ペットと泊まれるホテルのブログです

November, 2013
-
-
-
-
-
01
06
07
08
15
16
19
20
21
28
29
30
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




軽井沢のお天気☆

        こんにちは

 

  軽井沢 GIARDINO付近から

 

     いつも見える浅間山

 

1307867786374107.jpg

 

       火口付近は

 

      こんな感じ〜〜

 

   なかなか活気があります

1307867814411174.jpg

浅間山(あさまやま)

[ 日本大百科全書小学館) ]ヘルプ
 

長野・群馬県境にそびえる三重式の成層・円錐(えんすい)火山。標高2568メートル。おもに安山岩からなる。有史以後(685年以後)も近年までしきりに噴火を繰り返してきた日本の代表的活火山。那須(なす)、富士両火山帯が合する位置にあるが、普通、前者に属させる。更新世(洪積世)末期、数万年前にまず成層・円錐火山が形成されたのち、大規模な水蒸気爆発でその東半が吹き飛ばされ、カルデラを生じたが、同山の西側はいまも第一外輪山(黒斑(くろふ)山など)として残存する。その後、南側山腹に寄生火山の石尊(せきそん)山(溶岩円頂丘)を生じた。約2万年前、そのカルデラ内に粘り強い石英安山岩(デイサイト)質の仏岩(ほとけいわ)溶岩流が噴出して偏平な楯状(たてじょう)火山ができ、その東方には石英安山岩質の寄生火山、小浅間(溶岩円頂丘)を生じた。約1万1000年前、大爆発して石英安山岩質の火山砕屑(さいせつ)物を関東北部一帯に厚く降り積もらせ、かつ、同質の軽石流が火山の南北両側の麓(ふもと)を広く覆った。現世に入り、約5000年前にカルデラ内で噴火活動が再開され、第二外輪山、前掛(まえかけ)山が形成されてきた。

 

           活火山です

 

 

             さて

 

 今週のお天気をお知らせします

 

 

    6月14日(火)のち

    6月15日(水)のち

    6月16日(木)のち

    6月17日(金)のち

    6月18日(土)のち

    6月19日(日)のち

 

 

      最低気温10℃

 

      最高気温22℃

 

 

     今週も梅雨の影響は

 

 あまり心配いらないようですネ

 

スポンサード リンク

この記事へのトラックバックURL
http://dog.pelogoo.com/gialdino/rtb.php?no=1307868781461688



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :