅が狭ければ、両側の肉を引っ張ってきて塞ぐ事もできるそうですが…その方法が使えないくらい、りんの亀裂は広いそうです。
手術する時期も、できれば夏は避けたいところですし…検査をして、手術の見通しを立てて再度相談、という形になりそうです。


簡単に報告するつもりだったのに、すっかり長くなってしまいました。
とりあえず、2匹の状態はハッキリと分かったし、今後の見通しもついたので、スッキリはスッキリ…したでしょうか(^^;)
案の定、あまり良い報告ができなくてすみません。10日にうぃの検査をしてから、また色々と報告したいと思います。




blogランキング。
Aug 06, 2006
復活!
テストやら何やらが、一応一段落ついたので…今日から復活します〜。

気がつけば、放置している間に梅雨が明け、8月に突入。
いきなりの連日真夏日に、さっそくダウンです…(^^;)
雪国生まれ・雪国育ちに、晴れの国岡山の夏は堪えますヨ…
すでにバテバテで、日差しを避けるために用がなければ家から一歩も出ないという駄目人間っぷりですが、ブログくらいはちゃんと更新していきたいと思います。

さて、放置していた間の犬ズの様子をご報告しますね。


まずうぃですが。
抗生剤で治っていたリンパが、また少し腫れてきているそうです(^^;)
獣医師もさすがに心配だったらしく、丁寧にあちこち診てもらったのですが。
発熱もなく、食欲旺盛・体重低下まったく無し。レントゲンやら聴診やらでも、何も引っかかりません。
やっぱり、前と同じで何かのばい菌が入ってリンパが腫れているのでは…との診断でした。
とりあえず、前回と同じ抗生剤を飲んで様子見です。
一度はこの薬で治っているので、再発の可能性は低いのですが…
なかなかスッキリしません。

川原散歩は続けているそうです。アレルギー疑惑への対策として、散歩から帰ったらすぐ体を拭いたりブラッシングをしたりしています。
これをしてから、かぶれの様な症状の方はキレイに治りました。
あとはリンパの腫れだけなんだよなぁ…
スッキリしないですねー(^_^;)

続いてりんく。
こっちは至って元気なのですが…まだ病院できちんと顎を診てもらっていません(>_<;)
病院行きます…と宣言してから、一体どれくらい経っているのか…(汗)
この日に病院行こう!と決めると、うぃのリンパが腫れたり、店に泥棒が入ったり、親の仕事が忙しくなって行けなくなったり。
どうもタイミングがよろしくありません。
間が悪い犬だな、りんく。。。
結局、うぃのリンパの腫れが再発したので、またりんくの顎は後回し。
そうこうしているうちに、夏休みで親の仕事が忙しくなってきました…
妹弟も行けそうにないようです(^^;)

もう、こうなったら私が帰省した時に連れて行こうかなぁ…
帰省予定、9月頭なんですが……
こちらの方もなかなかスッキリしてなくて、すいません。
しばらくは、うぃのリンパを治す事を優先させるので、りんの診察にはもう少しかかりそうです(-_-;)


うーん、2匹ともあまりスッキリしない状況です。
もどかしい…

なるべく早く、スッキリさせてご報告できるように頑張ります!



blogランキング。
Jul 05, 2006
す…すいません…
予告どおり、りんの病院へ行ってきました〜。
うぃの様子も話して、薬をもらってきました。
まずはうぃの方から。

リンパの腫れは、まだ少ーしあるかな?程度まで治まりました。
処方された薬はリンパ腫には効かない薬だそうで。
この薬で腫れが引いたという事は、完全にリンパ腫ではないという事です、と先生に言われました。
しかも、先生ちょっと嬉しそうだったらしいです(^^)
普段は体重についての皮肉やら嫌味やらばかりな先生なので、嬉しいかも…(笑)
うぃの薬は、今週くらいまでは続けるそうです。以上〜。

さて、りんです。

腰のハゲですが、これは蕁麻疹のようなものができて、それが痒くて舐めてしまい、ハゲて血が出たのではないか、との事でした。
蕁麻疹は、アトピーに近い物ではないか…と。
つまりアレルギー。。。
少し熱があったのですが、アレルギーからくる微熱か、風邪をひいていたのか…はっきりは分かりませんでした。
アレルギーについて思い当たることは1つあります。
ずばり原っぱ散歩!
ハゲは原っぱに行きだしてからだし、実はうぃも、原っぱに行き始めてから鼻の頭のハゲ部分(実はまだハゲている)が少しかぶれてしまったんです。
りんもうぃも健康で強い個体ではないし、原っぱの草か何かにかぶれてるのかも…と推測しました。
ですが…あれだけいい表情をする原っぱ散歩。この楽しみを奪うことはちょっとできません…
とりあえず、原っぱから帰ったら、濡れタオルで簡単に体を拭いてみたら?と提案しました。
あんまり意味ないかも(^^;)
これでも蕁麻疹が出たら、原っぱは見合わせですね…

ハゲについては以上です。
で…

口蓋裂について。ですが。
えーと。
す…すみませんっまた診てもらってないみたいです(汗)
言い訳…↓
実は今日、うちのお店に泥棒が入ったらしいんです。
とはいっても、たいした被害はありませんでした。
盗まれたのは、30年くらい前から店に置いてある、15圓呂△蹐Δという巨大で重たい金庫。しかも、その中身はどーでもいい書類が数枚…
金庫自体も捨てるのはお金かかるから、という理由で置いてあるだけで、処分できて良かったんじゃない?なんて言う程度。
これだけでも骨折り損な上、床にはばっちり足跡が付いていて、これで捕まったら泥棒がちょっと可哀相なくらい被害は軽かったんです。
が、それでも少なからずショックだったようで。
早朝からそんな騒ぎだったのに、この上りんの口蓋裂をしっかり判明させるのはショックが大きすぎる…とか何とか言ってまして。
要するに、また先延ばし…あーもう、最悪っ!

というわけで、口蓋裂の報告はまた今度……
今週中か遅くても来週には診せるように、きつーく言っておきました(>_<;)
気にかけて下さっている皆様、報告に至らなくてすみませんでした…。
Jul 03, 2006
大変だった…らしい。
7月になったので、またもやデザインを変えてみました。
本当に飽きっぽいです…(^^;)

ここしばらく、うぃの可愛い画像が送られてきた以外に何の便りも無かったので、2匹は平和に暮らしてるんだろうなぁ…と思っていたら。
先ほど母と電話で話したら、この一週間で2匹はなかなか大変な事になっていたことが判明!
何ですぐ知らせんのじゃ!!(怒)

というわけで、大変だったうぃ&りんの報告です。。。


まず、うぃっしゅから。
一週間ほど前、突然リンパが腫れだし、大騒ぎになっていたそうです(-_-;)
少しぷくっとしているのに気付いたのは弟でした。
リンパ自体は取ったりしてないんだから少し感触があるのは当たり前よ〜、とか何とか言っていた数日後、あっという間にリンパが腫れあがり、一同騒然!!
どうしよう、再発かも…と大騒ぎをして病院へ。

結果、「こんなに急に腫れるのはリンパ腫ではなく、何かばい菌が入ったせいでしょう」と言われ、抗生物質を処方されました。
その薬を飲んだらあっという間に腫れが引き、ほっと一安心したところです。
もうしばらく抗生剤を続けるそうです。
再発じゃなくてよかった…。


そして、りんく。
腰の辺りに、謎のハゲができてしまった模様。
かゆいらしく、しょっちゅう気にしてしまい、ちょっと血がにじんでいる状態です。
皮膚病かなぁ…早めに病院へ行くべきだったのですが、ちょうどうぃのリンパが腫れだしてしまい、とにかくうぃを優先したため、りんはまだ病院に診せてません(^^;)
ごめんよ、りんく。うぃはね…再発だったら、命に関わっちゃうからね。

土日は両親の仕事の休憩時間と病院の診察時間が合わず、明日は病院がお休み(-_-;)
火曜日に、りん連れて病院へ行くそうです。
上あごの亀裂も診せてきます(やっとかよ)。
これで、口蓋裂かどうか判決が下るわけです。
…九割確定だけど、何かの間違いであってほしいなぁ…と淡い期待を抱いて、ドキドキしています。

胃にも心臓にも悪〜い(>_<)こっちがハゲそうです(苦笑)


りんくの事、火曜日にはっきりさせて報告をしたいとおもいます〜。




blogランキング。