犬と暮らすイギリス ケンブリッジ。黒ラブフェリックスとママのケンブリッジ見聞録

March, 2015
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
PROFILE
佐藤フェリックス

イギリスのケンブリッジに犬を連れてお引越し。ラブラドールのフェリックスは今日もママと一緒に徒歩&車で、いろんなものを見て聞いて体験しています。

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Jan 19, 2010
ケンブリッジ大学800周年イベント・フィナーレ

ケンブリッジ大学800周年ファイナル


2009年はケンブリッジ大学創立800周年を祝い、一年を通じて色々なイベントがありました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1263772371014547.jpg


ちょうど一年前、2009年の1月に幕開けした一連の記念行事も、2010年1月16日、17日、18日に行われたこの音と光のページェントでフィナーレを迎えました。(写真は一部クリックで拡大します。)(去年の日記は2009年1月20日です)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1263772410293246.jpg


800周年記念のフィナーレのテーマは、Transforming tomorrow.


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1263772467601287.jpg


去年のイベント会場はこのSenate HouseとOld Schoolだけだったけれど、フィナーレの今回はキングスコレッジのバックスをくるりと回るコースになっていました。


 


Senate Houseに映し出されたビデオのテーマは、Blurring the Boundaries.


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1263772504909966.jpg


音楽と科学、物理、音響学。コンピューターサイエンスとニューロサイエンスなど、学問の領域を超えた研究も盛んなケンブリッジ。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1263772552445145.jpg


細胞構造を写し出す電子顕微鏡の影像はアートにふさわしいし、ミルトンやテニソンなどの文学とコンピューター言語など、ケンブリッジ大学の研究は絶えずその姿を変え過去から現在、そして未来へと変化し続けてく。。。ということを表現しているらしい。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1263772607686227.jpg


800周年イベントでは沢山のイラストを描いたQuentin Blake。彼の作品はどれも微笑ましくて大好き。


Youtubeで映像を見つけました。⇒


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1263772655096741.jpg


Senate House を後にケンブリッジのアイコンとも言うべきキングスコレッジチャペルに移動。


 


1446年にヘンリー6世の命で建設が始まったチャペルが完成したのは100年後のヘンリー8世の頃。


そしてその横のGibbs Buildingに写し出される映像のテーマはProteins to Planet。


建物に映る美しい銀河の影像と、見上げた空に浮かぶオリオン座がとてもロマンチック。


配られたパンフレットのProteinsの説明には、2008年にノーベル化学賞を受賞した下村脩氏、Martin Chalfie、ケンブリッジ卒のRoger Tsienらの緑色蛍光たんぱく質は多方面の科学分野の発展に貢献している。。。と書いてあった。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1263772693844909.jpg


キングスコレッジのチャペルに写し出された影像のタイトルはNano。


 


チャペルのステンドグラスは、その小さなガラスを組み合わせて巨大な芸術を作り出す手法が、当時のナノテクノロジーの最先端とも言える。。。という意味らしい。


 


800周年の次の記念行事は、900年?


その頃みんなどんなことを研究しているんだろう?


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリス情報


←イギリス情報ランキングに参加しています。


一日一回クリックして頂けるとうれしいです。


 

Dec 13, 2009
ビクトリアン・クリスマス@Wimpole Hall

Wimpole Hall


スーパーの入り口でも、街角でも、あちこちでチャリティーでクリスマスキャロルを歌ったり演奏しているのを見かける今日この頃です。


 


今日は地元のナショナルトラストWimpole Hallにお散歩にやってきました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1260641784452416.jpg


先週末と今週末は、毎年恒例のビクトリアンクリスマスのイベントをやっています。


 


クリスマスマーケットの売り子さん達がビクトリア時代の服装をしていて、さながらタイムスリップしたか、テレビドラマの中に入った気分です。


こちらは焼き栗屋さん。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1260641815048480.jpg


こちらはクリスマス・リース屋さん。


シルクハットのおじさんが、その場で作って売っています。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1260641860866331.jpg


フェリックスが興味津々でクンクンしている籠の中身はチョコレート。


 


ボタン型のホワイトチョコを買いました。


 


今年も館の中では昔のクリスマスを再現していると思うんだけど、今日はフェリックスのお散歩がメインだから、敷地内の緑が広がるエリアへ移動。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1260641898599650.jpg


時計うさぎが飛び出してきそうなウサギの穴を覗き込んだり、ボール遊びをして、短い冬の午後のお散歩を楽しみました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1260641945103184.jpg


3時半でもうすでに薄暗い12月のイギリス。


 


別に暗いからといって夜になったわけじゃないんだけど、なんだかあっという間に一日が終わってしまう気がします。。。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリス情報


←イギリス情報ランキングに参加しています。


一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

Dec 07, 2009
Mill Road クリスマスフェア2009

1260143238430146.jpg


気づいたら師走に入ってすでに一週間。


 


おととい、ガソリンスタンドで隣に止まった車の中をふと見たら、あの宇宙論で世界的に有名なホーキング博士が助手席に乗っていらしたので、心の中で一人大興奮していたミーハー・フェリママです。


ちなみに車の中でも、博士の目の前にはパソコン画面がセットされていたので、あの特注車椅子のままお車の乗っていらっしゃるのかも?・・・


 


さて、師走に入りますますどんよりしたお天気の続くイギリスですが、週末は年に一度ミルロードで行われるクリスマスフェアーに行ってきました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1260143274483458.jpg


いつもはホームレスとか酔っ払いが騒いでいる公園兼墓地も、今日はバンドの演奏やら露天などが軒を並べていて大変な賑わいでした。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1260143316682389.jpg


いつもの緑の公園や川沿いのフットパスとは違い、久々に人ごみをお散歩をしたフェリックスなのでした。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリス情報


←イギリス情報ランキングに参加しています。


一日一回クリックしていただけると嬉しいです。

Jun 15, 2009
イベント多くて。。。どこ行こう?

1245023310690366.jpg


今週末は、街の中心の広場には今年もカントリーフェアーが来ている。


 


一方ケム川では、メイバンプス(ケンブリッジ大学のコレッジ対抗ボートレース)の最終戦。


 


どちらに行こうか迷った挙句、今年はカントリーフェアーはパスして川沿いのパブで観戦することにする。


 


お昼を過ぎると座る場所もないほど、沢山お人で賑わってきた。


 (写真は全てクリックで拡大します。)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1245023357533003.jpgバンプに成功したチームは川沿いの緑の葉っぱをさながら月桂冠のように頭にさしてボートハウスに戻っていく。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1245023255219650.jpg


 鍛えた女子の、たくましい健康美♪


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1245023109523673.jpg


 


 彼女たちの輝く笑顔を見ていると、思わずこちらも笑みがこぼれます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1245023411757139.jpg


イギリスで夏の飲み物といえば、やっぱりピムス


 


ジャグで注文し、川辺でお日様に包まれながら飲む。


 


 


外で飲むピムスは特に美味しい。。。と思ってコップを草の上に置いたら、フェリックスが少し飲んじゃった


 


え〜フェリったら、これお酒入っているんだよぉ!大丈夫?


 


酔っ払ってもおんぶして帰れないからね


 


右側の舟はナローポートです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1245023463103439.jpg


レースとレースの合間には、渡し舟(フェリー)も出ています。


 


フェリもピムスを飲んで、ほろ酔いボート観戦の土曜日でした。 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリスブログ


←イギリス情報ランキング参加しています。


一日一回クリックして頂けると嬉しいです。


 


 


ブログランキング←わんこブログランキングも参加中です。


こちらもポチッと応援してね。

Jun 12, 2009
ケンブリッジ大学ボートレース(メイ・バンプス)

メイバンプス ケンブリッジ


今年もケンブリッジ大学のコレッジ対抗ボートレース:May Bumpsの季節がやってきました。


 


川沿いをお散歩していると、レース前に待機中のボート達が順番を待っていました。


それぞれ写真をクリックすると拡大します。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1244766609212232.jpg


向こう岸にはレースが終わってボートハウスに戻っていくボート、そして手前はレースのスタート地点へと漕ぎ出すボート。


 


なんとなくこのボートのクルー達、みんな粒そろいでカッコいいような


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1244766652190136.jpg


さてさて、私とフェリックスもレースのスタート地点付近まで移動しましょう。


 


今日の観戦ポイントはこちら。


Oyster Holtの特設駐車場のあるGreen End.


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1244766691801696.jpg


特設テント内にいるおじさんから今年のメイバンプスのプログラムを購入。(£2.50)


 


え〜っと、次のレースは何時スタートかな?


 


漕ぎ手のオールの色を見比べつつどのコレッジのボートを確認。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1244766731669292.jpg


さてさて、いよいよ次のレースが始まります。


 


向こう正面フェリックスさん、今回のレース展開予測は如何でしょう?


「。。。」


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1244766776944325.jpg


フェリックスの苦手なパ〜ンというミニチュアキャノン砲の音と共に、右奥の赤い橋の下のスタート地点から各コレッジのボートが一斉に漕ぎ出しました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1244766819337898.jpg


キラキラとしぶきを上げ、コックスの掛け声と共に、次々と目の前をボートが疾走していきます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1244766863689480.jpg


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1244766952341586.jpg


後ろのボートが前のボートに追いついたら、(あるいはバンプしたら)翌日からの順位が入れ替わるのですが、このディットンコーナーと呼ばれる大きなカーブ付近が一番そのバンプの起こりやすい場所。


 


どうやら3艇がくんずほぐれつのレースを展開している模様。


 


アレッ 必死に追い上げているARBCって、Anglia Ruskin University Boat Clubのこと?


応援しなきゃ


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1244766994092258.jpg


レースが終わると、バンプを果たしたチームは川岸の柳の枝などの葉っぱを頭にさして悠々とボートハウスに引き上げていきます。


 


レースの最終日は13日の土曜日。


晴れたらまた見に来ようっと


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリスブログ


←イギリス情報ランキング参加しています。


一日一回クリックして頂けると嬉しいです。


 


 


ブログランキング←わんこブログランキングも参加中です。


こちらもポチッとクリックしてね

May 20, 2009
ケンブリッジ・ビール祭り

1242768525552490.jpg

今年も市内中央にあるジーザスグリーンで、ケンブリッジ・ビアフェスティバルが開催されています。

 

昼間は入場無料。

 

夕方5時以降は£3.50の入場料を払って会場に入ります。

 

まず最初にテントの中でパイントグラスなどのグラスを買い、それを持って更に奥に進んで、200種類以上のビールや約80種類のサイダー(アルコール)の中から色々と試飲しながらビールを選びます。

そしてお気に入りを見つけたら、パイントあるいはハーフパイント買って、外のイスや芝生の上に座って飲み、飲み終えたらまた他の種類を試しに再びテント内へ。。。

 

 

 

テント内のチーズやおつまみの他、外の売店にはタイ料理やカレーも売っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242768562662139.jpg

今年はケンブリッジ大学創立800周年を記念して、「800周年ディスカバリー」やら「800周年イノベーション」などという名前の地元エールもお目見え。

 

私はハーフパイントグラスでフルーティーなフレーバーのエールを買い、タイフードのエビの揚げ物、春巻き、チーズなどといっしょにチビチビ

 

8時を過ぎた頃、屋外パブと化した会場は、職場の同僚や友人たちと車座になって芝生の上で飲む男性たちでにぎわいます

 

この時期、イギリス各地で行われる地元ビアフェスティバル。

色々な種類が楽しめるので、エール好きにはたまらないイベントでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ

←イギリス情報ランキング参加中

一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

 

 

ブログランキング←わんこブログランキングも参加しています。

こちらもポチッとしてね

May 17, 2009
グランチェスター・フェア

Granchester Fair

 

 雨が降ってきたと思えば、すぐに青空が広がったり、風が強くて寒い、と思ったら日が差すと暖かいし。。。

 

猫の目のように変わりやすいお天気の週末ですが、グランチェスター・メドー(オーチャードの隣の野原)では、グランチェスター・フェアーを開催しています。

 

牛の群れの奥がフェアーのテント会場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242520523165516.jpg

早速会場内に入ると、あちこちで色々な催し物をしています。

 

こちらは中世の戦いシーンの再現ショー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242520607817370.jpg

そしてここは 中世のレメディ屋さん。

 

 

「賢くなるお薬下さいな」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242520649395611.jpg

まるで剥製のようにじっと動かない鷹やふくろう達のコーナー。

 

かっこいい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242520472974900.jpg

こちらは 第二次世界大戦の再現コーナー。

 

アレッ?なんでフェリが演技しているの

と思うほど、よく似た子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242520430474391.jpg

 

 

 で、こっちが本物フェリックス。

 

良い子たちと共にマジックショーを楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242520691628741.jpg

そのほか、イベントといえばお約束のミニチュアライドやジャンポ滑り台なども並んでいます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242520782131628.jpg

会場を後にして、白いカウパセリの咲くメドーで記念撮影。

 

今年もまた、ストロベリーフェア、カントリー・フェアー、オープンガーデンなどなど、イベント目白押しのイギリスの夏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ

←イギリス情報ランキング参加しています。

一日一回クリックていただけるとうれしいです

 

 

 

ブログランキング

←ワンコブログにも参加中♪

こちらもついでにクリックよろしくどうぞ

May 14, 2009
バイロンズ・プール

オーチャードティールーム

普段サボっているツケが回り、徹夜する羽目になったものの、なんとか本日午後3時の課題の締め切りに間に合ったフェリママです。

Phew

 

で、ここ数日忙しかった私のせいで、お散歩時間を削られるなどのとばっちりを受け、不満タラタラだったフェリックス。

 

 

お詫びに今日は新しいところへ連れて行ってあげようね。

 

 

でもその前に。。。

まずはグランチェスターのオーチャードのりんごの木の下で腹ごしらえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242259627463600.jpg

急な誘いにもかかわらず付き合ってくれたお友達と共に、久しぶりのクリームティー(スコーン&クロテッドクリーム&ジャムと紅茶)を楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242259661819571.jpg

思いっきり笑顔で、ご相伴を期待している犬が一匹。。。

 

残念ながらあげられないんだなぁ。。。

 

君、最近チョッと太ってきたからね。

 

エッ?ママも体重増えたんじゃないかって?

 

う〜ん、ママはいいんだママは。自分で管理できるから(のはず。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242259775408532.jpg

お茶の後向かった先はバイロンズプール。

 

ケンブリッジの自然保護区のひとつです。

 

川沿いの遊歩道の工事はほぼ終了した様子。

 

工事のお兄さんによると、

 

「新しくなったこの橋を渡るのは、君達が最初だよっ」て。

 

記念すべき最初の歩行者&歩行犬

 

光栄です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242259698608318.jpg

ケンブリッジ大学出身の詩人バイロン卿が、学生当時この堰き止められたプールで泳いだという話から名づけられたByron's Pool。

 

 

 

http://lnr.cambridge.gov.uk/reserves/byrons_pool/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1242259736738242.jpg

バイロンは当時寮の中で子熊を飼っていたという逸話もありますが、小熊も一緒に泳いだのかな?

 

ちなみにうちの小熊は、泳げ 泳ぎません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ

←イギリス情報ランキング参加しています。

一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

 

 

ブログランキング←わんこ情報ランキングも参加中です。

こちらもついでにポチッとよろしく

Apr 19, 2009
イングリッシュ・ガーデン探訪 マディングリー・ホール編

Madingley Hall garden


マディングリー・ホールのお庭を散策しました。


 


建物の二階から眺めたお庭は、ゲートを越えて遥かにケンブリッジの街まで見渡せます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240147402071891.jpg


噴水のあるコーナー。


お水が出ていたら、もっとかわいいんだけど。。。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240147460677972.jpg


日中暖かかったこの週末、木々が一斉に芽吹き出しました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240147531785498.jpg


マディングリー・ホール。


 


今週末は、前期ラファエル派の画家ウォーターハウスと後期ビクトリアン・アートについての講義がありました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240147590416587.jpg


講義の休憩時間に、皆思い思いに新緑のお庭を散策しています。


 


いい香りに誘われて小道を彷徨っているうちに見つけたマグノリアの花。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240147636673142.jpg


夏の昼下がり、こんな木の切り株で出来た椅子に座って本を読んだら、きっと気持ちがいいだろうな。。。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240147687792266.jpg


ホールの壁には色々な種類の紋章やシンボルが見られます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240147756535102.jpg


壁際に見つけた不思議なオブジェ。


 


下方に蛇口が付いているので、お水を貯めるタンクでしょうか?


 


後で調べてみようっと


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240147809270426.jpg


タンクらしき物の上には、チョッと不気味な動物が座っています。


 


おサル?それともガーゴイル?


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240147865666533.jpg


レンガの壁に仏像と小さな池。


 


イングリッシュガーデンの中にオリエンタルな雰囲気のコーナーもあって面白いですねぇ。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240147915752228.jpg


彫刻のようにカットされている木々。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240147963112886.jpg


よく見ると、屋根の煙突もなかなか凝っています。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240148007128947.jpg


たとえばこんな感じ。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240148069584122.jpg


お庭の端に佇むかやぶきの東屋。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240148127982659.jpg


今はまだお花はそれほど沢山咲いていませんが、これから夏にかけて美しいイングリッシュガーデンが楽しめることでしょう。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1240148180975050.jpg


ちなみにここマディングリーホールは、普段は無料で散策できますが、チャリティーイベントとして6月14日午後2:30−5:30にオープンガーデンをしています。


 


当日の入場料£3。


 


お茶とお菓子のコーナー有り。


 


ロンドンのチェルシーやハンプトンコートなど華やかなフラワーショーも魅力的ですが、地元のボランティアによるこじんまりとしたオープンガーデン巡りも、初夏のイギリスの楽しみの一つです。


 


ボランティアによるケンブリッジ市内と周辺のお庭の公開の詳細は、Cambridgeshire Gardens open for charityでチェック出来ます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリスブログ


←イギリス情報ランキング参加中


一日一回クリックしていただけると嬉しいです。


 


 


ブログランキング


←わんこブログランキングも参加中


こちらもクリックどうぞよろしく

Apr 15, 2009
ファームショップでお買い物♪ゴグマゴグ編

ゴグマゴグ・ファームショップ


時々フェリックスとお散歩に行くゴグマゴグの丘。


 


その丘の麓にあるファームショップが、いつも気になっておりました。


 


なので、本日はお散歩よりもお買い物をメインにゴグマゴグの丘へやってきました。


 


さすがファームショップ、七面鳥さんがお出迎え。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1239758936521131.jpg


豊富な品揃えのスーパーマーケットも楽しいんだけど、ファームショップのお買い物の方がなんとなくわくわくします。


 


カメラを構えると、何故か必ずフレームの中に入ってくる七面鳥さん。広報担当なのでしょうか?・・・


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1239758977717510.jpg


バッグスバニーが食べるような葉っぱつきの人参やルバーブの横には、チューリップや水仙など春らしいお花が並んでいます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1239759069745236.jpg


ショップの中には、所狭しとオーガニックの野菜や冷凍食品、玉子、ケーキやお菓子、精肉コーナーなどが並んでいます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1239759028810705.jpg


別棟の建物では、Neals Yardのチーズ販売と、自家製スープ&ブレッドや紅茶、コーヒー、ケーキを頂けるカフェを営業しています。


 


二―ルズヤードといえば、スキンケアだけかと思っていたら、UK産のチーズも手がけていたのね。


 


さりげなく看板犬をつとめるシープドッグ君、いい感じです。


 


 


 


 


 


1239759109107482.jpg


ファームショップのイケ面お兄さんが、色々試食させてくれて、とても親切にチーズの説明をしてくれます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1239759145348495.jpg


 


健康そうなニワトリ達が鶏小屋の周りを歩いています。


やっぱりファームショップはいいなぁ。。。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1239759181165705.jpg


ふと振り返ると、やっぱりそこにはまだあの広報の七面鳥さんが。。。


 


実は彼、去年のクリスマスの際に仕入れた七面鳥の売れ残り(というか生き残り?)なのですって。


 


危うくクリスマスの食卓に並ぶところを、今では名前まで付けてもらって、ファームショップの広報担当兼用心棒として活躍する強運の持ち主です。


 


顔色が少し青いのは、威嚇しているんですって


もっと怒るともっともっと青くなるのだとか。


感情が顔に出やすいタイプなのね。。。


 


 


ずっしり重たい特大たまご(1つのたまごに卵黄2個入り)を半ダースと、お野菜、果物などを購入し、自家製スープのセットでお腹もいっぱいで大満足


 


今後も絶対リピーターとして通うことになりそうな、とっても素敵なファームショップでした。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリスブログ


←イギリス情報ランキング参加しています。


一日一回クリックして頂けると嬉しいです。


 


 


ブログランキング←わんこブログランキングも参加中


こちらもクリックして頂けると嬉しいです。

Apr 11, 2009
ケンブリッジで見つけた日本の春

1239364672696983.jpg


ケンブリッジではソメイヨシノをあまり見かけないので、いわゆる桜らしい桜が見たいなぁ。。。と、かねてから思っておりました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1239364733109285.jpg


そんな折、久しぶりに日本の春を感じさせてくれる桜を見つけました。


 


その桜に出会える場所はマディングリーホール。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1239364894034999.jpg


確か四谷の土手だと、桜とレンギョウがピンクと黄色のコントラストを楽しませてくれますが、ここマディングリーだと、桜と水仙という組み合わせ。


 


いずれにせよ、久しぶりに日本情緒をチョッとだけ楽しんだ瞬間でした。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリスブログ


←イギリスブログランキング参加しています。


一日一回クリックして頂けると嬉しいです。


 


 


ブログランキング


←わんこブログも参加中


こちらもクリックよろしくどうぞ


 

Mar 12, 2009
ケンブリッジ大学ボート部

univ Cambridge boat club


ケンブリッジ大学のボート部のボートハウスを訪れました。


 


フェリックスとのお散歩で、いつもは川向こうから眺めていた建物が目の前に!


