犬と暮らすイギリス ケンブリッジ。黒ラブフェリックスとママのケンブリッジ見聞録

March, 2015
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
PROFILE
佐藤フェリックス

イギリスのケンブリッジに犬を連れてお引越し。ラブラドールのフェリックスは今日もママと一緒に徒歩&車で、いろんなものを見て聞いて体験しています。

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Jul 27, 2009
ヒースの咲く海岸

Dunwich Heath


夏に可憐な花を咲かせるヒースが群生する海岸にやって来ました。


 


ケンブリッジから車で2時間弱。


 


お隣サッフォーク州のDunwich Heathというナショナルトラストが管理するビーチです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1248652289169604.jpg


海岸沿いの崖の上は、あたり一面ヒースで紫色。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1248652331867068.jpg


これといった香りもなく、それ自体は地味な花のヒースですが、これだけ沢山群生していると圧巻です。


 


お散歩していると、てんとう虫とハチがブンブンブン


(お花が大量に咲いているからか、虫も沢山いたのです


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1248652371148671.jpg


左の崖(クリフ)の上一帯がヒースの群生地。


ってことは、ヒースクリフ嵐が丘みたい。。。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1248652414176021.jpg


今度はヒースのクリフから下りて、砂浜というよりは小石の続く海岸を歩きましょう。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1248652509443424.jpg


どこまでも続くペブルビーチ。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1248652452286587.jpg


久しぶりの「ドライブ&ピクニック散歩」がよほど楽しいのか、歩いている間中ず〜っと満面の笑顔としっぽフリフリのフェリックスでした。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1248652655004878.jpg


帰り道喉が渇いたので、途中のパブに立ち寄りました。


 


フェリックスにはお水のサービス。


私たちは思い思いにピムス、ラガービール、ギネス、そして地元産のサイダー(アルコール)などを一気に飲み干しました。


 


国際ビール&サイダー品評会で最高の賞を受賞したこともあるというサッフォーク地元のAspall Cyderはかなり美味


 


1728年創業、現在8代目のオーナー一家が作り続けるサイダーは、是非また飲んでみたい味です。


 


最近にしては珍しく、一日中青空の広がった夏の海辺のお散歩でした。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリス情報


←イギリス情報ランキングに参加しています。


一日一回クリックの応援して頂けると嬉しいです。


 


 


 


 

May 21, 2007
ナショナルトラストWicken Fen

Wicken Fen 1ケンブリッジとイーリーの間にあるナショナルトラストが管理するWicken Fenをお散歩して来ました。

広い湿地帯と、そこに生息する野鳥や虫などの動物、植物達を自然のままの姿で保存しようと努力しています。

遊歩道のあちこちにはバードウォッチング用の小屋(hide)も設置してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1179701909489547.jpg

見渡す限り続く湿地帯(Fen)。

黒い板の遊歩道をのんびり歩きます。

 

平野が続くこの景色はイーストアングリア地方ならでは。

そのために昔から洪水に悩まされてきましたが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

windmill

Wicken Fenのシンボルでもある風車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1179702170792189.jpg

 

このあたりには、まだまだ元気に働いている現役の風車がいくつもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1179702449245445.jpg

 

大昔、イーリーは島で、この辺り一帯は海だったのだそう。

 

「地球温暖化が深刻に進めば、再びここも海になり、イーリーの街も水没する!」と唱えている人もいるのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1179702482461616.jpg

 

となると、Water Worldも現実になるってこと 

ユニバーサル・スタジオ最前列で水をかぶってはしゃいでる場合じゃなかったのね。。。

 

それにしても絵のように美しい風景。

中世の画家達が描いた風景画の世界が、現在もそのままの姿で目の前に広がる感動。

やっぱりこの美しさは後世に残さないとね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1179702538233463.jpg

 

などと環境問題にも思いを巡らせながら歩く足元では、ひたすら道端の草を食べ歩くフェリックス。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1179702593891208.jpg

 

湿地帯の水路を移動する小船が格納されている小屋。

かやぶき屋根が素朴でいい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1179702567096659.jpg

敷地内には沢山のお散歩コースがありますが、今日は約1時間で一周できる短めコースを選びました。

 

イギリスに住んでいて、自然の中のお散歩やお庭散策、マナーハウス巡りが好きな人には、ナショナルトラストは会員になっているとやっぱりお得

今度はもっと長いトレイルコースを歩きに来ようっと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1179702510935819.jpg

気温は19度。晴れたり曇ったりの一日だったので、暑くもなく、寒くもなく。

草のにおいをいっぱいかいだお散歩でした。

 

ちょっとぉフェリ〜、足がおネエ座りになってるよっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナーポチッと一回クリックよろしくお願い致します。

 ご協力ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Apr 16, 2007
フェリックスと行くピークディストリクト

Peak District Derwent dam

ピークディストリクト(Peak District)

に行ってきました。

 

ケンブリッジから車で2時間半強。日本のトラベルガイドではあまり登場しませんが、休日歩くことが大好きな英国人には人気のイングランド中央部にある国立公園です。

英国で最初の国立公園(1951年)で、Derbyshire, Cheshire,Greater Manchester, Staffordshire, South&West Yorkshireにまたがる広大な敷地です。

6000年前から人々や羊などの動物達が住んでいた遺跡も残っており、石灰分の多い地質から、ミネラルウォーターの産地であり、かつては豊富な鉱物資源が産業の中心でもありました。

 

 

 

 

 

 

 map

 

 

 

ピークディストリクトの全体像

 

←1日目はちょうどこの真ん中あたり。

国立公園の北部、貯水池のあるDerwent Valleyを歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tower of dam

 

Upper Derwent ValleyにはHowden貯水池とDerwent貯水池とLadybower貯水池が広がり、一番目に付くのは貯水池を分けるこのDerwent Dam

築約90年のお城のようなダムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

looking down

 

その石造りの外観からか、ダムのわりに優雅な佇まい。

 

ダムから更に山に上る林間コースのフットパスを歩きました。

山林の中を歩いていると、あちこちに木が伐採されて積み上げられているせいか、木独特のいい香りが漂ってきます。

ピークディストリクトの標高は一番高くてもせいぜい636メートルなので、ハァハァ息を切らすこともなくゆっくりお散歩できます。(←なんてこの時はそう思ってたけど翌日この「余裕の発言」を撤回すりことに。。。) (/。;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Derwent footpath 石垣

 

石の塀で囲まれた土地。

英国の田園らしい風景です。

 

湖水地方にも共通する景色。

 

この頂上付近の牧場には、羊達がのんびり草を食んでいました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

frogs

 

 

 

 再びダムのふもとへ。

 

 水辺には大量の蛙が

ちっちょっとグロい。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おんぶカエル

 

かなりご不満な様子

 

ゴメンね!

ちょっと失礼して記念撮影させて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Felix & a frog

カエル初対面のフェリックス。

 

くんくん

コレ何だろう

食べれるの?

 

 

 死んだフリをしているのか、はたまた気絶しているのか、硬直しているカエルさん。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ladybower Reservoir

Ladybower Reservoir(貯水池)

 

のんびり森林浴を楽しんだので、そろそろ

お宿へ移動します。

本日のお宿はピークディストリクトの南部Ashbourne

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Stone

道路には「ここから先ピークディストリクト国立公園」という境界線に目印の石があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dove Dale

 

翌日はAshubourneのインフォメーションセンターで聞いたお勧めTrailコースへ。

まずはDove Dale

 

ナショナルトラストの管理下にあるエリアです。

川沿いの遊歩道を歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

walking along the ri ver

 

 

ひんやりとした水が気持ちいいのか、川べりの浅瀬を歩くフェリックス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

other lab

他にも沢山のわんこ達がご主人様達とのウォーキングを楽しんでいました。

 

左フェリックス、右1歳半の女の子ラブ。

 

公園内はリードをしていなければいけません。

羊や他の動物に万が一危害を与えるといけないから。

でもそれを守らずノーリードにしていた人達は、途中で犬が迷子になって探していたり、中性フェロモンのフェリックスに魅了されて?飼い主をそっちのけでついて来てしまい、捕まえようとしても逃げられて飼い犬に翻弄されている飼い主さんもいました。

わんこもついつい開放的な気分になるのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

stepping stone

 

有名なStepping Stoneを渡って対岸へ。

 

リードを持った私が先に渡り、半歩後からフェリックスがついて来ました。

石の上が滑って、チョッとスリリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bottom

Stepping Stoneのある谷底から山の上を望む景色。

 

山の中腹を犬を連れて上っていく人達が見えたので、私もフェリックスと頂上を目指してみることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

looking uo the peak

やはり4本足は強い!

ごつごつした岩場をぐんぐん登るフェリックス。

その後をリードで引っ張ってもらいながらゼイゼイ言いながら這い登る私。。。

 

ちょっと途中で座らせてぇ。。。

一緒にお水を飲んでひと休み

フェリックスはやる気満々で頂上を目指しております。

頼りにしてるよっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1176716300478092.jpg

だいぶ上ってきたねぇ。。。

気持ちいいわぁ

アレッフェリなんでそんなに背中を押し付けてくるの?

谷底を覗くと背中がゾゾゾ〜ッとするの?

 

もしかして、高所恐怖症?

