犬と暮らすイギリス ケンブリッジ。黒ラブフェリックスとママのケンブリッジ見聞録

May, 2009
-
-
-
-
-
01
03
04
05
06
07
10
11
12
13
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
-
PROFILE
佐藤フェリックス

イギリスのケンブリッジに犬を連れてお引越し。ラブラドールのフェリックスは今日もママと一緒に徒歩&車で、いろんなものを見て聞いて体験しています。

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Aug 31, 2007
術後の経過

1188517185783187.jpg

フェリックスが肉球の縫合手術から帰ってきました。

暖かいコメントとご心配頂きありがとうございました。

心から感謝しております。

 

無事手術は終わったので、あとは日にちクスリでしょうか。

化膿しないように気をつけねば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188517374784574.jpg

右前足の一部の毛を剃られているので、点滴のチューブを入れていたのでしょうか?

麻酔から覚めているものの、帰宅してしばらくは下瞼が垂れてセントバーナードのお目目のようになっていたし、鼻は乾いているし、おベロもいまひとつしまりなく口からはみ出し気味、しっぽもあまり振らない、階段も上れない。。。という感じでした。

手術から12時間近くたって、やっといつものフェリックスらしくなってきましたが、それでもベッドの上には上れない様子です。

明日の朝にはもう少し元気が出るかな

取り急ぎご報告まで。

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー←フェリックスへの応援クリックしていただけると嬉しいです。

よろしくお願い致します。

Aug 30, 2007
フェリックスのお怪我 (T。T)/

1188392305206708.jpg

フェリックスが怪我をしました(T_T)

 

お天気がいいので海にでも連れて行ってあげようと思っていた矢先。

いつものように車に乗せる前に家の前の草の広場でおトイレと軽くボール遊びをして、いったんお家の中に入ったら床に血が。。。

 

え〜っ ど、どこから血が出ているの

左足の一番上の肉球がパックリ切れてるぅ

 

急いで消毒して包帯を巻きました。

気持ちは分かるけど舐めたらだめだよ。

 

 

 

 

 

 

 

1188393277827156.jpg

一日様子を見たけれど傷が深くてくっつきそうもない。。。

お医者さんに連れて行ったら「明日の朝縫いましょう」って言われました。

今晩から絶食して明朝8時半に縫合手術開始。

 

フェリ〜かわいそうに、痛いんだろうね。。。

今日のところは痛み止めの注射と抗生物質の注射の2本を打ってもらい、傷に軟膏を塗って包帯を巻きなおしてもらいました。

 

何で切ったんだろう?普段から危険物には気をつけて歩いているけれど、草の茂った広場じゃ危険物を発見するのは難しい。

 

フェリックスだけでなく近所の小さい子供達も裸足で遊ぶ広場なのに。。。

ガラスの破片とか?危ないなぁ。フェリックスの肉球を切った犯人を探しに行ってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

1188401204249056.jpg

10分後、犯人逮捕

 

たぶんこれがフェリックスの怪我の原因かと思われます。

 

写真で分かりにくいかもしれないけれど、ものすごく鋭利なビール?の空き缶を発見しました。

なんでこんな危ない物をやわらかい草の広場に捨てるのでしょう

わんこを飼っている方、お散歩をする際はくれぐれもポイ捨ての危険物にご注意ください。

 

 

 

 

ラブラドールバーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本時間の30日16時半頃、フェリックスがあまり痛くなく処置が終わるようお祈りしてね。。。

 

 後から聞いたところによると、あの鋭利な空き缶は、広場にポイ捨てされた空き缶が芝刈り機で切られた物らしいです。そういえば先日市の芝刈り人が広場の芝刈りをしていたわ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aug 28, 2007
年に一度のボート・ショー 前半

ナローボートThe Inland Waterways Associationが主催する年に一度のボートショーにやって来ました。

 

今年の開催地はケンブリッジから車で20分ほどのSt.Ivesという街です。

 

 

街を流れるThe Great River Ouseに全国各地からボート族が終結しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269717203261.jpg

 

 年に一度のフェスティバルの主旨は、英国内にある水路の保存と改善の為のキャンペーン。

 

ボート好きの集まりなだけに、ボートの販売やその関連商品など面白そうな物がいっぱい

こちらはご存知ナローボート。

ケンブリッジやオックスフォードをはじめ、英国内の色々な川、水路をのんびり旅をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269752059936.jpg

 

2人用ナローボート。

薄型テレビも付いたリビングダイニング。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269791594281.jpg

 

 寝ぞうの悪い人だとちょっと苦しいサイズだけれど、きっと朝は水鳥達の鳴き声で目覚めるのかと思うと素敵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269827129966.jpg

 

 可愛らしいストーブもついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269900014202.jpg

 

こちらのナローボートはかなり大きい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269939277626.jpg

 

 このボートを見学して出てきた人達が、み〜んな感嘆の声を上げている。

え〜?そんなにすごいの?

ちょっと私も覗いて見よう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269981005459.jpg

 

 わぁ〜広いキッチン

 

 我が家のキッチンより充実しているぅ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270036884442.jpg

 ひぇ〜我が家より広いお風呂

バスタブのみならずシャワールームも完備

 写真一枚にははいりきれないわ。。。

 

 

  

1188270089968237.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270129367402.jpg

 

 豪華なナローボートで気ままな旅をする夢をボーっと想像していると、何やら楽しげな音楽が。。。

カントリーダンスをしているグループ発見。

みんな楽しそう。日本ならさしずめ”お祭り会場を揃いの浴衣で踊るオバサン”ってかんじ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270168743142.jpg

  

グレートリバーウゥズを周遊するリバートリップには長蛇の列。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270242990619.jpg

 

 会場にはナローボートだけでなく、モーターボートの展示販売コーナーもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270295816584.jpg

 

 8月末になってやっと夏らしく暑くなった週末。

 

会場内のアイスクリーム屋さんも大繁盛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270342171845.jpg

 

 「僕だって暑いんだからぁ、一口分けてよっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270392670068.jpg

 

 こちらのコーナーではふくろうのショーをしています。

 

このふくろう、なんとハリーポッターの映画にご出演されたのだとか。

ハリーの白いふくろう役では無かったとは言え、立派な役者ふくろうさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270507145786.jpg

 

 家族全員が楽しめるように。。。と子供向けの移動遊園地のコーナーもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270644859684.jpg

 

 

 ここは子供向けアーチェリーコーナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270735200739.jpg

 ちょっとテントの中で休憩タイム。

 

さっきから隣のおじさんが僕の事を「かわいい!かわいい!」って言ってなでてくれるんだ。

なんだか照れるなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270790266671.jpg

 

 あれ?これ何

あ〜、ナローボートの前に付いている鼻みたいなやつね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270834472487.jpg

 

 カヌーやカヤックも売っています。

 

これなら貯金すれば買えるかなぁ。。。

 

フェリックスもライフジャケットを着て一緒に川遊びできたら楽しいのになぁ。。。

などと、フェリックスも私もお互い泳げなかった事をすっかり忘れて、ひたすら夢想モード。

 

 

 

 

 

イギリスブログ← 文字数制限の都合上、前半はこれにていったん終了。

後半に続きます。(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年に一度のボートショー 後半

1188271333634468.jpg

では後半ね

 

せっかくなので、古い石の橋を渡ってセントアイブスの街も散策してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271060680666.jpg

 

橋の途中には教会があります。

 

この時間は扉が閉まっている様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271247910098.jpg

 

 

 

橋の上からの眺め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271448668270.jpg

 

岸からの橋の眺め。

中央に教会が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271379691072.jpg

 

街のシンボルの一つでもある古い教会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271526758320.jpg

そして教会の前に立っているのはこの街の有名人、オリバー・クロムウェル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271617866969.jpg

 

こちゃこちゃと狭いところが一段と可愛らしい小道。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271730046239.jpg

 

会場の駐車場で見つけたハーレー。

 

「かっこいい

 

男っぽく、いかつい正面とサイドの表情を愛でて後ろに回ったら、なんとピンクのブタさんが乗っていました。

シートにはヘルメットが二つ。どんなライダーなのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271793276121.jpg

キラキラと夕日が水面に反射して綺麗

 

”子供も大人もボート好きもそうでない人も楽しめるお出かけイベント”という触れ込み通り、楽しい午後のお散歩となりました。

レンタルボートでいいから、自然の中でスローな旅をしたいなぁ。。。とぼんやり思った午後のひととき。

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー←後半まで読んで下さりありがとう

フェリックスの応援クリックよろしくお願い致します

 

 

 

 

 

Aug 26, 2007
BBQ→炎バチバチ→。。。

1188121180060592.jpg久しぶりに晴れて暖かな週末。

「お夕飯何にしようかなぁ。。。」と考えていたママが急に

「あっ、バーベキュー食べたい

と、言い出した。

思いついたら即行動

今から準備してもなんとか日暮れまでには食べれるはず。。。ってすでに午後4時過ぎだけど。。。

スーパーマーケットのTESCOに直行。。。

マイBBQセットがないので、食材の他にBBQの用意を全て揃えなきゃ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BBQ

「正統派BBQセット」も安売りしていたけれど、帰国の際に持って帰れないから却下。

で、今回は使いきりBBQセットを購入。

大家さんが庭の端に置き去りにしていた錆びたBBQセットを台にしたら、十分利用可能。。。っていうか、手軽で便利

 

外見はチョッとショボイ?

でも用意した食材を全て焼いてもまだ火が残るほどでした。

 

スコティッシュ・ビーフ(ハーブ&オリーブオイル)

骨付きチキン(タイ風香辛料でマリネード)

エビ

ハンバーグ

ソーセージ、

とうもろこし他野菜各種

焼きおにぎり←日本人ですからハンバーガーが最後ではしめられません。。。

急いでマリネードしたわりにはお味は上々。

 

 

 

 

 

 

 

1188121229292189.jpg

 

飲み物はワインの他に大好きなピムス。

 

果物も入って甘いから、お酒が入っていないみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188121265029506.jpg

何これ?

(串刺しにされたエビに興味津津)

 

チクッ!

 

(匂いを嗅ごうとお鼻を近づけたら

トゲトゲがお鼻に当たった。)

 

痛〜い

恐ろしいヤツ!近づくのはやめておこう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188121298732614.jpg

 

とってもいい匂いなんだけど、炎と煙でくしゃみがでちゃう。。。

 

しかも大嫌いなバチバチ音。。。

 

バーベキュー≠ヤムヤム

バーベキュー→炎→モクモク&バチバチ→退散

 

というわけで、お部屋の中からそうっと様子を見ているフェリックスなのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー←怖がりなところもまたキュートって思っているのは飼い主だけ?

フェリックスへの応援クリックよろしくお願い致します。

Aug 23, 2007
犬は布団で丸くなる〜♪

Felix & Kumako

  はいっ、こちら突撃レポーターのくまこです。

 

いつもは寡黙な僕ですが、今日はフェリックス君の寝起き拝見、じゃなくて、寝顔激写コーナーお届けします

おっとカメラさん、しぃ〜。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187819455531175.jpg

 

っと思ったらいきなり枕にされてしまいました。。。

おっ重い。。。息が苦しいですっ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187819481111784.jpg

 

 ほぅ。。。

やっと解放されたので、気を取り直して正面からの寝顔お届けします。

 

夏だというのに寒いのでしょうか、床に放置された冬布団の上でしっぽまでくるりと丸まっております

 

報告によると日本のわん友はクーラーのかかったお部屋でへそ天で寝て入るらしいですが、フェリックスはヒーターのついたお部屋でぢぢこまっております。。。

雨の振り続く最高気温14度のケンブリッジから、私くまこがお送りいたしました。

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー←フェリックスにも応援クリックしてね

 ラブ好き必見ラブラドールのブログがいっぱい楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aug 21, 2007
女は度胸か愛嬌か?

1187644463827561.jpg

ケンブリッジ大学エマニュエル・コレッジで開催された近郊の陶芸作家による展示即売会。

「プレミアムナイトだからゆっくり見られるわよ」という友人の誘いだったけれど、なんのなんの大盛況で、お気に入りの器が取り合いになるほど。。。

でもここで面白いのが英国人女性の譲り合い。

「兄の誕生祝いに買おうと思ったのだけれど、でもあなたどうぞ!」

「いえいえ、友人がこのシリーズを集めているから買おうと思ったけれど、ぜひお兄様のプレゼントとしてあなたどうぞ!」

「いいえ、あなたこそ。。。」

「いいえ、是非あなたに買って欲しいわ!」

”No,no,no...."

"Oh!,no,no.Please..."

 「もう〜、じゃんけんで決めれば?」と言いたくなるくらいの激しい譲り合いで可笑しかったです。

 でも結局「そう?じゃぁ私が買わせていただくわ!」

と一人がレジに持って行った背中を見送りながら、「あ〜、やっぱり欲しかったなぁ。。。」とつぶやく後ろ姿

人間の品位や品格を尊重する英国女性の本音と建前やせ我慢?

 

 さて、かなり混雑してきた会場をウロウロしていると、ふと隣の女性と目が合った。あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187644339832689.jpg

見覚えのある顔。

そして胸に光り輝くレガリア。。。といえば、わぁ、ケンブリッジの新市長さんだぁ(写真右)

 

「市長さんですよね?」

と訪ねると

「ええ、こんにちわ!」

と気さくに手を差し伸べて握手をして下さいました。

なんでそんなに興奮しているのかってそれはここでピンと来た方はすでにご存知の事と思いますが、6月24日のブログ「ミッドサマーフェスティバル」にも書いたように、彼女は”ケンブリッジ初の女性市長で元男性”というユニークな経歴をお持ちだから。

ってことは、横のお方が噂の元男性のパートナー

「以前ブログに市長さんの事を書かせていただいたんですよお目にかかれて光栄です。カメラを持ってくればよかったなぁ・・・」

と言うと、

「あら、では携帯電話のカメラを使ってはいかが?」

とパートナーの方のご提案。

というわけで、ワインを片手に展示会を見学なさる市長さん&パートナーのお写真を撮らせていただいたわけです。

 

「あなたも一緒に撮りましょう!またブログに載せれば?」

とのお言葉についご一緒させて頂きましたが、それは恥ずかしいから載せられない。。。

 

”20年前に結婚して20歳と18歳のお子さんがいて、15年前に性転換手術を受けて、現在は同じく性転換手術を受けた元男性の女性と暮らしている”

これだけを取り上げるとかなり反発を感じる人が多いけれど、(一緒に行った友人も新市長を毛嫌い派)実際お目にかかってお話してみると、一つ一つの言葉にも態度にも、穏やかな人柄の良さがにじみ出ていて、優しくエレガントな雰囲気は私よりもず〜っと女性らしい

「なんて素敵な方

とあっという間にファンになってしまいました。

「市長さんと知り合いなの?なんで馴れ馴れしく会話してるわけ?」と怪訝そうな友人。

初対面でいきなり市長に話しかけるなんていい度胸ねぇと言われてしまったけれど、

やはりこれからは度胸より愛嬌だわ

市長さんみたいにエレガントな女性を目指そうっと

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←久しぶりにオーラの出ている人に接した気がしました。

 あんなお友達が欲しいなぁ。。。

ラング参加中、クリックしてね

 

 

Aug 16, 2007
四季の窓 夏

四季の窓 夏一年を通して四季を映し出してくれる窓。

 

うっかり「夏の景色」を撮り忘れていたので慌てて撮影した。

 

よ〜く見ると、つたの葉っぱの一部が赤みを帯びている。

え〜っ!もう秋の準備を始めたの?

今年のイギリスは雨が多くて夏らしいお天気が少なかったから、もう少し夏にとどまっていて欲しかったんだけどなぁ。。。

ちなみに今日も雨で肌寒く、昼間からフリースを着てます。今晩は9度まで下がるらしいもう秋モード突入なの

 

 

 

 

 

イギリスバーナー

←ブログランキング参加中、1クリックお願い致します。

日本はまだまだ猛暑だとか、皆様熱中症にお気をつけてお過ごしください。(寒さが苦手で夏が大好きな私としては、汗ばむ夏が恋しいなぁ)

Aug 14, 2007
青春バイク一人旅!

1187618848840443.jpg

我が家に滞在していた日本からのお客様。

ロンドンでバイクをレンタルして、3週間かけて英国一周一人旅をするんだって

今までの経路は ロンドン→ブライトン→セブンシスターズ→ケンブリッジ

 

3泊4日のケンブリッジ滞在のあと、これから北に向けて出発だって 

 

僕も連れて行って欲しいのだぁ

大好きなくまこも持ってきたよさぁ乗せて乗せて

 

えっ犬はタンデムライドできないの?

ガ〜ンショックなのだ。。。

 

 

 

 

 

 

 

1187618939470440.jpg

一緒に旅をできないなんて残念だなぁ。。。

 

でも、気をつけてね

一生の思い出となる、素敵な旅になりますように

 

一人旅で寂しくなったり、困った事があったらいつでも連絡していいよ

僕がママの車ですぐに助けに行くよ

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←海外をバイクで一人旅なんて、すごい勇気だなぁと感心してしまいます。旅の安全を心から祈って。。。

 

Aug 12, 2007
イギリス2000年の歴史を一日で体験!

jester & FelixFESTIVAL OF HISTORY

 

イギリス(スコットランドやアイルランドはエリア外)の史跡を網羅するイングリッシュヘリテージが誇る年に一度の最大の歴史祭り。

 

「絶対見なきゃ損」と自信を持って宣伝するだけのことはある大規模なイベントです。

 

犬連れOKなので、フェリックスも一緒に行きました。

 雑誌の表紙にもなっていた道化師のおじさんとパチリ

 

 

 

 

1187397411174218.jpg

 会場のKelmarsh Hallはノーサンプトンシャーにあります。(ケンブリッジから車で約1時間)。

広い敷地の中には青銅器時代から第一次世界大戦までの各時代の生活ぶりをそれぞれのサイトで再現しています。

この方は中世の鎧屋さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

Bronzeage man

 

こちらは青銅器時代の男性 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397489487206.jpg

 時代毎のサイトの他、6箇所のステージやイベント広場では色々な歴史劇を繰り広げています。

 

 このビレッジサイトではBattle of Kelmarshという歴史劇を上演中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397576259511.jpg

 

 中世の村を再現。

 

ステージやイベントに参加していない間も常にその時代を再現、演技し続けています。

なので昼食も昔の台所で調理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397707331691.jpg

 

 

 

ばら戦争の頃の村。

白薔薇だからヨークね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398490092864.jpg

 

 

 

こちらの会場ではNormans対Norsemen(Northから来た人=バイキング)のダブリンの戦いを再現。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398528247517.jpg

 

 

 

 かなり真剣に戦っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398600324993.jpg

 

 エイッ

 とどめだ〜!

 

ゥ〜やられたぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397787834462.jpg

 

 

 次の再現劇は1645年〜1895年、市民戦争からヴィクトリア時代までのイギリスのレッドコート(軍隊)の歴史。

少しずつ軍服も武器も変化して行くのが見えるかな? 

最初は市民戦争の頃の火縄銃部隊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pikemen

 

 火縄銃部隊を援護するPikemen(長い槍部隊)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397824426346.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少し時代が進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397865879371.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 軍服も徐々にオシャレになってきたかんじ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397926608708.jpg

 

 

 

 

 あれ?よく見ると太鼓を抱えている兵隊さんは子供が演じています。

身長の半分が太鼓だぁ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397968620629.jpg

 

 武器も段々近代的な銃になってきて、構えてから発射までの時間がどんどん短縮されて来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398005052385.jpg

 

 

 

 

 

 この時代の軍服は今の警察官の制服の原型なのかな?どこか似ているような。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398666180084.jpg

 

 

 鎖の帷子を着て勇ましく歩く兵士。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398819377176.jpg

 

 

 

 

 

 ノーマンVSバイキングの戦いの後戦場を引き上げる兵士達。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Norman soldiers & Felix1

 実はこの日はとても暑く、最初ははしゃいでいたフェリックスもお昼を過ぎるとバテバテでした。

 

少しでも日陰を見つけると、なんとかその陰で一休みしようと突進していきます。

 

日陰み〜つけ!と飛び込んだ先は。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187399187902266.jpg

 

 

戦いの再現劇に出演する兵士達の盾の陰。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187399231408235.jpg

 

 「わぁ、おじさん達も暑そうですネェ。。。」

 

「おぅ、30〜40キロの重装備なんだぞぉ!」

 

 「ひぇ〜、すご〜い強いんだねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兜屋さん前

 

 

沢山お水を飲んで、更に頭からお水かけてもらって、それでもヘロヘロだぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←文字制限の関係上前半はここまで。後半も見てねとりあえずここに「ポチッ」のマークを入れておくから、気に入ってくれたらクリックしてね!

FESTIVAL OF HISTORY ☆歴史大スペクタクル☆

joust

 歴史絵巻を見るようなイベントの数々に、暑さも忘れて見とれてしまいます。

 

この会場では東西南北それぞれ4人の騎士がJoust(馬上槍試合)のトーナメントをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

騎士馬も騎士もどちらもカッコいい!
 