 


ドアや窓などがケンブリッジ・ブルーと呼ばれる薄いブルーにペイントされていて、とても爽やかな印象です。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1236800109769894.jpg


室内の壁もケンブリッジブルー。


 


そしてその壁には、ケンブリッジ大学ボート部の歴史を語るべく、1829年に行われた最初のケンブリッジ大学 対 オックスフォード大学のレースから去年2008年までのクルーの名前と勝敗が書かれたボードが並んでいます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1236800152163761.jpg


これが2008年のケンブリッジ対オックスフォードのボートレースのクルー。


そうそう、テレビで見ていたけれど前回は負けちゃったのよね。。。


 


ちなみに2メートル近い身長で平均体重約90キロのいかつい8人のこぎ手を指揮するコックスは、身長162センチ50キロの女子です。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1236800199029431.jpg


シャワールームもケンブリッジブルーなのね


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1236800281271285.jpg


こちらは室内の練習用ボート。


 


写真左側の水中に見える光をめがけて漕ぐのがいいのだとか。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1236800328086730.jpg


一緒に見学していた仲間の一人が、実際トレーニングを体験


してみることにしました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1236800375706419.jpg


整然と並ぶトレーニングマシン。


 


部員達の毎日の日課は、朝6時半〜8時半にここのマシンでトレーニング→それぞれの研究室や授業へ→お昼に再びここに戻り、午後1時にミニバスに乗って隣町イーリーにあるボートハウスへ移動。→ケム川より広くて長い直線コースが広がるThe River Great Ouseで実践練習。→夜6時半頃練習終了。。。


終日お休みは月曜日のみ。


 


毎年新学期には40人近く集まる部員も、最終的には20人くらいしか残らないんだとか。


 


まずは学業重視、そして日々の厳しい訓練を重ねて大学の代表としてオックスフォードと闘う彼らは、まさに文武両立、学生の鑑偉い


 


毎年テレビ中継されて800万人近くが観戦するオックスフォード大学対ケンブリッジ大学のボートレース、通称ヘンリー。


 


もともとオックスフォード大学とケンブリッジ大学にそれぞれ進学した元Harrow Schoolの同級生二人Charles Merivale(Cambridge)とCharles Wordsworth(Oxford、詩人ワーズワースの甥)が、再会して共にボートを漕いだのが夏休みで、その二人が両大学のボートレースをイースターホリデーに開催することを企画し、1829年ロンドンのテムス川でレースをしたのがそもそもの始まり。


 


今ではオリンピック選手を輩出するような名門クラブとなりました。(ちなみに去年の北京オリンピックにはこのボート部の元主将など3人が出場)


そしてクルーは学部生よりもカナダやアメリカなど国内外からやって来たPhDなど博士課程の生徒が多いらしいです。


 


ケンブリッジには通称バンプス(Bumps←川幅の狭いケム川においてボートをぶつけて順位を競うことから)と呼ばれるコレッジ対抗ボートレースがありますが、こちらは年二回学部生を中心としたコレッジごとに闘うボートレース。


 


一方ケンブリッジ大学ボート部は大学のボート部。


 


コレッジのボート部と大学のボート部をかけもちすることは、正妻と愛人を持つようなものなのだとか。(←ケンブリッジの達人マダムS談)


 


ではどっちが正妻でどっちが愛人なのか。。。とマダムSと考えてみたけれど、多分大学のボート部が正妻でしょうね。オリンピックに出るくらいの選手を輩出するのだから。。。ということで二人納得。


 


今年2009年のヘンリー(Henley)は来る3月29日日曜15:40スタートです。


 


お時間があれば、テレビで中継されるからケンブリッジを応援してあげてね


 


 


 


 


おまけ↓


 


1236800412856345.jpg


先日里親探ししていたダニー君は、無事新しい飼い主さんのおうちにお引越ししました。


 


結局私の紹介したお友達のおうちに行ったから、近いうちにまたフェリックスと会いに行こうと思います。


ホッ。。。施設に行かずにすんで安心しました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリスブログ


←イギリス情報ランキング参加しています。


一日一回クリックして頂けると嬉しいです。


 


 


ブログランキング←わんこブログランキングも参加中


こちらもポチッとして頂けると嬉しいです。

Mar 04, 2009
早春のケンブリッジ。コレッジバックスの風景

ケンブリッジコレッジバックス


今年も早春のケンブリッジの風物詩、コレッジバックスのクロッカスが満開です。


 


(写真は全てクリックで拡大します。)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


Cambridge college backs


林の向こうに佇んでいるのは、ケンブリッジのアイコンとも言うべき、キングスコレッジのチャペルです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1236115089525516.jpg


やわらかな朝の日差しに包まれてちょっとひと休みのフェリックス。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1236115145108695.jpg


足元のお花に膝まづいて近づくと、クロッカス達のささやくような笑い声が聞こえてきそうです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1236115208955840.jpg


そして再び立ち上がれば、輝くような花のじゅうたんが目の前に広がります。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1236115256724932.jpg


彼方に見えるのはセント・ジョンズ・コレッジのチャペル。


 


今はまだ枝がむき出しで裸の木々も、きっと新緑の頃にはチャペルの尖頭を覆い隠すことでしょう。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリスブログ


←イギリス情報ランキング参加中です。


 一日一回クリックして頂けると嬉しいです。


 


 


ブログランキング


←わんこブログランキング参加中です。


 一日一回ポチッとして頂けると嬉しいです。

Jan 20, 2009
ケンブリッジ大学創立800周年。

ケンブリッジ大学800周年

ケンブリッジ大学は1209年が正確な創立の年らしいです。

 

オックスフォード大学から分裂した学者がこの地にやってきて、ケンブリッジ大学を創立したのが今から800年前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232418874457925.jpg

800周年にあたる今年、ケンブリッジ大学では一年を通じて沢山の記念行事が企画されています。

 

その幕開けとも言うべきイベントが、1月17日土曜日から19日月曜日までの夜にありました。

 

ケンブリッジの800年の歴史を振り返り、記念すべき年や記念すべき発見や研究などをスライドショーのようにセネートハウス(大学の卒業式などで使われる建物)に映し出す音と光のショーです。

 

最終日の今日22時の終了間際にフェリックスを連れて見学して来たので、雰囲気だけでも一部をご紹介しますね。

(ただでさえ撮影技術がないのに、更に暗い中での撮影は私には難しいので、大変お見苦しいですがご勘弁を。。。写真はクリックで拡大します。)

 

 

 

  

 

 

 

 

1232418918679486.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232418991174429.jpg

ケンブリッジを大学として認めるというロイヤルチャーターでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

1232419045733562.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232419109874295.jpg

昔の学生紛争?!

 

学生同士の争いばかりでなく、かつては地元の人々VSケンブリッジの大学生、いわるゆタウン&ガウン(地元住民VS学生)でもめることも多かったらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232419247658534.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232419290244651.jpg

そしてこれが現在の学生たちの姿。

 

学位授与式の写真かな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232419333603498.jpg

歴史的発見を数多く世に送り出しているケンブリッジ大学。

 

電子顕微鏡で撮影した映像や、ケンブリッジ大学ゆかりの学問や研究者の映像が次々に映し出されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232419682865543.jpg

ロールダールの本の挿絵を描いているイラストレーターによるケンブリッジの有名な学者達(ニュートンやダーウィンなど)の絵もキュートでした。

 

 

Cambridge Uni  800th Aniv

ダーウィン進化論を考え中? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1232492218469371.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232492283004681.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232492337136560.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232419734553486.jpg

この映像の後に、宇宙論で有名なホーキング博士の映像も映し出されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232419801833838.jpg

両サイドの螺旋はDNAかな? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1232419885101641.jpg

さぁ、創立800周年の記念すべき年の幕が切って落とされました。

 

街中に800周年記念の幟が飾られ、今年は例年以上に面白いイベントが楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ

←イギリス情報ランキング参加しています。

毎日一回クリックして頂けると嬉しいです。

 

 

ブログランキング

←わんこブログランキングも参加中。

こちらもポチっとクリックよろしくどうぞ

Dec 19, 2008
ジャーマン・マーケット in ケンブリッジ

German Market in Cambridg


市内中央にあるパーカースピース(市の広場で、サッカーのルールの誕生地でもあります)でやっているジャーマン・マーケットを覗いてきました。


 


パーカース・ピースは去年に引き続き今年も冬場だけスケートリンクを開設していますが、その隣に今年初にお目見えしたのがこの期間限定マーケットです。


 


(写真は全てクリックで拡大します。)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1229655168405103.jpg


100メートルほどの距離の左右両サイドに、お菓子やクリスマスの飾りなどのお店が軒を並べています。


 


オォッ私の大好物発見


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1229655203358500.jpg


クリスマスケーキの中で一番好きなのが、このシュトーレン


 


生まれたばかりのキリストが布に包まれている姿をモチーフにしたドイツのクリスマスケーキですが、


それにしてもこんなに巨大なシュトーレンを見たのは初めてだわ


 


薄くスライスして、ブランデーバターやブランデークリームと共に食べると、幸せな気分に浸れます。


 


 


 


 


 


 


 


1229655256845041.jpg


こちらは小さなお家の置物のお店。


 


どれを見ても、とってもメルヘンチック


 


小さなお家を集めているお友達がいるけれど、もし彼女がここにいたら、どんな反応をするだろう


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1229655317184380.jpg


こちらはニットの帽子屋さん。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1229655365606649.jpg


デザインも色も種類が豊富


 


去年お散歩中に突風で帽子を飛ばされて以来帽子がなくて頭が寒い私としては、どれか一つ欲しいけど。。。


 


でもチョッと派手すぎ?


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1229655409904036.jpg


こちらはフェルトの帽子専門店。


 


驚くほど沢山の色とキュートな飾りがいっぱいありました。


 


あったかくて、軽くて、しかもかわいい帽子がいっぱいあったので、あれこれ眺めていたら、お店のオーナー(兼帽子職人)がフェリックスのリードを持っていてくれました。


 


「日本人でしょ?僕日本食大好きだよ!イギリスの冬はどう?雨が多すぎない?やっぱり大陸とは天気が違うね」


とか、スーパーと違ってお店の人との会話があるマーケットって、人のぬくもりを感じられて素敵です。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリスブログ


←Click


一日一回応援ポチよろしくどうぞ


 


 


 


ブログランキング


←Click


一日一回応援ポチよろしくどうぞ


 


 


 


 


 


 

Nov 10, 2008
リメンバランス・デー/ポピー・デー

1226243350549441.jpg


風は冷たいけれど、気持ちのよい日曜日。


 


今日はイギリスの国民的行事のひとつ、リメンバランス・デー。(Rememberance Day)


 


 


そういえば去年の今日は、フェリックスが「ザ・モスト・ハンサムドッグ」のファイナリストとしてロンドンのドッグショーに出場していたっけなぁ。。。


 


でも今年はフェリックスと共に、静かな川沿いのフットパスを歩きましょう。


カモやあひるや白鳥に挨拶しながら歩く日曜の朝。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1226243391247091.jpg


「今晩から明日にかけて激しい雨&あられ&強風」という予報だけど、今のところそんな気配も感じない気持ちよい冬の散歩道です。


 


お散歩中のわん軍団を見つけて、嬉しそうにかけて行くフェリックス。ふふっ幼児みたい。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1226243434423218.jpg


それぞれが相手のお尻を追いかけて走り回ったり、飛び跳ねたり。


 


イギリスは黒ラブが多いから、遊んでいると、どれがフェリックスだか判らなくなっちゃう。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1226243485877344.jpg


そして向かった先はグランチェスターにあるセント・アンドリュー&セント・メアリー教会。


 


何故リメンバランス・デーの今日ここに来たかと言うと、第一次大戦で亡くなった詩人のルパート・ブルックを思い出したから。


 


結構美形だった彼(←ここポイント)は、パブリックスクールのラグビー校からケンブリッジ大学キングスコレッジへ進み(美形で秀才)、当時このグランチェスターに下宿していました。


彼の有名な詩’The Old Vicarage, Grantchester’の中に出てくるのがこのセント・アンドリュース&セント・メアリー教会です。


 


彼は第一次大戦で志願兵として出兵し、戦地へ向かう途中船上で病死します。


私は文学の専門家じゃないから分からないけれど、たとえ戦争を詠っていても、彼の詩には、おどろおどろしさは無く、母国への愛国心やノスタルジーのみを感じます。


実際に激戦地で戦うことなく亡くなったからでしょうか。


 


 If I should die, think only this of me: <BR>That there's some corner of a foreign field <BR>That is for ever England.


中略


And think, this heart, all evil shed away,<BR>A pulse in the eternal mind, no less <BR>Gives somewhere back the thoughts by England given; <BR>後略


という彼の’The Soldier’の詩を読み返し、今年のリメンバランスデーはここに来ようと思っていたのでした。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


ポピーサンデー


リメンバランス・デーは第一次世界大戦の終戦日である11月11日に近い日曜日をウォーメモリアルとして、第一次世界大戦以降に亡くなった兵士を追悼します。


今年は第一次大戦後90周年。


 


イギリスでは犠牲になった兵士の数の多さから、第一次大戦をグレート・ウォーと呼び、中学生の教材の中でも第二次大戦より詳しく学ぶようです


 


ロイヤルファミリーやテレビのキャスターから近所のおばさんにいたるまで、沢山の人が紙で作ったポピーの花を胸につけて、追悼の意を表すから別名ポピー・デーとも呼ばれます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1226243581356524.jpg


私にとって、イギリスに住んでいて、時々「居心地悪いなぁ」と感じる時があるけれど、今日のリメンバランスデーもそのひとつ。


 


ポピー・デーの募金を集めたりパレードで誇らしげにメダルを胸に行進したりしている老いた退役軍人は、みな第二次世界大戦で日本と戦った人たちだから、彼らの体験談を聞くと複雑な思いがするのです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1226243617495714.jpg


だから今年は午前11時に全国的に行われる2分間の黙祷は、ひっそりルパート・ブルックゆかりの教会のお庭でしたかったのです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1226243656472823.jpg


イギリスだけでなく世界中の戦争被害者を追悼すると共に、イラクやアフガンでまだ戦っている兵士がこれ以上命を落としませんように。。。と祈りつつ。


 


ぶるぶるっ!じっと黙祷していたら寒くなっちゃったよ!


 


さて、そろそろ帰りますか?


 


冬のお散歩の後の醍醐味は、なんといっても熱い紅茶とお菓子だからね!


 


 


 


 


 


 Stands the Church clock at ten to three?<BR>And is there honey still for tea?


 


From ’The Old Vicarage, Grantchester' by Rupert Brooke 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリスブログ


←イギリス情報ランキング参加しています。


一日一回クリックして頂けると嬉しいです。


 


 


ブログランキング


←わんこ情報ランキング参加中。


フェリックスへの応援ポチッとして頂けると嬉しいです。


 

Aug 29, 2008
オリンピックの新競技!?

1219962689924132.jpg

北京オリンピックも終わり、なんとなくテレビを見る張り合いを失った今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

でも次はロンドンオリンピックですよね!

すでに4年後のロンドンに向けて練習にいそしむアスリートも多いと思いますが、そんな代表候補のみならず、次のオリンピックに熱い視線を送る人たちがいます。

 

それはケンブリッジのアイコンとも言うべき「パンティング」のこぎ手のグループ。

 

←写真はパンティングのボートをシルバーブリッジの上から眺めるフェリックス。

 

 

 

 

 

ケンブリッジのケム川のボート遊びパンティング。

そのパンティングのボートやこぎ手を貸し出す会社で働く何人かの漕ぎ手が、「パンティングを次のロンドンオリンピックから正式な競技にしよう!」というキャンペーンをしています。↓

http://www.cambridge-news.co.uk/cn_news_home/DisplayArticle.asp?ID=342691

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1219962739806322.jpg

なかなか面白い企画!と思っていたので、散歩途中で見かけたこぎ手の男の子達に話を聞きました。

 

「別に会社をあげてキャンペーンをしているわけじゃないんだ。

うちの会社の何人かがパンティングをオリンピック競技にしようって真剣考えてるだけ。全くジョークだよね!?冗談としてはなかなか面白い企画だけど、ナンセンスだよぉ!」

 

だって。。

 

話をしてくれた犬好きのお兄さんたちと記念写真をパチリ!

 

(ちなみに、この気さくなお兄さんたちの会社のボートはシルバーストリートの船乗り場から乗れます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1219962802121969.jpg

折りしもソーシャルネットワークワービスのface bookで、地元の私学パースの学生が「パンティングはオリンピックの新競技になるべき!キャンペーン」を立ち上げたので、私は早速サポーターとして登録してみた。

だってジョークとしては面白いもの

 

さてさてシルバーブリッジを後にさらにケム川沿いにお散歩していると、ボートの中でギターを弾いて歌いながらパンティングをしている人達を見かけた。

これこそまさに流し(流され)のおにいさんね!

 

「パンティングをオリンピック競技にしようという運動がある」と言ったら、

「間違いなく俺が一番だ!」「いや俺だから!」

と自信満々!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1219962884985604.jpg

でもやっぱり基本的に「パンティング」はリラックスしてのんびり楽しまなきゃね?!

 

今日は暑かったし、お散歩も長く歩いたから、川を眺めつつアイスでひとやすみ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ

←イギリス情報ランキング参加中。

一日一回クリックして頂けるととても嬉しいです。

 

 ブログランキング

←わんこブログランキングも参加中。

フェリックスへの応援ポチ、よろしくお願いいたします。

 

Jul 17, 2008
キングスコレッジ オープンガーデン

キングスコレッジ 

前回からの続き。。。

 

ピムスを飲み干し、ライブ・イベントの後に訪れた場所はこちら、キングスコレッジ。

写真はすべてクリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

King's College backs

この日の午後は、いつもは一般公開されていないキングスコレッジのフェローズ・ガーデンのオープンデーだったので、お庭を見に来たのです。

 

バックス(コレッジの裏手)を流れるケム川では、パンティングするボートがいっぱい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンブリッジ パンティング

クイーンズコレッジの数学橋方面も交通渋滞しています。

 

観光客、語学学校のサマースクールなどなど、ケンブリッジは今沢山の人たちでにぎわっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216245772050429.jpg

敷地内の橋を渡り道路を横断して、フェローズガーデンに到着しました。

 

左手の塔はケンブリッジ大学の図書館。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216245868150881.jpg

広いお庭には、かやぶきのあずまやがあったり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216246050531991.jpg

去年はこのお庭でシェイクスピアの「真夏の夜の夢」と「じゃじゃ馬ならし」を観たっけな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216245920305440.jpg

手入れの行き届いた芝生や大きな木の他に、イングリッシュガーデンらしい色とりどりの花達がとってもきれい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216246179656333.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216246265660983.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216246410950655.jpg

お庭をボーっと眺めながら頂く午後のお茶とキャロットケーキ。

 

なんだか気分は不思議の国のアリス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216246642376358.jpg

 マッドハッターや三月うさぎや白うさぎが出てこないかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216246736097039.jpg

あっ、マッドハッター

 

じゃなくて、キングス・コレッジの少年合唱団の男の子(Choir Boys)ね。

 

イベント目白押しの夏の週末、次の週末はどこ行こう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング

←わんこブログ参加中です。

フェリックスへの応援ポチ、どうぞよろしく!

 

 

イギリスブログ

←イギリスブログランキング参加しています。

一日一回クリックして頂けるとうれしいです。

Jul 15, 2008
イベント満載で、どこ行こう?

1216072743206949.jpg

「最高気温は20度前後」なので、日本と比べると涼しいとはいえ、夏本番のイギリスです。

 

週末はケンブリッジ市内や近郊ではイベントが満載で、どのイベントに行こうか迷ってしまいます。

まずはフェリックスと一緒に行けるところ優先なので、市内中央のパーカース・ピースで行われているライブ&マーケット会場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216072784367639.jpg

ステージでは地元のバンドが演奏しています。

ファンと思しき人達数名は前のほうでノリノリ!。。。

 

でも会場のほとんどの人は小さな子供を連れた家族連れや40〜50歳代のお友達グループなので、みんなそれぞれ飲んだり食べたりしながら楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216072826411944.jpg

お子ちゃま達には、移動遊園地系の乗り物があります。(5月や6月に開催されるタウン&カントリーショーやミッド・サマー・フェアーほど大規模ではないけれど)

 

また大人向けにはクラフトショップやサラミ屋さんやチーズ屋さんなどが並んでいて。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216072860480801.jpg

ついつい買いたくなるものばかり!

 

特にフレンチマーケットは人気がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216072909155269.jpg

こちらは、エビの形をしたナンチャッテエビ(カニかまぼこのエビ版みたいなもの)のスパイシー炒め屋さん。

 

いいにおいに誘われて、Smallサイズを買ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1216072965100057.jpg

バーコーナーでピムスを買い、芝生の上でライブを聞きながら、のんびりまったり。。。

 

イベントが終わる夜までここにいてもいいけれど、実は他にも行きたいイベントがるので、ピムスを飲み干したら撤収しました。

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ

←イギリス情報ランキング参加中です。

一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

ところで、ピムスの横の手はフェリ兄で〜す!

 

 

 

ブログランキング

←わんこブログランキング参加中です。

一日一回のクリックして頂けると嬉しいです。

フェリックスも、フェリ兄姉のピムスをちょっぴりなめてみたのは内緒!?

Jul 12, 2008
イギリスの競馬 レディス・デイ

ニューマーケット ホースレース レディスデイ

木曜日は、馬で有名な隣町ニューマーケットで行われているRiz Club July Festivalに行ってきました。

去年に引き続き人生で二度目の競馬体験。

 

ジュライレースの中でも、特に今日はシャンペンメーカーLansonが主催するレディス・デイのせいか、25歳以上?の女性が多く、日本の競馬とまったくイメージが違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1215812284369644.jpg

今週は、連日雨続きのイギリスですが、梅雨の中休みのようにきれいに晴れ上がった絶好のおでかけ日和でした。

 

今日のドレスコードは、男性はネクタイにジャケット、女性は帽子着用のこと。

 

ロイヤルアスコット競馬ほどではないにせよ、気分はさながらマイフェアレディ?

お友達同士やビジネスの接待など、賭けをしに来るというより、むしろ社交の場のようです。

 

ゲートオープンは11時。

事前に予約していたシャンペンやワインを飲みながら、レースまでのひとときを過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1215812506332239.jpg

午後になり、いよいよレースが始まります。

 

競馬新聞の情報を参考にしたり、これから走る馬を見て判断したり、情報にくわしそうなおじさんを見つけて予想(ティップ)を聞いてみたり。。。

あるいは名前で選んだり???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1215812400888454.jpg

どの馬にいくらくらい、どのように賭けるか決めたら、馬券売り場に並びます。

(賭ける金額の最低は2ポンドから)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1215812435155476.jpg

馬券を買ったら、スタンド席から観戦したり。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1215812471452705.jpg

コースの近くで立って観戦したり。。。

 

ドドドドドッ

 

うわぁ、来た来たぁ。。。

 

馬の走る姿ってかっこいいなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1215812544631392.jpg

会場内にはテレビのクルーが中継していました。

 

どうやらこちらはチャンネル4のクルーのよう。

 

カメラの左後ろにいるショートカットの女性は、チャンネル4のウェブで競馬予想の情報を提供している女性だわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1215812577448475.jpg

こちらはどこのクルーでしょ?

 

ところで、「なぜアート・ヒストリーのサマースクールの最中にホースレーシングに来ているのか?」って、叱られそうだけど、サマースクールの申し込みよりずっと前にチケットを買っていたから。それに今日の講義は1時間しかないしね!←誰に言い訳しているんだろう?

 

 

 

 

イギリスバーナー

←一日一回クリックして頂けるとうれしいです。

 

そうそう、気になる勝敗ですが。。。

 

2レースかけてみた結果、最初のレースで10ポンド負けて、その後のレースで5ポンド賭けて15ポンド勝ったから、最終的にはプラスマイナス0でした!

Jun 24, 2008
ミッドサマーフェア

1214260894520037.jpg

今年も800年以上の歴史を誇るミッドサマーフェアが開催されました。

 

フェア初日のオープンセレモニーでは、例年ケンブリッジ市長が集まった子供達にコインを撒くのがならわしだそうだけれど、そういえば去年のケンブリッジの市長さんはトランスジェンダ(元男性)の市長さんだと言う話で盛り上がりましたっけ。。。

今年の市長さんはごく普通の男性みたいですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1214261679021316.jpg

毎年会場となる街の中央のミッドサマーコモンには、今年も大小様々なライドがひしめきあっています。

 

絶叫系ライドや。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1214261821996452.jpg

自分の足で歩くビックリハウス系や。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1214261969212900.jpg

射的系など。。。

 

おっと、こんなところにフェリックスの大事なテディベア「くまこ」の親戚がいっぱい!!!

 

フェリ〜、くまこに兄弟連れて帰りたいねぇ。。。

 

あ〜、でもやっぱやめとこ!

だって、この手のゲーム苦手だもの。。。

きっとなかなか獲得できず、ムキになって散財しそうだし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング

←わんこブログランキング参加中です。

一日一クリックして頂けると嬉しいです。

 

 

イギリスブログ

←イギリスブログランキング参加しています。

一日一回クリックして頂けると嬉しいです。 

Jun 15, 2008
ケンブリッジ タウン&カントリーショー

カントリーフェア

今年もケンブリッジ市内中央のパーカース・ピースで、タウン&カントリー・ショーが開催されました。

 

去年(2007年)は約3万人の人出だったらしいけれど、今年も晴天に恵まれたので、かなりの人が集まりそうです。

ジャンボ滑り台などフェア・グランド・アトラクションは多少料金がかかりますが、入場料や見学料は無料。

(去年の記事は2007年6月11日です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1213482619686847.jpg

今年も中世の騎士やクラフトのデモンストレーションをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1213482650043090.jpg

子供達に人気のドタバタ人形劇、パンチ&ジュディーショーの前でパチリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1213482700115782.jpg

今年も羊のショーの舞台(トラック)が来ています。

 

手前は電気カミソリを使用前&使用後の羊さん。 

さっぱり涼しげだけど、ウールが無いとヤギみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1213482731978013.jpg

オッこちらは去年なかったドンキーライド。

 

お子チャマ限定なの?

チルドレンとは一体何歳までOKなのかな?ちと気になる。。。

まさか年齢というより体重制限?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1213482763308265.jpg

それぞれ頭の所に名前が書いてあるロバ君たち。

 

こんなかわいいロバ君達だもの、そりゃ大人が乗ったら気の毒かも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1213482797693383.jpg

週間予報をくつがえし、良いお天気に恵まれた週末のケンブリッジ。

 

さて、明日はどこへ行こうかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング

←わんこブログランキング参加中。

フェリックスへの応援クリックしてね!

 

 

イギリスバーナー

←イギリスブログランキング参加中です。

一日一回クリックして頂けると、とぉ〜っても嬉しいです

 

 

Jun 08, 2008
夏のイベント

1212865039632605.jpg

昨日はロンドンまでパソコンの修理に行きました。

修理してもらっている間にナイツブリッジのビクトリア&アルバートミュージアムで時間をつぶそうと地下鉄を乗り継いで到着し、いざ見学しようと思ったとたん携帯電話が。。。

「思いの他早く直ったので、すぐに戻ってきてください!」

え〜っ!1時間かかってたどり着いて何も見ないで帰らなきゃいけないのぉ?

とは言え、早く修理が出来たことはありがたいことなので、ここは大人しく撤収。

V&Aはまたの機会にお預けね。。。

 

というわけで、前置き長くなりましたが、お蔭様でパソコンから写真をアップできるようになりました。めでたし!めでたし!

 

早速本日のお散歩の報告ね!

(写真は全てクリックで拡大します。) 

 

今年もやって来ましたストロベリーフェア@ミッドサマーコモン。

 

去年も書いたけれど、ストロベリーフェアーは、そのかわいげな名前とは裏腹なお祭。

酔っ払い、ヒッピー風の人達に沢山出会えるお祭りです。(笑)

多分影でドラッグもやっているんだろうなぁ。。。

 

 フェア会場の詳しい写真は2007年6月3日のストロベリーフェアをご覧ください。(雰囲気は毎年ほぼ同じなので)

 

 

 

 

 

 

 

 

1212865086430670.jpg

とはいえ、手作りアクセサリーやかわいいお洋服のお店も出ているので、今年も覗いてみました。

 

物色中のママを待つひまひまフェリックス。

 

ゴメン、もうチョッと待っててね!

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

1212865123894710.jpg

お向かいのジーザスグリーンでは15日までサーカス開催中。

 

ちなみに18日からはミッドサマーフェスティバルもあるし、7月は無料の屋外ジャズコンサートもあるし。。。

 

夏はイベント満載で楽しみ!!!

ケンブリッジ在住の方、今年もサマーイベントありますよぉ!↓

http://www.cambridge.gov.uk/public/summerinthecity/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1212867382215974.jpg

橋の上からケム川に飛び込む酔っ払いもいるし、立ち○。ンする人も多々!そりゃあれだけ飲みまくっていたらねぇ。でも女の人までしていてかなりビックり!

 

屋台の煙&匂いとビールやサイダーの匂いをかきわけて、川沿いに歩いて帰ることにしました。

 

最近開通した新しい橋を渡ってみよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

1212867443655592.jpg

車は通れない、歩行者と自転車専用の橋です。

 

お散歩ルートが増えたね?フェリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング

←わんこブログランキング参加中。

一日一回クリックでフェリックスを応援してね!

 

 

イギリスバーナー←イギリスブログランキング参加です。

一日一回ポチっとして頂けると嬉しいです。

May 23, 2008
第35回ケンブリッジ・ビアフェスティバル

1211515792209266.jpg

昨日は入場しなかったビアフェスティバル。

 

今日は友達と一緒に入りました。

 

午前11時〜午後3時は入場料タダ!

3時に一度閉めて、再び午後5時〜10時半までオープン。

最終日の24日土曜日は午前11時〜10時半まで途中閉鎖なし。

午後5時以降は入場料一人£3.5です。

イギリスで一番歴史の長いビアフェスティバルらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1211515824729550.jpg

タイ料理の屋台で、えびクラッカーを買ったので、フェリックスにも少しあげました。

 

真剣なまなざし過ぎて、より目になってる。。。

 

今年のテーマはクロムウェルVSチャールズ二世。あるいは清教徒(ピューリタン)対王政復古を支援するキャバリアらしい。

 

クロムウェルはケンブリッジ大学出身とはいえ、なんで今頃クロムウェルなの?と不思議に思ってパンフレットを見た。

 

なになに?ビアフェスティバル主催側の意図は、去年(2007年)のパブ内でのタバコ禁止に引き続き、次は国民のお酒の飲みすぎを防止のために酒税を上げようとする政府の方針に真っ向から反対したいもよう。

 

「政治家は1660年代のクロムウェルのように我々国民を禁欲的なピューリタンにしようとしている!英国の誇るパブ文化を守れ!!」と主張したいらしい。

 

なるほどね。。。

 

で、明日金曜日の夜は、当時の衣装(Cavaliers&Wenches)で仮装して、チャールズ二世の王政復古を記念するアップル・オーク・デーを祝うらしい。(「クロムウェル側に追われた当時子供だった後のチャールズ二世が、アップル・オークの木に登って身を隠して命拾いをした」という逸話に基づき祝う5月29日のフェスティバル)

 

明日の夜も面白そう残念ながら私は行けないけど。。。

 

 

ブログランキング

←わんこブログランキング参加中。

フェリックスへの応援ポチ一日一回どうぞよろしく

 

 

イギリスバーナー

←イギリスブログランキング参加中。

一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

May 22, 2008
初夏のジーザズ・グリーン

1211409010377131.jpgジーザス・グリーンの並木道が新緑の美しい初夏の装いになったので、タイトル画面を初夏バージョンに入れ替えました。

 

折りしも今週は恒例のビアフェスティバルの真っ最中。

お散歩とボール遊びで喉がかわいたから、会場内に入って何か飲みたいところだけれど、みんな仕事や学校帰りに仲間とわいわい入っていく中で、一人で入場料払って入るのも寂しいしねぇ(正確には一人+一匹だけど)

 

今日のところは大人しくこのまま帰りましょ。。。

 

ブログランキング

←わんこブログランキング参加中です。

フェリックスへの応援ポチッどうぞヨロシク!

 

 

 

イギリスバーナー

←イギリスブログランキング参加中です。

一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

クリックの応援、感謝しています。ありがとうございます

May 20, 2008
ダックスフォード 航空ショー

Duxford airshow

週末ケンブリッジから車で20分くらいのダックスフォードのインペリアル・ウォー・ミュージアム(Imperial War Museum Duxford)

に、エアショーを見に行ってきました。

 (写真は全てクリックで拡大します。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1211284518794077.jpg

往年のスピットファイアーから、最新式の戦闘機に至るまで、普段は格納庫で展示されているだけの飛行機が、実際空を飛んでいる姿を見ると、その美しさや迫力に魅了されます。

写真はGrumman F8F Bearcat 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1211284555828567.jpg

第二次世界大戦でダムバスターとして活躍したランカスター。

 

ちょうど先週ピークディストで行われたダムバスターの記念飛行の中継をニュースで見たばかりでした。

 

これら戦争で使われた飛行機は、その勇姿をたたえるのではなく、あくまでも戦争で亡くなった方々への追悼と記憶から葬ってはいけないという思いを込めて「メモリアルフライト」と称していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1211284591129872.jpg

お次は、飛行機が好きで、周囲の人々にフライトアテンダントになることを勧められた女の子が、

「私は飛行機の中で立ち働くよりも、飛行機の外で立っていたいわ!」

と言ってこの仕事をはじめました。。。。というアナウンスと共に現れた2機の飛行機。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1211284646007168.jpg

エッ!?

飛行機の翼の上に人が乗っているの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1211284680050443.jpg

ひえ〜っ

 

微笑みながら余裕で手を振ってるし。。。

 

しかもキュートな女の子

 

ブルーピーターのチームによるアクロバット飛行+ウィングウォーキング。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1211284718643909.jpg

普通なかなか地上でもできないのに、翼の上でアクロバットを始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1211284753878075.jpg

ついには、一機の飛行機(左)が逆さまになり、二機が縦に重なって二人の女の子が一人は逆立ち状態で空中で手をつなごうとしております。

 

よい子はマネをしないでね。。。ってことで、「彼らのサイン会はありません!」との注釈つきでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1211284817733081.jpg

場内に放送されている解説のなかで、何度か耳にしたのは日本のゼロ戦。 

敗戦国とはいえ、ゼロ戦はいまだに飛行機ファンの中では一目置かれている飛行機なのだなぁと実感しました。

写真は1990年代半ばまでパイロット達のトレーニングに使われたというChipmunkのペアとRapide 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1211284857142510.jpg

飛行機だけでなく、戦地での輸送物資や兵士を運ぶヘリコプターも登場。

Boing Vertol Chinook

 

フォークランド紛争からアフガニスタン、そしてイラク戦争まで25年間にわたり活躍していたとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1211284890041306.jpg

そして爆音と共に現れたのが英国空軍の戦闘機タイフーン。(Eurofighter Tyhoon- 29 Squadron RAF)

マッハ2で飛ぶ戦闘機です。

あっという間に上昇したり急降下したり。。。写真を撮ったら逆さ状態でした。

 

戦闘機が実際目の前を飛んでいる状況には、いままで(幸いにも)遭遇したことが無かったので、その速さと音の大きさ、そしてキビキビと回転する動きの早さに驚きました。

 

兵器としての飛行機には命をかけて操縦するパイロットや攻撃される人々のことを思うと、胸が痛くなりますが、単にその飛ぶ姿の美しさと言う意味では飛行機の魅力を十分に味わった一日でした。

 

 

 

イギリスバーナー

←イギリスブログランキング参加中です。

クリックして頂けると嬉しいです。

 

 

ブログランキング

←わんこブログランキング参加中です。

ポチッと一回クリック、どうぞよろしく

 

 

Apr 11, 2008
フェリックスの市内観光案内 コレッジ巡り編

StJohn's front cafe

 春らしい穏やかなお天気の中、ケンブリッジのシティセンターまでお散歩しました。

こちらはセント・ジョンズコレッジのチャペルとその前にあるカフェ。

 

これからのシーズン、外でのお茶は気持ちがいいです。

 

イギリスの場合、特にドッグカフェとは書いていなくても、基本的に外のテーブルはパブもティールームも犬OKです

本日の写真は全てクリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207873246398881.jpg

 ふぅぁ〜ねむい。。。

 

いくらいいお天気だからって、お散歩中に眠くなる犬ってどうよ?

 

こちらは同じくセント・ジョンズ・コレッジ(St.John's College)正面の門。

 

セント・ジョンズ・コレッジは、1511年にヘンリー8世の祖母にあたるLady Margaret Beaufortによって創設されたコレッジです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207873306982871.jpg

そしてさらに市場のある町の中央まで移動。

そこにそびえ建っているのは、 ケンブリッジのコレッジの中でも代表格のコレッジのチャペル。

でも大き過ぎてうまく写真に納まらないんだよねぇ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207873198295741.jpg

その名はキングス・コレッジ・チャペル(King's College Chapel)

ヘンリー裟い砲茲辰1441年創設されました

 

 コレッジ内はわんこは立ち入り禁止だから、外観だけね。。。

 

週末や、特に夏になるとこの前は鈴なりの人だかりになるけれど、平日の昼間はがらがらだわ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー

 ←イギリスブログランキング参加中です。

一日一回クリックして頂けると嬉しいです

 

 

 

 

ブログランキング←ワンコブログランキング参加中です。

フェリックスに応援のポチッどうぞよろしく

Apr 02, 2008
ついつい毎年この時期に訪れたくなる所

1207094729352336.jpg

それはこの場所。ウィンポール・ホール(Wimpole Hall) 。

ケンブリッジ近郊の、とても大きなジョージアン・スタイルのお屋敷です。

 今日の写真は全てクリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207094787905816.jpg

1600年代半ばに建てられたマナーハウスで、現在はナショナルトラストの管理下にあります。

 

何で毎年来たくなるかって?

それはここの敷地内にあるファームは毎年3月末〜4月までLambing seasonなので、とってもかわいい生まれたての赤ちゃん羊に沢山出会えるから。。。

 

でも今日のメインはフェリックスのお散歩だから、ファームには入りません。

 

赤ちゃん羊をごらんになりたい方は、2007年3月26日の〔動物の赤ちゃん〕の日記を覗いてみてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207094857692707.jpg

ウィンポール・ホール は、整然と設計された美しい庭園と牛さん、お馬さん、豚さん、羊さん、山羊さんなど、沢山の動物に会える農場と、そしてこの広大な自然のお庭に囲まれています。

 

今日はなだらかに続く芝生の敷地内を散策しました。

 

「アレさっきまで横にいたお兄ちゃんがいなくなったぞ?」

 

ということで、早速災難救助犬ごっこスタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207094895920281.jpg

「あっ、見〜けっお怪我はありませんかぁ?

今からそちらに回って救助しますよぉ」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207094931920235.jpg

 「な〜んか超簡単だったんですけどぉ。。。

こんなトレーニングごっこ程度で、ホントに役に立つのかなぁ?」

 

「ハイ、もちろん実践ではまったく役に立たないと思います。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207094970255543.jpg

 さらに敷地内を歩いていくと、羊さんの近くに動物の巣穴を発見。

 

うさぎさんのおうちかなぁ

 

小型犬なら入れそうなくらい大きい巣穴だけど。。。

 

「もしもぉ〜し、中に誰かいますかぁ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207095066497961.jpg

こちらはのどかにお食事中の大人の羊さんたち。

 

なんだか見ていると眠くなってくるわぁ。。。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207095105713640.jpg

 春は鳥や動物たちの赤ちゃんが生まれる季節だから、この時期に敷地内をお散歩するわんこ達は、ちゃんとリードをしなきゃダメです。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207095141755486.jpg

たとえリードをしていたって、ぜんぜん気にならないくらい、広々と開放感があるお散歩ルートです。

 

柵の左は、牛さんや羊さん達の逃亡防止の溝。

牛さんだけでなくフェリもここは苦手だから、いつでも人間用のゲートを通ります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207095177441691.jpg

とってものどかな春の午後。。。

 

気温は日本ほど暖かくないけれど、毎日着々と日が伸びています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207095213998483.jpg

はぁ、気持ちよかった

 

すっかりこのお屋敷のわんこになった気分のフェリックスなのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング

←わんこブログランキング参加中です。

夢見るフェリックスにポチっと応援よろしく

 

 

 

イギリスバーナー

←イギリス情報ランキング参加中です。

一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Apr 01, 2008
週末の色々

1207002111225466.jpg

週末に起きた色々をアップしておこうかと。。。

 

29日土曜日は、恒例のロンドンのテムス川でのオックスフォード大学 VS ケンブリッジ大学

のボートレースがありました。

左がケンブリッジブルーのケンブリッジ大学選抜チーム。

最初は頑張っていたけれど、結局最後にはだいぶ水をあけられてしまい負けてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207002167405588.jpg

ガックリしているケンブリッジのクルーとは裏腹に、勝者オックスフォードは嬉しそう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1207002664664202.jpg

そして同じ週末のケンブリッジ市内。

27日木曜日にオープンしたばかりのグランド・アーケイド(Grand Arcade)は、沢山の買い物客で賑わっていました。

 

去年の暮れにリニューアルオープンしたデパート ジョンルイスとライオンヤードを結ぶショッピングアーケードの誕生です。

まるでアメリカのショッピングモールみたいな雰囲気と匂い。(ボディーショップ等のあの甘〜い香り!)

 

ロンドンのオックスフォード・サーカスのショップと同じくらいの品揃えのトップショップやリバーアイランド等など。。。おしゃれなお店が軒を連ねています。

天井はガラス張りだから開放感があり、雨の日も濡れずにお買い物できるし、しかも今までケンブリッジにはなかったアップルストアやスワロフスキーもあり、なかなかの充実振り。

 

シティセンターのお店の他に、グラフトン・ショッピングセンター、そしてこのグランド・アーケードの出現。

 

ケンブリッジがどんどんアメリカ化していく気がするのは私だけかなぁ?

まぁお買い物が便利になるのは嬉しいけれどね。。。

 

毎年夏になると世界中からやって来る語学生も、今年の夏はこのアーケードに釘付けかも。。。

 

そうそう、夏といえば。。。30日土曜日の夜中から、イギリスも夏時間になりました。

サマータイムだから、日本との時差は8時間です。

 

 

 

ブログランキング

←わんこブログランキング参加中

 一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

イギリスバーナー

 ←イギリス情報ランキング参加中

一日一回クリックしていただけるとうれしいです。

 

Feb 28, 2008
ケンブリッジ名物ボートレース レントバンプス

lent bumps2008 cambridge

今年もLent bumpsの季節がやって来ました。

 

年に2度あるバンプスと呼ばれるボートレース。

レント・ターム(イースター前の学期)にあるのがレント・バンプス。

初夏にある大きなレースがメイ・バンプス.

去年レントバンプスを観戦した日は強風でフェリの耳がずっとパタパタしていたっけ。(2007年3月1日の日記Lent bumps)

 

本日の日記の写真は全てクリックで拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンブリッジ レントバンプス2008

今日は風もなく穏やかなお天気だったので、26日火曜日から始まったレントバンプス2日目のレースを観戦しがてら、ケム川沿いのお散歩に来ました。

 

ちょうど女子のレースが終わり、これから男子の最終レースの前でした。

女子のボートはボートハウスに戻って行き、男子のボートは待機中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1204159457763559.jpg

このコレッジの女子チームは本日バンプに成功したのか、バンプの証に髪にさしている緑が誇らしげ。

今から戦う同じコレッジの男子チームに

エールを送っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1204159491948932.jpg

いよいよ男子のボートが出発地点へ向けて移動を始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1204159526116574.jpg

 

 

続々と集結していくボート達。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1204159568400899.jpg

 

冬場は午後3時半には暮れ始めていた太陽も、今は4時半でもまだこの通りまだ明るいです。

日が伸びて本当に嬉しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レントバンプス 2008

ではみなさん、頑張ってください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cambridge lent bumps

嵐の前の静けさ。

 

さっきまでモチベーションを上げながら移動するボートで、活気に満ち溢れていた川も、今はシーンと静まり返っています。

レースが始まるまでのつかの間の静けさ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1204159633082136.jpg

 

 

おぉっ

 

2位と大きく水を開けて1位で漕ぐボートの姿が見えて来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1204159663621252.jpg

1位のボートに追いつきたい2位のキーズ。

あ〜、それなのに後ろから追い上げてきた3位のボートにあえなくバンプされてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1204159806493389.jpg

フェリと私の目の前に、意気消沈したキーズのボートが着岸しました。

 

バンプした後は、バンプしたボートもされたボートも、川岸に退避してまだまだ続いている他のボートのレース進行を見届けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1204159838403814.jpg

こちらはバンプして明日のレースは2位スタートのボート。

バンプされてガックリ状態のボートとは対照的に、こちらはクルー全員嬉しそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1204159873677529.jpg

 

バンプの証に岸辺の応援団から緑を手渡してもらうクルー。

 

このまま最終日まで穏やかなお天気が続くことを祈りつつ、さてさておうちに帰りましょ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1204159902700785.jpg

久しぶりに会ったダルメシアンのお友達。

 

 

「わぁ、久しぶりだね?」

 

「ねえ君もレース観てたの?」

って、わんこもテレパシーでお話している気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1204159930610371.jpg

 

戦いが終わり、再び静けさを取り戻した川を悠々と移動するボート。

おじさんのおひざの上には小型のわんこが乗っていました。

気持ち良さそう。

おじさんのアウトドアファッション、決まってますねぇ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ

←応援ポチして頂けると嬉しいです。

 どうぞよろしく

 

 

 

ブログランキング

←朝は地震騒ぎで眠かったけど、午後にはすっかり元気になって川沿いを走り回ったフェリにもポチっとよろしく

Feb 21, 2008
霧のケンブリッジ

霧のケンブリッジ

ここ最近午前中はマイナスの気温が続いていたので、毎朝濃い霧に包まれるケンブリッジでした。

 

ジーザスグリーンの並木道もミルク色に溶けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1203539639957749.jpg

 

ジーザスグリーンでひと遊びして、モードリンコレッジ(Magdalene College)の方向へ川沿いの遊歩道を歩きます。

 

いつも見えているセント・ジョンズコレッジも霧の彼方。。。

Magdalene College クリックするとコレッジのフォトライブラリーにジャンプ可

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1203539667326507.jpg

目の前を通っていたパントの船頭さんも、あっという間に霧の中に消えて行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1203539703904055.jpg

フェリックスが一緒だからスーパーには入れないので、マーケット・プレイスでお買い物。(スーパーでのお買い物よりお店の人との会話があるのでその方が好き!)

 

キングスコレッジ・チャペルも寒そうに佇んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1203539742325959.jpg

再びジーザスグーリーンまで戻って来たけれど、午後になっても霧は晴れそうもありません。

 

霧の中でボートの練習川面は更に気温が低いから寒いだろうなぁ。。。

 

おやっフェリックスの肩越しのナローボート、なにやら沢山自転車を積んでいますねぇ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1203539776557105.jpg

 

 

 

船上自転車屋さん

なんなんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1203539805191936.jpg

 

自転車のお医者さん

 

しかも往診可能

 

ケム川に浮かぶナローボートに住んで、自転車修理と販売のお商売かぁ。。。

自転車人口の多いケンブリッジならではのお仕事ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング

←今日も遊びに来てくれありがとう!

 応援クリックして行って下さいな

 

 

 

 

 

イギリスバーナー

←ポチッとクリックの応援して頂けると嬉しいです。

 どうぞよろしく

Feb 19, 2008
岸辺の水仙

ケンブリッジ 水仙

今年もケンブリッジのケム川沿いの土手に、水仙の花達が咲きだしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1203391458526303.jpg

午前10時過ぎてもまだ気温はマイナス3度!

あまりに寒いので、正午過ぎにようやくお散歩に出発。

 

こんな寒い日には、せめて優しく揺れる水仙のかわいらしい顔を眺めながら、日向を選んで歩きたいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1203391502458578.jpg

 

カメラを抱えるママの前で、いつものようにポーズを取っていたら、いつの間にか知らない人もお花に囲まれるボクを撮っていたんだよ!

 

ボクってモデル犬!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1203391533380133.jpg

水仙と言えば、水面に写った己の美しさに魅了されて水に落ちて死んでしまった、美少年ナルシスが水仙に姿を変えたお話や、イギリスの桂冠詩人ワーズワースの有名な水仙の詩が思い出されます。

ワーズワースはケンブリッジ大学出身だったから、その頃ケンブリッジに咲いていた水仙も愛でていたかなぁ?

 

 

日本もまだまだ寒いようなので、この水仙達が春の息吹をお伝えできますように。

 

 

 

 

 

 

ブログランキング

←フェリックスに一票、ポチッとクリックよろしくどうぞ

 

 

 

 

 

イギリスバーナー

クリック一回して頂けると嬉しいです

Feb 09, 2008
早春ケンブリッジ

クロッカス

 今年もケンブリッジに春の訪れを告げる花達が咲き始めました。

 

ケンブリッジ大学クレア・コレッジのバックスは例年クロッカスの群生が見事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1202513682498296.jpg

 

 うす紫の絨毯を敷きつめたよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1202513744162245.jpg

 

「わぁ、今年も綺麗だなぁ。。。」 

 

かわいいお花に囲まれて、メルヘンチックな気分のフェリックス。

おとぎ話の世界みたいだね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1202513864579436.jpg

 

おっと、踏まないように気をつけないと。。。

 

小さな花達に思わず笑顔がこぼれるお散歩です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1202513789592468.jpg

 

 バックスからコレッジ側に渡る橋の上から眺めていると、パンティングしている人達の歓声が聞こえてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1202513828655947.jpg

 ケンブリッジ大学の学生によるガイド・パントもありますが、今下を通過している舟は、自分達でパンティングにチャレンジしているのか、舟が壁や他の舟に衝突してなかなか思うように進まないみたい。

今日は暖かいから、落ちても大丈夫かな?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1202513906904932.jpg

ケンブリッジといえば、このイメージでしょうか。

ご存知キングス・コレッジのチャペルです。

本日快晴、絵葉書のように撮れました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1202513944705342.jpg

「 最近日中の気温も10度以上で、春らしい陽気になりました。

早春のケンブリッジを特派員フェリックスがお伝えしました。。。

あっ、カメラさん背景に合わせると僕の顔が暗くなってるんじゃない?あ〜あ、イエローラブだったらカメラ映りいいのになぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング

 ←クリックしてランキング応援してね!

  よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

イギリスバーナー

 ←一日一回のクリックして頂けるとうれしいです。どうぞよろしく

 

Feb 07, 2008
ケンブリッジのカトリック教会

1202347021341854.jpg

昨日はShrove Tuesday(この国ではまたの名をパンケーキデー)、なので今日はAsh Wednesday灰の水曜日。

 

偶然今日は12時からの講義がキャンセルになったので、大学のすぐ近くにある教会に足を運んだ。

一応カトリック信者の端くれなので、レント初日の『灰の水曜日』に目の前にある教会を無視できないし。。。

 

12時からのミサは平日にもかかわらず、結構人が集まっていた。

でも集まっているのはイギリス人というよりマルチナショナル。

私の両隣はインド系だったし、私の後ろは中国人家族、前はイタリア系。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1202347073798789.jpg

12時からの灰の水曜日のミサにあずかっていたら、急に小学生の頃初めて灰の水曜日のミサにあずかった日のことを思い出した。カトリックのミッションスクールに通っていたけれど、当時信者ではなかったのに、興味本位で信者の子に付いて行った学校内の地下のお御堂。昼休みなのに、そこは薄暗くて、ろうそくの光りと静けさの中で何か不思議なものを感じていた。

あれから何年も経って、まさか異国の地で信者として額に灰で十字の印をされる事になるとは想像もできなかったなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1202347145655757.jpg

ケンブリッジの駅と町の中心部の中間地点にあるOur Lady and the English Martyrsというカトリック教会。

ケンブリッジ大学の各コレッジ(St.Edmond's College以外)の教会や、地域の教会のほとんどがChurch of England(イギリス国教会)だけれど、ここは数少ないケンブリッジのカトリック教会。

1890年に建てられたこの19世紀ゴシック・リバイバル・スタイルの教会は、イングランドの中でも最大級の建物で、驚いた事にたった一人の御金持ちの未亡人(元バレエダンサー)の尽力により建てられた。

キリスト教的道徳観の強い時期だったビクトリア時代ならではの偉業?

 

今ではEU統合により、益々人も商品も行き交うマルチナショナルなケンブリッジ。

日曜日には英語やラテン語のミサだけでなく、ポーランド語のミサも行われる。

 

ケンブリッジを電車で訪れるなら、是非覗いて欲しい美しい教会です。

 

 

 

 

 

ブログランキング←わんこブログ、113位だって!チョッと上がってHappy!

 ポチッと一回応援お願い致します。

 

 

 

イギリスバーナー

←応援のクリックして頂けると嬉しいです。

 いつもありがとうございます。

 

 

Dec 29, 2007
セール・セール・セール・・・

1198883714971947.jpg

英国人にとって一年で一番大切なクリスマスも終わり、後に残った楽しみと言えば、、、

冬の大バーゲンセール!

 

ロンドンのハイストリート・ショップやケンブリッジ市内もデパートのDebenhamsは26日のBoxing dayの早朝8時にセールがスタート。

シティセンターのNEXTは今朝28日朝8時から。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1198883870699766.jpg

クリスマス休暇中、フェリックスのお散歩以外は家でダラダラしていたので、そろそろ世の中の様子も気になるし、久しぶりに街へ出てみた。

 

フェリックスを連れているので、それぞれ自分の好きなお店を交代でチェック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1198884445714527.jpg

ぼ〜っと行きかう人々を眺めつつ、お店の外でフェリックスと立って待っていると、色々な人に声をかけられる。

「この子何歳なの?」

「お名前は?」

「ゴージャス!!」

あるいは何も言わず、ただ満面の笑顔でフェリックスを見て行く人。。。

フェリックスと一緒にいると大人から子供まで、色々な人に話しかけられるから、待っている時間も苦にならない。

 

今日一番面白かった人は、自分の飼っているオウムの話を熱心にしてくれたオジサン。

いかに上手に自分達家族のものマネや、電話などの生活音のマネをするかを説明するために、オジサンがオウムのものマネをする、という面白い状況だった。

このオジサンも家族の一員としてオウムのミリーちゃんを心から愛しているのね

 

さて、しばらく買い物客を観察していて気付いたのだけれど、セールだからといって、皆が皆戦利品を抱えて歩いているわけではないという事!

手ぶらで歩いている人も結構多い。

私と同じように、街のお祭り気分や活気を楽しんでいるだけなのかな?

 

 

 

  

 

 

 

イギリスバーナー

 ←1クリックでランキングの応援をして頂けると嬉しいです。

 よろしくお願い致します。

 

 

 

 

ブログランキング←クリック一回の応援をして頂けると嬉しいです。

  よろしくお願い致します。

Dec 17, 2007
クリスマス・イルミネーション

ケンブリッジ市場夜景

 

暮れなずむケンブリッジ市中央の市場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンブリッジ市長舎夜景

 

例年通り美しくキラキラ輝く市長舎正面のクリスマス・イルミネーション。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンブリッジシティセンター夜景

気温が下がり、更に冷え込む夕暮れ。

 

いくつものショッピングバッグを両手に抱えて、クリスマスショッピングで疲れた足を引きずりながら家路を急ぐ人達の頭の上には綺麗なイルミネーション。

神戸のルミナリエほどの息を飲むような迫力はないけれど、ホッと心がなごむ光りです。

 

 

 

ブログランキング

←バラエティ豊富な犬種と出会えるブログランキング

 応援のポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

イギリスバーナー

←イギリスブログ集。

 一日一回クリック一票して頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Nov 29, 2007
ケンブリッジ大学ニューナム・コレッジのクリスマスディナー

ニューナムコレッジ・ディナー

クリスマスまであと1ヶ月を切り、ケンブリッジ大学の各コレッジではクリスマスのフォーマルディナーのシーズンです。

 

今晩は女の子ばかりのコレッジであるニューナムコレッジ所属のお友達に誘われて、ニューナムコレッジのクリスマス・フォーマルディナーにやって来ました。

前方中央のハイテーブルはコレッジの先生方など偉い方用のテーブル。

生徒達は着席して待つことしばし、その間前方右の扉の向こうのお部屋では、先生方が食前のドリンクを楽しんでおられます。

ゴ〜ンというドラの音と共に生徒一同起立。先生方(&そのゲスト)がハイテーブルに着かれるのをお迎えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1196279285071495.jpg

短いお祈りの後、いよいよディナーのスタート

 

ハイテーブルはお酒が用意されていますが、学生の席はそれぞれが自分の飲みたいワインを持ち込みます。

 

ここのコレッジ所属の生徒や先生方は黒いガウンを羽織っています。

 

クリスマスのフォーマルディナーということで、クリスマス用のクラッカーをパ〜ン!と鳴らし、クラッカーの中に入っているパーティ・ハットをかぶってワイワイガヤガヤ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1196279733990963.jpg

 

普段と違うフォーマルな装い。

クリスマスツリーを撮ったり、お互いの写真を撮ったり。。。

 

外の寒さとはうら腹に、ホールの中は熱気でいっぱいです。

今日のメニューは、生ハムメロンの前菜と、ターキーとクリスマスプディング+コーヒー&ミントチョコ

本日のクリスマスディナーは7ポンドなので、わりと格安かも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1196279919280892.jpg

「ディナーの後は引き続きコレッジ内のバーでディスコパーティーをしまぁすみなさんこのまま移動してねぇ

という言葉に誘われて、みんなの後についてバーにやって来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1196280024811730.jpg

今夜のナンバーワンを決める審査中。

キャ〜キャ〜っておバカにはしゃいでいるけれど、この子達み〜んなケンブリッジ大学の生徒なのよねぇ。。。メチャクチャ賢いのよねぇ。。。と思うと尊敬しちゃいます。(その脳みそ少しでいいから分けて欲しいわ。。。)

曲は80年代のヒットソングのオンパレード。なんで今更マイケルジャクソンやユーリズミックスなの???と思いつつも、そう言えば夏に行ったペンブルークのメイボールのディスコも80年代ばかりかけていたし、大学生対象ディスコはティーンエイジャーのそれとは趣味が違うのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1196280085889031.jpg

飲んで食べて踊って、すっかりクリスマス気分に浸った後、ディスコでもらった蛍光リストバンドをフェリックスのお土産に持って帰りました。

 

さぁて、現実に戻って明日の準備しなきゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー

←ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

 本日もご協力ありがとうございます。

Nov 07, 2007
ガイフォークスナイトと女王陛下

ガイフォークス・ナイト

 毎年クリスマス前の最大のイベントと言えば11月5日のガイフォークスナイト。

 

その歴史は今からさかのぼること400年。

時の王ジェームス一世の弾圧に不満を持っていたカトリック信者のグループが、国会議事堂を爆破する計画を企てたガン・パウダー・プロット(1605年)がその起源。

 

結局爆破計画は国王側に漏れてしまい、今で言うところのテロ計画は未然に防がれた。

主犯格ではなかったけれど、その計画の一員だったガイ・フォークス(Guy Fawks)の処刑を再現して、街中の人が集まり大きな焚き火をたいてガイフォークスの人形を燃やしたガイフォークスナイトは、プロテスタントのイングランドにとっては、国王と議会を爆破から未然に守れたお祝い、一方カトリック側にしてみれば計画は失敗し、仲間を焼かれた日。

同じ国でもカトリックVSプロテスタントという軋轢があった国ならではの歴史的背景だけれど、今では単なる「巨大焚き火(キャンプファイァー?)+花火大会=秋祭り」というにぎやかなお祭り騒ぎとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1194401099781490.jpg

 英国のお祭りファン フェアーに欠かせないのがこの手のライド。

 

 たった1日の為だけに集まったファンフェアが、アンニュイな秋の夕方を彩ります。

 

 ファンフェアーは午後6時スタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1194401836545301.jpg

 そして花火は予定通り7時半ピッタリから始まりました。

 

最近花火を恐がるフェリックスの為に、お祭り会場から戻って窓からの見物となりました。

 

花火はやっぱり日本の方が豪華で綺麗だわぁ。。。

 

噂によると、イギリスのどこかでは焚き火でガイフォークスの代わりに前首相夫人シェリー・ブレアの人形を燃やしたのだとか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1194402074233819.jpg

 

 そして日付は変わって翌日の今日は、女王陛下ご臨席の国会開催宣言の日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1194402192513877.jpg

 

 

 普段はタワー・オブ・ロンドンに保管されている女王陛下の王冠。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1194403190913052.jpg

 

 そして400年前のガンパウダープロットが再び起きないように。。。と今でも(セレモニーの一環として)女王陛下が到着される前に、国会議事堂の地下室の安全を確認をするのが、このYEOMEN(またの名をBEEFEATER〜ジンの名前にもなっています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1194402254053921.jpg

 そして女王陛下のご登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1194402349582598.jpg

内閣の作成した国会開催宣言文を読み上げるだけとは言え、女王陛下は、その影響力の大きさを感じます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1194402409087462.jpg

 

 セレモニーが終わり、馬車に乗って移動される女王陛下。

まるでおとぎ話のよう。

 

現代の儀式やお祭りが過去の歴史にリンクする2日間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←ブログランキング、クリック一回のご協力よろしくお願いします。

ロンドンのディスカバリー・ドッグまであと4日

 

Oct 27, 2007
ダックスフォード・インペリアル・ウォー・ミュージアム

1193440444054178.jpg

 

駐車場に何気なく駐車している見慣れない車。。。じゃなくて戦車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1193441031101518.jpg

 今日はケンブリッジから車で20分の所にある飛行機の博物館、Duxford Imperial War Museumにやって来ました。

 

本物の人間がこちらを見ているのかと思い、最初かなりビックリしたけれど、お人形だったのね。

第一次世界大戦で活躍した飛行機から、最近の飛行機に至るまで、色々な飛行機が展示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1193441197561055.jpg

これは今では幻になってしまったコンコルドのコックピット。

 

機械がギッシリ!かなり狭いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1193441258158978.jpg

こちらはコンコルドのキャビン。

 

新幹線よりずっと狭いし、天井も低いし、かなりの圧迫感があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1193441375571669.jpg

翼を折りたたんでコンパクトになる戦闘機。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1193441624079815.jpg

とにかく展示会場である広い格納庫は、どこをみても飛行機だらけ。。。

 

イギリス国内は学期の中間休暇のハーフタームホリデー中のためか、男の子を連れた家族連れや、孫の手を引いて見学しているお年寄り(休み中もフルタイムで働くお母さんの代わり?)など、平日の割には混雑していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1193441799210829.jpg

その他飛行機のみならず、戦車や、ミサイルを搭載した自動車など、イラクやアフガニスタンの現地ニュースリポートの画面から抜けだしたような物もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1193442029071546.jpg

鯨のしっぽみたいな旅客機の尾翼。

 

色々な飛行機を見学したけれど、尾翼はくじらのしっぽみたいだし、ミサイルはまぐろみたいだし、現代的な飛行機はイトマキエイや渡り鳥みたいだったり、モスラみたいな飛行機もいるし。。。

 

戦争の生々しい映像は苦手だけれど、飛行機自体はとても美しく、飛行機が生き物のように見えた午後でした。

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一回ポチッとクリックしてね

  ご協力ありがとうございます。

Oct 24, 2007
アップル・デー@ケンブリッジ大学植物園

Cambridge Botanic Garden

毎年この時期になるとイギリス各地で行われるアップル・デー。

 

地元農家で収穫されたりんごの展示即売をしています

ケンブリッジ大学の植物園でも、10月21日の日曜日に年に一度のアップル・デーがありました

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cambridge apple day

広い植物園の中に立つテントでは、見た事もないくらい沢山の種類のりんごが展示されています。

 

係りの人が色々な種類のりんごについて、丁寧に教えて下さいます。

日本のりんごに比べて英国のりんごはかなり小さめです。

一通り説明を聞いた後、

「ところで日本のりんごはかなり大きいけれど、日本人はあれを一人で一個まるごと食べるの?それとも切り分けて家族で食べるの?」

と逆に質問されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1193180194334042.jpg

 

試食コーナーでお気に入りの種類のりんごを見つけたので、早速お目当てのりんごを買いに展示即売コーナーのテントに向かったら長蛇の列。。。

 

列の長さにひるんだ私は、あきらめて帰ることに。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1193180229667827.jpg

 

イギリスの典型的なデザート、アップルクランブルも美味しいけれど、ルバーブ・クランブルも美味しいのよねぇ。。。などと考えながら歩いていると、ルバーブの畑を見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェリックス 秋

朝晩は家の前のこの広場も、真っ白い霜で覆われるほど寒くなってきたケンブリッジ。

 

お昼過ぎにようやく10度

前後まで上がるけれど、朝晩は2度前後の今日この頃。。。

秋というよりもう初冬のケンブリッジです。

さむっ。。。

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一回ポチっとクリックしてね

 ご協力ありがとうございます

Oct 21, 2007
犬芸?ドッグ・バンド! U。・ェ・。U

1192929216802784.jpg

ケンブリッジのシティーセンターに週末時々現れる「2わんず+1おじさん」のトリオバンド。

 

おじさん(おじいさん?)のオリジナルソングに合わせて、わんこ達があいの手を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192929319327558.jpg

何が合図なのかよく分からないけれど、「ここ!」という時にちゃんと打ち合わせどおり?「ワン!」とか「ウゥ、ワンワン!!」とか嬉しそうに歌います。

 

息もピッタリあっていて、とっても微笑ましい光景。

 

一度お話してみたいなぁ。。。と思うのは私だけ?

 

 

 

 

イギリスバーナー

←結局昨日の決勝戦でイングランドは南アフリカに負けてしまったけれど、お陰で花火がうるさくなくてフェリックスには幸いだった模様

一日一回クリックしてね!ご協力ありがとうございます。

 

 

Oct 17, 2007
ワールド・コンカー・チャンピオンシップ

2007 Conker championship

秋晴れの日曜日。

毎年10月第2日曜日にAshton(ケンブリッジから北西に車で1時間くらいの村)で開催されるワールド・コンカー・チャンピオンシップを見に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

World conker championship

小さな村に、一年で一日だけ国内外からコンカー競技参加者が集まり賑わいます。

 

もともとは1965年、村人の予定していた釣りの遠足が天候不順で中止になった時、せっかくパブに集まったのに暇をもてあますことになった村人が、村中におちているコンカーの実で遊び出したのがそもそもの始まり。

少しずつお金を出し合って賞品を出し、さらに残ったお金を視覚障害者の親戚のいる村人に寄付をしたことから、今でも競技参加のエントリーフィーは、視覚障害者施設に寄付せれています。

 

更に今では年々参加者がインターナショナルになり、ヨーロッパのみならず、カナダやオーストラリア、メキシコなどから優勝を狙って集まるコンカー遊びのオリンピック。

メインイベント会場では向こう正面に解説席と報道席まであります。(盆踊りのやぐら見たい。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

world conker championship

会場内では老若男女、みな真剣に勝負中。。。

 

世界大会だなんて、さも権威ある大会みたいですが、ようするに昔からある素朴な秋の子供のお遊びです。

 

でもちゃんと細かくルールが決まっていて、3回の攻撃毎に受け手攻め手を交代し、先に壊れた方が負け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192576085802718.jpg

 

先ほど攻撃していた左側の男性が、受け手になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192576370579324.jpg

 

 

 

こんな風にパキッと割れれば勝負は明らかですが、どちらも割れずに規定時間が過ぎた場合。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

conker judge

試合に立ち会っているジャッジの判定に従います。

 

(中央の黒いシャツの男性が審判)

 

会場内には、手前右下のおばさんのように、たくさんのコンカーを首から下げている人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

strings of conkersコンカーに穴を開けて紐を通した物で闘います。

 

この競技の主催者アシュトン・コンカー・クラブの規定の紐以外を使っていると失格です。もちろんコンカーの実を補強するような小細工も厳禁!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192576508866165.jpg

ジュニア会場では、孫 VS おじいちゃんの熱い戦いが始まったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

りす

 

 

 

こちらはリスさんの闘い???

 

競技は個人だけでなく集団参加もOKです。

 

みんな思い思いの仮装をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192578092009754.jpg

 

イケメン女子高生軍団の一人???

 

クリケットスティック片手に大きく足を開いて勇ましくポーズ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192578149442367.jpg

 

シスターの格好をしたグループもいました。

中にはひげ面男性のシスターも。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

conker  king

 

こちらは会場内をニコニコしながら視察しているコンカー・キング

 

手に持った職杖もコンカーずくし。。。職杖なのに、ビールホルダーまで付いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ashton thachedhouse

メインイベント会場前のかやぶき屋根のおうち。

 

普通一般のかやぶき屋根のおうちより大きくて立派。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

food stall

 

飲み物や食べ物の屋台も出ています。

 

こちらはオリーブ屋さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

witchmen dancers

 

 コンカー競技の会場外には、ウィッチ・メンというフォークダンスのグループが踊りを披露してくれています。

 

1600年頃から続いているフォークダンスのひとつ、モーリスダンス(Morris Dance)に対抗して、モーリスダンス+19世紀後半のMolly Dance+ストリートパーフォーマンスというコンセプトで生まれたのが、この21世紀向け黒版モリスダンス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

blackmolly dance

 

 

 白い衣装に白いハンカチを振って踊るモーリスダンスと正反対で、ダンサーの顔が判別付かないように顔を炭で塗り黒いサングラス。。。タトゥに鎖。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192578764728948.jpg

 

 観ていると、モーリスダンスより激しくて迫力があります。

 

スティックをバチバチ打ち鳴らしたり、飛んだりはねたり。。。

 足につけている鈴はモリスダンスと同じだけれど、ギザギザに裂かれたフロックコートとトップハットはかなりユニーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192578824693514.jpg

女人禁制のモーリスダンスと違い、1980年頃結成したこのウィッチメン(Witchmen)のグループは、女性のダンサーや女性の演奏者もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192578859034252.jpg

 

 微妙に恐がるフェリックス。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1192578897489131.jpg                                                       

 こちらのおばあさんは、Pig Dykeのダンスチームのメンバー。

 

彼らは黒白をモチーフカラーにしています。

 

 左手にモップ、右手にフェリックスのリードを持って静かにポーズを取ってくれたおばあさん、 チョッと不気味だけどKISSみたいで可愛い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192578998956609.jpg

 会場にはわんこも沢山遊びに来ていました。

 

フェリックスの後ろはフラットコーテッドリトリバーとラブのクロスブリード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192589163464548.jpg

会場の周りに広がる、アングリア地方ののどかな田園風景。

 

素朴な子供の遊びを、世界大会にまでして真剣に競技する大人の余裕を感じるユーモアのセンスと、

古い伝統のダンスを斬新に再生させて新しい伝統を創ろうとするダンスグループの元気な高齢者。。。

 

小さな村の秋祭りの中に、今のイギリスらしさを感じられた一日でした。

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一回ポチッとクリックしてね!

 応援ありがとうございます。感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Oct 12, 2007
サーカスがやって来た!

1192144566441292.jpg

週の初め頃からどこからともなく徐々にケンブリッジ市内中央のミッドサマーコモンに集結していたキャラバン。

いよいよ舞台となるサーカステントを設置完了した様子なので、フェリックスとお散歩がてらのぞきに行きました。

 

 ここはファンフェアー(移動遊園地)や11月のガイフォークスデーの花火大会など数々のイベントに利用される広場。

 

あら牛さん。。。こっちを見てる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192148160597277.jpg

柵ごしにサーカステントを撮っている一瞬、あれよあれよという間にズンズンと牛さん2頭がフェリックスに向かって近づいてきたぁ!

うわぁ、またぁ?。。。

他のわんこ達は平気で牛さんの周りでお散歩しているのに、どうしてフェリはいつも牛さんに興味を持たれるのかなぁ?

思わず後ずさりするフェリと私

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192148214177385.jpg

そそくさと牛さんに別れを告げ、早速テントの前まで来てみました。

 

テントの中からは、サーカス独特の音楽とドラムロールが聞こえてきます。

 

リハーサルをしているのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1192148776686638.jpg

と思ったら、今ちょうど初日の第一回公演が始まったところだったみたい。

 

でもお客さんなんてほとんどまだ誰も入ってないけど。。。

チケット売り場はあちらなの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンブリッジサーカス

 

なんだかこのテント、ダンボのサーカステントみたい

 

そう言えば子供の頃、ダンボは好きだったけれど、テントを組み立てる時のシーンがチョッと恐かったなぁ。

(でもディズニーランドのダンボのライドは、ほのぼのしていて見ているだけで幸せな気分。)

週末は子供達の笑い声が聞こえて来そうな、秋のミッドサマーコモンの風景でした。

 

 

 

 

イギリスバーナー

 ←一日一回ポチットクリックしてね!

 応援ありがとうございます。

Oct 01, 2007
ケンブリッジ・シティセンターでドッキリ!

1191160658118092.jpg

久々にシティセンターにやって来ました。

 

週末だから沢山の人がお買い物しています。

 

ベンチに座っていると、フェリックスを見て微笑みながら目の前を通過していく人達。

 

ケンブリッジは観光客の他に英国外からの研究者や学生などが訪れるので、色々な言葉が聞こえてきます。

ロシア語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、韓国語などの他に、聞いた事のないような言葉も。。。

ノルウェー、スウェーデン、ポーランド、エストニア、ブルガリア、イラン、サウジアラビア、etc。。。日本中心の地図で育った私には、彼らの国が地図上のどこにあるかも定かではません。。。(地理的常識が欠如しています。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1191160746999957.jpg

シティセンターの中心にあるライオンヤードショッピングセンター。

いつも目の前か下ばかり見て歩いていたから、こんな看板が付いていたとは気づきませんでした。

英国だから、ライオンはやっぱり赤なわけね。。。

ちなみにRed Lionってイギリスのパブの名前第二位だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1191160787281073.jpg

ラインヤードのTOPMANの前で立っていたら、ものすごく大きいわんちゃんが近づいてきた!

しかもノーリード!

飼い主さんが横に歩いているとはいえ、すごい迫力にフェリックスたじたじ。。。

見よ、この頭の大きさの違い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1191160823917429.jpg

 

フェリックスったら、あまりの緊張で固まって動けなくなっています

 

見てフェリお耳。。。

冷や汗ものです。

 

「デッ、デカイッ!デカ過ぎて怖い!でも足が固まって動けないよぉ。。。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1191160865984328.jpg

 

「こ、こんにちわ。。。クンクン。。。

一瞬あまりに大きいからポニーかと思ったど、君は馬じゃなくてボクと同じわんこだよね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1191160901315165.jpg

「ウァ〜ン、そんなに近づかないでぇ。。。フレンドリーなのは分かったけど、やっぱり怖いよぉ。。。」

 

完璧に迫力負けしております。。。

フェリックスが仔犬に見えるわぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1191160957740703.jpg

体は大きいけれど、とっても大人しくて優しいこのわんこは、グレートデンのマーフィー君。

 

黒ラブが好きで、黒ラブを見ると仲良しになりたくてつい近寄るんだって

 

フェリックスの2倍以上あるような大きな頭をナデナデしたら、仔犬のようなやわらかくてサラサラの毛でした。

 

買い物客も立ち止まり写メを撮ったり、あまりのサイズに我が目を疑うかのように振り返っている人も多々。

 

チョッとドッキリしたけれど、新しいお友達が増えた日曜の午後でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー

 ←クリックしてね!

お店にはハロウィンやクリスマスグッズが出回り始めました。日本はかぼちゃや栗などの季節限定お菓子が出回っているんだろうなぁ。。。お菓子買いに日本のコンビニ行きた〜い!

  

 

Sep 15, 2007
グリーンノウの家とお庭 The Monor

The Monor Hemingford Grey

 ルーシー・メアリー・ボストン(Lucy M.Boston)さんの小説「グリーンノウの子供達」("The Children of Green Knowe")をはじめとするグリーンノウシリーズの舞台となったおうちがここHemingford Greyというケンブリッジ郊外の町にあるThe Monor

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806138541025.jpg

 

グリーンノウのお家としてだけでなく、 オールドローズなど四季折々の美しいお庭が有名です。(アングリア地方のお庭ガイドにも名前が載るほど)

川沿いのフットパスに面した小さなゲートを開けて、早速お庭拝見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806183717043.jpg

 

 大人2ポンド。

子供無料。

 

フェリも子供だから無料でいいかな?

(ガーデンガイドブックにて犬連れOKの確認済み)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806217720410.jpg

家の正面から川方向への眺め 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806254595266.jpg

この 築900年の家は作者ルーシーさんの住まいでした。

ノーマン時代のこの古い家からインスピレーションを受けて、児童小説「グリーンノウの子供達」を書き始めたのは彼女が60歳の頃。

60歳で文壇デビューというやや遅めのスタートながら、その後次々とグリーンノウ・シリーズを書き上げ、”A Stranger at Green Knowe"は英国児童文学の最高峰カーネギーメダルを獲得しました。(受賞当時彼女は69歳。)

 

 

 

 ところでこの木、雪だるまみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806292822507.jpg

 

まるで春?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806331945830.jpg

 左の木が二匹のカエルの像に見えるのは私だけ?

それにしても不思議な木がいっぱいだなぁ。

「不思議の国のアリス」のハートのクイーンのお庭に迷い込んだ気分。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806377590261.jpg

 

 あっちに秘密のお庭があるんだって

よし行ってみよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806596412574.jpg

 

 どこを見ても素敵な眺め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806731625433.jpg

 

 

見事な りんごの木。

 

我が家のりんごは確か1個しかなっていなかったような。。。

(来月はイギリス各地でりんご祭りがあります。) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806786776561.jpg

 

木が両手でそっと日差しを遮ってくれているようなベンチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806838410718.jpg

 

橋のように横たわる巨木。

 

大蛇みたい

チョッと怖いぞ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189806915048435.jpg

1189806979969605.jpg

 

「秘密の庭」を辿って家の裏側に出た。 

わぁ、本の挿絵の通りだぁかなり感激

(挿絵はルーシーさんの息子さんが描いています。)

 

 

 

1189807052740636.jpg

 

 お庭には鶏が放し飼いになっていたり。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189807108624168.jpg

 

 養蜂の箱があったり。。。

 

そういえばお話の中で主人公のトリー少年は夕食にハチミツトーストを食べていた。読んでいたら私も食べたくなってトースト焼いてハチミツ塗って食べたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1189807159659023.jpg

以前ケンブリッジ大学の客員研究員としてケンブリッジにいらしていた「イギリスはおいしい」の作者林望さん(今は作家が本業)は、ケンブリッジ滞在中このThe Monorに下宿していたらしいです。

当時はルーシーさんご本人も住んでいらっしゃったようですが、現在はルーシーさんの息子さんご夫婦が住んでおられるようです。

 

お庭はいつでも見学可。

今日は予約していなかったので室内は拝見しませんでしたが、事前に予約すれば家の中も見学可。

 

ケンブリッジに来るまでグリーンノウ・シリーズを知らなかった私に、色々教えてくれたお友達に感謝

次は予約して室内も見学させていただこう!それまでに他の彼女の作品も読んでみようかな。。。

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←ポチッとクリックして頂けると嬉しいです。

 ご協力ありがとうございます

Aug 28, 2007
年に一度のボート・ショー 前半

ナローボートThe Inland Waterways Associationが主催する年に一度のボートショーにやって来ました。

 

今年の開催地はケンブリッジから車で20分ほどのSt.Ivesという街です。

 

 

街を流れるThe Great River Ouseに全国各地からボート族が終結しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269717203261.jpg

 

 年に一度のフェスティバルの主旨は、英国内にある水路の保存と改善の為のキャンペーン。

 

ボート好きの集まりなだけに、ボートの販売やその関連商品など面白そうな物がいっぱい

こちらはご存知ナローボート。

ケンブリッジやオックスフォードをはじめ、英国内の色々な川、水路をのんびり旅をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269752059936.jpg

 

2人用ナローボート。

薄型テレビも付いたリビングダイニング。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269791594281.jpg

 

 寝ぞうの悪い人だとちょっと苦しいサイズだけれど、きっと朝は水鳥達の鳴き声で目覚めるのかと思うと素敵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269827129966.jpg

 

 可愛らしいストーブもついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269900014202.jpg

 

こちらのナローボートはかなり大きい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269939277626.jpg

 

 このボートを見学して出てきた人達が、み〜んな感嘆の声を上げている。

え〜?そんなにすごいの?

ちょっと私も覗いて見よう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188269981005459.jpg

 

 わぁ〜広いキッチン

 

 我が家のキッチンより充実しているぅ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270036884442.jpg

 ひぇ〜我が家より広いお風呂

バスタブのみならずシャワールームも完備

 写真一枚にははいりきれないわ。。。

 

 

  

1188270089968237.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270129367402.jpg

 

 豪華なナローボートで気ままな旅をする夢をボーっと想像していると、何やら楽しげな音楽が。。。

カントリーダンスをしているグループ発見。

みんな楽しそう。日本ならさしずめ”お祭り会場を揃いの浴衣で踊るオバサン”ってかんじ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270168743142.jpg

  

グレートリバーウゥズを周遊するリバートリップには長蛇の列。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270242990619.jpg

 

 会場にはナローボートだけでなく、モーターボートの展示販売コーナーもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270295816584.jpg

 

 8月末になってやっと夏らしく暑くなった週末。

 

会場内のアイスクリーム屋さんも大繁盛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270342171845.jpg

 

 「僕だって暑いんだからぁ、一口分けてよっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270392670068.jpg

 

 こちらのコーナーではふくろうのショーをしています。

 

このふくろう、なんとハリーポッターの映画にご出演されたのだとか。

ハリーの白いふくろう役では無かったとは言え、立派な役者ふくろうさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270507145786.jpg

 

 家族全員が楽しめるように。。。と子供向けの移動遊園地のコーナーもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270644859684.jpg

 

 

 ここは子供向けアーチェリーコーナー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270735200739.jpg

 ちょっとテントの中で休憩タイム。

 

さっきから隣のおじさんが僕の事を「かわいい!かわいい!」って言ってなでてくれるんだ。

なんだか照れるなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270790266671.jpg

 

 あれ?これ何

あ〜、ナローボートの前に付いている鼻みたいなやつね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188270834472487.jpg

 

 カヌーやカヤックも売っています。

 

これなら貯金すれば買えるかなぁ。。。

 

フェリックスもライフジャケットを着て一緒に川遊びできたら楽しいのになぁ。。。

などと、フェリックスも私もお互い泳げなかった事をすっかり忘れて、ひたすら夢想モード。

 

 

 

 

 

イギリスブログ← 文字数制限の都合上、前半はこれにていったん終了。

後半に続きます。(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年に一度のボートショー 後半

1188271333634468.jpg

では後半ね

 

せっかくなので、古い石の橋を渡ってセントアイブスの街も散策してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271060680666.jpg

 

橋の途中には教会があります。

 

この時間は扉が閉まっている様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271247910098.jpg

 

 

 

橋の上からの眺め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271448668270.jpg

 

岸からの橋の眺め。

中央に教会が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271379691072.jpg

 

街のシンボルの一つでもある古い教会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271526758320.jpg

そして教会の前に立っているのはこの街の有名人、オリバー・クロムウェル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271617866969.jpg

 

こちゃこちゃと狭いところが一段と可愛らしい小道。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271730046239.jpg

 

会場の駐車場で見つけたハーレー。

 

「かっこいい

 

男っぽく、いかつい正面とサイドの表情を愛でて後ろに回ったら、なんとピンクのブタさんが乗っていました。

シートにはヘルメットが二つ。どんなライダーなのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1188271793276121.jpg

キラキラと夕日が水面に反射して綺麗

 

”子供も大人もボート好きもそうでない人も楽しめるお出かけイベント”という触れ込み通り、楽しい午後のお散歩となりました。

レンタルボートでいいから、自然の中でスローな旅をしたいなぁ。。。とぼんやり思った午後のひととき。

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー←後半まで読んで下さりありがとう

フェリックスの応援クリックよろしくお願い致します

 

 

 

 

 

Aug 21, 2007
女は度胸か愛嬌か?

1187644463827561.jpg

ケンブリッジ大学エマニュエル・コレッジで開催された近郊の陶芸作家による展示即売会。

「プレミアムナイトだからゆっくり見られるわよ」という友人の誘いだったけれど、なんのなんの大盛況で、お気に入りの器が取り合いになるほど。。。

でもここで面白いのが英国人女性の譲り合い。

「兄の誕生祝いに買おうと思ったのだけれど、でもあなたどうぞ!」

「いえいえ、友人がこのシリーズを集めているから買おうと思ったけれど、ぜひお兄様のプレゼントとしてあなたどうぞ!」

「いいえ、あなたこそ。。。」

「いいえ、是非あなたに買って欲しいわ!」

”No,no,no...."

"Oh!,no,no.Please..."

 「もう〜、じゃんけんで決めれば?」と言いたくなるくらいの激しい譲り合いで可笑しかったです。

 でも結局「そう?じゃぁ私が買わせていただくわ!」

と一人がレジに持って行った背中を見送りながら、「あ〜、やっぱり欲しかったなぁ。。。」とつぶやく後ろ姿

人間の品位や品格を尊重する英国女性の本音と建前やせ我慢?

 

 さて、かなり混雑してきた会場をウロウロしていると、ふと隣の女性と目が合った。あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187644339832689.jpg

見覚えのある顔。

そして胸に光り輝くレガリア。。。といえば、わぁ、ケンブリッジの新市長さんだぁ(写真右)

 

「市長さんですよね?」

と訪ねると

「ええ、こんにちわ!」

と気さくに手を差し伸べて握手をして下さいました。

なんでそんなに興奮しているのかってそれはここでピンと来た方はすでにご存知の事と思いますが、6月24日のブログ「ミッドサマーフェスティバル」にも書いたように、彼女は”ケンブリッジ初の女性市長で元男性”というユニークな経歴をお持ちだから。

ってことは、横のお方が噂の元男性のパートナー

「以前ブログに市長さんの事を書かせていただいたんですよお目にかかれて光栄です。カメラを持ってくればよかったなぁ・・・」

と言うと、

「あら、では携帯電話のカメラを使ってはいかが?」

とパートナーの方のご提案。

というわけで、ワインを片手に展示会を見学なさる市長さん&パートナーのお写真を撮らせていただいたわけです。

 

「あなたも一緒に撮りましょう!またブログに載せれば?」

とのお言葉についご一緒させて頂きましたが、それは恥ずかしいから載せられない。。。

 

”20年前に結婚して20歳と18歳のお子さんがいて、15年前に性転換手術を受けて、現在は同じく性転換手術を受けた元男性の女性と暮らしている”

これだけを取り上げるとかなり反発を感じる人が多いけれど、(一緒に行った友人も新市長を毛嫌い派)実際お目にかかってお話してみると、一つ一つの言葉にも態度にも、穏やかな人柄の良さがにじみ出ていて、優しくエレガントな雰囲気は私よりもず〜っと女性らしい

「なんて素敵な方

とあっという間にファンになってしまいました。

「市長さんと知り合いなの?なんで馴れ馴れしく会話してるわけ?」と怪訝そうな友人。

初対面でいきなり市長に話しかけるなんていい度胸ねぇと言われてしまったけれど、

やはりこれからは度胸より愛嬌だわ

市長さんみたいにエレガントな女性を目指そうっと

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←久しぶりにオーラの出ている人に接した気がしました。

 あんなお友達が欲しいなぁ。。。

ラング参加中、クリックしてね

 

 

Aug 10, 2007
クイーンズコレッジ ディナー

Mathmatical bridge

滞っていたブログ更新。忙しくしていた理由の一つはアングリア・ラスキン大学(ケンブリッジ市内にあるけれどケンブリッジ大学とは関係ない私立の大学)の3週間フルタイムコースに通っていたから

 

で、最終日の前日である9日にはケンブリッジ大学のクイーンズコレッジ オールドダイニングホールでのディナーの企画に参加しました。

 

クイーンズコレッジといえばやはりこれ、数学橋

いつもは遠くから眺めていた数学橋を渡ってオールドコートへ進みます。

思ったより角度が急な橋なので、ヒールをはいていた私はコケそうになってしまいました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Queen's college old court

 

500年の歴史を物語る落ち着いた雰囲気のオールドコート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187086699996969.jpg

 

ディナーの始まる8時まで、グラスを片手にお庭を散策。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187086785928511.jpg

 

「ハリーポッターのホグワーツのダイニングホールみたい!」

 

と隣に座っていたフランス人の女の子がうっとり室内を見渡しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187086838287810.jpg

 

 

 

私が気に入ったのは天井のエンジェル達。

 

てんてんお目目がチョッとユーモラス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187087530850938.jpg

 暖炉のタイルは、ウィリアムモリス率いるモーリス商会が手がけたのだそう。

"前期ラファエル派好き"にとっては興味津津

 

予算の関係上、”豪華なディナー”とはいかないまでも、美味しいチキンのメインとデザート三種盛り(ラズベリーのソルべ、プチシュークリーム、チョコレートムース)に大満足な晩でした。

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー

クリック一回、よろしくお願い致します

 

Jul 26, 2007
ケンブリッジ・シェイクスピア・フェスティバル

Cambridge Shakespear Fest

10時くらいまで明るいイギリスの夏の夜を楽しむには、パブの外のテーブルでリアルエールを楽しむのもいいですが、こんなイベントに参加するのも”イギリスらしさ”を堪能できるひとときです。

 

ケンブリッジ・シェイクスピア・フェスティバル。

今年で20回目を迎えます。

 

毎年7月中旬から8月中旬まで、ほぼ連日5箇所くらいのケンブリッジ大学のコレッジの庭で夜7時半〜10時までシェイクスピアの有名な劇を公演しています。

 

先日観たキングスコレッジでの『恋のから騒ぎ』”Much ado about nothing"が楽しかったので、今晩も同じく喜劇『じゃじゃ馬ならし』”The taming of the shrew"

を観に来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1185396478691629.jpg

今晩の公演場所はセントジョンズコレッジ(St.John's College)。

 

ヨハネによる福音のあのヨハネSt.Johnを象徴する鷲が目印の裏門をくぐると、広いコレッジガーデンの一部が舞台になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1185396506661593.jpg

屋外なのですべて自由席。

入場制限などありません。

 

椅子がいっぱいになったら、好きな場所にピクニックマットを広げて寝そべり、ワインを飲みながら観るのもOK!

時に小道具は観客から失敬。

劇の最中、役者さんが観客の飲んでいるワインをもらって飲みながらパーティシーンを演じたり、チョコレートをおねだりしたり。。。

 

開演30分前の午後7時。みなそれぞれワインやシャンペンを飲みながら、果物を食べたりサンドイッチをほおばったり。。。

唯一の大道具といえば、手前に見える大きな木とベンチのみ。幕もなければ、「ここまでが舞台」という仕切りもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1185396545654610.jpg

ヘッジで囲まれた庭の裏手が舞台袖の楽屋となります。

 

早代わりの為の衣装が木に吊り下げてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1185396676885802.jpg

日が傾き冷え込んできた途中休憩では、クリスマスシーズンに飲む暖かいスパイシー赤ワインMulled wine(一杯1ポンド)でホッとひといき。

 

”Kiss me Kate"のもととなった『じゃじゃ馬ならし』のストーリーは、現代の強くてたくまし〜いイギリス女性には、絶対通用しないなぁ。。。などと思いつつあっという間の2時間半でした。

(この写真はチョッとぶれちゃったけれど舞台終了直後。)

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←シェイクスピアフェスティバルは来週から出し物が変わります。なので次は『十二夜』と『真夏の夜の夢』を観に行こうと思います。。。さぁ、今から子供用の絵本シェイクスピア                 

           であらすじをチェック!!(原本は難しいので^_^;)

 

Jul 14, 2007
NewMarket July Courseで競馬初体験!

BBCケンブリッジから車で15分、競馬の街ニューマーケットで行われるRitz Club July FestivalLanson Ladies' Dayにやって来ました。

 

レースの中継のため、BBCチャンネル4のクルーも来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

1184375028860424.jpg

いざいざ競馬初体験

 

日本でもしたことないのに、いったいどうなることやら?。。。

 

今日のレースはシャンパンメーカーのLanson主催。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184375066673244.jpg

競馬といえば、ジャンパー姿のおじさん達が耳に赤ペンをはさんで競馬新聞片手に。。。(失礼!)というイメージがあったので、この華やいだ雰囲気にはビックリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184375100141738.jpg

 

 今日のドレスコードは、男性はジャケットとネクタイ。

女性はドレス(ワンピースなど)と帽子着用。

 

色とりどりの帽子とドレス姿の女性が会場をうめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184375165602417.jpg

  

会場内にはあちこちに報道関係者が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184375202202699.jpg

 

BBCも、チャンネル4も、リッツクラブも、それぞれ独自に「本日のベストドレッサー」を選んで取材したり、コンテストを開催しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184375245668127.jpg

こちらはチャンネル4のクルー。

 

10人ほどの女性を選んでインタビューし始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184375331909816.jpg

なんと、私達グループのお友達の一人がインタビューを受けました

 

がんぱれ〜

 

見ている私達も大盛り上がり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184375448908365.jpg

インタビューの後は、レース前の腹ごしらえ

 

会場内には立ち飲みのバーや、シーフードとシャンペン専門レストランなど、色々あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184375523385288.jpg

 

 

こちらのカフェではクラシックの演奏つき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184375778248887.jpg

  

このJuly Courseは最初だけコーナーがあり、後は全て直線コース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184375829184006.jpg

 

 いよいよ第一レースが始まります。

 

どうやって馬券を買ったらいいのかわからないので、とりあえずお友達が買った券の番号違いを買ってみることに。。。

掛け金は最低2ポンドなので、まずは2ポンドだけね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184375969319888.jpg

 

こちらは真剣に 作戦会議中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184376033474212.jpg

 第一レースは、1位と2位を当てるReverse toteexactaという馬券で負けました。

 

今度はちゃんとパドックで馬を見てじっくり考えて、馬券は1位を当てるtotewinを買ってみよう。。。もちろん、2ポンドだけね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

paddock2

 

 馬って可愛いなぁ。。。

とパドックを歩く美しい馬達を眺めていると、騎手が集まってきた。

 さすがに華奢な体。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

paddock3

 どの馬にしようかなぁ?。。。と悩んでいると、1頭の馬と目が合った。

「僕頑張るよ!」

と目で語りかけられた!?。。。ような気がした。

「よ〜し、君に決めたよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184376263912971.jpg

 

レースガイドで名前と番号を調べてBettingと書いてある馬券販売窓口へ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184376309822713.jpg

 

 レース直前。

スタート地点へ馬達が移動して行きます。

私のお馬さ〜ん、頑張れ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184376496208591.jpg

 

 結果は無残にも。。。

全然馬と会話出来てないじゃない。

第一第二第四レースと買ってみたけれど、全く当たりません。

ビギナーズラックという勝利の女神はいずこ???

 

レースは第七レースまであるけれど、そろそろ引き上げようと、出口へ移動。

 

ちょうど第4レースの1位の騎手がシャンペンを手渡されているところです。

 

8ポンドの負けだけど、初めての競馬というドキドキ感と、会場内には爽やかなシャンペンの香り漂うレディースデイを堪能して、大変楽しい一日でした。う〜ん、競馬の予想って難しい!

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ←クリック一回、よろしくお願い致します。

Jul 07, 2007
ラベンダーガーデン&ノーフォークの海岸

Lavender farm 1

 7月の英国はラベンダーの季節。

お散歩中もご近所のお庭のラベンダーが揺れています。

 

でも今日はもっと沢山のラベンダーを見ようと、ノーフォークにあるラベンダー・ファームに来ました。ケンブリッジからA10を経て北へ1時間半のドライブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavender & Felix

 

 

 このラベンダーファームには100種類近くのラベンダーが咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183760118450143.jpg

 

 

 

色も高さもそれぞれ違い、ピンクのラベンダーや薄紫、濃い紫と色々

 

希望者にはミニバスに乗って、ここから少し離れた畑と加工工場の見学ツアーもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavender & ladybird

 

 ラベンダー畑には綺麗なお花といい香りに誘われたハチさん、ちょうちょ、そしててんとう虫達が嬉しそうに飛びまわっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

lavender

子供の頃観た 「タイムトラベラー」、「時をかける少女」のキーワードは「ラベンダーの薫り」。

 

ヒロインはラベンダーの薫りを嗅ぐことで、時空を超えてまさに過去も未来も自由に旅をします。

 

そして私は今、ラベンダーの薫りに包まれて、13年前のこの季節にこの場所に来た日を思い出します。

 

私は当時もケンブリッジに住んでいて、初夏の6月に当時闘病中だった父を見舞う為に一時帰国したものの、その帰国中に父は亡くなり、慌しく葬儀や納骨を終えてケンブリッジに戻って来ました。

なんだか気が抜けて落ち込んでいた時、この場所にやって来てボーっとラベンダーの薫りに包まれて、お花を眺めながらティールームでお茶を飲んでいました。

「日本でのあの慌しく辛い数週間は、もしかして夢だったのでは?」・・・と思いながら。。。

 

ホントは時空は超えられないけれど、優しい眠りを誘うラベンダーの薫りは癒しの薫り。

疲れた心と体を穏やかに癒してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183760399823448.jpg

あれから13年。

まさか再びケンブリッジに住むことになり、更にはわんこを連れてまたここを訪ねる事になるとは思いもしませんでした。

 

はぁ、それいしてもいい薫り。。。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Norfolk Lavender farm

 

 

ノーフォーク・ラベンダーファームには、ティールームや御土産コーナー、ラベンダーその他のガーデニング用苗木コーナーがあります。 

 ちょうど今はラベンダーのハーベストシーズンなので、今日も大型バスで沢山の観光旅行客が団体で訪れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Norfolk Lavender farm2

  

今日はお天気もまずまずなので、ティールームの外にあるピクニックテーブルでお茶を頂きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェリックス ラベンダーファーム

 

 ママ達がお茶をしている間、おうちから持ってきたおやつとお水で僕もチョッとひとやすみ。。。

 

ねぇ、紅茶のミルクが残ったら、僕にも少しちょうだいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183760852294685.jpg

 

 

 ラベンダーのお花入りケーキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183760904632957.jpg

 

 

 メレンゲとレモンのタルト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183760937964720.jpg

 

 そしてラベンダーティー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Norfolk sea

 

視覚、嗅覚、味覚と色々な方面からラベンダーを堪能した後は、偶然見つけた近くの海岸をのぞいて見ることに。

 

かなりの遠浅な上に引き潮 なのか、砂浜には波すら打ち寄せていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183761046783028.jpg

久々の海

しかも波がないから、水嫌いの僕としてはとってもいい感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183761082232465.jpg

 

 

 と、フェリックス突然ダッシュ

 

人けのない海岸を猛スピードで走り出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183761111545634.jpg

 プライベートビーチ状態

 

 広い場所に来るとわんこも開放的な気分になるのかな

 

浜辺のボール遊びで大はしゃぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183761140816033.jpg

  

去年行った アルデバラの海岸と違い、波にボールをさらわれる心配がないから、ここでは強気な僕

 

 

ウへ、ぺッぺ

口の中が砂だらけだぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183761168786294.jpg

 

 

 

 

 

お水ちょうだ〜い

 

落ちてる海草をなめてみたら、口の中が変な味になったよぉ。。。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183761196366099.jpg

 

 風が強くなってきたみたい。

 

耳がパタパタ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1183761226367212.jpg

イーリーから続くグレート・リバー・オゥズ が、最後の旅を終えて流れ込むのがこの近くのキングス・リンの港町。

 

 予定外の砂浜のお散歩を堪能しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ

 ←先週のグラスゴー空港爆弾テロの犯人の一人は2年前までケンブリッジに住んでいたとかで、ケンブリッジのキングスコレッジチャペルも狙われていたかもしれないのだとか。

           チョッと背筋がヒヤリ。。。

 

Jun 24, 2007
ミッドサマー・フェアー 2007

メリーゴーランドかれこれ800年も続いているというケンブリッジのミッドサマーフェアー

その歴史を紐解けば、1211年のキングジョンから与えられた憲章にさかのぼる。

 

歴史の古さもさることながら、現在は単なるファンフェアーと化したミッドサマーフェアーなれど、その規模は他のファンフェアーを圧倒する最大級

 

なにしろ乗り物も巨大な物が多いし、フードもバラエティに富んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新市長

歴史的しきたりに基づき、今でもミッドサマーフェアーの開催宣言はケンブリッジ市長によってなされます。

古い因習を守って、開催宣言に集まった子供達にはコインを投げるのだとか。。。

最近就任した新市長Jonny Bailey市長自らライドをお楽しみのご様子が新聞にも載っておりました。写真中央の帽子を被っているのが市長。

新市長のビックリネタはまた後ほどにして、しばしフェリックスとぶらぶら見て回りましょう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッドサマーフェア メリーゴーランド

やっぱり遊園地といえばメリーゴーランド

子供の頃はもちろん、大人になっても舞踏会へ向かうお姫様気分でどっぷり自分の世界に浸れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182634758839084.jpg

こちらは球状の籠の中に入ってのバンジージャンプ。

ビヨ〜ン、ビヨ〜ンと何度も上下してなかなか止まりません。

私なら絶対中で気を失うか、涙でぐちゃぐちゃになっていそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182634946196951.jpg

これまたかなりの高さがあるライド。

 

今日は晴天かと思うと突然雷がなって豪雨が降ったり、とても不安定なお天気。

 

この状態で雷が来たら、高度+落雷の恐怖でさぞやスリリングかと。。。

(実際、この1時間後再び雷と豪雨がありました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182635019001223.jpg確かに先日のファンフェアーより大規模なライドが多いなぁ。。。

 

夏休みまでのカウントダウンに入ったティーンエイジャー達は、男女沢山のグループで遊びに来ています。

 

女の子軍団の多くはマイクロミニスカート&ピンヒールにヘソピアス

すれ違うだけで圧倒され、すごいパワーを感じます。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182635096094591.jpg

あっ、これこれ、市長さんが乗っていたDodgements

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182635154485112.jpg

お化け屋敷前の看板男フランケンシュタインとパチリ

 

フェリックスはやたら後ろを振り返り何度も見上げておりました。

チョッと怖かった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the mayoress

で、最後になったケンブリッジ新市長のビックリネタの件ですが。。。

 

この市長さんの驚きの経歴。

ケンブリッジ初めての女性市長。。。

なんだけど、かつては男性だった

かつて男性として結婚していた時に生まれた20歳と18歳の2人の息子を持ち、15年前に性転換手術を受けて女性として社会生活を送り、現在は別の女性と前妻との子供の一人とで3人暮らしという。。。

個人的には社会人として、市長として、きちんと社会に貢献していれば別にトランスジェンダを非難するつもりはありませんが、チョッと日本では考えられないような事実。

 

800年の歴史を重んじ中世の佇まいを今に残すケンブリッジも、かつて性転換したけど現在は女性と暮らす初の女性(?)市長を生み出すケンブリッジも、どちらも同じケンブリッジという不思議。

 

古くて新しい、コンサバティブでありながらリベラルな。。。

ケンブリッジの魅力は摩訶不思議。。。

 

(蛇足ながら現在この市長と暮らしている女性もかつて男性だった性転換した女性という噂。頭の中が整理できずぐちゃぐちゃ!新市長の右後ろには以前市庁舎訪問でお会いした前市長の姿!お懐かしや。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ←一日一クリックのご協力、

 どうぞよろしくお願い致します。

 

Jun 23, 2007
ペンブルク・コレッジ メイ・ボール

May Ball 1学年末試験も終わったサマーターム最後の大イベント、May Ball。

多くのコレッジが独自の趣向を凝らしてフォーマルパーティを開きます。

学生主催の学生の為のお楽しみ会。

タキシードやイブニングドレスに身を包み、普段とは見違えるほど紳士淑女になった学生達が、パーティーの開場を待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

may ball 2シャンペン・ボールと題した今回のPembroke CollegeのMay Ball。

 

翌朝5時過ぎまで続く長〜いパーティのスタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552009982184.jpg午後8時。

ディナーの準備が整った合図のゴーンというドラの音と共に、一同ゾロゾロとディナー会場のテントへ移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552083621889.jpg

サーモンのテリーヌ、フィレステーキ、クレーム・ビュルレ、チーズ各種、コーヒー、ミントチョコ、といかにもイギリスらしいディナーが終わる頃には既に日も暮れ、コレッジ内のあちこちのテントでは様々な催し物が始まっていました。

 

コレッジの建物は皆May Ball 独特の青、ピンク、グリーン、黄色などの照明に照らされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552107560415.jpg

学生の手描き垂れ幕。

 

日本の学祭みたい。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552135418629.jpg

こちらのテントではスコティッシュダンスをしています。

 

パンプスを脱ぎ捨てて裸足にロングドレスの女の子やキルト姿の男の子もチラホラ。

どんどん下がる外の気温とは裏腹に、テントの中はエンドレスに踊りまくる熱気で熱いくらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552226652298.jpg

フォトスポットのシャボン玉マシンの前ではしゃぐカップル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552261442154.jpg

こちらのコーナーではBouncing Castleが設営されています。

この他、クラシックやジャズのコンサート、ロックコンサート、クラブ系ダンス、コメディ、マジック、カジノ等など朝までアトラクションがいっぱい。食べ物もハンバーガーやピザからお寿司に至るまで、豊富な種類のお酒と食べ物に長蛇の列。

「パーティの最後を見届けたいと言うお友達にエールを送って、私は途中でリタイア。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552396006763.jpg

そして私が帰った後も頑張って残っていたお友達からの報告写真。

 

最後まで残った証しであるサバイバー・フォトの集合写真に写るために、翌朝5時過ぎそぞろ集まる学生達の姿。

蝶ネクタイもはずし、ちょっとやつれた感じのサバイバー

最後は我慢大会のようなパーティーだけど、皆様お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←クリック一回、よろしくお願い致します。

 ご協力、感謝いたしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jun 19, 2007
セント・ジョンズ・コレッジ チャペルコンサート

St John's college 1学年末試験が終了したこの時期のケンブリッジ大学の学生は、シビアなテストを乗り切ってホッとリラックスモード。

試験後の週はMay Weekと呼ばれ、各コレッジではチャペルコンサートやコレッジのお庭でシェークスピアの劇を上演したり、各種イベントが盛りだくさん。

最大の盛り上がりは有名なMay Ballというフォーマルパーティーですが、今晩はSt John's CollegeのMay Week Concertに行って来ました。

いつもはなかなか訪れる事のないSt John's College内のMerton Court。13世紀初めの建物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182209941836014.jpg

The Pythagoras Building

(ピタゴラスビルディング)

1200年頃の建物。

Merton Courtとこの建物のあるエリアは、400年以上前からSt John's Collegeの敷地であるにもかかわらず、つい最近(1959年)までOxford UniversityのMerton Collegeの所有物でした。(元々オックスフォード大学の学者の一部がケンブリッジに移ったという歴史的背景があるので)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182209985722399.jpg

セント・ジョンズのコレッジ内は、明日に控えたMay Ball の準備が着々と進んでいる様子。

 

普段ならフェロー以外は踏む事を許されない芝生がブルーのカーペットで覆われ、ネイティブアメリカンのテントのような物が設営されています。

 

きれいな青空ですが、ちなみに夜8時の空です。(今が一番日が長いからね。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182210036565859.jpg

New Court

 

セント・ジョンズの学生はこんな建物に住めるなんて、羨ましい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182210069369093.jpg

コンサートに出演するセント・ジョンズ・コレッジの少年合唱団(Choir boys)

 

まだあどけない顔の子供達です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St John's chapel

St John's College Chapel

 

今晩はここで.ーケストラ、男性合唱団、オルガン、ぞ年合唱団、ゥーケストラ+男性合唱団+女子ソプラノ +女子メゾソプラノ+少年合唱団のコンサートの5部編成です。

教会内の写真はコレッジのホームページから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182218805663329.jpg

見事な天井画と全面のステンドグラスから差仕込む優しい光りは、時間と共に色合いを変えて暮れていきます。

 

ステンドグラスに描かれた鮮やかな聖書の中のシーンを眺めつつ、少年達の天使の歌声を聞いていると、この世の煩雑さを忘れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182218861047124.jpg 

すばらしい音楽を身近で楽しめるのも、大学の街ケンブリッジならでは。。。

(学生のコンサートはタダOR格安)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182210097814591.jpg

コンサートの後、お庭でワイン、沢山の種類のカナッペ、ソーセージロール、デザートのエクレアとフルーツタルト各種などが振舞われました。

 

セントジョンスと言えばこれ、ため息橋(Bridge of sighs)の夜景。

夜10時半。ようやく暗くなって来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182210141785256.jpg

明日のMay Ball用の照明で照らされて、一段と美しいNew Court

 

昼の姿よりさらにエレガント。。。

 

本当に学生の居住+勉強空間とは思えません。。。

 

お隣のトリニティー・コレッジ(コレッジの中で一番裕福なコレッジ)は今晩がMay Ball。

10時45分から花火が上がるというので、みんなバックスの芝生の上に集まって豪華な打ち上げ花火を楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182210169646471.jpg

 

 

 

 

 
 
1182210198801637.jpg
 
 
ハリーポッターの音楽で始まった花火。
夏の花火大会と違い、すいていて真上に大きく見えて最高!
今晩の花火はトリニティのおごり。
三日月さえもロマンティックにまたたく初夏の宵でした。
 
 
1182210223653400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一クリックのご協力ありがとうございます。

 実は明後日、私もとあるMayBalに参加します!写真撮れるといいな!

Jun 15, 2007
ケンブリッジ大学ボートレース メイ・バンプス

start2007年のケンブリッジ大学 ボートレース”May Bumps"(May Races)の季節がやって来ました。

今年は6月13日〜16日の4日間。

 

180年以上の長い歴史を誇るボートレースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

May bumps cannon

アンティークなキャノン砲。

 

レース4分前、1分前、30秒前、スタート、と合図をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181773901432454.jpg

スタート直前の緊張の一瞬。

 

コックスがボートを岸につないでいた鎖をはずして手に持ち、岸から離れてスタートのドカンという合図を待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トゥパス

川沿いのトゥパス。

 

ボートがスタートすると同時に、各チームのコーチを乗せた自転車や応援の人も一斉に走り出し、狭いTowpathはさながら障害物競走状態 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181774508601073.jpg

女子第4ディビジョンのレースを観戦していると、突然失速しているボートが。。。

 

どうやら中央のクルーのブレードが問題の様子。

どんどんスピードが落ち、後ろから追い上げるボートがどんどん迫ってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181774561892584.jpg

結局ブレードがコントロールきかずもたついているうちに、後方から追っていた青いシャツのダーウィン・コレッジのボートが追いついてBump

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181774606945909.jpg

Bumpに成功したチームのクルーは、岸の緑をちぎって月桂冠のように髪に差します。

明日のスタート順位が一つ上がるので嬉しそう

偶然にもクルーの一人がお友達の元ハウスメイトと分かり、ビックリ

明日からのレースも頑張ってね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガートン

クルー全員、髪の毛の色をコレッジカラーの緑と赤に染めて、気合たっぷりのガートンコレッジ・チーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

last

冬のレント・バンプスと違い、雨、雪、強風がないので、観戦している人達はみなピクニック気分で楽しんでいます。

 

最終日の土曜日、もしお天気が良ければまた観戦に来ようっとはじけるしぶきと、まばゆい光に魅せられたから。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←クリック一回よろしくお願い致します。

 ご協力ありがとうございます。

Jun 14, 2007
オープンガーデン in Histon & Impington

garden1バラをはじめ、沢山の花々が美しさを競いあうこの季節、ガーデニング王国イギリスでは、各地で自慢のお庭を一般公開しています。

 

ケンブリッジ北部から車で5分、自転車で20分のインピントンとヒストンという村では、16軒の家がオープンガーデンをしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767076399056.jpg「今日はどちらからいらしたの?」

 

とお庭の美しさに感嘆している私に優しく声をかけてくれた老婦人。

 

「ケンブリッジです。素敵なお庭ですね」

と答えると、

 

「お花だけでなく、果樹や野菜も育てているの。新鮮で健康にいいのよ!」

との言葉に何気なく胸のシールを見るとGarden Ownerと書いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767230553943.jpg

1800年から続くこの敷地の一角には、ビクトリア時代の屠殺小屋もあります。

(このバラのつたう小屋は屠殺小屋ではありません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

garden2

2軒目のおうちは、個人のお庭とは思えないほど広い敷地。

 

こちらのお庭ではお茶も楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767412318141.jpg

お庭には高貴な雰囲気を漂わせる猫ちゃんもいました。

2匹いるのが見えるかな?

 

なぜかフェリックスが気になるらしく、ずっと後ろからついて来ています。

 

フェリックスは犬、牛のみならず、猫にもストーカーされるのね。。。何故でしょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767441763352.jpg

ここのお庭の特徴は二つ。

 

ひとつはこの巨大なLondon Plane。

 

木陰は涼しく吹く風が心地よいです。

 

木漏れ日の下うとうと。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767489157718.jpg

そしてもうひとつの特徴はこの湖。

 

自宅の庭に湖

 

かわいらしい小船がゆらゆら揺れています。

 

この湖はかつてSamuel Pepysのおじに当たるTalbot Pepysの館Impington Hallの一部だったとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767586705351.jpg

 

 

 

色とりどりのお花にうっとり。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

garden4

次のお庭は、かつてこの地域最大のジャム工場と果樹園だったChiver's一家の屋敷だったという家。

 

家の周囲を様々な種類のバラが取り囲んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181768113180446.jpg

迷路のようなお庭。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

garden4-2

 

自宅の庭を散策するだけで哲学者になれそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181768196898722.jpg

お庭でアジリティの自主トレができるなんて、なんて贅沢なわんこでしょう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181768287265160.jpg

こちらは自宅に風車のあるおうち。

 

このお庭ではPloughman's lunchとTeaも頂けます。

 

あまりの人気で私がたどり着いた時には既にランチは売り切れ

 

代わりにスコーンとキャロットケーキとミルクティを注文しました。

 

ランチを食べるよりカロリーが多くなったような。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181768395897327.jpg

どこからともなく近寄ってきた男の子。

 

家族と一緒にお茶をしていたのか、口の周りはチョコレートだらけ。。。

 

犬好きなのか、いきなり

なでなで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181768424537568.jpg

そして、

ハグハグ。。。

 

 

 

綺麗なお庭を堪能して、帰宅後自宅の庭の現実を見て、ふぅ。。。

ため息ひとつ

 

左の欄のマイフォトアルバムに14枚の花の写真を入れました。写真をクリックすると大きくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一クリックのご協力、よろしくお願い致します。

  ありがとうございます   

 

 

 

 

Jun 11, 2007
タウン&カントリーショー

steam engine1今年第一回目のケンブリッジ・タウン&カントリーショーが開催されました。

 

市長主催による新しいイベント。ケンブリッジ近郊のクラフトや食品販売、各種イベントが全てパーカーズ・ピースの広場に集結しました。

先日のストロベリーフェアと違い、ヒッピーも酔っ払いもいない(しかも夕方5時に終わる)健全な雰囲気!小さな子供のいる家族には最適のイベント

 

楽しそうなものが色々。。。何から見ようか?

まずは蒸気機関車の前でパチリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523518783631.jpg

すご〜い

展示だけでなく、乗せて動かしてくれるんだぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523541369800.jpg

こんな可愛らしい機関車も走っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Medieval craftman1

中世の村を再現したようなテントを発見

 

こちらは鍛冶屋さん。

 

大きなふいごで空気を送り、鉄を真っ赤に熱して叩いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523703029521.jpg

なにやらゴソゴソ袋から出しているのは弓矢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

knight1

こちらのお方は中世の騎士とお見うけします。

 

どうやらこれから出陣の身支度をされるご様子。

 

興味深く横で見ていると、

「チョッと持ってみる?はい!」

といきなり胸の部分の甲冑を手渡され。。。

「おっ、おも〜、持てない。。。」

11ストーン(約70kg)もあるのだそう。

 

こんな重いものを着てよく騎馬戦できるなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523829427276.jpg

 

まずは足から。。。

ひとつひとつのパーツを皮ひもで結んで身に着けていきます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523859445613.jpg

騎士が鎧兜を身に着けるデモンストレーションの間、当時の騎士がいかに戦い、いかに死と隣り合わせであったかをナレーションしてくれます。

 

彼の左胸に付いているのはThe House of Yorkの白バラでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523885074421.jpg

着る方も着せる方も汗だくです。

 

着付け担当の男性のメガネの、耳にかける部分が紐になっているこだわりよう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523914800729.jpg時間もかかるし、着るだけで水分も消耗してしまいます。

 

ヘルメットをかぶる直前に、水かエールを飲んで脱水症状にならないようにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

knight6

デモンストレーションの後は撮影タイム

 

これだけ頑丈に身を固めていても、足の後ろ(動くために後ろは硬いプロテクトが無いので)を切られると、さしもの騎士も地面に倒れてしまう。

地面に倒れる=動けない=死

という過酷な運命。。。

 

でも戦い方としては、武士の一騎打ち同様、ハイテク兵器を使う現代のそれよりも、優雅で人間味がある気がする。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

medieval instruments

 

血なまぐさい歴史の後は優雅な中世の楽器の展示をしているテントを覗きます。

 

 

バイオリンとアコーデオンを足して2で割ったような不思議な形の楽器を発見。

下の取っ手をくるくる回しながらキーボードを叩くと、ノスタルジックな音色を奏でます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181524160648306.jpg

楽器の説明をしてくださったおじいさん。

 

傘や杖の取っ手のような形の笛も吹いてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181524198845904.jpg

フェリックスは中世のテントでリラックス。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

candles maker

キャンドル作りの職人さんもいました。

 

熱湯で湯煎したワックスの中につける事20回。右のボードに印をつけて数えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

herb

当時はお金持ちのためだけだったハーブ屋さん。

 

お得意様である領主や貴族の為にポプリを作ったり色々調合します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

falconry

「うちの犬は私が中世の衣装を着ると吼えるのよ!」

と話しかけてきたお姉さんとパチリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

falconry1

鷹のショー。

「おいで!」

と呼ばれたら、トコトコ地面を歩いて来る姿がかわいらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Punch & Judy

人形劇の定番といえば、パンチ&ジュディ。

元祖パペットマペット

 

大人も子供もベタなネタで大騒ぎ。。。

 

「みんなパンチはどこ〜?」

「後ろ〜」

「え〜?いないじゃなぁい」そこを後ろから殴られて

「イタタ!」

みたいなお約束ギャグです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181525804620400.jpg

お話の内容は赤ちゃんをソーセージにしちゃう。。。というかなりグロテスクなお話でびっくり。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the sheep show

 

 

 

こちらは羊のショー。

 

全部違う種類の羊が舞台に上がり、曲と共に左右に揺れながら踊ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181525954782154.jpg

羊のダンスの後は羊刈りのデモンストレーション。

 

羊は仰向けにされた途端おとなしくなるのだそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181526002332545.jpg

すっきりきれいに刈られたウール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181526042397776.jpg

羊のショーのお次はシープドッグのショー。

 

羊飼いの指示に従いながら、上手に羊たちを誘導します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181526080102403.jpg

飲食屋台やクラフト販売のテントなどの他に、ファンフェア(移動遊園地)の乗り物も沢山ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181526121003730.jpg

沢山のわんこに会って遊んだり、色んな人になでられた一日でした。

 

あ〜よく遊んだ来年もまたあるといいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一回クリックのご協力ありがとうございます。

 とてもとても感謝しています。

 

Jun 08, 2007
犬連れボート・セイリング

sailing16月にしては肌寒い曇り空の下ですが、「犬と一緒に舟遊びをしよう!」ということで、今日はお友達のモーターボートに乗って川を下りながらピクニックに行くことになりました。

 

まずは本日一緒に行くお友達わんこエリーちゃんを迎えに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218493306618.jpgこちらが本日乗船するボートDabchick号

(ダブチック=カイツブリ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218563577455.jpgこちらはブログ2度目の登場エリーちゃん(3歳) 初登場は2月1日「ラブなのに」

別名 トビウオ・エリー

 

驚異のお鼻と抜群の泳力を持つイングリッシュスプリンガースパニエルのおきゃんな女の子。

 

水鳥を見つけると、冷たい水もなんのその、弾丸のように飛び込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218802977103.jpg

で、こちらが本日の船長さん。

キャプテン・エルフ

 

本日の同乗者はみな○年前のお嬢様方←みのもんた?

 

英国の年配女性はみな元気溌剌で勇ましいです。

 

行動力ある彼女達はとても頼もしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218644382995.jpg

サンドイッチに果物、ケーキやワイン、ウィスキーまで積み込んで、いざ出航

 

イーリーのカッターインの前のマリーナから出発して、今日はThe River Ouseをケンブリッジと反対方向へ進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218714523907.jpg

午後から晴れるという予報は当たりそうもないけれど、しっかり防寒してさぁ出発。

 

フェリックスは船尾で風に吹かれております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218872630436.jpg

いつもは岸辺から眺めている鳥達の姿だけれど、こうして川の中から彼らと同じ流れの中で見る景色は、今までとはひと味違ってとても新鮮です。

 

キャプテンはバードウォッチングが趣味なので、双眼鏡で飛ぶ鳥や遠くの鳥の名前を教えてくれるけれど、ちっとも覚えられない私。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218943823838.jpg

あっ、これなら知ってる

 

あひる

 

お風呂の中のおもちゃみたい。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219014456925.jpg

船上でくつろぐエリー嬢。

 

川面を渡る風が気持ちいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219150455836.jpg

一方こちらは船室の窓から景色を楽しむフェリックス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219292244510.jpg

キッチンには、おままごとのようなガスレンジがついています。

 

早速お湯を沸かしてフルーツケーキを切って、熱々ミルクティで第一回目のティータイム。

 

寒い屋外では熱い紅茶が一番!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219365181255.jpg

水路の標識。

 

分かれ道、どっちに行こう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219413368666.jpg

目の前に広がる湿地帯は水鳥達のサンクチュアリー。

 

エリーちゃん、狩猟犬の血が騒ぎます

 

お願いだから、飛び込まないでね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219466827834.jpg

「エリーちゃん、何をそんなに熱心に見ているのぉ?」

 

「・・・」

 

「ねぇ、ねぇ、何が見えるのぉ?」

 

弾丸娘エリーちゃんと臆病者フェリックス、全然性格が違うけれど、仲良く並んで船旅を満喫しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219566777463.jpg

リトルポートの村にやって来ました。

 

ナローボートやモーターボートで訪れる人の為に、岸辺には看板が立っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219653646659.jpg

ここらでちょっと一休み。

 

上陸してピクニック・ランチに致しましょう。

 

対岸にはナローボートが停泊しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219979396508.jpg

「すみませ〜ん、サンドイッチのおかわりとデザートのチェリー下さいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181220101316960.jpgお腹いっぱいになったところで、エリーちゃんとフェリックスはそのまま陸に上がり食後のお散歩を楽しみました。

 

「じゃぁ、30分後に合流ね

ということで、ボートは先へ進み私達は川沿いに土手をテクテクテク。。。。

 

ところが合流地点で待っていても、いっこうに姿を現さないダブチック号

どうしちゃったのかなぁこんなところに取り残されても、イーリーまで歩いて戻るなんて遠いし。。。

ポケットの中のチョコレートをエリーちゃんの飼い主さんと分けて、心細く待つこと一時間弱。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181220168384860.jpg

やっとボートが戻ってきました。

 

どうやら途中でエンジンが突然ストップして、全くかからなくなってしまったらしく、立ち往生していたのだとか。

たまたま通りかかった親切なボートに助けてもらい、原因である水草茂る場所から無事脱出できたそう。

 

あ〜良かったぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181220229116063.jpg

私達の不安をなんとなく感じとっていたエリーちゃんとフェリックスも、ボートに戻るとホッとした様子。

安心したら、なんだか眠たくなってきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181220287717937.jpg

ちょっとしたハプニングも冒険には良いスパイス

 

結局最後までお日様は顔を出さなかったけれど、フェリックスにとっては初めての舟遊び、とても楽しい一日でした。

 

でも臆病者のビビリ・フェリックスは桟橋とボートの間の溝が怖くて、乗り降りの度に腰が引けて「ヒィ〜ン、ヒィ〜ン」って鳴いてなかなかジャンプできませんでした。

結局乗り降りの度にみんなにお尻を持ち上げてもらって乗り込んで、エリーちゃんや見ている人に笑われた!、というお話は内緒。。。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←寒くてお天気が悪くても、全く気にせずアウトドアを楽しめるようになって来たから、そろそろイギリス気質を身に付けたかな?

           クリックよろしくお願い致します。

 

 

Jun 03, 2007
ストロベリー・フェア

Strawbbery fair 1初夏らしい穏やかなお天気に恵まれた週末。

普段ならひと気のない家の前の道がにわかに騒がしく、なにやら皆同じ方向へ歩いていきます。

家族連れも、カップルも、わんこもみんな足早に向かう先は?。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861569204210.jpg

タウンの中心にある広場のひとつミッドサマーコモンで開催されているストロベリーフェア。

 

いちごの食べ放題を連想しそうですが、毎年6月最初の週末に開催される地元のお祭りのひとつ。

のろしのようにモクモク上がるBBQの煙も見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861593496600.jpg

先日ここで行われていた移動遊園地Fun Fairの時は家族連れかティーンエイジャーばかりだったけれど、ストロベリーフェアーはまさに老若男女が集まり、人人人。。。

一番の違いはタトゥーをいれているおじさん、お兄さん達の多さ

ストロベリーフェアーという名前は可愛いけれど、チョッとイメージが違うような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861615465660.jpg

唯一見つけたストロベリーはこのテントの上でした。

 

でもイチゴの即売所ではなく、ハンバーガー、チキン、フライドポテト販売のテント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861668248870.jpg

BBQやタイ料理、中華、ケバブなどの食べ物の販売だけでなく、いくつかのテントではライブも楽しめます。

 

こちらは英国版はなわ?

ギターをかき鳴らして思いのたけを叫んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861694610356.jpg

こちらのステージではおやじバンドのライブ。

 

みんな草の上に寝転びながらピクニック気分。

サンドイッチをほお張り飲み物を飲み、一部の”困ったチャン”はタバコ以外のものをパフパフ吸って。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861719847112.jpg

聞いているだけでは飽き足らないオーディエンスは踊りだし。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861745706059.jpg

動物たちも楽しげ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861773855330.jpg

雨が降ったらどうするんだろう?

とひとごとながら心配になったぬいぐるみやさん。

 

たぶん、何が降ってこようと、このまま店を続けるのだろうけど。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861642652964.jpg

ヒッピーみたいな格好をしている大人も見かけたけれど、フェアリーの格好をしている若い子たちも見かけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861821078665.jpg

きれいな布のお店

アフリカ、ジャマイカ、インド、

カリビアン、などなどエスニックなお店も沢山ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861856682654.jpg

フェアリー姿の女の子が着ていたような羽のかざりやドレスのお店。

仮装専門店?

熱心に品定めをするおじさん。

娘さんへのプレゼントであることを祈ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861895057436.jpg

5ポンド均一の帽子屋さん。

 

可愛い帽子から、Silly hat

まで豊富な品揃え。

Mad Hatter?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861953456492.jpg

どれか一つ欲しくなったのでチョッと物色中。。。

フェリ、どれがいいと思う?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861981610948.jpg

子供連れも多いけれど、わんこ連れも沢山います。

 

酔っ払った飼い主に存在を忘れられたのか?

迷子ならぬ迷い犬も続出。。。

 

このわんこはハァハァいいながらあてもなくさ迷っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180862006150211.jpg

 

というか、フェリックスを気に入ったのかフェリックスの後をストーカーのようにずっとついて来ます。

 

私がレゲーの流れるジャマイカンのお店をのぞいている間も、半径1メートル以内にはかならずポチが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180862295249791.jpg

セキュリティスタッフを見つけたので、「迷い犬ポチがついて来てしまうので帰れないんだけど、ポチを預かってくれますか?」と相談しても、ははは!ほっとけば?と一笑。

困ったなぁ。。。

わっ!セキュリティーのおじさんの頭にもタトゥー

髪の毛伸びたら見えなくなるから、お手入れ大変でしょうねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180862155792021.jpg

何度もポチをまく作戦に失敗したものの、なんとかポチが他のわんこに気を取られている隙にフェアーを脱出!

 

会場の横を流れるケム川のほとりにも沢山の人が初夏の日差しを楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180862203150070.jpg

で、本日の戦利品は。。。

 

刺繍が可愛くて買ったカラフルパーカー。

 

モデルさんのものではなく、私用。念のため。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180862230984452.jpg

これはモデルさんも共用できそうな、Silly Hat

 

動くと小さな鈴が鳴って、気分はJolly Joker

 

 

「昔のストロベリーフェアーはもっと和気藹々と歌も踊りももっとおとなしくて、ローカルの手作りクラフトやチャリティーストアが店を出す、のどかなフェアーだったのに。。。今ではドラッグや酔っ払いの問題やゴミ問題で近隣住人は迷惑よ!」

とGood old daysを懐かしんでお嘆きの方もおられますが、なかなかライブリーなフェアーで楽しい一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←毎度ご協力ありがとうございます。

 クリック一回、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

Jun 02, 2007
ケンブリッジ大学セントジョンズコレッジ

1180565987484351.jpgケンブリッジ大学のコレッジの中でもトリニティコレッジについで大所帯のコレッジであるセントジョンズコレッジの見学ツアーに参加しました。

 

もともと13世紀初頭からこの地にあったセントジョンズ・ホスピタルの敷地にコレッジを創ろうとしたのがジョン・フィッシャー(Bishop John Fisher)

彼はヘンリー7世の母親であるレイディ・マーガレット・ビューフォート(The Lady Margaret Beaufort)の友人だったので、彼女にコレッジ創設を薦め、1509年に亡くなった彼女の死後2年経った1511年にようやく正式にコレッジとして認められました。

 

つまりセント・ジョンズ・コレッジの名の由来はその土地にあった病院の名前。

 

このセント・ジョンズ・コレッジのメインゲイトタワーを見ると、その歴史が分かります。

 昔はこのタワーの一番上の部屋に、大切な書類や貴重品を保管していたのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

1180566121714893.jpg

上部の彫像はセント・ジョンズSt.John the Evangelist)

日本語で言うところの「聖書の福音書を書いた聖ヨハネ」イエス・キリストに洗礼を授けたイエスの従兄弟の洗者ヨハネとは別

その下に見えるのがコレッジの紋章

想像上の生き物2匹のYalesに守られたレイディ・マーガレットの紋章です。

左上の赤いバラはビューフォート家のシンボルであるランカスターの赤いバラ。右上の引き上げ式門はレディ・マーガレットの子孫がチューダー朝で多々使用したシンボル。

周囲の白い花はレイディ・マーガレットを表すマーガレットの花模様。

青紫の小さな花は勿忘草Forget me not。これはコレッジのモットー(フランス語のDo not forget)からのイメージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180697760597755.jpg聖ヨハネの像をアップにすると、足元に鷲がいて、左手にはミサでぶどう酒を入れるカリス(聖餐杯)を持っており、その杯から蛇が這い出ているのが分かります。

ワシはSt.John

のシンボルであることと、杯から蛇が這い出ているのは、St.John(聖ヨハネ)がぶどう酒の中に毒を盛られたが、その毒を蛇の姿に変えて杯から追い出して毒に犯されることなくぶどう酒を飲んだという逸話に基づいており、この像がSt.John the Evangelist(福音の聖ヨハネ)であることを表現しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180565864456672.jpg

メインゲートをくぐると右手にあるのがチャペル。

 

本来ならコレッジの偉い人(フェロー以上)しか足を踏み入れてはいけない芝生の上を歩かせて頂き、みな大興奮

 

芝生の上には最初にあった13世紀の病院や教会の土台の石が残っています。

芝生の中から見上げたコレッジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St.John's ギャラリーダイニング

 

Second courtのギャラリーと呼ばれるコンビネーションルーム。

フェロー達のダイニングとして使用されます。

特別な夜には壁とテーブルの上の銀の燭台にろうそくがともされ、幻想的なディナーを楽しめるのだそう。←説明してくださったコレッジのフェローは、ウットリしながらそうおっしゃっていました。先生ロマンチストなのね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m1180514732029350.jpg

ギャラリーにあった金庫。

持ち去ろうにも重過ぎて動かせない金庫。

しかも3つの錠にはそれぞれ違う鍵が付いており、コレッジの偉い人3人別々に保管しているため、この金庫を開けるにはその3人が同時に居合わせなければ開錠できないという仕組み。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブラリーの鍵

不気味ともいえる笑いを浮かべ、チョッと見ホラー映画のキャラクターみたいなおじさんですが、彼の持っているこの大きな古い鍵で重厚な扉を開けると、そこは立派なライブラリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブラリー

羊皮紙や牛皮紙に書かれた古い本、

2センチしかない小さな本、60センチくらいある大きなラテン語の歌本、等など。。。古い本の匂いに包まれただけで、チョット知恵を授かったような気分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Library Oriental Window

ライブラリーにあるステンドグラスの出窓。

 

以前パンティングをした際、川から見上げていた美しい窓。

思ったとおり繊細な光りが、しーんとしたライブラリーに優しく差し込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fisher cresta

ある建物についていた創設者フィッシャー(John Fisher)のマーク。

右に見えるのが魚Fish。

Fish here

→Fisher

のダジャレらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Master's lodge chair

あちらこちら見学をした後は、コレッジのマスター夫人によるお茶会。

 

マスターズロッジのあちこちに何気なく置かれている調度品は、どれも重厚感あるアンティークばかり。

 

椅子のクッションにもコレッジのマークを発見。

 

マスター夫人のお茶会だから、もしかして美味しいアフタヌーンティが頂けるの?と期待していたのだけれど、お菓子は市販のビスケットでチョッと残念。。。

とは言え”すばらしいお部屋での楽しい会話が何よりのおもてなし”という感じが、まさにイギリス的だなぁ。。。と感じた午後でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←今週はパソコンにバカにされているのか、言うことを聞いてもらえなかったから久々のブログだわぁ!

本日もクリック一回、よろしくお願い致します。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

May 25, 2007
ケンブリッジ・ビアフェスティバル

Beer Festival 1第34回ケンブリッジ・ビアフェスティバルが開催されています。

場所はジーザスグリーン。5月21日月曜日〜26日土曜日まで。

 

初日は夕方から、火曜日から金曜日までは11時〜3時、5時〜10時半の二部構成。最終日土曜は11時〜10時半です。11時〜3時の時間帯は入場料(£2.50)は無料。

みんな自転車や徒歩で集まってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180046427170523.jpg

これが今回のプログラムの表紙。

 

今年は007のイメージ

 

地元ケンブリッジ近郊のブりュアリーからは30種くらい、その他カンブリアやケルトなどから170種類にものぼる多種多様のリアル・エールを飲み比べられます。

60種類以上に及ぶサイダーや外国産ビール、ワインなどなど、まさにビール祭り!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180046606870524.jpg入り口でビール用グラス(1パイント)かワイングラスを買います。(£2.50)

毎年違うデザインなので、コレクションする人もいますが、持ち帰らずにカウンターに戻せば返金してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180046792995446.jpg最初のテントの中にはビールに関するグッズやコーヒー、チーズ、おつまみを売っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180049333774804.jpg

チーズを少し買ってみました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おつまみ

 

こちらはおつまみコーナー

 

ガーリック&チリオリーブ、酢漬けのゆで卵とか、はとの燻製とか。。。

 

私としてはビールには揚げ物が合うとおもうから、ここに串揚げとか春巻きとかフライドチキンがあったらいいのになぁ。。。と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180049406680680.jpg

 

いよいよ会場に入ると、ものすごい量のCask(樽)がずらりと並んでいます。

壁際は全て樽です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180049520941869.jpgずら〜っと並んだバーカウンターで、飲んでみたいビールを注文します。

 

カウンターの中で働いているのはボランティアのビール愛好家達です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180049626847333.jpg

 

 

 カウンター内のボランティアにビールをおごってもいいことになっているけれど、もう既に飲んでいるわぁ。。。

 

そもそも売り物のビールを自由に飲んでいる時点で、ボランティアではないような。。。ちゃんと報酬として飲んでいるような。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180049700460225.jpgこちらはサイダーのコーナー。

 

サイダー(Cider)はリンゴや梨から作るアルコール度数がやや高い飲み物。

他の国に比べてイギリスでは人気があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180049758973721.jpg

 

 

 

 

サイダーの樽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180049819697770.jpg

 

 

 

 テント内にちゃんとパブを再現している所もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180049925254318.jpg

 

 

 

 

 

 

 モダンな造りのカウンターの中でも、やっぱり飲んでるボランティアさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180050020795253.jpg

 

 

 飲み物と食べ物を持って外のテーブルで食べました。

今日はいいお天気。

日中は25度まで上がる夏日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180050183079535.jpg

 

 

 テーブルやいすが空いていなければ、みんな草の上に座りピクニック状態!

気持ちいい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180050548362847.jpg

 

 Cotswold SpringのOlde English Roseというビールをハーフパイント買いました。

 

お友達と分け合ったチーズ。

今までヤギのチーズは苦手だったけど、今日は食べられました。

はとの燻製も柔らかくておいしかったし。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180050655184773.jpg

 

お酒は弱いけれど、グラスが使いたくて、家でもベルギー産ホワイトビールのHoegardenを入れてみました。

 

飲んでも酔わない、アルコールに強い体質なら、沢山のビールやワインをもっと堪能できるのになぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←日本から着たの?サッポロ、アサヒ、キリン知ってるよ!

と気さくなおじさんに出会いました。

今日もクリック一回よろしくお願い致します。

 

Apr 30, 2007
Elyの川辺 憩いの風景

Ely Cathedral

イーリーといえばイーリー大聖堂

 

ケンブリッジから車で25分、電車でも一駅のELY。

歴史は古く、日本の大化の改新の頃(7世紀中ごろ)、アングロサクソンの教会、修道院がこの地に建てられたのが始まり。

以来デーン人の侵略、ベネディクト会(ローマンカトリック)による再建、更にヘンリー8世による修道院解体による破壊などなど、建築、破壊、再建の歴史を繰り返して現在の姿になりました。

 

左にLady's Chapelの見える正面からのこの眺めはガイドブックにも紹介されます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ely canon

Ely Cathedral正面広場にある大砲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1177888510996482.jpg

イーリー大聖堂内にはステンドグラスミュージアムもあります。

 

外見のみらず教会内も美しいです。

 

中の装飾の素晴らしさは別の機会にするとして、今日は大聖堂の裏に広がる地元の人々の憩いの場へ行きたいと思います。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1177888548488776.jpg

大聖堂正面の道路The Garrelyを駅に向かって南に歩きます。

 

振り返れば大聖堂の南側面を眺めることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

King's Ely school gate

The Gallery沿いの建物は教会附属の学校King's School Ely

ケンブリッジ同様に有名な合唱団King's School Ely Choir boysもこの敷地内の寮で生活しています。

しばらく塀のように建物が続く途中、アーチ型ゲートがあります。

このアーチをくぐって大聖堂+King's Schoolの敷地内を歩きます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ely Cathedral backs

King's Schoolの図書館や食堂を過ぎて歩けば、大聖堂の後姿を眺めることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1177889108253773.jpg

日中の気温は20度くらい。

初夏のような強い日差しを避けるように、木陰で午後のお昼寝をする牛達。

風もあるし、湿度も少ないので、日陰にいると涼しいくらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1177889148302638.jpg

トトロのお話に出てきそうな緑のトンネルで、チョッとひとやすみ。。。U。・ェ・。U

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ely うなぎモザイクタイル

King's schoolの敷地を抜けて Broad Streetを渡るとJubilee Gardenがあります。

 

このジュビリーガーデンは、

2005/2006 East Cambridgeshire Green Flag Awardを受賞した公園。

 

Elyという街の名の由来でもあるeel(うなぎ)のモザイクタイルのアートとか、小さなおこちゃま用の遊具とかがあり、緑豊かな広場は地元の家族連れで賑わっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1177889239470791.jpg

これもウナギなの

 

 

アートというか。。。

ちょっと怖い。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1177889503610089.jpg

Jubilee Gardenの突き当たりはThe River Great Ouse

 

アングリア地方をゆったりと流れるこの川は、英国内で4番目に長い川。

 

 

川沿いの木陰のベンチで、上り下りの船の行き来を眺めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1177889543634041.jpgお散歩しているわんこも沢山。

 

 

今日はゴールデン、ラブラドール、フラットなどのリトリバー系が多かったです。

あとセッターとかジャックラッセルなども。。。

英国ではGun dog系が人気があるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1177889590982415.jpg

川沿いのパブのテラスでくつろぐゴールデンリトリバーの女の子。

 

テラス下の道にわんこが通ると、鼻を突き出して挨拶します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1177889642682674.jpg

個人所有のボートの間を観光用周遊クルーズ船も

走っています。

 

カラッと晴れた空の下、川面を渡る風に吹かれて、ボ〜っと川を眺めていた午後でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー

←1クリックのご協力、ありがとうございます 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mar 26, 2007
動物のあかちゃん Wimpole Hall & Farm

Winpole hall lamb & sheep

生まれて間もない赤ちゃん羊。

まだへその緒がついています。

よろよろ立ち上がったものの、まだ足がふらついて歩けません。

 

今週は我が家に日本からのお客様がお泊り

 

狭い部屋に押し込めていて申し訳ないので、一週間観光にお供させて頂きます。

初日の今日は市内から車で15分のナショナルトラストWimpole Hall & Farm

お屋敷見学とその敷地内のファームでこの春生まれた動物の赤ちゃんを見に来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870458346175.jpg

 

こちらは大人の羊達。

 

みんなリラックスしている様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870517374620.jpg

 

 間寛平のギャグのように、

「かいぃの〜

ってひたすら壁にわき腹をこすりつけています。

 

目を細めちゃって。。。気持ちいいのかな?。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870572626800.jpg

 

 「私のかわいい赤ちゃんいいこ、いいこ

 

っていうお母さん羊の声が聞こえてきそう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870631466691.jpg

 

 双子の赤ちゃん。

 

ヨチヨチしながらも仲良く遊んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870694243808.jpg

 

 赤ちゃん達のミルクタイム。

 

平和な光景は、見ているだけで幸せな気分になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1174870780390774.jpg

 

今日見た赤ちゃんで、一番キュートだったベイビーラム

 

真っ白いお顔に黒くてつぶらな瞳、ピンクのお口とお鼻・・・

かわいい〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←このバーナーの部分をクリック

ご協力くださると嬉しいです。

 

Mar 25, 2007
サマータイム

1174790982635383.jpg

真夜中に消えた一時間

 

返して〜私の一時間。。。

などと騒がなくても、冬時間になる時にまた夜中にこっそり戻ってきてくれるんだけどね(*^^)v

 

今日から夏時間になります。

日本との時差は9時間から8時間に変更になります。

 

3月25日日曜日午前1時に時計を一時間進めましょう

って、日本人向け情報誌に書いてありました。

 

さっきまで夜中の2時だったのに、いきなり午前3時になってしまって、のんびり出待ちしていた幽霊だって慌ててしまいそう

 

先ほど北陸で地震があったというウェブニュースを見ました。心配です。

海外にいると時差の関係でうっかり大事件を知るのにタイムラグが生じるのが困りものです。

 

写真は先日訪れたトリニティコレッジの時計台です。

Trinity College Clock Tower

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一クリックしていただけると嬉しいです。

 他の海外ブログもお楽しみください。

 

Mar 21, 2007
ケンブリッジのコレッジ巡り

Trinity the great gate

パントに乗って川からコレッジを眺めた後は、歩いてコレッジ巡りをしました。

昼までの曇り空は一転し、午後は快晴

気持ちよい午後のひとときでした。

 

トリニティーコレッジのグレイト・ゲート内側

 

外側にはトリニティの創設者ヘンリー8世の像がありますが、内側にはジェイムス1世を真ん中に左右その妻と子チャールズ(後のチャールズ1世)の像があります。

これは門が建てられてから100年後ジェームス一家がコレッジを訪問した記念に設置されたもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trinity fountain

トリニティー・コレッジに入ってすぐに目につくのが、このグレイト・コート中央にあるゴシック噴水

1610年頃建てられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wren Library

Wren Library

 

ロンドンのセントポール大聖堂を設計したことで有名な建築家クリストファー・レン設計によるトリニティコレッジの図書館。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St.John's chapae

セントジョーンズ・コレッジのチャペル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St.John's chapel 2

St.John's College Chapel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New court

St.John's College

New Court

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New court wedding cake

 

セントジョーンズ・コレッジ ニューコート

ウエディング・ケーキと呼ばれるキューポラも見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 from kithchen bridge

セント・ジョーンズコレッジ キッチン・ブリッジから眺める

ため息橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

view from Kitchen bridgeこれから夏に向けて観光シーズンは沢山のパントで込み合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

view from bridge of sighs

ため息橋からの眺め

 

コレッジ関係者でないと渡ってはいけない橋だったらしいのに、他の観光客に続いて渡ってしまい、この写真の直後ポーターさんに叱られました。。。

知らなかったとは言えごめんなさい

  

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナークリック

 よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mar 19, 2007
パントで楽しむケンブリッジ観光

パンティングロンドン在住の友人が遊びに来ました。

もうすぐ日本へ帰国するので、その前にケンブリッジ観光をしたいとのこと!

