ロクの日々を綴っていきます。

Jul 07, 2013
たたみベッド

梅雨が明けたと思ったら暑ーーーーい!
いよいよ夏本番。この暑さがあと2か月は続くのよね・・(遠い目)

ホームセンターに行ったらロクのベッドにちょうど良さそうなものを見つけました〜


折り畳みの畳ベッド!
と思ったら、人間用のごろ寝枕なんですって〜
でもロクにちょうど良さそうと思ったのでお買い上げ


涼しそうでしょう??
若干小さいと言えなくもない・・・(笑)

そうそう、先週2度目の抜糸に行ってきました。
今度はちゃんとくっついてます!!
念のためシャンプーはもうしばらくしてから。
あとは毛が生えそろうのを待つばかり。
本格的な暑さの前になんとか落ち着いてよかった・・(^_^;)


Jun 20, 2013
イボちゃん切除

ずいぶん前から気になっていた右肩にあった米粒大の小さなイボ。


特に悪さをしている様子はなかったけれど、
ほんのちょっとずつ大きくなっている気がするし
今後悪さをするものに変わることもないとは言い切れないし、
局所麻酔で処置できると言うので思い切って切除しました〜
土曜日の午前中に預けて午後にお迎え。


500円玉より2まわり位大きなハゲができました。

本犬、特に気にする様子もなく、エリザベスカラーも必要なく、
無事に1週間が過ぎ、抜糸。うんともすんとも言わず、お利口さんでした。
切除したものは腫瘍でもなく、悪性でもない、ただのイボでした。

で、その翌日、外出先から帰ってくると
傷口がパックリ割れているではありませんか!!
当日は夜遅かったため病院にも連絡できず、
翌日連絡して診せてくださいってことになり、
結局再縫合となりました・・・(涙)

今度は抜糸は2週間後。
抗生物質もしっかり2週間飲んで、万全で抜糸を迎えたいです。

Jul 29, 2012
健康診断2012

お暑うございます
またまた久しぶりの記事になってしまいました。
オリンピック観戦のため寝不足気味でございます。。。

さて、今日は年に一度のロクの健康診断。
去年見つかった膀胱壁の肥厚の経過が気になるところ。
もうすぐ9歳だし、別の何かが見つかるかも・・・?
と思いながらの健診でした。
ロクを病院に預けた数時間、家にロクが居ない事に
とても違和感を感じたのでした。

午後お迎えに行ったら先生が開口一番に「とってもいい状態です」と♪
去年見つかった膀胱壁の肥厚は正常に戻っているし、
レントゲンも尿も便も血液も全て異常なしとのこと。
歯石が付いてないのは歯磨きをきちんとしている証拠と
言ってもらえました。歯肉炎もないそう。

ロクちゃん良かったね〜〜♪
来年も同じこと言ってもらえるように頑張ろうね

こんなイタズラをしても健康でいてくれてありがとう♪※ケガではありません(爆)

Sep 03, 2011
再検査

台風が近づいているのにこの辺はあまり雨が降ってません・・
4日連続で長傘を持ち歩いたのに一度もさしてないし・・

今日は朝一番でロクの病院へ。
先日の健康診断で異常が見つかった尿の再検査です。
結果はPH5〜6で正常値♪比重も問題なく良好です♪
ただ、食事は今後も療法食か準療法食を続けた方がいいと・・
仕方ないね〜 買い置きのフードどうしよう。。。

マイクロチップがきちんと読み取れるか確認してもらって、
爪切り、足裏カット、耳掃除、肛門絞りをしてもらって終了。
次は12月に再検査です。
ここんとこ病院続きだったけどこれで12月まで行かなくて済むといいね。

そうそう、先週末に久しぶりにボディケアをしてもらいました。
夏の間セルフケアを怠りがちだった代償がしっかり出てました(^▽^;)
これからアジリティシーズンも始まるし、そろそろシニアなお年頃だし、
今まで以上に気を遣ってあげないとね。


Sep 01, 2011
世界への準備はバッチリ(爆)
今日は防災の日。全国各地で防災訓練が行われましたね。
私の職場でも訓練があって机の下に隠れたりしました。
防災と言えば・・・先日ロクにマイクロチップを挿入してもらいました!
先週末に幕張で行われた「interpets」というイベント内で
マイクロチップを扱う会社が出展しており、その場で挿入してくれたのです。
やってくれたのはもちろん獣医さんですが、費用は獣医師会への登録費用のみ。
今までやりたいとは思っていたんだけど、機会がなかったのと、
いろんな話も聞いていたのでちょっと躊躇していた部分もあったのですが
そこは話を聞いたうえで納得したし、良い機会なので決断しました。


挿入自体はあっという間
・・・なんだけど大袈裟ロクちゃん、やっぱり少し暴れて騒ぎました(;´▽`A


最後にリーダーでチップの番号を確認してこの日はおしまい。
後日獣医師会へ手数料の領収書を送って、登録のお知らせを受け取ったら完了です。
これでいつでも世界大会へ行ける!!!???
じゃなくて(笑)、これでもし地震などの災害ではぐれても
戻ってくる確率は高くなるはず!
もちろんそんな状況にならないのが一番ですが・・・

久しぶりに茜っちに会いました♪

イベントではいろんなお店やペット関連企業のブースがあって楽しかった〜♪
試供品をもらったり、お得なお買い物もできて満足な一日でした。

Aug 06, 2011
水晶体核硬化症

健康診断で白内障が始まっていると言われたロクの眼。
その後の検査では白い線が見えるか見えないか程度・・・と。

その結果にどうしても納得ができなかったので
眼科専門医のいる病院を探して診察してもらいました。
幸いにも家からは車で20分ほど。

先日と同様に瞳を開く目薬をさしてスリットランプをあてる検査に加えて
眼圧検査と眼の写真も何枚か撮ってもらいました。
で、結果は「水晶体核硬化症」と診断されました。
水晶体の中央が老化に伴って固くなり白濁していく症状です。
多少視力は落ちるもののこれによって視力を失うことはなく、
治療の必要もないそう。5、6歳以上の犬には良く見られるようです。

見た目は白内障と変わらないため、見分けが難しいそうです。
きちんと調べてもらって良かったわ〜
やみくもに目薬始めなくて良かったわ〜
ただ、今後白内障に進行していく可能性もあるようなので
定期的な健診は必要です。

とりあえず今のところは白内障はなし!
これでスッキリです(^。^)


Jul 23, 2011
健康診断2011

去年から始めた健康診断、今年も行ってきました。
今年も異状なし!超健康♪
…って書く気満々だったけどそうはいかなかった(涙)

検査項目は去年と同じ血液、レントゲン、エコー、尿、便、目、それと心肺音など。
血液は全ての項目が基準値内、レントゲンも便も異状なしだったけど、
2年前の春に出てしまったストラバイト結晶がまた見つかりました。
前回の時は一時的に処方食をあげて結晶を溶かしてその後は水を多目にあげて
オシッコを出させるようにしてたんだけどまた出ちゃった…(-_\)
おまけに今回はエコーで膀胱壁の肥厚まで見つかりました。
去年は正常だったからこの1年で厚くなったということ。
どうやら水分の問題だけでもなさそうなのです。
とにかく今は結晶を溶かすことが先決なので処方食にしてるけど
今後も再発防止の為に続けるかなぁと思ってます。
今の段階では痛みもないそうで、
結晶以外の異状もないので投薬はなして食事療法だけです。
軽いうちに治してあげたいです。

それともうひとつ心配が。
白内障が出てきているそうです。
これに関しては心配だったので翌日別の病院でも診てもらったのですが、
白い線がうっすらと出ているか出ていないか程度だそうで経過観察となりました。
老化に伴うものなので珍しい事ではないし、
柴には多いと言われているので多少覚悟はしていたんだけどね…
きちんと管理していかないとね。

ちなみにロクの視力はまったく問題なく、見えずらいとかもないようです。

8歳ともなると何かしら出てくるのは仕方ないよね…
その為の健診なんだもん。
初期のうちに治してあげられるように、
進行を抑えてあげられるように、飼い主の努力次第ですな。
頑張ります( ^ー^)⌒ノθ
Aug 01, 2010
健康診断2010

今日はロクの健康診断の日でした。
去年まではフィラリアの抗原検査と一緒にやってた血液検査と触診だけで済ませていたんだけど、秋には7歳になるので今年からは犬猫ドックを受けることにしました。
検査項目はレントゲン、エコー、尿、便、血液、目、皮膚、心肺音等。
結果は「とても良い状態」とのことでした♪
尿のPHが少し高めな事と軟便気味であることを言われましたが、異常というわけではないとのこと。
PHは上がらないように水分を多めに取らせてるのでこれからも続けないとね。軟便は確かに良くあるので今日からビオフェルミンをあげてみようと思います。
レントゲンで見た肺はとってもキレイで心肥大もなし。肝臓も正常な形。背骨の関節もきれいに並んでいてヘルニアの心配ナシ。股関節もしっかりはまっている。エコーも異常なし。血液はすべての項目が標準値以内。心臓の雑音ナシ。白内障陰性。眼底異常なし。皮膚も問題なし。ちょっと痩せ気味。
という結果でした。
健康でいてくれることに感謝です♪
きっと大暴れに違いないと思っていたレントゲンはとーっても大人しく、何の問題もなくやらせてくれたそうです。かなり意外(^▽^;)
大騒ぎするだろうからと私も立ち会って押さえつけていた採血もさほど騒がなかったし。オトナになったのかな・・・?
これからもこの健康を維持していこうね〜♪
お疲れさまでした。

Jun 14, 2010
組織球腫 その後2
ロクちゃんの組織球腫、おかげさまで腫れはすっかり引きましたぁ〜♪
腫れていた部分がピンク色で周りと色が違うのでまだ跡はわかりますが、
もう心配ないと思われます。
ご心配いただいた皆様、本当にありがとうございました。

腫れていた時はけっこうグロくて正直あまり見たくなかったくらいなのですが
今はもう見れるようになりました。(^-^;
よかったね〜

その代わり(?)に、短く切ってもらった爪の一部を舐め続けていたために出血。
ちょっと酷いので昨晩よりエリカラ生活です・・
ガンバレ〜〜ヾ( ̄ー ̄ゞ))..( シ ̄ー ̄)ツ
May 25, 2010
組織球腫 その後

ブログを読んでご心配いただいた皆様、どうもありがとうございました。

その後、残念ながらまだ腫瘍は小さくなりません。
完全に消滅するまでに3ヶ月くらいかかる場合もあるようなので長い目で見守るしかなさそうです。
夏の暑い盛り、お盆のころにはキレイになってるといいな〜

実は、先週あたりまでロクの元気がなかったんです。
12日に病理検査のため組織を採取したのですが、正気ではとてもとてもやらせてくれなかったので鎮静をかけて採取しました。
その時、血管が伸びてしまっていた爪を短く切ってもらいました。
その鎮静が精神的にショックだったのか、爪が短くなったことがショックだったのか、それとも大きな違和感があったのか・・・?
もっとも、検査結果が出るまでの約1週間は飼い主自身の元気がなかったのでそれがうつったのかもしれません。
良性腫瘍だとわかった後もなんだか元気がなく、散歩でも私の後を歩いたり、引っ張りがなかったり(ホントは引っ張っちゃダメです)、近所の大好きなオジサンに飛びつかなかったり(ホントは飛びついちゃダメです)、イタズラが一切なかったり(ホントはイタズラしちゃダメです)・・・・
あの検査結果は間違いなんじゃないか?やっぱり悪性なんじゃないの?
なんてことも考えたりしてちょっぴり憂鬱でした。

でも、やっと先週末あたりから本調子になってきたようで、
今朝は革製のブックカバーをやられました。(;´▽`A
いいんです、いいんです、これで。
イタズラも、盗み食いも、されないように飼い主が気をつければいいこと。
「いつもと同じ」がイチバンなんです。

May 18, 2010
組織球腫
ロクのお口の中に「組織球腫」と呼ばれる腫瘍ができてしまいました。
幸い良性の腫瘍です。よかったです。

先週の火曜夜、上顎の歯肉が腫れているのが見つかり、翌日病院に連れて行きました。見た感じ腫瘍の可能性が高いとのことで詳しく調べるために組織を採取して検査センターに病理検査をお願いしました。
今朝病院から電話があり良性との知らせを受けました。
夕方詳しい説明を聞きに行ったところ、「組織球腫」と呼ばれる良性腫瘍で、皮膚(特に上半身)に出来ることが多く、口腔内に出来るのは検査センターでも事例がなく、先生も初めてのケースだと言っていました。
通常は自然に消えていくことがほとんどで投薬もないとのこと。
今後大きくなるようだったらまた考えましょうとお話して帰ってきました。
ネットで調べてみると腫瘍と言うと老犬に発症する場合が多いけど、この組織球腫に限っては1〜2歳くらいの若犬によく発症するそうです。そして、普通なら腫瘍は大きくはなっても決して小さくはならないけど組織球腫は小さくなって消滅するという唯一の腫瘍だとか。再発は比較的少ないようです。
皮膚に出来た場合は診断もしやすかったのだろうけど、口の中だったことで少し厄介だったけど良性ということでホッとしました。

検査結果を待っていた間の1週間の長かったこと!
その間、いろんなことを調べていろんなことを思いました。
口腔内の腫瘍はいくつかあるけど一番多いのが良性だとエプリス、悪性だと黒色腫(メラノーマ)です。
それぞれの場合だったことを仮定してこれからの生活をシュミレーションしてみたり。。
エプリスの場合は掛かりつけで切除手術。再発しやすいからきちんと管理しなくちゃ。とか。
メラノーマだったら高度医療センターを紹介してもらおう。外科手術の後は放射線治療か抗がん剤治療。ロクは耐えられるかな。平均余命は半年。7歳になれるんだろうか。とか。
もしもの時のために冷静なうちに。と思ってペット霊園を探したり。。。
土日は検査結果のお知らせは来ないから週明けが待ち遠しくて仕方がありませんでした。あんなに週明けが待ち遠しい週末は初めてでした。本当はレッスンの予定が入っていたけれどどうしてもそんな気にはなれず、だからと言って家でじっとしているのも辛くて。スカイツリーを見に行ったのも気晴らしです。

結局今回調べた中に「組織球腫」の文字を見つけることは出来なかったので直接役にはたたなかったけど、それでも無駄ではなかったと思ってます。
たくさんの悪質な病気があること、それで苦しんでいるワンコとその家族がいること、少し痛みがわかった気がします。

健康であること(腫瘍があるから健康とは言えないかな)に心から感謝する気持ちでいっぱいです。


May 01, 2010
やわらかロクちゃん

今日はお昼からロクのボディケアに行ってきました。
普段からケアはしているんだけど、それが正しくできているかのチェックがメインです。
向かう途中の道がめちゃくちゃ混んでて大遅刻(-。−;)
500メートルだかのトンネル抜けるのに小一時間ってどーゆーこと?
都会のGWを侮ってました。。。

今までやってきたケアは概ね間違ってはいなかったようで
良い状態だと言っていただけました♪
固くなっているところも少なく、筋肉も柔らかくっていい感じだって(○⌒∇⌒○)
あえて言うなら、、と言われたのは2か所。
一つは背骨周り。ここは私も固いかなーと思っていたんだけど確信が持てなかったのよね。
もう一つは右脚の裏側と骨盤周りが左に比べて固いと。
こちらは全然気がつかなかったけれど実際触ってみるとほんとに違ってた。
骨盤周りのケアをしようとするとすぐに寝っ転がってしまうのは
触られると痛いほどではないけど違和感があるからではないかとのこと。
ただ、固くなっているのは奥の方で、ひどい場合はその手前で引っかかって
こんな奥までは触ることができない場所なので、、、とも言われました。

明日からはこの2か所を少し気をつけてやっていこうね〜
さて、明日は元気にラク〜〜に走れるかな?
Feb 28, 2010
魔がさした

ワクチン接種と歯科検診に行ってきました。
健康状態は良好。歯もキレイと褒めていただきました♪
ワクチンもあっという間に終わって帰宅。
ワクチン接種後は運動を控えないといけないので
午後はまったりと過ごして夕方ちょっと長めの散歩に。
途中飼い主が少し疲れてしまったのでベンチで休憩していたら
人懐っこいかわいいヨーキーがやってきた。
全然吠えないし、尻尾ブリブリでかわいいなと思って
しばらくロクと臭いをかぎ合ったりしていたんだけど
どっちかというと犬より人間好きなロクは
飼い主のオジサンの方へ寄って行って愛想をふりまき始めた。
すると「いい子だね」と言ってポケットをごそごそやり始めた。
それですぐにわかったんです。おやつをあげようとしていることを。
いつもならお断りしているのに今回に限って魔が差してしまいました。
「たまにならいっか」と・・・・・
そのオジサンはポケットからだしたモノをそのままロクに渡しました。
「カリっ」といい音がして地面に落ちた欠片をみるとなんだか色が濃い・・・
とっさに「コレ、何ですか?」と聞くと
オジサンはフツーに「おせんべ」と。。。
「人間用の?」「そう」
「しょっぱすぎるから人間用のはあげてないんです!」
と言いながら食べられる前に落ちた欠片を必死で拾う私を置いて
オジサンは「スイマセン」と逃げるように去って行きました。
魔が差した私が悪いんです。
だけど犬用のおやつを勝手にあげる人は山ほどいるけど
人間用のおやつを勝手にあげる人には初めて会いましたよ

Sep 29, 2009
疲れてる?

日曜日の夜、ロクがお腹の後脚の付け根あたりをしきりに舐めているので何かと調べてみたら小さなデキモノを発見。周りを調べてみたらもう1つ同じようなデキモノが。
舐めているといっても寝る間も惜しんで舐めているわけではなく、思い出したように舐めてるだけなので様子を見ることに。
月曜日、昨日と同じような感じでまだ舐めている。調べてみるとデキモノがもうひとつ増えている・・・(-_-メ)
けど、昨日舐めていたところは良くなっているような気もする。その日の夜になっても同じ。もし1日中舐めていたとしたらとっくに舐め壊して出血しているだろうけどそういうこともないし。。。とその夜も様子見。
火曜日、今度は反対側の足の付根にも同じようなデキモが。
たまらずその夕方病院へ。
見た感じ、細菌が毛穴に入り込んで炎症を起こしてしまった人間でいうニキビのような湿疹のような・・・という診断。
そのまま治ってしまうこともあればかさぶたのようになってから治る場合もある。もしもこのまま治らずに大きくなっていくようだったら細胞を調べることも必要だけど今は小さすぎでそれが出来る段階ではないとのこと。
このまま様子を見てもいいけど舐めてしまうようなら更なる感染の恐れもあるのでとのことで抗生物質を出してもらいました。
たとえばこれが単なるニキビや湿疹だとしたら原因は環境、気候の変化で体調が崩れていて抵抗力が落ちていた等が考えられるそうです。
実はロクちゃん、オプデスの競技会の翌朝いきなりゲロりました。
ゲロったあとはピンピンしてたんだけど実は疲れが溜まっていたのかしら?
薬のおかげかなんなのか、今晩はあまり気にする様子もなくグッスリです。
このまま良くなってくれますように・・・

May 30, 2009
オヤツ解禁♪
うへへ♪

再び病院に行ってまいりました。もちろん尿検査。
先週は最低でも2週間は療法食で・・・なんて言われたけど来週末は行けないし、療法食なしで1週間で消えたというコのブログを読んで触発されたのと、この1週間で0.3キロも体重が増えたり便秘気味になったのとで今日診てもらって途中経過を知りたかったのです。
それに先日届いたphチェッカーで昨日夕方と今朝にチェックしてみたら完璧に酸性尿になってたから〜♪

結果は異常なし〜〜♪♪
phが6.2(酸性)なのでこの数値だとストラバイトは尿内に居られないんだって。
これなら療法食を食べなきゃならない理由もないって♪

療法食以外にこの1週間でやったこと。
・運動量を増やした。(水を多く飲むように)
・フードに水をかけたりして水分摂取を大幅に増やした。
・オシッコを我慢させないようにした。
オシッコを濃くさせないようにするのが重要です。
ちなみに療法食は普通のフードよりも塩分が多く含まれているので水を良く飲むようになります。それとカロリーが高いです。
それとそれと、これはロクに限ってかもしれないけど異常なほどに食い付きが良く、異常なほどウンチの量が減りました。
1週間で0.3キロも増えたのは水分摂取が多くなったせいもあるかもしれないけど、ウンチの量が減ったせいもあると思います。。

念のためあと1週間位は徐々に少なくしながら療法食を続けます。運動と水分はこれからも続けて、クランベリーのサプリメントを与えようと思います。
一度出ると消えてもまた出やすくなるということなので気を付けてあげないとね。
ともあれよかったわ〜♪

そういう訳で今日からオヤツも解禁♪
3週続けて中止になるかとほぼ諦めていたアジレッスンも今日は何とか曇ってくれて出来た♪
普段あまりまとわりついたりしないのに今日はやけにまとわりつく・・・
久しぶりのオヤツだったからかしら?(* ̄∇ ̄*)

今回のことでコメントやアドバイスをいただいた皆様、ありがとうございましたm(__)m
May 24, 2009
たいくつな日曜
2週続けて雨の日曜日
レッスンも2週続けて中止(-_-メ)
たいくつーーーっ

先週は早々に中止を決めてその後晴れてきて失敗したので今日は時間をずらしてギリギリまでねばってみたけど結局だめだった・・・
中止を決めた途端に晴れてきたけど中止にしなかったらきっと降ってたんだろうな・・・

で、暇だったのでストラバイト結晶についていろいろ調べてみました。
いろんな事が書いてあって調べれば調べるほど頭が混乱(/≧◇≦\)
「運動不足の室内犬に多い」「水を多めに飲ませる」「生野菜は良くない」「生肉がいい」「一生療法食じゃないとだめ」「標準的なフードなら問題ないはず」「クランベリーが予防に効く」「体質だから治らない」「運動と水分を増やして生肉を与えれば治る」等々・・・
どれもきっと根拠があるんだろうけどどれを信じるかは飼い主次第なんだろうな。。
ある犬には当てはまる事でもロクには当てはまらないかもしれないし、その反対もあると思うし。
ネットが普及しているから情報は豊富だけど豊富すぎてかえって迷ってしまうわー。
とりあえずクランベリーのサプリとphを調べることができるテープをオーダーしてみました。
サプリは結晶がなくなったことを確認してから試してみようっと。

そんなことをしているうちに夕方。
運動不足なロクさんと長い散歩に行きました。


食に興味の薄いロクだから療法食を食べてくれるか心配したけどあっけなく完食。
オヤツがあげられない間はオビ練もやめようかと思ったけど試しにフードをご褒美に使ってみたらちゃんとやってくれた♪
まっ物珍しい最初だけかもしれませんが・・・
そんな感じでロクのご機嫌も少し良くなったようです。

来週末は晴れるといいね〜

雨犬を誰かさんから引き継いでしまったのかしらん?(笑)
May 23, 2009
再検査
オイラ、帰りたいですぅぅ

再検査の為、病院に行ってきました。
朝の散歩で採った尿を持参。
診察室で先生のお話を少し聞きました。
事前にネットで調べていたので知っていることもあったのですが(BUNとCREの両方の数値が高いと良くない等)知らないこともありました。
血液検査の数値で異常が認められた場合、その時にはすでに腎臓の4分の3は機能していないそうです。その前に水を多く飲む、尿の量が多い等の異常が見られた時には半分機能している状態だそうです。
それを聞いてびっくりしました。
血液の数値は高め・・・
尿の量にも気づいてないだけかもしれないし・・・
そんなことを思いながら採血。今回はおりこうさんでした。

結果は
BUN、CRE共に基準値以内♪♪♪
尿の比重も良好できちんと濃い尿が出ている♪♪♪
あーーーー良かった。

がっ、
別の問題が・・・
尿内にストラバイト結晶が多く見られるとのこと。
phの数値も7.0と高め。
結晶が固まると結石になってしまいます。
オスの場合、結石が尿道に詰まると尿が出にくくなるけど幸いまだそこまではなってないのでその前に結晶を溶かしてしまいましょうということで療法食になってしまいました。
とりあえず2週間療法食で様子をみます。
食事療法の効果を見極めるためにその間はトッピングもなし。おやつもなし。
結晶がなくなったらまた考えます。

腎臓は問題なかったけど、もし再検査にならなかったら尿検査もすることはなかったと思うので不幸中の幸いと受け止めることにします。
結石になってからでは辛い思いさせてただろうからね。
May 20, 2009
じんぞう?

     先日行った血液検査の結果が届きました。
     フィラリアの抗原は陰性。
     でも、腎臓疾患を表す数値BUNとCREが若干高めでした・・
     病院からのレポートでは再検査に加えて尿検査もするようにと。
     この数値が基準から大幅に高くなると腎不全の可能性が大きいそうです。
     ロクの場合は基準外といっても本当に若干。
     CREにおいては0.01オーバーしているだけ。
     ネットで調べたら食後はBUNの数値が上がるらしいのよね。
     検査当日の朝、忘れてごはん食べさせちゃったんだ。
     だから大丈夫かな?とは思いつつも
     やっぱり心配なので週末病院に行ってきます。
Apr 25, 2009
びょういん♪
お注射を受けてきました♪
いつもこの時期に狂犬病ワクチンとフィラリアの血液検査をすることにしています。
去年、一昨年と血液採取で暴れまくって何度も針を刺すハメになっているので
今日は必ず1度で終わらせるよう院長先生の予約と気合(?)を入れて行きました。
今回は院長先生、助手の先生、私と3人がかりでほていして
「えらいね〜すぐ終わるからね〜痛くないよ〜」
となだめすかしてなんとか1回で成功♪よかったぁ(´▽`)
10項目の血液検査結果と共に後日結果が届く予定。
狂犬病ワクチンはあっという間に終了。お疲れ様〜
(写真はトリミングサロンで爪切りされるロク)


Apr 15, 2009
ダイエット中?

ここ2、3週間ロクの食欲がありません。
こんなんじゃ痩せちゃうよ〜って思いながら
体重を計ってみると・・・
なんと理想(と思われる)体重より0.4キロも多い!!

ロクちゃん、、、自らダイエット。してるらしい。

日曜日のチンタラ走りも体が重かったせい?
どっちにしろやっぱり飼い主の管理不足なんだけど。
教えてくれてたのに気がつかなくてごめんね〜(>_<)
Mar 11, 2009
もう大丈夫♪

ロクちゃんの尻尾、すっかり元に戻りましたぁ。
ご心配おかけしましたm(__)m
良かったですぅ。ほんとヨカッタ・・・
あのままの垂れた尻尾ではもはや柴とは言えなかった。。ただでさえ柴っぽくないのに・・・
その原因が自分にあるかと思うと後悔してもしきれない!!
以後気をつけます。マジで気をつけます。。。

結局原因はなんだったのか??
先生に言われたようなショックから来るものにしては復活に時間がかかりすぎた気がするのです。
日曜に上がるようになったと書きましたが、外に出た時と、家の中でうれしい時やちょっと興奮した時以外はまだほとんど下がっていました。それがだんだん上がる頻度が多くなり、やっと昨日あたりから以前と変わらない程度になってきたのです。「段々治ってきた」のです。
ショックが原因だとしたらこんなふうにはならないんじゃない?
と思い、調べてみました。ネットって便利ですね〜
すると「コールド(スイマーズ)・テール症候群」という病名を見つけました。
『冷たい水の中で何時間も泳いでいたり、冬の寒い外で長い事遊んでいたり、尻尾を使い過ぎ (振り過ぎ?) たりするとなる一時的な尻尾の捻挫。2、3日で治る』そうです。
水嫌いなロクが長時間泳ぐわけもなく(短時間でさえありえない)、尻尾を振りすぎるはずもない。
第一、こうなってしまった原因はわかっている(-_-;) けど症状が似ています。
なのできっと踏んづけてしまった時の状況とこの「コールド・テール症候群」になってしまった時の状況が同じような感じだったのでしょう。
よって「尻尾の捻挫」と(勝手に)結論づけました(爆)
ちなみに「コールド(スイマーズ)・テール症候群」とは医学的には存在しない病名だそうです。
なので獣医さんも知らなかったのかにゃ??

いやーいろんな病気があるもんです。
皆さんもお気をつけて!
と言っている自分が一番気をつけろって感じですが( ̄。 ̄)
あっ、ワタクシもほぼ完治いたしました<(_ _)>
Mar 09, 2009
ロクちゃん、大ピンチ!ついでに飼い主も大ピンチ!?

