甲斐犬の飼い主のひとりごとです(mixi日記より抜粋)

2010年11月
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
MYALBUM
PROFILE
Suzuka

甲斐犬とチワワの飼い主です
ホームページ
SEARCH
PR




第120回天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会
甲斐犬愛護会70周年記念大会ということで、甲斐を出陳しました(成犬牝の部)。
甲斐も私も初めての出陳です。
深夜から早朝にかけての雷雨・豪雨もうそのようにあがり、リング内に水たまりは
残っているものの、気持ちのよい晴天のもとで開催されました。

夏から私の仕事が急に忙しくなってしまい、まったく練習もせず、しかも、前日から
休みが取れずに、当日の朝300キロ以上の道程を車で移動という強行軍でしたので、
結果はおしてしるべし・・・でした。


1131607198547409.jpg
1131607182384031.jpg
午前の個体審査です。
上の写真のように歩いているときはいいのですが、立ち止まると
下の写真のように尾をさげてしまいます。

1131607208143386.jpg
仕方なく尾を手でもってみたりして・・・(;´д` )

1131607218469852.jpg
午後の総合審査(団体審査)です。
最初は出陳番号順に並びます。

1131607227287145.jpg
その後、2〜3頭づつ中央へ呼ばれて暫定順位順に並べかえられます。
午後になっても気合いが入らず尾を下げる甲斐を少し動かしてなんとか
尾を上げさせているところです。

1131607237081499.jpg
私の足で尾をささえて誤摩化しているところです。

1131607245449311.jpg
暫定4席の場所に並ぶよう指示されました。

1131607253646011.jpg
その後も全く尾をあげないため、さすがに順位を下げられて行ってしまい
最終的には6席まで下りてきたところで『これで決定します!』とのこと。
末席ですが【入賞】です。
嬉しかったですが、同時にいたたまれないような申し訳ない気持ちも猛烈に
感じた【入賞】でした。

1131607262707367.jpg
表彰式です。
賞状と小さなトロフィ(っていうのかな)を頂きました。
未成犬ならともかく、成犬なのにリング内で尾を下げてしまうという無様な出陳に
なってしまったにも関わらず、入賞できたのは奇跡に近いことですが、今回の入賞は
甲斐の素質のみで頂いたものと思いますので、次回は、きちんと仕上げてしっかりと
ベストプレゼンテーションができるようにしたいと思います。
でも、見ず知らずのギャラリーの方がハンドリングについて詳しくアドバイスをして
くださったり、審査後の入賞犬の記念撮影時に、甲斐の母犬の作出犬舎S様がお声を
かけてくださったりと、出陳したからこその嬉しいことも沢山ありました。

やっぱり愛護会の展覧会はいいですね。



スポンサード リンク
第120回天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会成犬牝の部6席(本部賞)
講評(会報109号掲載)
魔切虎梅姫(川越の鉄 × 川越の小春)
中虎毛、差尾。
全体に良い犬であるがリングの中での尾を下げるのが残念でした。
今後の管理に気をつけて下さい。


この記事へのトラックバックURL
http://dog.pelogoo.com/kaiken/rtb.php?no=1131609171106594



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :