犬と暮らすイギリス ケンブリッジ。黒ラブフェリックスとママのケンブリッジ見聞録

October, 2012
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
PROFILE
佐藤フェリックス

イギリスのケンブリッジに犬を連れてお引越し。ラブラドールのフェリックスは今日もママと一緒に徒歩&車で、いろんなものを見て聞いて体験しています。

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Mar 30, 2007
寒の戻り?!

Felix

当たって欲しくない時に限って天気予報は当たる

 

「木曜日金曜日は雨が降り、寒くなるでしょう」

っていう予報だった。

今週の前半は連日快晴で気温も15度前後と暖かかったから、にわかに信じがたかったけれど、予報通り今日は日中の気温は8度で、しとしと雨が降ったり止んだり。。。

夕方少し晴れてきたのでやっとお散歩出来ました。

 

日本からのお客様も明日が最後の観光予定。せっかくだから晴れて欲しいけれど。。。

ところで日本の桜は開花したのかなぁ

ケンブリッジのソメイヨシノは何本か咲き始めました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー

 

 ←一日一回クリック、ご協力よろしくお願い致します。

Mar 28, 2007
ハリーポッター今昔 ロンドン観光

King's Cross 1

ハリーポッターがホグワーツ行きの列車に乗り込むシーンで登場するキングスクロス駅構内。

 

ホグワーツ行きのプラットホーム9と4分の3はどこでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9 4/3

ありました、ありました

 

ちゃんと壁に向かってトロリーが入っていってる〜

 

はぁ、映画ハリーポッター第一作の頃のラドクリフ君は可愛かったなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EQUUS 1

今ではこんな半身裸のお芝居に出るようになっちゃって

 

ピカデリー・サーカスから見えたダニエル・ラドクリフ君出演のEQUUSの看板。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EQUUS 2

 

この劇場の中にホンモノのハリーポッター、じゃなくてラドクリフ君がいる、というのが不思議な感じがします。

 

10代前半から後半のティーンエイジャーほど激しく外見が変わる時期はないのでは?と思います。20歳を過ぎたら5年や10年、そうそう外見かわりませんし。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1175043055536425.jpg

というわけで、本日はケンブリッジから電車でロンドンにやって来ています。

 

目的はこちら、大英博物館

3時間でざ〜っと回りましたが、次回は興味あるところだけをじっくり見ようと思います。

修学旅行なのか、セーラー服におさげ髪の女子高生集団がか〜な〜り〜目立っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁画

 

博物館のあとはロンドンのチャイナタウン(倫敦華埠って門に書いてありました。)をウロウロしてお土産に叉焼一本買って、リージェント・ストリートをぶらぶら。。。

途中Broadwick Streetでビルの壁面に面白いアートを発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

London after5

 

夕方のロンドンの街のあちこちでは、パブの中だけでなく外にも立ち飲みのお客さんが沢山たむろっています。

サマータイムのせいもあり、黄昏にはまだまだ明るいアフター5。(この時点ですでに午後6時過ぎ)

仕事帰りにパブで豊富な種類のビールとリラックスした会話を楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←1日1回のクリックに、ご協力お願い致します。

 

Mar 26, 2007
動物のあかちゃん Wimpole Hall & Farm

Winpole hall lamb & sheep

生まれて間もない赤ちゃん羊。

まだへその緒がついています。

よろよろ立ち上がったものの、まだ足がふらついて歩けません。

 

今週は我が家に日本からのお客様がお泊り

 

狭い部屋に押し込めていて申し訳ないので、一週間観光にお供させて頂きます。

初日の今日は市内から車で15分のナショナルトラストWimpole Hall & Farm

お屋敷見学とその敷地内のファームでこの春生まれた動物の赤ちゃんを見に来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870458346175.jpg

 

こちらは大人の羊達。

 

みんなリラックスしている様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870517374620.jpg

 

 間寛平のギャグのように、

「かいぃの〜

ってひたすら壁にわき腹をこすりつけています。

 

目を細めちゃって。。。気持ちいいのかな?。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870572626800.jpg

 

 「私のかわいい赤ちゃんいいこ、いいこ

 

っていうお母さん羊の声が聞こえてきそう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870631466691.jpg

 

 双子の赤ちゃん。

 

ヨチヨチしながらも仲良く遊んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870694243808.jpg

 

 赤ちゃん達のミルクタイム。

 

平和な光景は、見ているだけで幸せな気分になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870780390774.jpg

 

今日見た赤ちゃんで、一番キュートだったベイビーラム

 

真っ白いお顔に黒くてつぶらな瞳、ピンクのお口とお鼻・・・

かわいい〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←このバーナーの部分をクリック

ご協力くださると嬉しいです。

 

Mar 25, 2007
サマータイム

1174790982635383.jpg

真夜中に消えた一時間

 

返して〜私の一時間。。。

などと騒がなくても、冬時間になる時にまた夜中にこっそり戻ってきてくれるんだけどね(*^^)v

 

今日から夏時間になります。

日本との時差は9時間から8時間に変更になります。

 

3月25日日曜日午前1時に時計を一時間進めましょう

って、日本人向け情報誌に書いてありました。

 

さっきまで夜中の2時だったのに、いきなり午前3時になってしまって、のんびり出待ちしていた幽霊だって慌ててしまいそう

 

先ほど北陸で地震があったというウェブニュースを見ました。心配です。

海外にいると時差の関係でうっかり大事件を知るのにタイムラグが生じるのが困りものです。

 

写真は先日訪れたトリニティコレッジの時計台です。

Trinity College Clock Tower

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一クリックしていただけると嬉しいです。

 他の海外ブログもお楽しみください。

 

Mar 24, 2007
アフタヌーンティー@スワン

the Swan hotel

ラヴェンナムに来た本当の目的は、実は「評判高いスワンホテルのアフタヌーンティーを楽しもう

というものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the Swan garden

 

 

 

これからの時期、青空の下お庭でのお茶も気持ちいいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the Swan entrance

しかし、今回はゆっくり午後のお茶を楽しむべくホテルのラウンジへ。

エントランスホールは天井が高く、重厚なドアの両端にはスワンのガラスがキュート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the Swan entrance 2

 

素朴なシャンデリアもいい味出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the Swan afternoon tea

おぅ これぞ英国アフタヌーンティー

 

ここスワンは、毎年AA(自動車協会)の「ベスト・アフタヌーンティー・ガイド」や、英国ティーカウンシル発行の「イングランドのベスト・ティー・プレイス」に掲載される評判のアフタヌーンティーなので、いやが上にも期待で胸が膨らみます

今日は朝から「午後のお茶を思いっきり楽しもう!」と、気合満々

昼食まで抜いてきたので、もうお腹ぺこぺこです。

注文の際「このアフタヌーンティーセットは、サンドイッチ4種類+大き目のスコーン2個+ケーキ2種類+シュークリームですが、多すぎません?大丈夫ですか?

と念を押されました。

今まで来た他の日本人は小食で食べ切れなかったのでしょうか?

本当は+シャンペンつきのセットにしたかったけれど、運転があるので諦めました。

サンドイッチはキュウリ、ハム、玉子、サーモンの4種類で、特に玉子が美味しかったです。

スコーンもクロテッドクリームとジャムとバターが添えられ、美味。スワンの形をしたシュークリームの中身は生クリーム(英国でシュークリームの中身がカスタードクリームである確率は低いです)

ポットの紅茶もお湯のお代わりをして、甘さは控えめながら、さすがに最後のケーキはきつかったけれど、残さず全て頂きました。写真は2人分です・・・念のため(^^ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時のないホテル

時間も忘れてくつろいでいたら、いつの間にか他のお客様は誰もいなくなり、しーんと静まりかえっていました。

 

木と土のぬくもりを感じる空間に、アンティークの家具が溶け込み、チクタクチクタク・・・時計の音は聞こえるけれど、時を刻んでいるというより、まるでずっと繰り返される終わりの無い音楽のよう。

時間が止まったまま。。。そう、まるで「時のないホテル」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the Swan fire place

さっきまで暖炉の前にいた老紳士とゴールデンリトリバーも家に帰った様子。

 

 

暖炉の上にはウィリアム・モリスのデザインのタペストリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the Swan restaurant

 

ホテル内のレストラン。

 

これから訪れるディナーのお客様を迎える準備が整っています。

 

落ち着いた雰囲気と座り心地良いソファーでゆっくりお菓子と紅茶を堪能し、お腹もいっぱい

幸せな気分になれた充実のひと時でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Felix & daffo

おまけ

 

翌日はお留守番で頑張ってくれたフェリックスの為に、お花見+公園の滑り台遊び放題のお散歩に行きました。

イースター前の街のあちこちに黄色が揺れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー

 ←一日一クリックのご協力下さると嬉しいです。

 他の海外ブログも面白いので、覗いてみてね!

 

Mar 23, 2007
ラヴェナム(Lavenham)散策編

Lavenham guildhall

ケンブリッジからドライブすること50分。

サッフォーク州のラヴェンナムにやって来ました。

 

12世紀から羊毛加工産業(織物など)で賑わったこの街は、15世紀16世紀の古い建物が数多く残る「斜めに傾いたティンバー・フレーム・ビルディングの街」

この建物はナショナルトラストの管理するラヴェンナム・ギルドホール

16世紀初頭の建物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham High street

長い歳月を経て、隣同士仲良さそうに寄り添う家。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham High street 2

 

ラヴェンナムのハイストリートには、淡い色のかわいらしい家々が立ち並び、それぞれ個人の家だったり、お店だったり、ホテルだったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham market square

家の色も、白、淡いピンク、濃いピンク、オレンジ、黄色などなど・・・

街をメルヘンチックに彩ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham market square 2

 

ギルドホール前のマーケットスクエア

 

地元の人々のためのパン屋さんやお菓子屋さんが並びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham shop kitchen

 

ハイストリートのお店はどれもかわいらしいお店ばかり!

これはキッチン用品屋さんのウィンドー・ディスプレー。

レースのようなデザインの食器に目がハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham shop woodendress

 

こちらは木の枝で出来たドレスのオブジェ。

 

スカートの羽毛がかわいらしくて、鳥の巣みたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham shop easter

もうすぐイースターなので、イースターをイメージした小物がいっぱい

イースター・バニー、イースター・エッグ、春に生まれる羊の赤ちゃんなどなど、どれも可愛くて一つ一つ手にとって眺めてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Easter bunny & Felix

 

そして私が家に連れて帰ってきたのが、パジャマを着てうさぎのぬいぐるみを持っているイースターバニー£24(約5千円)

 

ベッドの横に立っているバニーを見つけたフェリックスは、クンクンと一通りにおいを嗅ぎ、鼻でバニーの鼻の辺りをツンと押してからおもむろにベッドに上っていました。

どうか、くまこの二代目になりませんように。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一クリックお願い致します

  ご協力ありがとうございます。

Mar 21, 2007
ケンブリッジのコレッジ巡り

Trinity the great gate

パントに乗って川からコレッジを眺めた後は、歩いてコレッジ巡りをしました。

昼までの曇り空は一転し、午後は快晴

気持ちよい午後のひとときでした。

 

トリニティーコレッジのグレイト・ゲート内側

 

外側にはトリニティの創設者ヘンリー8世の像がありますが、内側にはジェイムス1世を真ん中に左右その妻と子チャールズ(後のチャールズ1世)の像があります。

これは門が建てられてから100年後ジェームス一家がコレッジを訪問した記念に設置されたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trinity fountain

トリニティー・コレッジに入ってすぐに目につくのが、このグレイト・コート中央にあるゴシック噴水

1610年頃建てられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wren Library

Wren Library

 

ロンドンのセントポール大聖堂を設計したことで有名な建築家クリストファー・レン設計によるトリニティコレッジの図書館。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St.John's chapae

セントジョーンズ・コレッジのチャペル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St.John's chapel 2

St.John's College Chapel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New court

St.John's College

New Court

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New court wedding cake

 

セントジョーンズ・コレッジ ニューコート

ウエディング・ケーキと呼ばれるキューポラも見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 from kithchen bridge

セント・ジョーンズコレッジ キッチン・ブリッジから眺める

ため息橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

view from Kitchen bridgeこれから夏に向けて観光シーズンは沢山のパントで込み合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

view from bridge of sighs

ため息橋からの眺め

 

コレッジ関係者でないと渡ってはいけない橋だったらしいのに、他の観光客に続いて渡ってしまい、この写真の直後ポーターさんに叱られました。。。

知らなかったとは言えごめんなさい

  

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナークリック

 よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mar 19, 2007
パントで楽しむケンブリッジ観光

パンティングロンドン在住の友人が遊びに来ました。

もうすぐ日本へ帰国するので、その前にケンブリッジ観光をしたいとのこと!

私もお供させて頂きます

まずはケンブリッジ大学の学生によるケム川パンティング・ガイドツアーへ

ではでは、しばし川から眺める美しいコレッジ群をお楽しみください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Queen's backsQueen's Collegeの水仙を眺めながらパント(竿で進む舟)はゆっくりと漕ぎ出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mathematical Bridge

Queen's CollegeMathematical Bridge(数学橋)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

King's backs

King's Collegeのチャペル

 

ゴシック建築の美しいチャペル。

ケンブリッジのイメージキャラクター的存在

 

クリスマスイヴの聖歌隊ライブは世界中に放送されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Clare bridgeClare Bridge

 

クレアコレッジの橋。

設計者がその支払われた代金に不満を持ち、欄干にある球状の飾りをわざと欠けて作ったといういわくつき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trinity Wren library

川から眺めるTrinity Collegeの Wren Library

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trinity Bridge

Trinity Bridge

 

トリニティコレッジのマークが刻まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trinity南から眺めるSt.John's College New Court

 

トリニティ側の川から眺めるこの辺りの景色は、ケンブリッジの絵葉書にもなる美しいスポット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St.Jon's Kitchen Bridge

 

St.John's CollegeのKitchen Bridge

 

左手(西側)はSt.John'sのNew Court

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New Court of St,John's

St.John's CollegeのNew Court

 

ファッショナブルでロマンチックなゴシック調と表現される建物の上にはウエディングケーキと呼ばれるキューポラがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

StJohn's College Arms

Kitchen Bridgeに刻まれているのはSt.John's CollegeのGreat Gateと同じマーク

 

想像上の動物Yeles(象のシッポ+アンテロープの体+ヤギの頭+くるくる回る角を持つ動物)がコレッジ創設者Lady Margaret Beaufortの紋章

を支えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bridge of Sighs

Bridge of Sighs

 

こちらもよく絵葉書に使用される「ため息橋」

 

ビクトリア女王をして「なんともかわいらしく、絵のように美しい橋」と言わしめた橋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Oriental window of librar

St.John's Collegeの図書館

1624の数字が見えます。

ステンドグラスの出窓が素敵

The Oriel windows

of the library

この先のThe Cripps Building前で方向転換し戻ります。

お天気もまずまずの週末なので、観光客が自分でこいでいる舟も多く、思うように回転できずに立ち往生する舟や、斜めになって衝突する船が続出

ガイドのお兄さんが竿の使い方や方向転換の仕方を伝授する場面も。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bridge of Sighs way back

込み合う場所をすりぬけて、再び川上へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

flood lebel

 

先ほどは気づかなかったけれど、洪水の時の水位を記録した線が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

willow

帰路はコレッジだけでなく、川の周囲の景色も楽しみます。

 

大きな柳も芽吹き、まるで花火のよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

daffodil

 

川から眺める土手の水仙。

最初のQueen's Collegeに近づいてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mathematical Bridge back

 

 

再び数学橋もくぐり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Silver Bridge

出発点Silver Bridgeもくぐり・・・

 

その昔、橋の通行料は銀で支払われていたためこの名がついたのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The end of the trip

45分間のガイドツアー終了。

 

チョッと風が冷たかったけれど、舟に備え付けのひざ掛けをかけて、のんびり「パントで行くケム川コレッジ巡り」を堪能しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー← 一日一クリックして頂けると嬉しいです

   よろしくお願い致します

 

Mar 17, 2007
くまこの手術

くまこ1渡英直後からブログを読んで下さっている方はご存知かもしれないけれど、くまこはフェリックスの大事なくまのぬいぐるみ

数少ないフェリックスの私有財産です。

渡英する飛行機の中で不安な移動中も一緒にペットシャトルの中で過ごした大のお気に入りです。

でも気に入って遊んだり枕にしているのはいいけれど、年に何回か手術をしないと、おなかや背中から腹わた・・・じゃなかった腹綿が出てきてだんだん痩せ衰えて行きます。

くまこをシャンプーしてあげたくても、その前に満身創痍の傷口を縫ってあげないといけません。

本日はその手術決行日!

6箇所の縫合手術をしなければいけないのに、フェリックスったらくまこから離れようとしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くまこ2ここは特に重症を負っているおなかの穴

お見苦しいから小さめの写真で。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くまこ3

「縫ってあげるからね

って言っているのに、よほど私の腕に信用がないのか?(確かに手芸はかなり苦手だけど・・・)あるいは大事なくまこに何をされるか心配なのか?

縫合手術予定箇所を顔で覆い隠してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くまこ4

「危ないよぉ

「フェリのお鼻に針が刺さるよ〜

って言っても、ひと針ごとにいちいち鼻を突き出します。

やりにくいなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くまこ5

不安そうに手術を見守るフェリックスでしたが、合計100針以上の大手術も無事終了

術後の経過も良さそうなのですぐにシャンプー&ドライ

Good as newとはいかないまでも、多少若返ったくまこに、フェリックスもやっと安心した様子。

めでたし、めでたし 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー←クリックよろしくお願い致します。

 ご協力ありがとうございます

Mar 14, 2007
男たるもの。。。

黒ラブ1

英国のラブは、みなどっしりしていて顔も肩幅も大きい子が多いけれど、今日出会った子は特大だった。

 

「こ、こんにちわ・・・うわっでっかぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒ラブ2「ようっお若いの。見慣れない顔だなぁ。

えっ?日本から来たって?

でもまずはお互いニオイを嗅ぎあうのが世界共通の犬の仁義ってもんだろう?」

 

「は、はい。ヨロシクお願いします。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173835840976804.jpg

 

「さぁ、おじさん、ニオイも嗅ぎあってお互い気心知れたことだし、一緒に遊ぼうよっ

 

「・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173835962401422.jpg

 

「おまえさん、いくつだ?もう子供ではなさそうだし、いい年をした男の黒ラブが、チャラチャラするんじゃねぇ

 

「えっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173836015530942.jpg

「チョッとこっちへ来な男らしさ、黒い犬の渋さってもんを教えてやる。」

 

「へ、へぃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173836321523695.jpg

 

「若い頃は俺もずいぶんはじけていたもんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173836060550944.jpg

 

「おじさん、自分の世界に入っちゃったよぉ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173835988867546.jpg

 

「つまり年を重ねると、男の渋さもまして、オジサンみたいにかっこいい黒ラブになれるってことね!・・・

でも 渋い黒ラブもいいけれど、いつまでも少年っぽい黒ラブも悪くないでしょ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー←一日一ポチご協力よろしくお願い

  致します。              

Mar 11, 2007
馬の町ニューマーケット

New Market 1本日は馬の町ニューマーケットにやって来ました。

ケンブリッジから車で15分。

周囲をヒースの丘に囲まれた、中世から英国の馬産業で栄えた町です。

 

 

17世紀初頭、狩好きだった当時のイングランド王ジェイムス一世は、この土地を猟の拠点として利用。

その後その孫にあたるチャールズ二世が競馬を楽しむための場所としてこの地を多く訪ねるようになってから、以来競馬、馬具、サラブレッドの繁殖、英国ジョッキー組合の中心、ジョッキー養成学校、と馬に関係するものは全て整うような町として発展してきました。

チャールズ二世は馬も好きだけれど無類の女性好きでもあり、沢山の彼女の中でもお気に入りの女性の為にこの地に小さいながらも宮殿を建ててあげたり(現在トラベルインフォメーションセンター)、1683年弟のジェイムス二世とニューマーケットの競馬の帰り、命からがら暗殺計画をかいくぐった・・・という記録もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173621999668240.jpg

町の中心を走るハイストリートの東詰めにある時計台。

 

ビクトリア女王ジュビリーメモリアル時計台(The Queen Victoria Jubilee Memorial Clock Tower)

 

誇らしげに建っているけれど、現在は交通渋滞の原因を生んでいるとして不評だとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622024142956.jpg

 本日のガイドさん。

今年73歳の往年のジョッキー。

かつて500勝した経験の中でも、15歳で最初に乗ったグレイの馬が思い出に残り、いまでもグレイ色の馬が大好きなのだとか。 

 

大きな双眼鏡を手に、ヒースの丘を疾走する馬達や有名トレイナーについて説明紹介してくれました。

 

馬たちは、午前6時半ころから厩舎からこのヒースの丘に

やってきて、朝のトレーニングをします。

草原をかける馬の姿は美しい!の一言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New Market 5

ジョッキー養成学校を訪問しました。

 

ここでは14歳から16歳までの少年少女が未来のジョッキー目指して訓練しています。 

  騎乗の生徒のヘルメットの中にはイヤホンが付いていて、横を走る車の中からコーチが姿勢等の注意点をマイクで指示してトレーニングします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622115213666.jpg

 勝たない限りレースジョッキーは収入が少ない・・・と誤解されがちだけれど、実は高収入だし、人材不足なので就職にはまったく困らない。ただ問題なのは最近の子供は成長が良すぎてからだが大きすぎ、体重制限に引っかかるのだとか。

ちなみに入学の体重制限は9ストーン約57

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622137086113.jpg

 

次は厩舎を 訪ねました。

 

サラブレッドたちはセリで購入され2歳になると競走馬としてのトレーニングを開始します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

1173622182534121.jpg

  

 毎日大きなボールいっぱいのビタミン+にんにく入り干草を10杯。

その他オーストラリア製の特製はちみつ、リンゴ酢サイダー、日本製グルコサミン、にんじん、栄養補強用フード(コロコロ)などを与えるのだそう。

 

いい馬を育てるにはお金がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New Market 10

 

 

 さすが元ジョッキー。

馬とのコミュニケーションはごく自然。

「どう、元気にしてる?」

との問いかけに、

お馬さんもちゃんと答えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622294148674.jpg

 厩舎の次はチャールズ二世の宮殿跡へ。

 

建物の中はiになっているので、地図や本、おみやげ物が買えます。

 

 

せっかく建ててもらった宮殿でも、女性の方は馬に興味がなかったようで、王がなくなった後売却してしまいます。

ビクトリア時代には捨て去られていた建物を、20世紀初頭にロスチャイルド家が個人的に家として大幅に改装。

そのため今では17世紀当時の面影も薄くなってしまったものの、1990年代以降は再度歴史的建造物として復元しようという努力がなされているのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622317465467.jpg

 

 

 

数少なく残る17世紀当時の窓枠。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622353088354.jpg

 

 

 ハイストリートにある17世紀から続くパブ

The Bullにて地元名物ニューマーケットソーセージ&マッシュポテトのパブランチを食べて元気を取り戻したら、いよいよこの春生まれたばかりの仔馬たちに会いにナショナルスタッドへ。(国営サラブレッド生産牧場)

 

広大な敷地内にはいたるところにお母さんと赤ちゃんの馬が。

 

かわいいっ〜 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New Market 15

どの親子もぴったり寄り添い、見ているだけで幸せな気分になってきます。 

 

 お母さんが動けば仔馬も動き、仔馬が歩けばお母さんも歩き・・・

まさにお馬の親子は仲良しこよし、いつでも一緒にポックリポックリ歩くぅ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622433433982.jpg

 

 

 

種馬登場

 

トレーニングからのご帰還です。

 

「はい、そこ!馬が通ります!道をあけて!どいてどいて邪魔邪魔!」

とあくまでも馬が一番優先されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622456475427.jpg

 

 

たくましくも美しいその姿

 

輝く毛並み、全く無駄のない筋肉

 

見事です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622494628218.jpg

 それぞれの窓には血統図が掲げてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622523617209.jpg

 

 

 

 

何かご用

ふ〜っ

 

中を覗き込んでいたらいきなり鼻が 

 おっと、レンズが曇ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622545819554.jpg

 

 

  人懐こい仔馬は、なでてもらおうとして柵の近くまでやってきます。

 

とってもやわらかくて暖かい毛並み。動物の赤ちゃんって、どうしてこんなにかわいいのでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New Market 20

  

警戒心の欠片もなく安心して寝転ぶ仔馬

 

やわらかな春の日差しに包まれて、のどかな午後の風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622621839362.jpg

 午後のお散歩を楽しんだ後、厩舎にもどる親子 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622644521703.jpg

  こちらは、もうすぐお母さんになる仲良しコンビ。

 

仲がよいのはいいけれど、なぜか絶対他のメス馬を寄せ付けないのだとか

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622668626736.jpg

ここは馬の診療所。

 

ただいま縫合手術中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622271531978.jpg

 

馬に関する知識は皆無ながらも、かわいい仔馬や競走馬の美しさに魅せられた一日でした 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一ポチ、よろしくお願い致します

 ご協力ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mar 09, 2007
ケンブリッジ隣町 Saffron Walden その2 午後のお茶編

Drinking fountain2

Saffron Waldenの中心にあるマーケット広場ど真ん中にあるDrinking Fountain

人間用、動物用と上下に2箇所に水飲み用蛇口があります。

四方に凝った彫刻が施された1861年の作品。

1862年ロンドンで開催されたインペリアル・エグジビションに出展され、ギブソン家(バークレー銀行前進の家系)より翌1863年に当時のプリンスオブウェールズアレキサンドラ皇太子の結婚祝いの品として町に寄贈されたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Drinking fountain 3

 

四面ともそれぞれ物語性のある彫刻でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COU COU 2

 

iでもらったTown Trailに従い町の歴史的建造物を巡って歩き回ること1時間(小さい町ですから

少し疲れてきたら、かわいいTea Room でチョッと一息。

 

町にはかわいいTea Roomがいくつもあり、平日はどこも買い物に疲れた主婦や午後のお茶を楽しむ老夫婦で満員です。

 

本日は友人お勧めのお店の一つGeorge StreetにあるCafe COU COUに入ります。

 

お店からのお願い、”禁煙””子供は(走り回って騒がないよう)大人が付き添うこと!”と書いてあります。

皆がゆったりとお茶を楽しむためのマナーでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COU COU

2階のお部屋は1階より静かで落ち着いた雰囲気。

 

窓から入る明るい日差しに満たされた、暖かな空間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COU COU 3

 

壁のメニューボードには本日のスープやケーキが書いてあります。

 

ケーキや焼き菓子、スコーンの他にペストリーやサンドイッチ、スープ&ロールパンなどの軽食が楽しめます。本日のスープはリークとポテトのスープ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COU COU scone

私はプレーンスコーンとアールグレイを注文しました。

クロテッドクリームとジャムを追加して、全部で£3.35

本当はフルーツスコーンを頼みたかったけれど寸前に売り切れました。

特大スコーンだったので、お腹一杯 満足満足

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナークリックして頂けると嬉しいです。

 ありがとうございます

Mar 06, 2007
ケンブリッジ・レント・バンプス総集編

Lent Bumps 総集編ケンブリッジ大学(+アングリア)コレッジ対抗レントバンプス総集編

 

数々の素敵なドラマを見せてくれました。

 

観戦中は寒かったけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173135650173461.jpg

 

弾けるしぶき

 

観ているこちらも力が入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173135727469127.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius Vs Trinity 1

 

レース2日目

 

トップは6連覇を狙うCaius(キーズ奥のペパーミント色)Trinityが迫ります。

 

王者の意地をかけてCaiusこの大きなコーナーを逃げ切れるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius VS Trinity 2

コーナーを曲がりいよいよドラマが!

 

うわぁっ

 

もうぶつかるぅ

 

(逃げるCaius右、追い上げるTrinity左)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius VS Trinity 3 Bump

 

あぁ、ついにBump

 

 

これでトップの順位が入れ替わりました。

この日以降Trinityは首位を守り抜き・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173135770460122.jpg

 

  

いよいよ最終日最後のレース

大勢の応援団の視線の先には・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173135804342805.jpg

 

 

熱烈応援団が自転車や伴走しながら激を飛ばし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the Head of the River

 

 

ゴール

 

 

今年のthe Head of the RiverTrinityとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

side by side

 

しかも女子のトップチームも優勝し、男女ともにthe Head of the River

の栄光に輝いたのでした

パチパチパチ

 

優勝した男女Head shipが旗を掲げてSide by Side

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合後優勝できなかったチームでも、

「俺達よくやったよ」・・・とクルー同士で握手したり、

「頑張った俺達のチームにThree Cheers Hip Hip Hurray

そして対岸につけている優勝チームに対して

”Three Cheers for Trinity Hip Hip Hurray”

と輝く笑顔を見せてくれて、とても爽やかな気分になりました

 

さぁ、あと2週間でLent Termの期末試験が始まるはず。

今度はこの根性で勉学に励むんだろうなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←クリックして頂けると嬉しいです

 他のイギリスブログも覗けます

 

 

 

 

 

 

 

 

Mar 03, 2007
Magdalen College見学

Magdalen College armMagdalen College(モードリンコレッジと読みます)の見学に来ました。

 

 どうしてもライオンの顔が人面に見えちゃうのは私だけ?・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

Magdalen College 2

 

 

本日のメインはTHE PEPYS LIBRARY(ピープス図書館)を見学すること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Magdalen College house

 

 

 

 コレッジの中の建物。

学部生はここに住み、ここで先生から個人指導で学ぶ、生活の拠点です。

 Magdalen Collegeは1428年に当時ケンブリッジ大学に学びに来ていたベネディクト会士たちの為の施設として創立された後、何度かの拡張を繰り返し

て現在の姿となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

3

  

 ピープス図書館入り口

 

 Samuel Pepys(1633−1703)

 

Magdalenの卒業生にして海軍大臣やロイヤルアカデミー会長を務め、当時まだ高価だった本を3000冊も集めた。

 

また都合悪い部分は暗号で書かれていたという個人の日記浮気日記)が有名。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

Bookcase

 

  ピープスが家具職人に作らせたオリジナル本棚。

まだ当時はBookcase(本棚)という言葉すらなかった。

  

 下のケースは鍵を開けてガラスを↑に引っ張る。

 

オーク材に贅沢な彫刻や飾りが施されている。

 

全ての本はタイトルや種類別でなく、大きさにこだわって整理されている。

 この本棚が全部で12。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

4

 PEPYSもかなりの本の虫だけど、説明して下さった図書館員のDr Luckettも本について語りだしたらノ〜ンストップ

先生もかなりのbook wormとお見受けしました。

 