 
 
1187399717951357.jpg
 
紅顔の美少年の赤い騎士はなんと最年少の19歳。
 
プログラムを見たら、それぞれ4人の騎士の戦いに臨むコメントと名前がありました。ビックリしたのは4人全員Sirの称号だったこと 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1187399981758345.jpg

 

騎士のJoustの後はバラ戦争の頃の歩兵の戦いぶりのデモンストレーション。

 

戦場は一気に弓矢の雨。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1187400017249775.jpg 

 隣で見ていた幼い少女が
「あの人本当に死んじゃったの?」と心配するほどの熱演。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1187400159550563.jpg

 

見物人として 来場した人の中には、家族でコスプレしている人達もいました。

 こちらはわんこ連れコスプレ母娘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187400198137963.jpg

 

 

 

あっジャックスパロウ様

 

ん〜、でもチョッと太目のような 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイリッシュガードのウルフハウンドも暑そう1187400318229986.jpg

 

 

 

 

 

 

 

1187400356885586.jpg

 

 女王陛下エリザベス祇

 

(こちらは見物人ではなく出演者の方です。念のため

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187400424273439.jpg

 

 

 チャールズ鏡

 

見ている我々平民に向けて何やら語りかけておられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ladies

 

 見ている私達は冷たいコーラやミネラルウォーターを売店で買って飲めますが、昔の人々になりきっているイベント主催者側は角のコップや素焼きの水差しからお水を飲む徹底ぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187400936590926.jpg

 

戦いの後の水分補給

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187401032770703.jpg

 一番現代に近い歴史として紹介されていたのは第一次世界大戦。

 

”フライボーイ”と題した第一次世界大戦での空中戦の再現劇。

目の前を超低空飛行する戦闘機からは爆弾が落とされ、迎え撃つは地上から攻撃する兵士達。

 

 

 

 

 

 

 

1187401070273318.jpg
上空ではアクロバティックな飛行を繰り広げるパイロット達が当時の空中戦を彷彿とさせる航空ショーを見せてくれます。戦うための飛行機なのに鳥肌がたつほどの優美さを感じたのは何故?
死と背中あわせだった当時のパイロットの緊張感の残像?
 
3枚羽の飛行機が飛んでいるのは初めて見ました。
飛行機のメンテナンスの良さだけでなく、空中で宙返りをしている彼らパイロット達が73歳前後だったのには驚愕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Romans

 

 フェスティバルの最後にはローマ人の侵略から第一次世界大戦にいたるまでの英国の歴史を出演者全員によるパレードで見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187401371076880.jpg

 

 

 

 あっさっき一緒に写真を撮ってくれた道化師だぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187401597337470.jpg

 歴史は戦争で作られてきたのだなぁ、と感じさせらる各時代の兵隊達。

後を歩く当時の子供達の姿に癒されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187401630914366.jpg

総勢数百人を超える人々の列は、まさに壮大な歴史絵巻。

 

噂通り、一日で2000年を体験したお祭りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Felix 日陰

 

爆弾の音や火薬の匂いが怖くて震えちゃったけど、みんなと一緒にお出かけできて、楽しい夏の思い出ができたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←もし8月12日頃イギリスに来られる方がいらしたら、

 このイベントは是非お勧め!一見の価値有りです

                        ランキング参加中、 よかったらクリックしてね

 

 

Aug 10, 2007
クイーンズコレッジ ディナー

Mathmatical bridge

滞っていたブログ更新。忙しくしていた理由の一つはアングリア・ラスキン大学(ケンブリッジ市内にあるけれどケンブリッジ大学とは関係ない私立の大学)の3週間フルタイムコースに通っていたから

 

で、最終日の前日である9日にはケンブリッジ大学のクイーンズコレッジ オールドダイニングホールでのディナーの企画に参加しました。

 

クイーンズコレッジといえばやはりこれ、数学橋

いつもは遠くから眺めていた数学橋を渡ってオールドコートへ進みます。

思ったより角度が急な橋なので、ヒールをはいていた私はコケそうになってしまいました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Queen's college old court

 

500年の歴史を物語る落ち着いた雰囲気のオールドコート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187086699996969.jpg

 

ディナーの始まる8時まで、グラスを片手にお庭を散策。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187086785928511.jpg