私もお供させて頂きます

まずはケンブリッジ大学の学生によるケム川パンティング・ガイドツアーへ

ではでは、しばし川から眺める美しいコレッジ群をお楽しみください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Queen's backsQueen's Collegeの水仙を眺めながらパント(竿で進む舟)はゆっくりと漕ぎ出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mathematical Bridge

Queen's CollegeMathematical Bridge(数学橋)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

King's backs

King's Collegeのチャペル

 

ゴシック建築の美しいチャペル。

ケンブリッジのイメージキャラクター的存在

 

クリスマスイヴの聖歌隊ライブは世界中に放送されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Clare bridgeClare Bridge

 

クレアコレッジの橋。

設計者がその支払われた代金に不満を持ち、欄干にある球状の飾りをわざと欠けて作ったといういわくつき。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trinity Wren library

川から眺めるTrinity Collegeの Wren Library

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trinity Bridge

Trinity Bridge

 

トリニティコレッジのマークが刻まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Trinity南から眺めるSt.John's College New Court

 

トリニティ側の川から眺めるこの辺りの景色は、ケンブリッジの絵葉書にもなる美しいスポット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St.Jon's Kitchen Bridge

 

St.John's CollegeのKitchen Bridge

 

左手(西側)はSt.John'sのNew Court

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New Court of St,John's

St.John's CollegeのNew Court

 

ファッショナブルでロマンチックなゴシック調と表現される建物の上にはウエディングケーキと呼ばれるキューポラがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

StJohn's College Arms

Kitchen Bridgeに刻まれているのはSt.John's CollegeのGreat Gateと同じマーク

 

想像上の動物Yeles(象のシッポ+アンテロープの体+ヤギの頭+くるくる回る角を持つ動物)がコレッジ創設者Lady Margaret Beaufortの紋章

を支えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bridge of Sighs

Bridge of Sighs

 

こちらもよく絵葉書に使用される「ため息橋」

 

ビクトリア女王をして「なんともかわいらしく、絵のように美しい橋」と言わしめた橋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Oriental window of librar

St.John's Collegeの図書館

1624の数字が見えます。

ステンドグラスの出窓が素敵

The Oriel windows

of the library

この先のThe Cripps Building前で方向転換し戻ります。

お天気もまずまずの週末なので、観光客が自分でこいでいる舟も多く、思うように回転できずに立ち往生する舟や、斜めになって衝突する船が続出

ガイドのお兄さんが竿の使い方や方向転換の仕方を伝授する場面も。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bridge of Sighs way back

込み合う場所をすりぬけて、再び川上へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

flood lebel

 

先ほどは気づかなかったけれど、洪水の時の水位を記録した線が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

willow

帰路はコレッジだけでなく、川の周囲の景色も楽しみます。

 

大きな柳も芽吹き、まるで花火のよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

daffodil

 

川から眺める土手の水仙。

最初のQueen's Collegeに近づいてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mathematical Bridge back

 

 

再び数学橋もくぐり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Silver Bridge

出発点Silver Bridgeもくぐり・・・

 

その昔、橋の通行料は銀で支払われていたためこの名がついたのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The end of the trip

45分間のガイドツアー終了。

 

チョッと風が冷たかったけれど、舟に備え付けのひざ掛けをかけて、のんびり「パントで行くケム川コレッジ巡り」を堪能しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー← 一日一クリックして頂けると嬉しいです

   よろしくお願い致します

 

Mar 11, 2007
馬の町ニューマーケット

New Market 1本日は馬の町ニューマーケットにやって来ました。

ケンブリッジから車で15分。

周囲をヒースの丘に囲まれた、中世から英国の馬産業で栄えた町です。

 

 

17世紀初頭、狩好きだった当時のイングランド王ジェイムス一世は、この土地を猟の拠点として利用。

その後その孫にあたるチャールズ二世が競馬を楽しむための場所としてこの地を多く訪ねるようになってから、以来競馬、馬具、サラブレッドの繁殖、英国ジョッキー組合の中心、ジョッキー養成学校、と馬に関係するものは全て整うような町として発展してきました。

チャールズ二世は馬も好きだけれど無類の女性好きでもあり、沢山の彼女の中でもお気に入りの女性の為にこの地に小さいながらも宮殿を建ててあげたり(現在トラベルインフォメーションセンター)、1683年弟のジェイムス二世とニューマーケットの競馬の帰り、命からがら暗殺計画をかいくぐった・・・という記録もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173621999668240.jpg

町の中心を走るハイストリートの東詰めにある時計台。

 

ビクトリア女王ジュビリーメモリアル時計台(The Queen Victoria Jubilee Memorial Clock Tower)

 

誇らしげに建っているけれど、現在は交通渋滞の原因を生んでいるとして不評だとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622024142956.jpg

 本日のガイドさん。

今年73歳の往年のジョッキー。

かつて500勝した経験の中でも、15歳で最初に乗ったグレイの馬が思い出に残り、いまでもグレイ色の馬が大好きなのだとか。 

 

大きな双眼鏡を手に、ヒースの丘を疾走する馬達や有名トレイナーについて説明紹介してくれました。

 

馬たちは、午前6時半ころから厩舎からこのヒースの丘に

やってきて、朝のトレーニングをします。

草原をかける馬の姿は美しい!の一言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New Market 5

ジョッキー養成学校を訪問しました。

 

ここでは14歳から16歳までの少年少女が未来のジョッキー目指して訓練しています。 

  騎乗の生徒のヘルメットの中にはイヤホンが付いていて、横を走る車の中からコーチが姿勢等の注意点をマイクで指示してトレーニングします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622115213666.jpg

 勝たない限りレースジョッキーは収入が少ない・・・と誤解されがちだけれど、実は高収入だし、人材不足なので就職にはまったく困らない。ただ問題なのは最近の子供は成長が良すぎてからだが大きすぎ、体重制限に引っかかるのだとか。

ちなみに入学の体重制限は9ストーン約57

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622137086113.jpg

 

次は厩舎を 訪ねました。

 

サラブレッドたちはセリで購入され2歳になると競走馬としてのトレーニングを開始します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

1173622182534121.jpg

  

 毎日大きなボールいっぱいのビタミン+にんにく入り干草を10杯。

その他オーストラリア製の特製はちみつ、リンゴ酢サイダー、日本製グルコサミン、にんじん、栄養補強用フード(コロコロ)などを与えるのだそう。

 

いい馬を育てるにはお金がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New Market 10

 

 

 さすが元ジョッキー。

馬とのコミュニケーションはごく自然。

「どう、元気にしてる?」

との問いかけに、

お馬さんもちゃんと答えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622294148674.jpg

 厩舎の次はチャールズ二世の宮殿跡へ。

 

建物の中はiになっているので、地図や本、おみやげ物が買えます。

 

 

せっかく建ててもらった宮殿でも、女性の方は馬に興味がなかったようで、王がなくなった後売却してしまいます。

ビクトリア時代には捨て去られていた建物を、20世紀初頭にロスチャイルド家が個人的に家として大幅に改装。

そのため今では17世紀当時の面影も薄くなってしまったものの、1990年代以降は再度歴史的建造物として復元しようという努力がなされているのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622317465467.jpg

 

 

 

数少なく残る17世紀当時の窓枠。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622353088354.jpg

 

 

 ハイストリートにある17世紀から続くパブ

The Bullにて地元名物ニューマーケットソーセージ&マッシュポテトのパブランチを食べて元気を取り戻したら、いよいよこの春生まれたばかりの仔馬たちに会いにナショナルスタッドへ。(国営サラブレッド生産牧場)

 

広大な敷地内にはいたるところにお母さんと赤ちゃんの馬が。

 

かわいいっ〜 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New Market 15

どの親子もぴったり寄り添い、見ているだけで幸せな気分になってきます。 

 

 お母さんが動けば仔馬も動き、仔馬が歩けばお母さんも歩き・・・

まさにお馬の親子は仲良しこよし、いつでも一緒にポックリポックリ歩くぅ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622433433982.jpg

 

 

 

種馬登場

 

トレーニングからのご帰還です。

 

「はい、そこ!馬が通ります!道をあけて!どいてどいて邪魔邪魔!」

とあくまでも馬が一番優先されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622456475427.jpg

 

 

たくましくも美しいその姿

 

輝く毛並み、全く無駄のない筋肉

 

見事です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622494628218.jpg

 それぞれの窓には血統図が掲げてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622523617209.jpg

 

 

 

 

何かご用

ふ〜っ

 

中を覗き込んでいたらいきなり鼻が 

 おっと、レンズが曇ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622545819554.jpg

 

 

  人懐こい仔馬は、なでてもらおうとして柵の近くまでやってきます。

 

とってもやわらかくて暖かい毛並み。動物の赤ちゃんって、どうしてこんなにかわいいのでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

New Market 20

  

警戒心の欠片もなく安心して寝転ぶ仔馬

 

やわらかな春の日差しに包まれて、のどかな午後の風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622621839362.jpg

 午後のお散歩を楽しんだ後、厩舎にもどる親子 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622644521703.jpg

  こちらは、もうすぐお母さんになる仲良しコンビ。

 

仲がよいのはいいけれど、なぜか絶対他のメス馬を寄せ付けないのだとか

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622668626736.jpg

ここは馬の診療所。

 

ただいま縫合手術中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173622271531978.jpg

 

馬に関する知識は皆無ながらも、かわいい仔馬や競走馬の美しさに魅せられた一日でした 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一ポチ、よろしくお願い致します

 ご協力ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mar 06, 2007
ケンブリッジ・レント・バンプス総集編

Lent Bumps 総集編ケンブリッジ大学(+アングリア)コレッジ対抗レントバンプス総集編

 

数々の素敵なドラマを見せてくれました。

 

観戦中は寒かったけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173135650173461.jpg

 

弾けるしぶき

 

観ているこちらも力が入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173135727469127.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius Vs Trinity 1

 

レース2日目

 

トップは6連覇を狙うCaius(キーズ奥のペパーミント色)Trinityが迫ります。

 

王者の意地をかけてCaiusこの大きなコーナーを逃げ切れるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius VS Trinity 2

コーナーを曲がりいよいよドラマが!

 

うわぁっ

 

もうぶつかるぅ

 

(逃げるCaius右、追い上げるTrinity左)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius VS Trinity 3 Bump

 

あぁ、ついにBump

 

 

これでトップの順位が入れ替わりました。

この日以降Trinityは首位を守り抜き・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173135770460122.jpg

 

  

いよいよ最終日最後のレース

大勢の応援団の視線の先には・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1173135804342805.jpg

 

 

熱烈応援団が自転車や伴走しながら激を飛ばし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the Head of the River

 

 

ゴール

 

 

今年のthe Head of the RiverTrinityとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

side by side

 

しかも女子のトップチームも優勝し、男女ともにthe Head of the River

の栄光に輝いたのでした

パチパチパチ

 

優勝した男女Head shipが旗を掲げてSide by Side

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合後優勝できなかったチームでも、

「俺達よくやったよ」・・・とクルー同士で握手したり、

「頑張った俺達のチームにThree Cheers Hip Hip Hurray

そして対岸につけている優勝チームに対して

”Three Cheers for Trinity Hip Hip Hurray”

と輝く笑顔を見せてくれて、とても爽やかな気分になりました

 

さぁ、あと2週間でLent Termの期末試験が始まるはず。

今度はこの根性で勉学に励むんだろうなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←クリックして頂けると嬉しいです

 他のイギリスブログも覗けます

 

 

 

 

 

 

 

 

Mar 03, 2007
Magdalen College見学

Magdalen College armMagdalen College(モードリンコレッジと読みます)の見学に来ました。

 

 どうしてもライオンの顔が人面に見えちゃうのは私だけ?・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

Magdalen College 2

 

 

本日のメインはTHE PEPYS LIBRARY(ピープス図書館)を見学すること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Magdalen College house

 

 

 

 コレッジの中の建物。

学部生はここに住み、ここで先生から個人指導で学ぶ、生活の拠点です。

 Magdalen Collegeは1428年に当時ケンブリッジ大学に学びに来ていたベネディクト会士たちの為の施設として創立された後、何度かの拡張を繰り返し

て現在の姿となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

3

  

 ピープス図書館入り口

 

 Samuel Pepys(1633−1703)

 

Magdalenの卒業生にして海軍大臣やロイヤルアカデミー会長を務め、当時まだ高価だった本を3000冊も集めた。

 

また都合悪い部分は暗号で書かれていたという個人の日記浮気日記)が有名。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

Bookcase

 

  ピープスが家具職人に作らせたオリジナル本棚。

まだ当時はBookcase(本棚)という言葉すらなかった。

  

 下のケースは鍵を開けてガラスを↑に引っ張る。

 

オーク材に贅沢な彫刻や飾りが施されている。

 

全ての本はタイトルや種類別でなく、大きさにこだわって整理されている。

 この本棚が全部で12。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

4

 PEPYSもかなりの本の虫だけど、説明して下さった図書館員のDr Luckettも本について語りだしたらノ〜ンストップ

先生もかなりのbook wormとお見受けしました。

 

あっという間の2時間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水仙

せっかくなのでフェローガーデンもお散歩することに。

 

お庭には水仙。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

灯篭

 

 

 

 

 

 壁際にはハンギングバスケットではなく、なんともオリエンタルな灯篭がさげてあります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Magdalen chapel door

 

 

 

 チャペルの扉

美しい模様の彫刻がみごと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Magdalen Chapel

 

 

 

 チャペル内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Magdalen Boatclub

 

 

 

 

 Magdalen Collegeのボート部の掲示板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Boat Club2

 

 

 コレッジ入り口のポーターズロッジには  今年のBumpsのポスターが貼ってある。

 

ところで写真中央の人、どうしちゃったんでしょう 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

6

本日4日目のBumpsの結果はいかに?

 

明日の土曜日が5日目で最終日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←クリック一回

 よろしくお願い致します。

 

Mar 01, 2007
Cambridge Lent Bumps

Lent Bump1Lent Bumpsの会場にきています。

 

ケンブリッジ大学の各コレッジ+市内のAnglia Ruskin Universityのボート部によるレースです。

(6月中旬にはMay Bumpsがあります)

 

本日2日め

かなりの強風 

こぎ手には向かい風となり、厳しいコンディションです。

ただいま男子のゴール待ちの為、女子のボートは待機中のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作戦会議

 

こちらは何やら作戦会議中でしょうか

 

「何撮ってんだよぉ

って怖い顔で見ないでください!別に怪しいものじゃありません。ただその下半身に巻いている保温シートの勇ましいお姿が珍しかっただけ。。。

ただの観光客とその犬ですから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男子ゴール

おっ!男子のボートがやって来ました。

 

 

Catch Catchの掛け声も枯れてガラガラです。 

 どこのコレッジか不明だけど、お疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋の上

 

コースの中間地点へ移動してみましょう

 

フェリ、耳が風であおられてめくれてるよぉ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius 1いよいよ女子のボートが続々とスタート地点に移動していきます。

 

あっ!Gonville and Caius College(ゴンビル&キーズ)のクルーだ(手前)

先日コレッジ見学+マスター夫人のお茶会に参加したから、今日はキーズを応援しようと思っていたんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すれ違い

同じコレッジの男子と女子のボートがすれ違ったのか、お互いヒューヒューって大声で叫んでいます。

 

青春だなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーナー

 

レースコースのほぼ中間のDitton Corner

 

この大きなコーナーを過ぎるとゴールまでほぼ直線です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上空からのコース

 

上空から見たコース写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーナー2

 

このあたりで観戦しよう

 

フェリ耳寒そうだね〜

すっとパタパタしているよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳めくれちゃいます1Caius(キーズ)は今年も強いのかな?

マスター夫人が、「男子は5年連続優勝しているのよ!女子も強いの!ほほほ」

って銀の優勝プレートを見せてくれたっけ。

(優勝チームのことをHead of the Riverっていうらしい。)

 

っていうか、フェリ〜耳がず〜〜っと、はためいてるけど大丈夫?

両方めくれてるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耳めくれちゃいます2

 

 

 

あ〜もう風強すぎて目も開けてられないよぉ〜

 

耳閉じて目開けたいのにぃこれじゃぁ逆じゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius2

なんて言っている間にさっきのキーズ女子クルーのレースが始まってる

 

別に関係者じゃないけれど、お茶をご馳走になったよしみで、ここは応援致しましょう

がんばれ〜

 

さっきまでフェリックスをなでてお話していた去年のCaiusボート部のお姉さんやお兄さん達が突如

 

”Come on Caius

”Come on Caius

 

と叫びだしました。

ボートの横を大声で応援しながら自転車で走っている人たちもいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caius3

 

 

 

果たして今年の結果はいかに

後日ウェブで確かめることと致しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ画像

 

Gonville and Caius mark

Gonville and Caius Collegeのマーク。

 

医学や物理に秀でたコレッジで、グリーン関数のグリーンや神経細胞ニューロンの発見者や、現在も活躍中の宇宙論のホーキング博士が所属しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Gate

ゴンビル&キーズと言えば3つのゲートが有名ですが、その一つ、Gate of Honour

卒業式にこの扉をくぐり名誉を授かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Gonville & Caius

 

 

 

コレッジの建物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Silver

 

 

 

そしてこれがご自慢の優勝記念

 

今年はどのコレッジの手に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日ワンクリックよろしくお願い致します。

  他の国からのブログもお楽しみください。

Feb 18, 2007
地上34メートルからの眺め

Great St.Mary's 1ケンブリッジの真ん中、Market Hillにある教会Great St.Mary's

 

歴史は古く、少なくとも1205年の記載にその存在が残っていることから、800年以上前から(ケンブリッジに大学が出来る前から) このマーケットの前に建っています。

 

写真左側のタワーの中が螺旋階段になっています。

今日はこの階段をのぼって、教会の塔頂上を目指します。

 

よ〜く見ると途中に小さな窓があるのだけれど、見えるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's Door

 

 

 

 

 

では早速扉を開けて中に入ります。

 

魅力的な重厚で古い扉!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 2

 

 

教会の中

 

 

外観の素朴さからは想像できないほど鮮やかなステンドグラス。

 

彫刻の美しい木製の長椅子は16世紀のもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 3

 

 

いよいよ階段をのぼります。

 

閉所恐怖症の私でものぼれるかなぁ・・・

 

 

上を見上げるとこんなかんじ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 4

 

 

 

下を見るとこんなかんじ。

 

 

 

階段の幅が狭いので足を踏み外しそう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 5 Bells

 

  

途中にある鐘は16世紀初頭の物。

 

画面左に上向きの鐘があります。

 4つあるはずなんだけど、暗くてよく見えません・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's plateこれも階段の途中の壁に埋め込まれているプレート

1607年(?)なんて読むのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 6 window

 

 

 

そとから見えたタワー途中の小さな窓。

 

この窓のお陰で螺旋階段に光りが差し込み、閉所恐怖症としては少しホッとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 7

 

 

 

やっと頂上に到着!

 

扉を出るとパッと視界が開けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's South

 

地上114フィート(約34メートル)からのパノラマ。

 

 

King's College

 

King's paradeの歩行者も見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's West

 

西側の景色

 

正面手前がThe Old School

その向こうの茶色っぽい建物が

Trinity Hall

 

さらに中央一番奥が

University Library

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's North

 

北側の眺め

 

 

手前がGonville and Caius College

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great StMary's East

 

 

 

 

 

東側

 市庁舎

The Guildhall

 

 工事中のジョン・ルイス(ロバートセール)も見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ1

 

 

おまけ1

南側の建物の中庭

なんとなくかわいらしい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ2 St.John's

 

 

 

 

 

 おまけ2

 

北側遠くのSt,John's

College

にズーム・イン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ3 Gonvil & Caius

 

 

おまけ3

 

 

Gonville and Caius College

 

the Gate of Virture

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ4 Market place

おまけ4

 

マーケットプレイスの色とりどりの屋根。

 

人々の声とざわめきが聞こえてきます。

 

  

馬鹿と煙はなんとやら・・・でもたまに高いところに上り、思いっきり深呼吸すると、階下では味わえない開放感が味わえて楽しかったです。はぁスッキリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日1クリックしていただけると嬉しいです。

 ご協力ありがとうございます。

Jan 26, 2007
ケンブリッジ市庁舎見学(市長とコーヒーモーニング?)

guildhall

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

University of Cambridge New Commers & Visiting Scholars(ケンブリッジに最近住み始めた人&客員研究員の会)のイベントとして、Guildhall(ケンブリッジ市庁舎)の見学会がありました。

この建物が市庁舎です。昔は2階建てで、牢屋として使われていたのだそう。

 

 

今日は市長の応接室と都市憲章、市長の正装であるレガリアを見学できて、市長と一緒にお茶を飲む!・・・という企画でした。

 

ケンブリッジ市長

 

こちらがケンブリッジ市長のRobert Dryden議員。

 

首に掛けていらっしゃる飾りの金のチェーン部分は昔のケンブリッジ大学の各コレッジを表し、真ん中のメダルには9つのダイヤモンドとエメラルドが埋め込まれています。(かなり重いです。)

 

 

 

 

こちらは正装(レガリア)をお召しの姿

The Mayor in regalia

 

 

 

procession 市長入場行列

 

 

現市長が最初に議会会場へ入場した時の行列の写真。

露払いのような最初の男性が持っているのは職権の象徴であるMace(職杖)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市庁舎見学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のホスト役として先ほどの写真で先頭を歩いていたGeorge Swindles氏がケンブリッジ市の歴史や都市憲章(King's Charter)などの説明をして下さいました。

最前列に座っていた中国の方々にレガリアを着せてあげたり、職杖を持たせてあげたり、首飾りをつけて上げたり・・・と楽しくてためになる説明で盛り上げ、サービス精神旺盛でした。

 

 

 

職杖 mace

 

 

 

職杖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市議会場展示物

 

 

 

議会場内

展示物

 

 

1201年

King John's Charter

(憲章)

など沢山の興味深い展示。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市議会場2

 

 

市議会場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市長応接室

 

 

 

市長の特別室(応接室)

パーラーと聞くと、資生堂パーラーをイメージしてしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市長応接室からの眺め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市長応接室の窓からの眺め。

目の前にマーケットプレイスが広がり、800年前からこの広場に建ち続けてきたグレートセントメアリー教会も見えます。

 

 

市議会場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このマークは1575年に王から与えられたケンブリッジ市の紋章。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The City's Coat of Arms

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紋章は市庁舎の建物にも見られます。

 

市長さんが登場した途端、アイドルやスポーツ選手かのように皆がツーショット写真をおねだりしても、ニコニコ丁寧に応じて下さいました。(さすが議員さん)

 

午前中なので、コーヒーモーニングスタイルのお茶会。

市長をはじめほとんどの人が紅茶ではなくコーヒーを選んでいました。

そして各自自分のカップ&ソーサーとビスケットを持って立ったままの雑談です。

 

「ケンブリッジは美しい街で大好きな街ですが、以前より安全でなくなった気がするのですが・・・」

と恐る恐るお話してみたら(選挙権のない「外人」の意見なので、気を悪くされるのでは?・・・と心配だったので)、

「自分の街以外の場所に行けば誰でも安全でなく感じるもの。

そしてケンブリッジは他の街より安全だと思うけど?」

とお答え頂きました。

まぁ、確かにね・・・ごもっともでございます。

 

ケンブリッジやその他歴史の長い街を見学するには、ちゃんと歴史を勉強しなおさなければ、楽しみが半減してしまう!と反省した半日でした。

 

 

イギリスバーナー

←ランキング参加してみました。

 一日一クリックして頂けると嬉しいです。

Dec 14, 2006
トナカイに会いに・・・

reindeer1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トナカイは英語でreindeer。(初めてこの単語を聞いた私は雨鹿?と思った・・・)

 

 普段はスコットランドのトナカイ農場で過ごしているトナカイ達。

この時期各地のイベントに引っ張りだこのようです。

6頭くらいを1チームにして2週間交代でイベントに参加します。 

「スコットランドから、どうやって運んできたの?」

と飼育係りのお姉さんに質問したら、

「もちろん、そりを引きながら空を飛んできたのよ!」

とウインクされました。

 

reindeer2

         トナカイの性格は大変おとなしく、コケが主食だそうです。

         一年に1頭の赤ちゃんを産みます。

         産毛のようなふわふわの綿毛で囲まれた角は、毎年生え変わります。ある日突然ポロッ!と取れるらしく、その直前は人間なら歯が抜け替わるときのようにムズムズするから、角を辺りにこすり付けるのだそうです。         

 

キャロル

 

 

 

農場のスタッフがワラのステージでキャロルを歌う。

この素人っぽさがいい感じです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

father christmas

 

 

おこちゃま達は、真剣にサンタさんにお願いをしていました。

 かわいい!

サンタクロースはBritish Englishでは

Father Christmasです。

(サンタでも通じるけど)

 

 

 

Nattivity
 
馬小屋に聖劇の飾り
これぞ正統派Nativity
 
 
農場の牛×3phesands

 

 

 

 

 

 

きゃぁ牛さん!でも柵越なら怖くないわ!

トラウマの理由は、「長〜いお散歩フェンディットン編」ご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   納屋の中で焼き栗を食べていたらキジ発見!

                   おいしいお肉に熟成中かな?

 

  [続きを読む]
Nov 24, 2006
工場見学

1164327151604513.jpg一昨日の逮捕劇の衝撃から立ち直り、(早っ!)予定通り本日はCambridge University Press(ケンブリッジ大学出版)の工場見学に行ってきました。

 

世界で最古の印刷&出版所です。

1534年ヘンリー8世により創業許可を受け、1584年に最初の印刷物が出版されてから今日まで、数々の印刷物を世界中に送り出してきました。

 

母体はもちろんケンブリッジ大学。

創立の頃から常にライバルであるオックスフォード大学にもオックスフォードプレスがありますが、オックスフォードプレスの最初の出版物は1585年!

このわずか1年の違いが自慢らしい。(笑)

アンティークのプレス機

1164325096739929.jpg工場の製造部門から出ると、暗い廊下の片隅に古い印刷機やプレス機を発見!

世界最古を誇るなら、むしろこういう機械を受付ホールに展示したらいいのに!

 

印刷が終わり表紙を糊付けして、最後にこのプレス機で上から圧力をかけて仕上げます。

よくみると、くるくる回すハンドルの飾りが男の人のブーツをはいた足になっています。

昔の機械ってお茶目!

アンティークの製本機
1164324916194389.jpgこの黒光りといい、足といい、機械なのにエレガントな感じがします。
アンティークの印刷機

1164324427122560.jpg最新のハイテク印刷機もよいけれど、かわいい飾りつきグッズやアンティーク調のものが好きな私としては、こういう機械を見学したかったのです!

現代のものより昔のものの方が、機械でも家具でも遊び心がいっぱいあると思います。

左奥の機械なんて、鳥(鷲?鷹?)が付いているし!・・・印刷機にしておくには惜しいほどおしゃれっ!

Nov 10, 2006
ホテル・フェリックス
m1163109762746535.jpg

ケンブリッジにあるホテル&レストランのフェリックス。

オーナーの息子さんの名前だそうです。

Oct 10, 2006
小さな祭壇
m1160412929675676.jpg

眺めているだけで、自然に心静かになりました。

聖人像
m1160412564911687.jpg

祭壇の右横。

この奥にもう一つ小さな祭壇がありました。

St.Edmund's College Chapel
m1160408548043510.jpg

こじんまりしているけれど、落ち着いた雰囲気の素敵なチャペル!

Oct 04, 2006
Old School
m1159919026467101.jpg

今日はフェリックスはお留守番。

ママだけがケンブリッジ大学のNew Commers Coffee Morningに行きました。

  [続きを読む]