あっという間の2時間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水仙

せっかくなのでフェローガーデンもお散歩することに。

 

お庭には水仙。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

灯篭

 

 

 

 

 

 壁際にはハンギングバスケットではなく、なんともオリエンタルな灯篭がさげてあります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Magdalen chapel door

 

 

 

 チャペルの扉

美しい模様の彫刻がみごと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Magdalen Chapel

 

 

 

 チャペル内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Magdalen Boatclub

 

 

 

 

 Magdalen Collegeのボート部の掲示板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Boat Club2

 

 

 コレッジ入り口のポーターズロッジには  今年のBumpsのポスターが貼ってある。

 

ところで写真中央の人、どうしちゃったんでしょう 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

6

本日4日目のBumpsの結果はいかに?

 

明日の土曜日が5日目で最終日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←クリック一回

 よろしくお願い致します。

 

Mar 01, 2007
Cambridge Lent Bumps

Lent Bump1Lent Bumpsの会場にきています。

 

ケンブリッジ大学の各コレッジ+市内のAnglia Ruskin Universityのボート部によるレースです。

(6月中旬にはMay Bumpsがあります)

 

本日2日め

かなりの強風 

こぎ手には向かい風となり、厳しいコンディションです。

ただいま男子のゴール待ちの為、女子のボートは待機中のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作戦会議

 

こちらは何やら作戦会議中でしょうか

 

「何撮ってんだよぉ

って怖い顔で見ないでください!別に怪しいものじゃありません。ただその下半身に巻いている保温シートの勇ましいお姿が珍しかっただけ。。。

ただの観光客とその犬ですから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男子ゴール

おっ!男子のボートがやって来ました。

 

 

Catch Catchの掛け声も枯れてガラガラです。 

 どこのコレッジか不明だけど、お疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋の上

 

コースの中間地点へ移動してみましょう

 

フェリ、耳が風であおられてめくれてるよぉ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius 1いよいよ女子のボートが続々とスタート地点に移動していきます。

 

あっ!Gonville and Caius College(ゴンビル&キーズ)のクルーだ(手前)

先日コレッジ見学+マスター夫人のお茶会に参加したから、今日はキーズを応援しようと思っていたんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すれ違い

同じコレッジの男子と女子のボートがすれ違ったのか、お互いヒューヒューって大声で叫んでいます。

 

青春だなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーナー

 

レースコースのほぼ中間のDitton Corner

 

この大きなコーナーを過ぎるとゴールまでほぼ直線です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上空からのコース

 

上空から見たコース写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーナー2

 

このあたりで観戦しよう

 

フェリ耳寒そうだね〜

すっとパタパタしているよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳めくれちゃいます1Caius(キーズ)は今年も強いのかな?

マスター夫人が、「男子は5年連続優勝しているのよ!女子も強いの!ほほほ」

って銀の優勝プレートを見せてくれたっけ。

(優勝チームのことをHead of the Riverっていうらしい。)

 

っていうか、フェリ〜耳がず〜〜っと、はためいてるけど大丈夫?

両方めくれてるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳めくれちゃいます2

 

 

 

あ〜もう風強すぎて目も開けてられないよぉ〜

 

耳閉じて目開けたいのにぃこれじゃぁ逆じゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius2

なんて言っている間にさっきのキーズ女子クルーのレースが始まってる

 

別に関係者じゃないけれど、お茶をご馳走になったよしみで、ここは応援致しましょう

がんばれ〜

 

さっきまでフェリックスをなでてお話していた去年のCaiusボート部のお姉さんやお兄さん達が突如

 

”Come on Caius

”Come on Caius

 

と叫びだしました。

ボートの横を大声で応援しながら自転車で走っている人たちもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius3

 

 

 

果たして今年の結果はいかに

後日ウェブで確かめることと致しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ画像

 

Gonville and Caius mark

Gonville and Caius Collegeのマーク。

 

医学や物理に秀でたコレッジで、グリーン関数のグリーンや神経細胞ニューロンの発見者や、現在も活躍中の宇宙論のホーキング博士が所属しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Gate

ゴンビル&キーズと言えば3つのゲートが有名ですが、その一つ、Gate of Honour

卒業式にこの扉をくぐり名誉を授かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Gonville & Caius

 

 

 

コレッジの建物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Silver

 

 

 

そしてこれがご自慢の優勝記念

 

今年はどのコレッジの手に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日ワンクリックよろしくお願い致します。

  他の国からのブログもお楽しみください。