先週金曜の朝、散歩に出ようとした時に
私の不注意でロクの尻尾を思いっきり踏んでしまいました(>_<;)
  [続きを読む]
Mar 05, 2009
先週は・・・
おニューのベッドだよ〜ん

先週LADFでハードルを跳んだ時におかしな動きをしたロクさん。
その後一度も痛そうなしぐさは見せません。
今週に入ってよくよく考えてみたら先週1週間くらいロクの元気がなかったなー
と感じるのです。
最近では珍しくフードを残す事数回。全く手をつけなかったのが1回。
散歩後の恒例である大運動会(コタツの周りをグルグル回る)も
心なしか勢いがなかったような・・・
もしかするとあまり体調がすぐれなかったのかもしれません。
人間でもそんな時があるんだから犬だってきっとあるよね。
もう決して「若い」と言える歳ではないし、
今まで以上に良く観察しなければいけないと反省しました。
今週に入ってからは食欲も戻り、毎日ガっついて食べてますヽ(^◇^*)/
今週末はフィールドのコンペがあります。
そこでいつも通り跳んでくれれば心配ないと思います。
きっと大丈夫だよね(^_-)

Feb 28, 2009
異常なし♪
お昼寝中zzz

午前中に病院に行ってきました。
状況をお話しして触診していただきましたが、骨にも関節にも異常はないそうです♪ 
ホッとした〜(●⌒∇⌒●)
人間でもあることだけど、何かのタイミングで無理な動きをしてしまってそこが一時的に痛かったのかもしれない・・・とかが考えられるけど、真相は不明です。
とりあえず1週間ほど激しい運動はやめて様子を見ることになりました。

どこも悪くないってよー

今日はもともとワクチン接種の予定だったのでそのまま続けてチックン♪
あっという間に終了。
そしてこの時期にいつもやっていただいている歯科検診。
「1月から診てますけど今までで一番キレイです」
と言ってもらえました〜\(^▽^\)(/^▽^)/
毎日の歯磨きと週に1度の歯石(歯垢)取りが効いているようです。
このまま頑張って続けようね(^_-)

検診結果

Aug 26, 2008
歯は大切

ピッカピカの歯を守るべく、毎日歯磨きしてます♪
と言ってもまだ3日だけど・・・(爆)

歯石を取ってもらってから歯茎からの出血がほとんどなくなりました。
今までは歯磨きをしただけで毎回出血、硬いものを食べて出血、引っ張りっこで出血。。。
本当にしょっちゅう血をだしてました。
しかも年々酷くなっていったような・・・
アキレスをあげてちょっと目を放していたらアキレスが血だらけになっていてビックリしたことも。
それからアキレスはあげていませんでした。
歯茎から出血なんて歯槽膿漏しか思いつかなかったけど、半年くらい前の歯科検診では異常ないと言われ、単に歯茎が弱いから気をつけてあげるしかないのね・・・なんて思ってました。

今回の歯石除去の後、初めて歯磨きをしたとき珍しくハブラシに血がついてませんでした。
いつも気を使ってなるべくやさしく磨いてたんだけど、気を使わずにゴシゴシ磨いても出血はなし。
試しにもらいもののアキレスをあげてみたらこれまた出血なし。
タオルで引っ張りっこをしてみたけどやっぱり出血なし。

歯茎からの出血は体質ではなく、歯石が原因だったようです・・
私が歯磨きを怠ったばかりにロクに辛い思いをさせてしまって申し訳ない限りorz
歯石が邪魔してたのかな?
もっと酷くなったら本当に歯槽膿漏になってたかも。
あー良かった。

歯磨きの大切さを実感した今日このごろです。
Aug 23, 2008
まっしろ♪

いきなり見苦しい写真でスミマセンm(__)m
ずっと気になっていたロクの歯石と口臭。
歯石取りやりたいなーとは思っていたけど全身麻酔は抵抗がある。
いつかやむを得ない理由で麻酔をかけたときについでに頼む位かなーって思ってた。
そこへ麻酔ではなく、鎮静剤だけでやってくれるという話をちょびママから聞いてW君と一緒にさっそく行ってきました〜♪

ロクちゃん、病院大大大っ嫌いなのにいつもと違うキレイで大きくて立派な待合室を病院だとは気がついていない模様(笑)
診察室に入るとさすがに気がついたみたいだけど、いつもの病院より明らかに落ち着いてた。
先生に触診してもらって問題なし。
「関節がシッカリしてますね」って言ってもらえた♪やった〜ヾ(*・∀・)ノ
その後AHTのお姉さんに連れられて奥へ。
四つ足をこれ以上ないくらい踏ん張って抵抗するロクを笑いながら引きずる飼い主・・・(鬼)

Wママと長〜いランチ(笑)を取った後お迎え。
W君もロクも元気に戻ってきました。
歯を確認して飼い主超カンドー。
子犬の時のように真っ白になってるぅ〜〜〜
奥歯の歯石はもちろん、前歯の両端に付着していた茶色いのもキレイになってる。
もちろん犬歯もピッカピカ
そして口臭もなくなってるーーーーっ キターーーーっ(?)

この通り↓

車に乗るまではいつもと変わらずにタッタカ歩いていたけど、
車に乗って落ち着くと伏せの姿勢のままウトウトzzzzz(笑)
まだ沈静が完全に切れてないから今日一日はボーっとするらしい。
帰ってからも大人しーく過ごしました。

いくら沈静とはいえ、全く負担にならないわけではないので、
もうやらなくて済むようにしっかり歯磨きがんばりまーす。
ちょびママいい情報ありがとうでした
May 09, 2008
健康♪ なのに・・・

先日の血液検査の結果が返ってきました。
フィラリアは陰性。月末辺りからお薬飲まなきゃね。

ついでにやってもらった10項目の検査もすべて正常範囲♪
前回、前々回は心配のない範囲ではあるけれど
いくつか基準から外れている項目があったので
すこし心配だったけど今年は大丈夫だったので安心しました。

健康なのはとってもありがたいことです♪
健康なのに、なのに、なのに・・・
加入している動物保険のシステムが変わったそうで、
今まで30%くらいの健康割引があったのにそれがなくなってしまった・・・
しかも、柴の病気率が高いのか保険料が高いクラスにランクアップ(-_-;)
そして年齢が上がったために保険料アップ(これは仕方ないけど)
今年度から保険料大幅アップです・・・・
人間の健康保険料もアップなのにぃぃぃ。ちっ!

May 22, 2007
きれい好き?

今日は朝から一日お留守番。仕事から帰宅すると部屋の隅にペットシーツが固まっていた。たまにあることなので「ハイハイ、汚いのがイヤだったのね〜」って片付けようとシーツを広げたら・・・
クサッ!
珍しくうんてぃ〜(はなさんのマネ)をしていた。ロク的にも臭いが許せなかったのかどうにかしようとしたらしい。しかし、上手く畳めずに下に敷いてあったマットにベットリと・・・
まあ絨毯ではなく、すぐに洗えるマットだったからまだ良かったわ。
それにしても室内うんてぃ〜なんて下痢の時を除けば仔犬の時以来でないの?いったいどういう風の吹き回しか・・・悪いことではないけれど毎回マットにベットリは勘弁してくれよ〜
Mar 05, 2007
元気だよー
更新をサボってしまいました(^_^;)
ロクは元気です。ついでに飼い主も元気です。
体調を崩した時に減ってしまった体重はまだ元には戻りませんがせっせと増量中です。
朝はパピー用ドライフード、夜はレトルトパックに入ったパピーフードをあげています。どちらもものすごい食いつき。特にレトルトは袋を手に持っただけで大騒ぎです(笑) でもお高いので期間限定の本日まで。明日からはドライオンリーだよ〜。

写真は先日会った福ちゃんと「ロクも笑おうよ」の写真
Feb 21, 2007
もう大丈夫だね
今朝からご飯をあげていますが戻すことも下すこともなく、順調なようです。
今日一日、ウンチが出ていないのは回復している証拠だよね?
ようやく穏やかな一日を過ごすことができました。
しばらく消化の良いフードを与えてパピー用も混ぜながら体重増加に励みたいと思います。。
ご心配頂いた皆様、ありがとうございましたm(__)m

やっと日曜の記事をアップできる〜(笑)
Feb 20, 2007
今日も
今朝の散歩でのウンチはユルいものの量も少なかったし、普通に元気もあるようなので特に心配していなかった。
でもやっぱり昼間にまた下痢したらしい。丸1日以上食べてないのに出るものがあるんだ・・・
仕事から帰ってから病院へ直行。便を持っていけなかったので詳しいことは調べられなかったけどお腹がグルグル言っていて腸の活動が活発になりすぎているとのこと。吐き気止めと抗生物質の注射を打って薬をもらってきた。これでちょっと安心。
本犬、相当お腹が空いているらしく、フードの置いてある場所を見上げては情けない顔をしている。ごめんよ〜
明日には普通に食べていいって言われてるから今晩まで我慢してね。
今回の体調不良でまたまた体重が一気にダウン。恐ろしくてこの場には書けない。簡単には戻らなそう・・

そんな訳で日曜の記事を書く気力は今日もなし。
昨日の記事にコメントいただいた皆様、ありがとうございますm(__)m
後日改めてレスを付けさせていただきます。
Feb 19, 2007
またやってしまった・・
ロクちゃん、今日は何ヶ月ぶりかで丸一日のお留守番。昨日は競技会で一日中外にいて疲れただろうからゆっくりできていいよね。
なんて思っていたのはとんだ間違いだった。

帰宅すると部屋が下痢と嘔吐でものすごいことになっていた。
(お食事中の方すみません)
昨日冷えたのかな?
疲れすぎたかな?
昨晩は労をねぎらうつもりで夕飯を大盤振る舞いしてしたのが拍車をかけたかな?
慣れない長時間のお留守番でストレスだったかな?
多分全部。
完全に飼い主の管理不足。

部屋を掃除して、ロクを洗って、洗面所の片づけをして部屋に戻ったら棚の上に置いてあったオヤツを盗み食いしていた。衝動的に首根っこをとっ捕まえて叱っていた。現行犯だったこともあったけど自分自身、昨日の疲れも取れないまま仕事に行き、帰ってきた途端掃除に追われ、その原因が自分にあったことにイライラしていたのもあった。でも全て自分が悪くて私がきちんと管理していればこの盗み食いだって起こらなかったはず。あー飼い主失格。

去年の夏、旅行後に同じようなことがあってあれだけ反省したのにまた同じことしてしまった。全然学習してないじゃん。
今回こそ学習しよう。
ごめんね。辛い思いさせたね。
明日の様子を見てまだおかしいようだったら病院行こうね。

そんな訳で昨日のことは書く気力もありません。
Feb 15, 2007
バランスドッグマッサージ
1171632886312402.jpg前々から興味があったドッグマッサージ。一度教えてもらいたいなーと思いつつ、予定が合わなくて延び延びになっていました。そして今日やっと体験することができました♪

施術をお願いしたのは「ぱれっと」さん。アジ柴仲間の小春も一緒で場所は小春家をお借りしました。
現地に着くなりぱれっとさんや黄身さんに飛びついて大興奮のロク。到着時の車の中からもワンワン吠えていたのでその興奮を抑えるために体にバンデージ(包帯のようなもの?)を巻きつけてボディラップをしてもらいました。すると・・・・あら、まったりと落ち着いたわ〜。不思議。バンデージで巻かれることで体を意識して正気を取り戻すそうです。(説明合ってるかな・・ボディラップについての詳細はぱれっとさんのブログ記事をご覧下さい )

落ち着いたところで家の中へ。小春家には何度か遊びに来たことがあるので慣れている様子。ここではマッサージを中心にしていただきました。ロクの場合、首はコっていないけど腰に近い背骨の周りがコっているそうです。胴が長いことと、腰を振って歩くことで少し負担がかかってるのではないかとのことでした。
あとは爪切りを嫌がるので家ではやったことがないと言うと、指先にTタッチを施した後、1日1本ずつでもいいので慣れさせてみてはとのアドバイスもいただきました。(Tタッチについては
ぱれっとさんのHPで説明しています。1171632935990035.jpg

最後に飼い主がマッサージする際の方法や注意点を教えていただきました。
大切なのは自分の気持ちが落ち着いているときにやること。気持ちが全て伝わってしまうのでイライラしている時にやっても意味がないそうです。
そして犬を無理矢理座らせたりひっくり返したりしないこと。「オスワリ」や「コイ」などのコマンドも厳禁。犬が寝転がってリラックスしている時などにそーっと近寄ってやさしくやさしくマッサージしてあげる。もし嫌がったら無理強いはしない。「ヨ〜ッシ!これからマッサージするぞ!オリャ〜〜」という気合いは必要ないそうです(笑)

最初にやっていただいたボディラップ(これもTタッチの1つだそうです)は車に乗っているときやアジで走る前など興奮する(しそうな)場面でやってあげると有効かもしれないとのことでした。これをうまく応用すれば苦手なケージも少しずつ慣れてもらえるかなーなんて思いました。

1171632920098871.jpgロクの後は小春の番だったので邪魔にならないように当初は車の中でお留守番してもらう予定でしたが予想以上にリラックスしていて大人しかったのでそのまま居させてもらいました。全く邪魔にはならず、ベッドの隅で気持ち良さそうにお昼寝していました。人様のお宅だって言うのにこのリラックス加減はなんなんでしょう・・・(^_^;)

お天気も良く、日当たりのいいぽかぽかのお部屋の中でとても良い時間を過ごすことができました。きっと犬たちにとっても良い時間だったでしょう。
お忙しい中時間を作ってくださったぱれっとさん、快く場所を提供してくださった黄身さん、我が物顔のロクを許してくれたこはちゃん、ありがとうございました。
Feb 11, 2007
ワクチン&健康チェック
1171373085775298.jpg今日はワクチン接種に行ってきた。いつもこの時期になると無料でやってくれる歯科検診と簡単な健康チェックも一緒に。体温、皮膚、眼、耳、心臓、消化器全て正常♪ただ体重だけはちょっと痩せすぎと言われてしまった・・・
歯は奥歯に歯石、犬歯に歯垢が少し付着している。これ以上増やさないようにケアをしてくださいとのこと。これは去年と同じ・・ってことは1年間で増えてないってことよね。この1年はそれまでよりきちんとケアしたもーん。
それといつも心配している膝は大変良好♪去年までは心配ない範囲ではあるが左足のほうが若干緩いと言われていたが今回はそんなこともなく、両足共にがっちりはまっているのでまず心配はないでしょうと。ヨカッタ〜。いっぱい運動したから筋肉付いたんだね。ダテに逃げてばっかりいないわ〜(爆)
今回ウワサを聞いてお願いしたのが「体脂肪測定」試験的に動物病院に置かれているらしい。ダイエット効果を目的に作られたフードのPRの一環かな。太りすぎの心配は全くしてないけど面白そうだから計ってもらった。ロクちんの体脂肪は「17%」でした〜。いただいたパンフレットのグラフによるとちょうど適正と痩せ気味の中間あたり。先生は「うーん、これでもうちょっと体重があればアスリート体型の理想なんだけどね〜ちょっと体重が軽いからね〜」と言っていた。
最後にワクチン接種。今回も6種。ワンともキャンとも言わずおりこうさんでした。おつかれ〜
Oct 31, 2006
しっ歯石が!
1162300726923168.jpg今週末、インボイスSEIBUドームで行われるスーパードッグカーニバルに今年もウェルカムドギーのお役目で参加することになっている。
来場するお客さんに触ってもらうので前日にシャンプーをしようと思っているが嬉しさのあまりお客さんの顔や手をペロッてことがありえる。そのときに「おクチ臭っ!」ってことになったら悲しいので1週間位前から歯磨きを1日1回から2回にしてみたり、口臭予防のサプリを忘れないであげたり(よく忘れていたので)、口臭予防のガムをいつもよりも頻繁にあげたりしている。
その流れで歯磨き粉がなくなったので買ったおいた新しいのを出したんだけどこれがすごいらしい。
2歳くらいまで歯磨きをサボっていたので結構歯石がついてしまっている。
去年歯科検診をしてもらったのをきっかけに歯磨きを習慣付けるようにはしたものの、一度付いてしまった歯石は取れないと思ってこれ以上増やさないようにと思っていた。

ところが、数日前何気なくロクの歯を見ていたら犬歯に付いた歯石の一部が剥がれ落ちているではありませんか!!
この歯磨き粉は歯石を溶かすのか??
残りの歯石はしばらくそのままだったけど今日爪で擦ってみたら簡単に落ちた・・・(ノ゜゜)ノ

歯石が取れたのはうれしい。
だけど、だけどこんなに強力な歯磨き粉っていったい・・・・
大丈夫なんだろうか?
Oct 07, 2006
計画失敗
1160227705956939.jpg先月頭に体調を崩して一気に減ってしまった体重。たまに生食をくわえたりしながら増量に励んでいた。減った分の半分くらいまでは順調に戻っていたんだけどそれからちょっと増えたり減ったりの繰り返しで結局元に戻っていなかった。
そんな中、一昨日の昼間に嘔吐したという。その前の日に生肉をあげたんだけどちょっと多かったかな〜と思っていた。でも食べてから吐くまでの時間が長すぎるし、吐いたのは未消化のフードだったというから生肉とは関係ないみたい。とりあえず1日絶食して様子を見たが前回のような下痢は全くなく、元気もあるので心配はなさそう。
でもやっぱり体重は先月の体調不良時と同じくらいになっちゃった。あらら〜。
下手に増やそうと努力しないほうがいいのかしら?
Sep 10, 2006
増量計画
ご飯も運動も普通どおりに戻った。あと戻さないといけないのは体重。
昨日も今日も量ってみたけど変わらず
人間が風邪とかで不健康に減った体重はすぐに元に戻るもんだけど犬はそうでもないのかな?
あばらが見えるし、背中の辺りもゴツゴツしてるし、何より体力が落ちそうで心配。
過保護すぎるかと思いながらも気がつけばインターネットで体重増量に関する記事を探して始めていた。でも、減量に関する記事はたっくさんあるのに増量ってあんまりないのよ・・・
増量したい時向けのフードって言うのも少なくて、でもその中からひとつ試しに注文してみた。ついでに体重戻るまでは生肉もあげてみようかと検討中。
Sep 09, 2006
幸せ者
1157803404614937.jpg体調もほぼ元に戻ったようで元気なロクちんになりましたっ。
先日行った動物病院の先生から
「ロクちゃんはその後どうですか?」
という電話があった。
「もう大丈夫そうです」
と話すと
「じゃあやっぱり一過性のものだったんですね。よかったです」
と言ってくれた。
いつも診てもらっている院長先生がたまたまお休みで初めての先生だったんだけど気にかけてもらえたことがけっこう嬉しかった。
いろんな人に心配してもらってロクは幸せだね!

写真はその動物病院で里親を探してる子猫たち。
まだへその緒がついている状態で病院の前に捨てられていたそう。
とっても人懐っこくてかわいかった。
ウチでは飼ってあげる事ができないけどこのコたちにいい里親さんが現れて幸せになれますように。
Sep 08, 2006
ご心配おかけしました
1157717474229506.jpgお陰様でロクの調子はほぼ元に戻ったようです。
病院でもらった薬も飲み終わり、フードも元の量に戻りました。念のためにまだ少しふやかしてあげているのですが便の調子もいいので明日からはカリカリのままあげてみようと思います。
大事をとって今週末までは激しい運動は控えておきます。
今まで8.7キロ前後あった体重が今回で一気に8.2キロほどになってしまいました。もともと痩せすぎなのにもうガリガリです(涙)
あばらが見えます・・・
せめて前の体重には戻してあげないと。
Sep 05, 2006
ゆっくりしてね
1157456115329163.jpg今朝も引き続き下痢。
昨晩から飲まず喰わずなのにどうして出るのか不思議だ。
さすがに脱水症状が恐くて少しだけ水を飲ませた。
とりあえず仕事に行って今日やらなくちゃいけないことだけを済ませて早退し、ロクを連れて病院へ。
昨日からの症状を全部お話して先生がロクに聴診器をあてた。
かなりお腹がゴロゴロいっているので今の状態で何か食べさせてもまた吐くか下痢をしてしまう。検便結果でも菌のバランスが崩れている。とのこと。
でも虫がいるとか変な菌が居るとかではないのでちょっと安心した。
脱水症状にはなっていない。水を飲ませるのもいけないのか聞くと、嘔吐をずっと繰り返しているようなら絶水するべきだけど嘔吐がおさまれば水は与えても良い、ミルクなどの栄養のあるものは逆に胃を刺激してしまうので水だけのほうが良いとのこと。
下痢や嘔吐はとにかく絶食をさせて胃を休ませることが一番なので明日の朝まで絶食させることに。
吐き気止めの注射を打ってもらい、抗生物質と胃薬を処方してもらった。
足の傷はたいしたことはないが舐め壊してしまう可能性があるので消毒してカラーを着けるように。
ついでにやってもらった尿検査は異常なし。
会計を待っている間に今にも吐きそうな気持ち悪そうな状態になり、すぐに先生に診てもらったが病院に来た緊張とストレスが引き起こしているのかも。この状態がずっと続くようであれば詳しい検査が必要になるのでそのときはまた来てくださいとのこと。
帰りの車内でもこの状態が少し続いたが帰ってからは大丈夫。

原因は特定できないけど旅の疲れとストレスが重なったんじゃないかと思う。今回の旅行はコテージ内に犬だけを残しておく時間が多かったし、朝ヒーヒー言ってたことからしてあまり良く眠れなかったのかもしれない。ちょっと興奮しすぎちゃったかな。
気をつけてあげられなくてごめんね。反省します。
Sep 04, 2006
体調不良
1157454763337100.jpg”週末は楽しかった〜〜〜”
なブログを書こうと思っていた月曜日。
こんなことになろうとは・・・

仕事から帰るとロクが昼間下痢と嘔吐をしたという。
旅行の疲れか?ストレスか?何か悪いものでも食べたか?
いろいろ考えながらふとロクに目をやると後ろ足の裏側をしきりに舐めている。見てみると深くはないもののちょっと傷がついて昼間ずっと舐めていたのか少し膿んでいる。
なぜに悪いことが重なるか?
とりあえず排泄散歩に出るとオシッコを数回しただけ。
「出るもんないもんね〜」と思って一晩様子を見ようと思った。
脱水症状が出るといけないのでヤギミルクにビオフェルミンを混ぜて飲ませた。食事はなし。
足の傷にはペット用の軟膏を塗り、舐めないようにエリザベスカラーを着けた。
  [続きを読む]
May 20, 2006
検査結果
1148215042787704.jpg先日採血した検査結果が送られてきた。フィラリアは陰性だってほぼわかってはいるけれど結果を見ないとなんとなく薬をあげる気になれない。結果は陰性でさっそく投薬開始。
去年から一緒に採った血液で肝機能など10項目の検査もしてもらっている。去年コレステロールが若干高めとの結果が出てオヤツをなくしたほうがいいとか、フードを変えたほうがいいのかとか色々検討しつつも「大幅に高いわけじゃないからいっかー」なんていい加減な気持ちもあって結局は何もしないままなんとなく1年過ぎてしまった。オヤツなんて1年前よりも格段に多くあげてるしもし今年の結果も高ければ何らかの対策が必要かと思っていたので結果を見るときはちょっとドキドキした。
検査結果は正常値
あ〜よかった。他の項目についでも全て正常値で健康状態は良好とのこと。
相変わらず食は細いけど自分で管理してるみたいなのである意味助かるかも。私が管理してあげなくて済むから(爆)
健康でいられるだけで幸せだよね〜
May 06, 2006
血液検査で大騒ぎ
1146659801117794.jpg今日は獣医さんに行ってフィラリアの血液検査をしてきた。ついでに10項目の検査付き。年に1度の健康診断のつもりで受けることにしている。どうせ血を採るなら一度で済ませたいしね。
いつもの通り大袈裟ロクちん、血液検査でも例外なく大騒ぎ(笑)まだ針も刺してない消毒してる時から大興奮で吠えまくり。おまけに動くもんだから一度目の量じゃ足りなくて再度。2回目、3回目は何故か血液が上手く流れてこなくて失敗。4回目でやっと終了。4回も刺せばそりゃ嫌だわな(^_^;) ご苦労さん!
ちょっと心配していた首元が赤かったのももうすっかりおさまった。皮製のチョークを正しい位置につけるようにしたら良くなったからナイロンの首輪がどうとかよりも、あまり質の良くない首輪を間違った位置につけ続けて毛が擦れて薄くなったところにさらにもっと使い続けたもんだから単に肌が負けたのではないかと。気づくの遅くてごめんね〜。
耳たぶの赤みもおさまってちょっとずつ毛も生えてきている。
2月のワクチンから狂犬病予防、肌の炎症、血液検査と毎月のように病院だったからね。これでしばらくは病院とは無縁の生活になれるといいね〜
Apr 15, 2006
やっぱり大袈裟大臣?
1145274384686506.jpg赤くなってしまった耳と首筋の様子と可能であれば狂犬病のワクチンを打つために数日前に獣医さんに予約を入れておいた。今朝耳と首を見てみたけど赤みは治まった感じ。だけど心配だし、注射のついでと思って連れて行った。前回同様耳の中にカメラを入れて見てみるが全く異常なし。確かに右耳の内側一部だけが毛が薄くなってはいるけれど本気で痒ければ傷が付いて血が出るくらい掻くだろうし、今時点での原因は不明で治療の必要性もない。もしもどうしても気になるようだったら全身麻酔で皮膚の一部を採取して検査機関に回すという方法しかないという。まさかそこまでするつもりはさらさらないので今回も様子見となった。気になっていた首のほうはこの頃にはもう赤みはほとんどなく赤い時の状態をみてもらうことができなかったけれどもナイロン製の首輪の話をするとあり得ないことではないと。なので原因と思われるのならば避けるようにするのが無難との事。獣医さんの話によると食べ物でもなんでもそうだがアレルギーかどうかの判断をするにはもう一度原因と思われるものを食べさせたり使用してみて同じ反応が出るかどうかを見るのが一番の判断方法らしい。ただ、かわいそうだからなるべくならそういう方法はやりたくないと思う飼い主さんがほとんどなのでそうすると「避ける」という方法になる。血液検査でも100%ハッキリとした原因は見つけられないそう。
というわけで首の方もナイロン製の首輪を避けて使うことで様子見。
そして狂犬病の予防接種。いつもの事だけど針を刺したら「キャン!」と言って動こうとする。そこを押さえつけて無事に終了。こればっかりはどうにもならないかなぁ。噛もうとはしないからいっか^^;
予防接種代に診察代も含まれていたので散々診てもらったにも関わらず注射代を除いた代金はいつもの診察だけより安かった。なんか得した気分♪
Apr 13, 2006
悩みはつきない
1144937379511408.jpg犬のナイロンアレルギーって本当にあるのかなぁ。ロクの首輪があたる部分が赤くなってる。痒いみたい。でも耳もまだ赤いんだよね・・・なんなんだろう?最近変わったことといえばフードと首輪。またフード戻そうかなぁ。食いつきも悪いし。首輪は最近コットン素材のがくたびれてきたから手元にあったナイロンのを使ってるんだけどそれが合わないのかな。
もうすぐ革のが届くからそれまでくたびれたので我慢しよう。
週末狂犬病の予防接種に行くからその時肌の状態も見てもらおうっと。また大袈裟大臣ならいいんだけど・・・
Mar 25, 2006
大袈裟チーム
1143292305961306.jpg昨日の晩、ロクをひっくり返して遊びながら全身をチェックしていたら右耳の中が赤くなって少し毛が薄くなっていることに気がついた。柴は外耳炎になりやすいと聞くのでちょっと心配になって本で調べてみると主な症状として載っていた「黒い耳垢が出る、悪臭がする、頭を振る」などの症状は全くない。でもどう見ても左耳よりも赤い。
また初期段階なのかもしれないし、早めに治療すれば早く良くなるかもと思い、今日病院に行ってきた。症状を話して耳の中にカメラを入れてみる。モニターに映し出された画像を見て先生が「いやー鼓膜まで良く見えるし全く問題ないですよ。むしろきれいな位です」だって。確かに立ち耳の内側部分が少し赤くなってるけどこれは耳の中とは関係なさそうだし、この赤みからしても治療が必要な段階ではないのでとりあえず清潔に保ちながら様子を見てくださいとのこと。あちゃー、また大袈裟に騒ぎすぎちゃったかしら?
ロクは診察台の上でブルブルと震え、耳の中にカメラを入れられた時は必死に抵抗していた。もう大袈裟だなぁ・・・って飼い主も大袈裟がから仕方ないか(笑)
(写真は先日の競技会にて。提供:なおちゃん)
Feb 12, 2006
ワクチン接種&歯科検診
今日はロクのワクチン接種日。約4ヶ月ぶりの病院。診察台に上るとブルブル震えている。ワクチンついでに膝蓋骨の具合と無料でやってるという歯科検診もいっしょにやってもらった。
まずは体温測定。ロクはお尻から計るのをものすごく嫌がる。お陰で「体調管理の為に」とロク専用に買った5秒で計れる体温計(結構高かった)も結局1度使ったきりでゴミ箱行き。(人間用に使うのも抵抗あるしね) 仕方が無いので1秒で耳で計れるのを買ったんだけどこの病院でも同じタイプのものを使っているので難なく計測終了、異常なし。
次に聴診器をあてて心音を確認、異常なし。目も異常なし。膝蓋骨も大丈夫。
次に歯科検診。奥歯に歯石、全体的に根元に歯垢が付着しているとのこと。これは思ったとおり。だって歯磨きサボリまくりなんだもん\(-o-)/ 歯石はもちろんのこと、歯垢も歯磨きだけではなかなかとれないらしい。全身麻酔までして歯石除去しなくちゃいけないほどではないけれどこれ以上増やさないためにもきちんと歯磨きしましょうとの指示。ちゃんとケアしてあげないとね〜反省。歯周病や歯肉炎はナシ。
最後にワクチン接種。この病院では通常3年に一度のワクチン接種を勧めているとのことだけど、年に一度打たないとイベントに出られないことがあると言ったら「そうですよね〜。じゃあ今回は6種でいいでしょう。」と。物分りの良い先生でヨカッタ。それに6種の方が安いだろうから経済的にも助かるしね。かかりつけを変えて始めての注射だったけど前回まではお尻で検温したせいか先生を威嚇しまくって補ていしないとダメだったけど今日はちょこっと「ワンワン」と吠えたくらいで威嚇もしないでイイコだった。押さえつけなくても大丈夫だったし。
会計でちょっとビックリ。8種ワクチンと数百円しか変わんないじゃん・・・・。しかもワクチン接種時は診察料も保険が適用にならない。せっかく入った保険、使っちゃいないし(笑) でも健康なのはいい事よね。
帰りにグリニーズやら液体歯磨きやらデンタルケアグッズのサンプルとフードのサンプルをもらって帰ってきた。

帰ったら花王から新発売になった「ヘルスラボ」というフードのモニター商品1キロが届いた。ヤッター! 1キロ1500円で国産としてはお高めのフード。気に入ってくれるかな?
Jan 18, 2006
3年に一度?
1137589264334954.jpg毎年2月はロクのワクチン接種月。来月後半には行かなくちゃな〜と思いながら年末に届いた動物病院からのお知らせを読み返していた。2月末までなら無料で歯の検診もしてくれるらしい。なんともありがたいお話だ。その中で「この病院ではこんなことに対応してますよ〜」みたいなことが箇条書きになっていた。フィラリア、ノミ、ダニの予防、定期健康診断、トリミング等々・・・その中に『3年に一度のワクチン接種』とあった。確かに2年だか3年だかに一度で十分だって話も聞いたことはるけど。でも1年に一度打たないと競技会やイベントなんかに参加させてもらえないこともあるし、幸いロクはワクチンによる副作用もないし、理由をお話して1年に一度打ってもらうことにしようっと。
そういえば去年の春ごろに大騒ぎした「びっこ引き事件」から早半年以上。あれ依頼これっぽちも怪しい症状はないけれど、キャリア持ちの可能性も高いのでワクチンついでに触診もしてもらおうっと。これでも一応スポーツドッグですからね(笑)

写真は先日のプチコンペ(提供:小春ボスさん)
Jan 13, 2006
ちょっとだけ不調?
1137160876753577.jpgロクさん、おなかの調子があんまり調子よくないみたい。昨晩は酷い下痢だった。夕食は抜いたので今朝は小さめの普通のウンチだった。朝ごはんはちょっと少なめにあげてみたけど今晩のはちょっとユルめ。原因は・・・・いくつか考えられる。一つは福袋に入ってた高級(と思われる)フードをちょこっと混ぜたこと。食べ慣れない高級フードは合いませんかね?でもこれは3,4日前から混ぜてるし。もう一つは昨日の朝の散歩で何かを拾い食いしたと思われること。いやーここ1年くらいはフードをいきなり変えても拾い食いしても下痢ピーになることはなかったんだけどなぁ。寒いからお腹が冷えちゃった?
お腹の調子以外はチョー元気。公園でも爆走。ご飯少なくされてるもんだから用意の時点でもうウォンウォン言ってる。オテもオカワリもワホワホ言いながらすごい速さでこなしものすごいガッツキ様。それはそれで見てて面白い(鬼飼い主)
今週末は珍しくアジ関連のお出掛けもないし、ゆっくり休んでちょうだいな。
Oct 31, 2005
その後のその後
その後のロクの様子ですが、ほぼ全快したようです。
フードを食べる勢いも早くなり、固いオヤツも小さく切らなくてもそのままバリバリ食べるようになりました。ご心配いただいた皆様ありがとうございました。
今度は飼い主が風邪引きました
Oct 26, 2005
その後
ロクが悲鳴を上げてから1週間。先週末に硬めのオヤツをあげたところ、食べ終わった頃にまた同じ悲鳴が。どうやら嚥下痛らしい。その後は硬いものは与えずフードもお湯で少しふやかしてあげていた。昨晩久しぶりにフードをそのまま与えてみた。食べる前ちょっと躊躇した。食べるスピードも遅かったが完食して悲鳴もあげなかった。先週と同じ硬いオヤツを上げてみると見ただけで逃げてしまった(-_-;)よっぽど痛かったみたいだ。今朝のごはんもやっぱり飛びつくほどの勢いはなく、少し残したのでお湯を入れると完食。例のオヤツはやっぱり逃げる・・・・試しに小さく切って与えてみると普通に食べた(笑)
まだ痛いのか?それとも痛みを覚えていて恐いのか?
とにかく状況が悪くなっているわけではないのでもうちょっと様子を見よう。
Oct 20, 2005
調子悪いの?

 昨日からロクの様子が変です。

餌を食べていたら突然「キャンッ」と叫んでそれから食べなかった。今朝も散歩の途中でご褒美を上げたら同じ悲鳴が。朝ごはんも手をつけず、心配になり昼間病院に連れて行って喉やら足やら体中を見てもらったけど異常なし。

病院から帰ると朝の分のフードは食べたらしい。

今晩はドライフードを残したので残りをお湯でふやかすと全部平らげた。

調子悪いの?それとも贅沢病ですか?

Aug 24, 2005
食事
1124881131317765.jpg昨日は久しぶりにクーラーなしで眠れた。窓を開けていたら明け方には寒いくらい。今晩も良く眠れそうだ〜♪
今週からロクのご飯を1日2回に戻すことにした。食欲がなかったときは1度にたくさん食べれないみたいだったので1日3回にしていたが、2回に戻した後も順調に食べてくれている。ところが昨晩だけは口をつけようともしなかった。またあの食べてくれない日々がやってくるのか、それともどこか具合が悪いのか?と思ったが今朝も今晩もものすごい食欲。思い当たる節は1つだけ。カミナリだ。雷が恐くてあまり動きたくなかったらしい。プププ男のくせに
ちなみにロクの体重、食欲がなかったときも今もほとんど変わらない。8.5キロ前後を行ったり来たり。相変わらず細い。食べる量によって燃費を調節しているのか?それだったら食べないほうが経済的に助かるんだけどな・・・・ってのは冗談だけど。でも食べるようになった今の方がスタミナは付いた気がするし、少しずつ食べることに執着するようになった気がする。いいぞー。その調子!
Aug 03, 2005
食欲旺盛
一時のあの食欲の無さは一体なんだったんだろうと思うくらい最近のロクはよく食べてくれるようになった。まだ出先だと食欲は落ちるが疲れて帰ってきてもごはんだけはきちんと食べてくれるようになったし、トッピングもいらなことがほとんど。
ご心配いただいた皆様ありがとうございました
ここで失敗がひとつ。先週末、朝寝坊の為に朝ごはんが10時ごろになってしまった。一日3食なのだがお昼はさすがに2時間しか空いてないから食べないかなーと思いながらもあげてみたら意外にペロリと完食。「エライね〜」などど能天気に喜んでいたがその数時間後の排泄物がかなりユルい。こんなにユルいのは珍しいのでよくよく考えてみた。理由は簡単。食べすぎ
「犬は一度に食べた量が多すぎると下痢になる」・・・・知識としては頭に入っていた。だが、ここ半年以上「食べ過ぎる」という状態からかけ離れていた為に「ロク=食が細い=食べ過ぎることなど有り得ない」となっていたのだ。いやー油断は禁物だ。

ヘンな顔
Jun 25, 2005
やっと敷いたわよ
1119699850681341.jpg1119699863065940.jpg1119699876270545.jpg
ずっとずっと考えていて後回しになっていた廊下と階段の滑り止め。お友達犬である茜の膝蓋骨脱臼とロクのびっこ騒ぎを受けてやっと重い腰を上げた。先週末に注文しておいたタイルカーペットをこのクソ暑い中せっせと敷いてみた。一見簡単そうに思える作業も実際やってみると微妙なズレがあったりして気がつくと曲がっていたり無理矢理はめた箇所が浮き出ていたりする
細かいところはO型の特徴を生かし(違)気にしないことにした。一番気になっていた玄関を上がったところから階段の曲がったところまでの場所(写真右)もカバーした。散歩から帰るとなぜが興奮するらしく玄関先から階段の曲がったところまでを行ったり来たりしてズルズル滑っていたのだ。そのたんびにヒヤヒヤすることもなくなる 夏だというのにわざわざ暑苦しくしなくても・・・とちょっとは思ったけどこれも愛犬の健康の為にはいた仕方ない。
肝心のロクはこのカーペットが怪しいものであるかのように避けながら階段の端を登って行った 使い方間違ってるってば

午後からは某スポーツメーカーのセールに出掛けた。さすがにセールなだけあってどれも安い。「これは散歩用にいいわね」「あっアジ練にちょうどいいわ」なんて考えながらあれもこれもとどんどん袋に詰め込んでいったらすごい量になった。少し冷静になって選別して購入。ふとこの夏は通勤用の洋服をほとんど買っていないことに気づく。うーーーー使いすぎちゃったよ我ながらバカだと思った
Jun 24, 2005
平日限定?
1119618889550358.jpgここ数週間ロクは食欲旺盛だ。しかし、以下の条件が揃う時のみ

・一回の量が少なめ
・周りに家族が居る、もしくはその気配がある
・食後に留守番、出掛ける等の予定がない
・規則正しい生活

ようするに条件が揃うのは平日限定。休みの日は散歩や食事の時間もまちまちだし、外出前の雰囲気を察するらしい。平日私が仕事に行くのはもう日課になって理解しているようで平気。でも家族が誰もいないのは駄目。先週3日間家族が旅行で留守にしていたときはいつもの半分以下しか食べなかったので体重も減ったが今週に入っていつもの生活に戻り体重もほぼ戻った。今日みたいに暑い日でも食欲は衰えない。しかしまた週末だ。きっと明日からまた食べなくなるのかな?
一度アジセミナーがあった休みの日に平日と同じ時間に起きて平日と同じように散歩して平日と同じように仕事にいく準備をするフリをしていたらまんまと引っかかり普通に食べてくれたことがある。それに味をしめてもう一度同じことをやってみたら引っかからなかった・・・どこでどう察するのだろうか不思議だ。
こんなんで今度のサマーキャンプはどうするのよっ。イベント続きで食べなきゃ体力持たないわよ。
Jun 17, 2005
これ以上可愛そうな子を出さない為に
1119019080502525.jpg今日はロクの親友で戦闘友達でもある茜の膝蓋骨脱臼の手術だった。(詳しくはこちら(手術前日)こちら(手術当日)こちら(日記全体))茜とはロクがまだ3ヵ月半の時に会って以来ずっと仲良くしてもらっている。遊ぶのが上手で走る事が大好きな活発なお嬢さん。ロクとのプロレスごっこも毎回の恒例になっている。そんな茜に膝蓋骨脱臼の症状が出たのは3ヶ月前。それから数箇所の病院で診てもらって今回の手術に踏み切ったわけだが、手術は無事に成功したそうだ。これから数ヶ月、治療とリハビリで少し辛い期間が続くけど頑張って欲しいと心から願っている。

膝蓋骨脱臼はほとんどが遺伝性だと言われているがそれはあまり知られていないようだ。(余談だが若年性白内障や先天性白内障、先天性緑内障等も遺伝と言われている)実際に獣医でも知らない人がいる。(飼い主に心配させないように言っているだけかもしれないが)ゴールデンの股関節形成不全やダックスのカラーによる先天性の異常は比較的知られているがそれでも知らない人は多い。無知のまま繁殖した結果が今の状態にあるわけだが、膝蓋骨脱臼についても同じだ。茜の発症の話を聞いて茜ももちろん心配だがロクを含めて血縁にある犬たち全てが心配になった。その犬たち自身とその血を受け継ぐ、これから生まれてくるかもしれない仔犬たちが・・・・・それを防げるのは私たち飼い主だけ。

不必要な苦しみを受ける子をもう見たくありません。
(写真提供:潮際さん)
Jun 05, 2005
再び大騒ぎ
1117971236699416.jpg散歩中にまたびっこを引いた。今回もまたびっこで数歩歩くと座り込んでしまった。少ししてもう一度歩き出してもまだびっこのまま座り込む。抱っこして数メートル歩き恐る恐る下に下ろすと元通り。今度こそヤバいと思い、急いで家に帰ってお財布と診察券をつかんで病院へ直行した。症状を話して今回はレントゲンもお願いした。レントゲンを撮っている間私は待合室で待っていたのだが、奥でロクはすごく吠えていた。このままじゃ鎮静剤が麻酔が必要かな〜と思っていると無事に撮れたようで先生がロクを連れてきてくれた。現像されるのを待って診察室へ。触診ではやっぱり膝蓋骨に問題はなく、レントゲンでも異常なし。股関節を疑っていたがそれも異常なし。
それじゃああのびっこはいったい何だったんだ?仮病か?謎だ・・・・
May 26, 2005
ひとりで大騒ぎ
いつものように近所の公園に散歩に行った。広場でフレキシリードに付け替えて元気良く走る。ボールを追いかけているうちにもよおしたようで排泄。後始末をしてビニール袋を散歩バッグに入れ、私の周りをウロウロしていたロクに目をやると左後ろ足を上げ伸ばしたまま残りの3本で歩いている。その瞬間私が一番恐れている「膝蓋骨脱臼」という疾患が浮かんだ。「ロク!どうしたの?痛いの?」と言っても返事が返ってくるわけでもなく、そのままの状態で5、6歩歩くとヘタっとその場に座り込んでしまった。上げていたほうの足を触っても痛がる様子はない。声も一切あげていない。10秒くらい座っていただろうか。するとスクっと立ち上がり、何事もなかったかのように歩き出し、普通に走っている。その後も普通に散歩を終えて帰宅した。膝が外れたのだろうか?膝を触ってみても素人の私には何もわからない。少なくとも普通に歩いているから今時点では外れていないのだろう。ただ、軽症の場合は自分ではめることができて痛みもないということを知っていたので見過ごすことはできなかった。一番心配していたことが起こってしまったのだろうか?今月の頭に病院で触診してもらった時には「しっかりはまっているし、溝が浅いということもない。ただ、今後100%発症しないという保障はない」ということだった。とりあえず当面は大丈夫と認識して半分予防と半分気休めとして関節にいいと言われているサプリメントを与えていた。これが何年も前の話だったらまだしも、まだ1ヶ月足らずのことだ。こんなに突然発症するとは考えにくい。でも心配なので週末に病院に行こうと考えながら仕事に行った。  [続きを読む]
May 14, 2005
総コレステロール
1116102962813260.jpg先日してもらったフィラリアの抗原検査の結果が送られてきた。結果は陰性。それと一緒に10項目検査をしてもらったが総コレステロールが若干高めとの結果が出た。正常値が110〜255に対してロクの数値は261。意外だったので驚いた。
今すぐに次の検査や治療が必要な程の値ではありませんが、今後定期的に検査をして経過を見たほうがよいでしょう。まずはガム、ジャーキーなどのおやつを与えすぎず良質な食餌でしっかり栄養を取り、適度な運動と栄養バランスのとれた食事を心がけてください(動物病院からのレポートより)
ということだが、人間でもそうだと思うがコレステロールが高いと肥満傾向なことが多いはず。ロクは肥満どころが痩せているのに・・・・おやつだって少ないほうだと思うし、ジャーキーもめったにあげない。ガムにいたっては最近はあげても食べない。栄養が偏っているのか?最近やっとまあまあ食べてくれるフードを見つけて少量で回数を増やしたり、トッピングを加えたりしてなんとか「まーこのくらい食べてくれればいいか」というくらいになったのにまたフード選びか・・・(-_-;)
肥満の場合は成犬なら低脂肪・低たんぱく質のライトフードを与えるよりも低脂肪・高たんぱく質のシニアフードを与えたほうが良いらしい。それが肥満ではない場合はどうしたらいいのか?てっ手作り?それは出来れば避けたい。ふぅまた悩みが増えた。
May 02, 2005
新しい病院
1115069114739085.jpg今日は朝から動物病院へ行ってきた。先日の出来事以来別の病院を探していて良さそうなところを見つけたものの、行ってみないことにはなんとも言えないので、フィラリア予防薬開始前の血液検査を兼ねて診察してもらうことにした。病院へ行くとまずは問診表を記入し、血液検査と膝の状態を見てもらいたいことを伝える。しばらく待つとロクの番になり診察室へ入った。診察を始める前に簡単にこれまでの病歴、最近の様子、気になるところ等を聞かれた。そしてロクを診察台に上げて目を見たり、心音を聞いたり、一番気になっていた膝の状態を見てもらったりして最後に採血をして今日は終了。診察結果は以下の通り。  [続きを読む]
Apr 23, 2005
お注射
1114288491611338.jpg今日は狂犬病の注射をしてもらいに獣医さんへ行ってきた。ついでに食が細いことの相談と、検便、膝蓋骨のチェック、レントゲンの必要性なんかも聞こうと思っていた。朝一で行ったので病院は空いていた。診察台の上に乗せて注射しようとするがロクが吠えて暴れたので私が押さえることに。注射自体は数秒で終わった。そしてロクと血縁関係にある犬が何頭か膝蓋骨脱臼を発症している。遺伝する病気なので念のためにロクも見てもらいたいと言う旨を伝えると「膝蓋骨脱臼は遺伝しない」とキッパリ。一瞬頭の中が?マークで一杯になった。「えっ?遺伝しないんですか?」と確認すると「股関節形成不全は遺伝するけど膝蓋骨は遺伝しないよ」と再度キッパリ。そして「だから気にすることないよ」と鼻で笑われた。医者に言い張っても仕方ないと思い「でも一応触診だけ・・・」と下手に出てみると半分あきれたような顔でロクの膝をちょこっとだけ触り「大丈夫だよ」と。しかし、その時のロクの状態と言えば、注射の余韻で完全に先生を威嚇していて全身に力が入っていたはず。そんな状態で本当にわかるのか??「スポーツ始めたんで心配なんです」と言うと「スポーツ?日本犬にはやらせないほうがいいよ。あーゆーのはボーダーコリーとかに任せておけばいいんだ。それよりも診察台の上に乗せて暴れないようにしつけたほうがいいよ」とまで言われた。
1114288457169425.jpgこれで一気に気力を失い、レントゲンの話も食欲不振の相談も採取したウン○も全部持ち帰ることにした。そりゃ確かに診察台の上で暴れるのはしつけの問題かもしれないけどあそこまで言われるとは・・・・
家に帰ってネットで調べたり犬友達に聞いたりしたがやっぱり膝蓋骨脱臼は先天性なら遺伝する!
早速新しい病院を探すことにした。
July, 2013
-
01
02
03
04
05
06
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
RECENT
RECENT COMMENTS
CATEGORY
PROFILE
メールはこちらから!

2003年11月12日生*柴犬*オス

MYALBUM
ARCHIVES
PR