ロクの日々を綴っていきます。

新しい病院
1115069114739085.jpg今日は朝から動物病院へ行ってきた。先日の出来事以来別の病院を探していて良さそうなところを見つけたものの、行ってみないことにはなんとも言えないので、フィラリア予防薬開始前の血液検査を兼ねて診察してもらうことにした。病院へ行くとまずは問診表を記入し、血液検査と膝の状態を見てもらいたいことを伝える。しばらく待つとロクの番になり診察室へ入った。診察を始める前に簡単にこれまでの病歴、最近の様子、気になるところ等を聞かれた。そしてロクを診察台に上げて目を見たり、心音を聞いたり、一番気になっていた膝の状態を見てもらったりして最後に採血をして今日は終了。診察結果は以下の通り。
スポンサード リンク
◆膝蓋骨
その時点で外れているということもなく、特に溝が浅いということもない。とりあえず心配はないが、100%発症しないかというとそうとは言い切れない。ステージ1くらいでは外れても2,3歩びっこを引いて元に戻ったらその後は普通に走るらしいので気をつけると言っても実際には難しい。外で他の犬と走り回ったり取っ組み合いすることを気にするくらいなら家のフローリングを絨毯に変える等の予防のほうが大切だとも言われる。
アジリティ(ドッグスポーツ)をしていることに関しては特に何も言われなかった。
膝蓋骨脱臼はやはり遺伝するとこのと。

◆食欲
確かに痩せ気味ではあるが、ロクの場合は骨格からして細いのでこれで10キロあったら逆に重くなるかもしれないと言われる。食欲がないといっても全く食べないわけではなく、お腹が空けば食べるのでそれは自分でコントロールしているんじゃないか。なので次から次へとおいしいものを与えるなどなんとか食べてもらおうと神経質になる必要もないのではないかとのこと。

◆フィラリア抗原検査
センターに送って検査をするので結果は1ヵ月後くらい。
抗原検査と一緒に血液検査(10項目)もしてもらうことにした。

◆その他
心音にも異常は見られない。

<感想>
問診が丁寧だったので「あーこういうところもあるんだ。ちょっと安心」というのが率直な感想。膝蓋骨のこともいろいろと教えてくれて前回のように鼻で笑われることもなかった。料金は若干高めとも思われるが、すべての料金はきちんと表示されているし、フィラリア予防薬、ノミダニ駆除薬などの購入を強制的に勧めるわけでもなかった。ここならちょっと心配なことでもきちんと相談に乗ってくれそうなのでここでお世話になることにした。あーいいところでよかった。
この記事へのトラックバックURL
http://dog.pelogoo.com/dayswithroku/rtb.php?no=1115070855091957


◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 : 



September, 2011
-
-
-
-
02
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
RECENT
RECENT COMMENTS
CATEGORY
PROFILE
メールはこちらから!

2003年11月12日生*柴犬*オス

MYALBUM
ARCHIVES
PR