 

「ハリーポッターのホグワーツのダイニングホールみたい!」

 

と隣に座っていたフランス人の女の子がうっとり室内を見渡しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187086838287810.jpg

 

 

 

私が気に入ったのは天井のエンジェル達。

 

てんてんお目目がチョッとユーモラス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187087530850938.jpg

 暖炉のタイルは、ウィリアムモリス率いるモーリス商会が手がけたのだそう。

"前期ラファエル派好き"にとっては興味津津

 

予算の関係上、”豪華なディナー”とはいかないまでも、美味しいチキンのメインとデザート三種盛り(ラズベリーのソルべ、プチシュークリーム、チョコレートムース)に大満足な晩でした。

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー

クリック一回、よろしくお願い致します

 

Aug 06, 2007
Oxburgh Hallで17世紀にタイムスリップ!

Oxburgh Hall

 イベント目白押しの夏。。。

 

イギリス各地のナショナルトラストもイングリッシュヘリテージも家族向けの歴史イベントを開催しています。

 

8月4日〜5日の2日間、Oxburgh Hall(ケンブリッジから車で50分)で17世紀の市民戦争を再現する歴史イベントを見に行きました。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925276733324.jpg

 

 時は17世紀中頃、議会派Parliamentariansと王党派Royalistが激しく戦っていた市民戦争のとある一日の出来事。

 この館の主ヘンリー・ベディングフェルド二世はロイヤリストとして王族の為に戦っていたが、近くのキングスリンで戦っていた議会派の軍がついに今日屋敷を占領しようと攻撃を仕掛けてきた。

左の赤いベルトが館を護るロイヤリスト、右の青が議会派軍の指揮官。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925351275062.jpg

 

 交渉決裂

 

シャキーン

シャキーン

 

 

ロイヤリストのフリル袖とヘルメットの羽が優雅

 

頑張れロイヤリスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925415146686.jpg

赤いコートのロイヤリスト陣営。

 

指揮官同士は刀で戦っておりますが、他の兵隊は火縄銃と大砲で戦います。

 

ドカ〜ンと大砲を打つたびに、座って見ている地面が揺れるほど。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925495353339.jpg

 

 本物の火縄銃と大砲や槍を使い、弾丸が入っていないだけで本物の爆薬を使うので、 演じている役者さん達も真剣そのもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925697100595.jpg

 

 歴史の教科書でしか見た事のない火縄銃が火を噴くなんて、迫力満点です

 

 すごい音と火薬の臭い

 

目で耳で鼻で体で歴史を感じる貴重な体験です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

injured Royalist

 

 

 

 おっ!ロイヤリスト側に負傷者が。。。

 

 

でも大丈夫

戦いが終わりみんなの拍手で奇跡がおこり倒れた兵士も無事生き返ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925881359127.jpg

 

 戦いの後の説明タイム。

 

ガンマンが手にして入るのは火縄銃の縄。

 

腰にジャラジャラつけている小さな木の入れ物は火薬入れ。

一つ一つに一回分の火薬が詰められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186926086526915.jpg

 

 怪我をした(お芝居で)兵士も駐屯テントで火縄銃の説明をしてくれます。

 

実際持ったり構えたりさせてくれますが、ものすごく重くてビックリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925968567872.jpg

 

 

何気なく かっこよく構えていますが、こんなにさまになるようになるには、かなりの力と技術が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186926037681477.jpg

 

ロイヤリスト三人組。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

punch and judy

 

 戦いの後は子供達に向けて昔の人形劇を見せてくれました。

 

怖〜いバケモノとドラゴンの兄弟のお話。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dancing

 

 人形劇の後はみんなで中世の楽器に合わせて中世のダンス。。。

 

手前は楽器を展示しているテントの軒先に揺れていた操り人形。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186926206141361.jpg

 

ばら戦争の頃、1482年にサー・エドモンド・ベディングフェルドにより建てられた館。

屋敷の中もすばらしいですが、お庭も大変美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186926250200987.jpg

 

 

 イングリッシュガーデンらしい夏のお花が沢山。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The priest's hole

 

 歴史再現劇もさることながら、この館を訪れたかったもう一つの目的がこれ。

プリースト・ホール。

 

エリザベス一世の頃弾圧され処刑されていたカトリックの神父達をかくまうために館の壁の奥に作った秘密の隠れ穴。

代々カトリック信者のベディングフェルド一家は王のサポーターでもあり、カトリック神父の命の恩人でもあったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186926831110963.jpg

色々な 困難な時代をくぐり抜け、500年の歳月を生きいて、沢山の歴史を刻んだ館の頂上の塔に上ると、当時は銃をすえたであろう小さな窓から平和な田園風景が広がります。

 

現在はイングリッシュヘリテージに属しているものの、今もこの館にはベディングフェルド一家が住んでいます。

なぜならもう500年もの間、この館は一家のものだったのだから。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

  最近忙しくてなかなか更新できず沢山書くことがたまってしまったぁ。。。

Aug 05, 2007
食の安全。。。&最近のニュース

1186094711287346.jpg

 

世界規模で中国産の食べ物やクスリの安全性が疑問視される中ですが、それでも中華や点心食べ放題が大好きな私は、ケンブリッジにある中国人経営のスーパー珠美(チョーミ)で買い物をします。

いつも面白がって読むのは商品説明のエセ日本語。

云呑スープ???ワンタンはカタカナか雲呑の方が分かり安いのでは???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186094790894657.jpg

 

 

鮮竹巻

 

下の日本語説明が面白い!

「新鮮な竹は巻く」。。。???

意味不明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186185138113150.jpg

色々買って蒸してみました。

 

「新鮮な竹は巻く」って書いてあった物は湯葉巻きのシューマイみたいなものでした。

 

ダンボール入り肉マンの話が嘘であれ本当であれ、今や自分で調理したものか、目の前で調理された物以外は何も信じられなくなりそう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186265534804905.jpg

中国産食品の安全性も気になるけれど、さらなる食の安全を考えさせられるのは昨日から報道されている牛の口蹄疫のニュース。

イギリスはBSE問題、先日の七面鳥の鳥インフルエンザ問題、今回再度問題になっている口蹄疫(前回は2003年)とお肉を食べる事に躊躇してしまうことばかり。。。

口蹄疫に関しては、感染した牛のお肉や牛乳を飲んでも人体に影響ないというけれど。。。

真の健康な食生活の理想を追うなら、田舎に住んで自給自足の生活でもしない限り無理なのかなぁ。。。と思いつつ中国産冷凍食品を食べる私の思考回路って。。。矛盾?

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ話題

 

1186185360898695.jpg

  QueenのギタリストBrian May が先日母校であるロンドン大学インペリアルコレッジに36年ぶりでphD論文を提出したらしい。

 

実に36年という長〜いギャップ・イヤーだったけど、「あの頃は学問よりも音楽活動への興味の方が強かったんだ」と当時を振り返るブライアン。

中途半端になっていた論文を提出してハレバレした表情の彼こそチョイワルおやじのよいお手本じゃないのかなぁ。

若い頃の心に再び火をつけて、その頃成し遂げられなかったことにきっちりけじめをつけるオヤジって、すごくカッコいいと思うけど。。。

ところでこのブライアンにチューリップ帽をかぶせたらのっぽさんに似ている気がするのは私だけ?

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ

 ←ランキング参加一日1回ポチっておしてね!

  ご協力ありがとうございます。

 

 

 

 

Aug 01, 2007
前略、僕は元気です!

1185918053426778.jpg

「最近ブログでフェリックスの姿が見えないけど、元気にしているの?」

と気遣ってくれる優しいお友達の皆様〜、お陰さまで僕は元気にしています。

 

鼻の頭からシッポの先まで、ほらこの通り、元気いっぱいだよ

右サイドOK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1185918115798164.jpg

 

念のため反対側からもボディーチェック

左サイドOK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1185918143528496.jpg

 

更に念には念を入れて。。。

っていうか、わんこ好きな人専用、超ドアップで顔色もチェック

 

ひんやり冷たく濡れたお鼻OK

ピンクのおベロOK

つぶらな瞳もOK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1185918173297948.jpg

というわけで、蚊もいないし、湿度が低いからおなかの赤い発疹、通称かゆかゆ(→毎年悩まされていたんだ。。。)もないし、僕は相変わらずケンブリッジライフを楽しんでいます。

 

どちら様も夏バテ、長時間の強い冷房には十分気をつけて、元気に夏を楽しんでください

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ←一日一回、ポチってクリックしてね!

 ご協力ありがとう