 

私もフェリックスとペッタリくっついていないと、ちょっと怖くて落ち着いて座っていられないわ

 

この後はあまり下を見ないようにして登り続けて山頂に到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dove Dale Cross

 

この丘をキリストが十字架にかけられたゴルゴダの丘に見立てているのか、「2007年4月6日(金)Good Friday(キリスト受難の日)からAscension(キリスト昇天)までこの丘の頂上に建てておく」という注意書きつきの十字架。

一瞬誰かのお墓かと思いました。^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

top of the hill

 

 

風が強くて肌寒かったけれど、360度の大パノラマを堪能しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Chatsworth house

 

登るのはハァハァ苦労したけれど、転げるようにあっという間に降りてきて、次の見所Chatsworthへ移動しました。

 

450年の歴史を誇るお屋敷とその敷地です。

かつて女王が滞在した建物に、現在も貴族の子孫がすんでいるのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Chatsworth gate

ゴージャスな内装や展示品が有名ですが、フェリックスは入れないので敷地内のフットパスを1時間半お散歩しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Chatsworth foot path

 

フェリ〜、木に飲み込まれそうだよぉ

 

昔の姿をそのままに残すこの地域のお屋敷や庭、ピークディストリクト国立公園内のあちこちで、「Pride and Prejudiceジェーン・オースティンの「高慢と偏見」はじめ多くの映画やテレビドラマが撮影されています。

次回わんこなしで来ることがあれば、このあたり一帯のロケ地めぐりをしたいと思います。

 

からっと晴れた初夏らしい暖かい天候に恵まれ、

今回の一泊旅行のテーマ『フェリックスと自然の中を歩く』を十分満喫した旅でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー

←クリック一回、ご協力お願い致します。

 

 

Mar 23, 2007
ラヴェナム(Lavenham)散策編

Lavenham guildhall

ケンブリッジからドライブすること50分。

サッフォーク州のラヴェンナムにやって来ました。

 

12世紀から羊毛加工産業(織物など)で賑わったこの街は、15世紀16世紀の古い建物が数多く残る「斜めに傾いたティンバー・フレーム・ビルディングの街」

この建物はナショナルトラストの管理するラヴェンナム・ギルドホール

16世紀初頭の建物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham High street

長い歳月を経て、隣同士仲良さそうに寄り添う家。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham High street 2

 

ラヴェンナムのハイストリートには、淡い色のかわいらしい家々が立ち並び、それぞれ個人の家だったり、お店だったり、ホテルだったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham market square

家の色も、白、淡いピンク、濃いピンク、オレンジ、黄色などなど・・・

街をメルヘンチックに彩ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham market square 2

 

ギルドホール前のマーケットスクエア

 

地元の人々のためのパン屋さんやお菓子屋さんが並びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham shop kitchen

 

ハイストリートのお店はどれもかわいらしいお店ばかり!

これはキッチン用品屋さんのウィンドー・ディスプレー。

レースのようなデザインの食器に目がハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham shop woodendress

 

こちらは木の枝で出来たドレスのオブジェ。

 

スカートの羽毛がかわいらしくて、鳥の巣みたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lavenham shop easter

もうすぐイースターなので、イースターをイメージした小物がいっぱい

イースター・バニー、イースター・エッグ、春に生まれる羊の赤ちゃんなどなど、どれも可愛くて一つ一つ手にとって眺めてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Easter bunny & Felix

 

そして私が家に連れて帰ってきたのが、パジャマを着てうさぎのぬいぐるみを持っているイースターバニー£24(約5千円)

 

ベッドの横に立っているバニーを見つけたフェリックスは、クンクンと一通りにおいを嗅ぎ、鼻でバニーの鼻の辺りをツンと押してからおもむろにベッドに上っていました。

どうか、くまこの二代目になりませんように。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一クリックお願い致します

  ご協力ありがとうございます。

Dec 19, 2006
ナショナルトラスト Wimpole その1

Winpole Hall

 

17日の日曜日ナショナルトラストの管理する荘園Wimpole に行ってきました。

この日が最終日の展示テーマはヴィクトリア時代のクリスマス飾り

 

stable wreath

 

 

Wimpoleの エステート内には、Stableや農場、ホール(お屋敷)、お庭などの昔のままの姿で保存されている敷地のほかにレストランもあり、結婚式パーティーも可能です。

Stable 鹿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィクトリア時代にタイムスリップした今日は、

全てが1843年を再現しています。

stableの柱 には大きなリースの飾り。

 

 

 

                                                                stableの屋根の上の鹿

                          

 

 

 

stable women's talk
 
当時の衣装を身に付けて、絵画のような女性達。