甲斐犬の飼い主のひとりごとです(mixi日記より抜粋)

2010年11月
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORY
ARCHIVES
LINK
MYALBUM
PROFILE
Suzuka

甲斐犬とチワワの飼い主です
ホームページ
SEARCH
PR




狂犬病(36年ぶりの国内発症)
日本国内では1970年以降発症がなかった狂犬病ですが、16日に京都で男性患者が出ました。

読売新聞
狂犬病について(厚生労働省)
動物由来感染症とは?(厚生労働省)
狂犬病(当サイトコンテンツ)

スポンサード リンク

この記事へのトラックバックURL
http://dog.pelogoo.com/kaiken/rtb.php?no=1163719461787871



この記事への返信
(°m°;) アレマッ!

とまぁ、最近、国内で出てないのが奇跡?くらいに思ってたので…
海があるけど
隣国ではボコボコ出てますしねぇ…

海外旅行の直後とかなら、1人ですむかも知れませんが…


その記事のリンクはどこでしょう?(;´Д)ハァハァ
Posted by ゆたぽー | 2006/11/17 14:31:56
↑にあったのですね(;´д`)うん

国内の犬からとか
犬に感染したような情報がなくてよかった…(;´Д)ハァハァ
犬だけじゃないけど…(;´д`)うん

人から人にうつらない?
と、新聞記事では断言してますが、言い切っていいものかしらん…

まぁ、感染症を扱える病院なら、そう言っていいのかなぁ…
Posted by ゆたぽぽぽー | 2006/11/17 14:37:48
たぽんさん♪
 唾液中に狂犬病ウィルスが大量に出るので、発症した動物が他の動物
 (ほ乳動物)に咬みつくと一番感染率が高いです。
 (発症した犬がヒトに咬みついた場合の感染率は20%)
 したがって、ほ乳動物すべてに感染する狂犬病ウィルスではありますが、
 ヒトへの感染ルートに限ると、犬咬傷が一番多くなってしまうわけです。
 その他の体液中にもウィルスは出ます(稀な例としては、コウモリの尿
 が目と口に入ったヒトが感染して発症したという症例があります)ので、
 ゆたぽんさんのおっしゃる通り、ヒトからヒトへの感染が絶対にないと
 はいえないと思いますが、『まず、ないでしょう』くらいでしょうかね。
Posted by Suzuka@管理人 | 2006/11/17 16:53:55
なるほど。
これはコピベで保存ですな((φ(-ω-)カキカキ

発症U^ェ^U→人ってのは、20%程度なのですねぇ。
まぁ、咬むって行為自体、
程度がいろいろでしょうしねぇ…

やぱり、体液で感染する可能性があるのですね。
((φ(・ω´・ *)ホォホォ
Posted by たぽん♪ | 2006/11/17 21:21:33
今日、ちょっと考えていたのですが、
人から人へはあまりないであろうと実感しましたが、

例えば、残念ながら亡くなった人が
発病初期とかに、外で唾を吐いたとして
それとの接触で(となると、犬猫限定くらいでしょうけど)
感染も有り得るでしょうか?

まぁ、狂犬病ウイルスが宿主から出て
どれくらい感染する力を持ち続けられるのかなんて知りません…

とにかく、この人は亡くなったわけで、
3ヶ月くらい他に発症が確認されなければ
2次感染はなかったと思っていいのでしょうか?

放し飼い猫等に(無論放し飼いなら犬もですけど)感染したらなんて思うと
かなり恐怖です…。
Posted by ゆたぽぽぽよーん | 2006/11/18 21:09:55

ゆたぽんさん♪
 感染が成立するかどうかは、体内に侵入するウィルス量や侵入口(咬傷の
 大きさ)によります。
 まずウィルス量ですが、ゆたぽんさんが心配されている初期(潜伏期)に
 は、たとえ唾液中でもウィルス量は少量であったと予想されます。
 次に侵入口の大きさですが、その唾液を犬猫が舐めたとして、その犬猫が
 口の中傷だらけでもないかぎり侵入口も無しに等しいでしょう。
 とくに猫は口の中の傷に弱く、口内に傷があるときには飲み食いなどしな
 いという話(野村獣医師の本より)ですから・・・。
 ウィルスが大量に唾液中に出ている状態でも、咬傷(外傷)部から感染が
 成立する確率が20%(報告によっては60%、この辺が疫学のややこし
 いところ)ということを考えても、おそらくそこまでは心配しなくてもよ
 いのではないかと思います。

 これらをふまえた上でも、心配しすぎてもいけませんが、ある程度はそう
 いうところまで考えてみるというのも、今回亡くなった方の死を無駄にし
 ないためにも必要だとは思います。
 サイト内の【犬の病気(狂犬病)】にも書いてありますが、空前のペット
 ブームで犬を取り巻く社会環境も刻々と変わってきていますし、SARSや
 地震/津波で一時下火だったアジアへの旅行も増えてきています。
 厚生労働省も、ページを設けて正しい知識の啓蒙に努めているようですの
 で、きちんと活用して、犬との暮らしを安全に保ちたいですね。
Posted by Suzuka@管理人 | 2006/11/19 09:04:03
なるほどぉ♪
詳しい説明をありがとうございますm(_ _;)m
これも保存ですね(ΦωΦ)ふふふ・・・・♪

人から犬猫への感染も
まぁ、通常考えにくいという感じですね?
U^ェ^U
Posted by ゆたなっとく♪ | 2006/11/19 10:41:05


◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :