February, 2009
01
02
03
06
07
08
09
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
PROFILE
小麦ママ

小麦:2004年8月11日生まれの♀、通称「ムギ」です。とーさん、かーさんと一緒にマンションの9階で暮らしています。とってもビビリンです。

CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
MYALBUM
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Feb 12, 2009
誕生日♪
たま〜〜にアップするのに、この話題をするか??
という突っ込みは横に置いといて・・・

今日、2月12日で●●歳の誕生日を迎えました〜♪

え、小麦ではありません。私です

昨日仕事帰りに、1日早くトーサンがケーキを買ってきてくれました

<div align="center">


夕方で30%OFFだったということで、ホールケーキ

なんかやっぱり嬉しい〜

某ホテルのケーキということもあって、美味しかったです〜

え? もう食べたのか! って??
昨日に半分、今日に半分食べるということで・・・。

1234432305578357.jpg

小麦は何の日かは分かっていないはずだけど、
なぜかケーキを食べ始めた途端、寄ってきて
「何、何??」
と私の脇の下から鼻をつきだしていたのでした・・・(笑)

実は1月は結婚(式)記念日もあるので、
冬は何かと物入りなトーサンなのでした・・・。

ごめんね〜! でも ありがとぅ〜〜
Oct 14, 2007
番外編:当たり前じゃない「健康生活」
1192336201122888.jpgはぁ〜やっと「秋」らしくなりました。
何だか最近投稿パターンが決まっているような・・というのも私の行動がパターン化しているからだけど(^^;
母も1か月がたち、今週ギブスを取るそうです。
でもこれからリハビリ生活でまだまだ松葉づえが必要らしく、どちらかというと今までよりも痛みを伴って大変だそう・・。
暫くは私もパターン生活かな(^^;

昨日・・ちょっとビックリする出来事がありました。
トーサンと同い年の知人が「2週間入院」を診断されたというものです。
健康診断で結果がよくなかったためすぐに病院で診てもらったところ、「1型糖尿病」と診断されたそうです。
よく「生活習慣病」と言われて身近に聞くのは「2型糖尿病」で、軽度であれば食事などを見直すだけで落ち着くこともあります。
しかし、「1型」は突発的に起こる病で原因は解明されておらず、インスリンを作る膵臓機能が停止してしまうというものです。
糖尿病に関して詳細に書かれたこんなサイトを見つけました。知識としてぜひ見ておいてほしいと思います。

まだ1歳になったばかりの子供さんもいます。
これからずっと病と闘っていかなくてはいけません・・・。
「健康」と言うのは簡単ですが、その当たり前さがなくなるということを考えたこと・・・ありますか・・?
まだまだ先・・今はまだ無茶がきく・・
そんな思いがあったかもと気付かされたような出来事でした。

最近、「免疫」の重要性が医療界でも重要視されているような記事を読みました。
「自分を守るのは自分」
当たり前のことですがそれをしているのが「免疫」です。
でも「免疫」もどんな状況でも耐えて頑張ってくれるものではありません。
免疫を生かすも殺すも自分の生活次第だと私は思います。

ここのところ、こういった情報に目ざとくなりました。
これも「小麦」のおかげだったりします。
最初は小麦のことで調べていたものが自分たちにも当てはまることだと気付かせてくれました。
小麦が我が家にやってきてくれたことに本当に感謝です。
Aug 21, 2007
番外編:危機感(−−;


まだまだ暑いし・・・「残暑見舞い」もまだまだ使えますよね(^^;
ちょっと小細工したのでこちらにもアップしておこうかなぁ〜・・なんて。
すみません、小麦は毎日寝そべっていてネタ切れですっ

そんなこともあって(?)久しぶりに独り言など・・(^^;
昨日の「報道ステーション」でスイスのアルプスでの異変を特集していたのですが・・見られました?
ここの所の気温上昇に伴って氷河が溶けてできる氷河湖が大きく広がっていってるんだそうです。
そしてそれが崩壊し麓の街に土石流となって押し寄せたことがあったのは、もう10年以上も前のこと。
全然記憶に残っていませんでした・・・。

  [続きを読む]
Jun 24, 2007
番外編:楽しいものみ〜っけ♪
1182666580036614.jpgあら、連チャンで番外編かも・・・(汗)

私も教えてもらったものなので「みつけた」と書くのはちょっと間違いかも・・まま、細かいことはお気にせず・・(^▽^;
でもすご〜く気に入った(というか興味津々)のでぜひぜひ皆さんも試して欲しくなったからご紹介させてもらいます!

その名も男脳女脳診断
5,6年ほど前にそんな本が話題になりましたよね。
私にはウンウンと頷くこともいっぱいあったのですが、こんな自己診断できるサイトがあるって知りませんでした。
なかなかおもしろいですよ〜。
ぜひ皆さんの結果も教えてくださいね〜♪
で、私はというと・・・  [続きを読む]
Jun 22, 2007
番外編:「食の安全」は誰のため?
1182483936490642.jpg今日は久しぶりに「梅雨っぽい」天気。いや、梅雨なんですけどね(^^;

さて、新聞でもニュースでも騒がれている肉の偽装問題。
それもありますが、今朝の朝日新聞で気になる記事をみつけました。
「畜産改革 優しいはおいしい」というもの。
海外では条約で「家畜は感受性のある生命存在」と規定され、ケージに閉じ込めて搾取するだけの飼育は禁止する方向へと動いています。
それに対して日本は・・・効率優先のために乳牛は尾を腐らせ、短くしているそうです。その期間約1ヶ月・・。
そしてよく乳が出るようにと栄養価が高い餌をもらい運動が皆無に近いためか、胃潰瘍や脂肪肝といった病気も増えているそうです。
更に体調を崩し易いために大量の薬剤も投入されているとか・・・。

ふと、思いましたが、薬を飲んだ後って血液検査とかしても数値に出たりしますよね・・・牛も同じじゃないんでしょうか?
とすると・・その牛たちから酷搾する牛乳って・・・栄養価は?薬剤は?と考えたくなりませんか??

そもそもコストダウンをする必要が出てきたのも「安売り」が当たり前になっているせいでもあったりします。
私達消費者が安全性を考えず、ただただ「安い」に釣られるからこそこういった事態になっているのかもしれません。
わずか、数円、数十円の家計削減のために後々の医療費をゴソ〜っと支出することになったとしたら・・・洒落にもなりませんね(−−;
  [続きを読む]
Mar 26, 2007
番外編:滑走路歩いちゃった♪
[**本題の前に・・・
3月25日に起こった石川県能登半島での地震により被災された方にお見舞いを申し上げますと共に、出来るだけ早い復興と平穏な日々を取り戻せることを心から願っております。]

今日は小麦さんはお休みで、ちょっと私にお付き合いくださいませ〜♪
実は昨日、実家の家族と共にあるイベントに参加してきました。
その名も「関空 第2滑走路ウォーク」
今年の8月2日に運用開始する滑走路を歩くものです。これが滑走路を歩けるラストチャンスということだったので申し込みをしていたそうで・・・ご一緒してきました(^^)


  [続きを読む]
Mar 12, 2007
私の日曜日(^^)
1173684774579064.jpgまたもや、寒い!!
昨日はなんだか霙のようなものまで・・・。身体がついていけませ〜ん(><)

(←実家のライくんのケージでくつろぐ小麦・・・)
さて、今日はちょっと私のお話で・・・大したこたぁないんですが。
高校時代からの友人が参加する会の定期演奏会にご招待頂いたのでこれまた高校時代からの友人と共に観にいってきました。
かる〜く人生の半分はお付き合いがあるってことですね。
いや・・・一人は中学からだから・・・さらに・・・(笑)
といっても久しぶりで年に1,2回会えるぐらいです。
始まるまでにちょっとお昼ご飯を食べて話をしてから会場へと行きました。
何回か来ているものの、会の参加者の年齢が上がっていってるよな・・・と(^^;
しかし今回をもって友人も最後となるということなので、益々・・・。
実は友人は先日結婚をしたんです。(おめでと〜♪)
突然のお知らせでビックリ!しましたが、まぁ私も人のことは言えませんから・・・(^▽^;
ちょっと離れたところに住むものの会えない距離ではないですし、今度またじっくりと話を聞きに行く予定です。
もう一人いる友人は遠すぎてなかなか会えないんですけど。
さてさて、この顔合わせ。この先もこのペースでの長〜いお付き合いとなるはず。
何だかたまに会う割には話しが尽きることもなく「また今度〜」と別れられる友人って嬉しいですね♪
Dec 27, 2006
16歳!
1167188402677529.jpg昨日の雨にはびっくりです・・・。たまたまトーサンが休みでまだ降っていない昼頃にお散歩に行けたので良かったのですが・・・。
東日本ではまだ今日も大雨の予報でしたよね、お気をつけくださいね。

さて、日があいてしまいました・・・が、気を取り直して。
先日の「我が家のクリスマス」でお散歩に行った時のことです。
風もなくいいお天気だったので気持ちよく小麦は砂浜を散歩していました。
ちょっと離れた所に「う〜ん、でかいぞぉ・・・」という柴ミックスの子が・・ちょっと太りすぎのようです(^^;
でも嬉しそうにピョンピョン飛び跳ねてみせたりしてました。
それに気付いた小麦・・・『あっち行く〜♪』とばかりに興味を示します。やっぱり大きい子が好きなのね〜(^▽^;
するとその飼い主のおじいさんも小麦に気付いて近寄ってきてくれました。尻尾をフリフリしながらワンコにご挨拶!?
いつもとは逆で小麦が一方的にご挨拶です(笑)
話を聞くとこのワンコ、16歳で白内障を患いよく見えていないとのこと。だから見知らぬ人や犬の雰囲気にちょっと警戒して距離を置いているようです。
でもおじいさんが話をしているからその場から動かずにじ〜っと待っています。いい子です。
そしてこのワンコは子犬の頃に息子さんが拾って帰ってきたのだと話してくれました。それからず〜っと一緒にいたこの子のことを「犬だなんてもう思えない。もう私たちと一緒、人と同じなんだよ」と・・・それに答えるようにワンコもおじいさんの動きをじっと目で追っています。素敵な関係ですね♪
それからおじいさんは小麦をかまってくれながら、「(一緒にいるワンコは)太っているけどそれ以外は調子もいいしまだまだ大丈夫だと思っているよ。でも狂犬病とフィラリアだけは毎年欠かさずにしている、怖い病気だからね」と言っておられました。そして小麦にも「大事にしてもらって長生きするんだよ〜」って。
本当にワンコのことを大切に思われているのがよく分かる会話でした。
その後別れるとおじいさんの後ろを嬉しそうにまた歩き出したワンコ。そして砂浜に座ったおじいさんの横に自分もお座りして寄り添っています。本当におじいさんのことが大好きなんでしょうね(^−^)
今年だけでも様々な「動物虐待」と呼べる事件がありました。
その人たちにもこのおじいさんとワンコの関係を見習って欲しいと思います。「愛犬家の振り」ではなく本当に犬を愛してあげて欲しいですね。

何だか嬉しくて何度も様子を振り返ってしまう光景でした(^^)

<おまけ>
さて、そんないいお話の後になんですが・・・。
最近この公園を散歩していると「ん??!」と立ち止まってしまうものを発見!その一帯にボコボコと生えています・・・これ。


地面からこの形のまま大きくなってくるようで・・・すごく気になってしまって毎回見てしまいます(^^;
で、一部が枯れ始めてきたようなのですが・・・かさの裏は真っ黒!!!
う〜ん。怪しいとは思っていたけど益々毒々しい・・・(−−;
Dec 08, 2006
台湾旅情
入院騒ぎでもう随分と前の出来事のような気分です・・・。半分忘れかけてるかも(−−;
11月の22日から25日まで姉とトーサンと共に台湾へ行っていました。その帰りの飛行機の中で体調が急変し、3回も戻しちゃったので「酔った」のかと思っていたのですが・・・。キャセイ航空の皆さん、お騒がせを致しましたm(_ _)m
ところで体調が悪くて立っていられない状態だと地上に着いてからも車椅子を手配してくれるのですが、入国審査なども別枠でしてくれるんですね〜(もちろん同行者も)初めて知りました。帰ってきたということもあるのかもしれませんが顔も見ずに審査が終わり税関も素通り状態でした。まぁ相当顔色が悪かったらしいので「芝居」だとも思われなかったからかもしれませんが。

まずは初日。到着後ホテルに荷物を置いてすぐに中正記念公園へ。

この頃からちょっと雨模様。ということもあってこれは記念堂からみた国立劇場です。色彩がいかにも!って感じでしょ(^^)
その後龍山寺へ。台湾の方は熱心な参拝者が多くその日もちょうどお祈りの時間でした。お供えやお線香がすごかったのですが、実はお供え物はお祈りが終わると自分で持って帰らなければいけないのだそうです。日本とは違いますね。
実はこの時滞在時で一番の雨!ゆっくりと見ることも写真を撮ることもできないまま追い立てられるように見学終了・・・。


こういったお寺ではよく見かけたのですが、台湾では石の彫刻が主流だそうです。細かいですよね〜。こういった細工が一面にあるんですよ。

さて、台湾と言えば・・・これ!

飲茶:小籠包です〜♪初日の晩御飯はツアーについていた有名なディンタイフォン(漢字が出ません♭)ここでは「一人何個」と言われどんどんと積み重ねられていって正直あまり味わう余裕なし・・・。
なので2日目の晩御飯は自由だったのでジンティンロウという別のお店に行ってきました。(写真はこちらのものです)
何でも「はなまるマーケット」との企画でつくった烏龍茶小籠包が有名なんだそうです。
しかし・・・化け物のような胃をした姉とトーサンに付き合って私は「もういらない〜」と思うぐらい食べました(−−)
それにしても凄かったのが17時開店となっているのに17時になってもまだ電気もつけずに従業員の人たちが休憩していたこと。日本では考えられないですよね〜(苦笑)

  [続きを読む]
Dec 03, 2006
復活!お騒がせしました・・・
1165127103571721.jpgいやはや・・・心配をかけないよう携帯から投稿したというのに・・・「入院」という題名だけあってそれ以外が文字化けしていたとは・・・(−−;
余計にご心配をおかけしまして本当にスミマセンでしたm(_ _)m

で、小麦ではなく私が腸炎で入院しておりました。実はその前にちょっと旅行に行ってたのです。その帰り道から嘔吐が始まりその日の夜中には下痢・発熱・・・と。休日診療所に行って点滴をしてもらっても38度の熱が引かないし、翌日トーサンが仕事に行って何かあっても何もできないし・・・と思って119に連絡し救急病院へと連れていってもらったんです。
熱の割には動き回れたので自分で歩いて乗ったんですけどね。
以前、救急車を呼ぶほどでも・・・と思って119に紹介してもらった病院へ連絡したところ「診療時間になってから来てください」と全部拒否されたことがあり今回は救急車で。
特に私立の病院なんかは救急車でなければ断るんですよね〜。アメリカみたいに法外な金額を取られるわけじゃないから呼ぶ方が確かです。ちなみに「歩ける」と言うと急ではないと判断したのかサイレンは鳴らさずに来てくれました(もちろん時間はすぐです)。
そして市立の病院へ行ったところ「ノロウィルス」が流行っていることもあって結果が出てないから「個室に隔離入院」ということに・・・ひええぇ〜〜!
とにかく保険証とお金は持っていたけど予想外なので何も持ってません。トーサンに慌てて取りあえずのものを持ってきてもらいました。
ところであちこちで「ノロウィルス」が流行っていますよね。
こまめな手洗い、食べる前の手洗いは必ずしてくださいね〜!!
感染力も強いし完全滅菌は無理なようですが全くしないのとでは大きく感染度は違うようです。
そして発症も数時間から10日ぐらいまでと個人差も大きいのだとか。でも体力さえ維持していれば発症しても3日ほどで治まるそうですよ。ただ抵抗力が落ちないようにしないと重症になってしまいますから「これぐらい」と思わずに早めの処置をしてくださいね。

で、こんだけ書いておきながら私は「ノロ」でもなく単独の腸炎だったようで・・・・原因不明です(−−;
3日間は24時間点滴続けてました。なかなか腸が回復しなくて入院が延びてしまったんですよね〜。熱は約1日半38度ぐらいをさまよっていたのに一瞬で平熱に落ちて看護士さんもビックリ・・・。それ以降は至って元気だったので時間を持て余していたんですけどね(^^;
病院でのこと、小麦のこと、話題がいっぱいあるので続きはまた・・・。
(ちなみにこの記事を書くのに2回もWinUpdateに邪魔をされ消えてしまったんです(泣)これで3回目ですよ〜)
Nov 21, 2006
つれづれに・・・(^^;
1164078493618516.jpg今日は久しぶりに「晴れ」です。あったかい(^^)
昨日小麦はシャンプーに行ってきました。いつもは雨の日は避けているんですが、今日はお店が休日だったので・・・。
明日から小麦はちょっとお泊りです。その前にちょっとキレイに。というか毛を抜いてもらったというか(^^;
最近またパラパラと抜けていたんですが、昨日の朝は頬の辺りがなんだかヘン。よく見るとひとかたまりモコッと浮いてます・・・。終わってお店の方にも「よく抜けましたよ〜」と言われました。他の柴ちゃんもよく抜けているそうです。換毛期ですねぇ・・・。
おかげで部屋の掃除をしても「一網打尽」(←掃除道具)で小麦の分身でも作れそうなぐらい取れます〜。
帰ってきてからは部屋の中を爆走し満面の笑みでおやつを要求し・・・爆睡しました(−−;

さて「つれづれ・・・」ですからその他モロモロと。
掲示板で猫を虐待死する画像を投稿した犯人が書類送検されましたね!あの匿名性のなか犯人を特定し「動物虐待容疑」で送検してくれたことを嬉しく思います。
それにしても理由が「自慢したかった」って・・・。何を!?
それが自慢になると思う感性、そう思わせるネットに寒気がします。しかも成人してるんですよね・・・犯人。思考が幼稚すぎる人が増えてきているように思えて仕方がありません・・・。

更に嬉しいニュースを「アニマルポリスを誕生させよう!」のkanakoさんから教えていただきました。
自民党の議員さんで発足した「(略称)どうぶつ議連」の会議が行われこういった動物虐待という行為のことが取り上げられたとのこと。
その参加議員:馬渡氏のブログによるとこういった虐待行為を取り締まることを目標にした法律改正をも視野に入れられているようです。
頑張ってもらいたいですね!!
Nov 18, 2006
病院でちょっと・・・
1163807928714554.jpgワクチンを打ってからなんだか更にネムネムな日を送っていた小麦さん。
でも食べるときだけはパッチリと目を開けて動きが素早い・・・食いしん坊だなぁ〜(^^;

で、その病院での待合室の出来事。色々と考えること満載でした(−−;
入ったときにすでにいたシーズーくん。飼い主さんがあまりリードを引かないのでウロウロウロ。他のワンにも近寄っていったり。でも飼い主さんはそれをじ〜っと見ているんですよねぇ・・・。
そして次に入ってきた子がこれまたデカイ!年もいってそうというのもあったけどかなり足に負担がかかってる感じでした。飼い主なのかただ「家の人」という存在の人が連れてきていたのか分りませんがかなり無関心な付き人っていう感じ。雑誌を読んで犬のことを全く見ていませんでした。
そして一番困った親子連れ。
体型的には小学校の高学年という感じの女の子。でも幼稚園か小学校の低学年かな?という振る舞いをしていて、親もそれが普通になっているからか注意しつつも一向に落ち着かせれなくて。
他にいた犬に近寄ってきて触りまくるんです・・・。
小麦は普段から待合では抱いています。それでも前に立ったと思った瞬間、耳の上からウニャウニャウニャ〜って撫で回されてしまいました。小麦は硬直しちゃったけど(−−;
もともとその親子が連れてきていたのは子猫。生後間もない子を拾って飼いはじめたようです。で、「やっとワクチンを打てるところまで大きくなった」から病院にワクチン接種に来たみたいでした。
もちろん、子供には詳しい意味は分らないというのもありますが、そんな子猫をケージから出してウロつくんです。犬もいっぱいいるのに・・・。母親が「ダメ!」と言ったので取り合えず戻して他の犬にかまい始めたというわけ・・・。
でもその後母親が居眠り(!)をはじめて子供がまた子猫を出して受付のお姉さんに見せたり!!でもケージにもたれかかって寝ている母親はケージを開け閉めする音や気配にも全く気づかず・・・。
なんだか子猫の先行きも心配になりました・・・。
そんなわけで注射よりも別のことで疲れてしまった小麦なのでした。
Nov 09, 2006
番外編:日帰り旅行
1163051822366254.jpg<←昼食を取った所の庭園の紅葉>
昨日は、日帰りのバス旅行に参加し朝6時過ぎに家を出て21時前に家に帰ってきました。
小麦は? ご安心ください。トーサンがお休みだったので父子家庭(?)でした(笑)
そのせいか今朝起きて日常生活に戻っていたというのに小麦だけは昨日の続きを期待していたのか(?)まだ寝ているトーサンを起こそうとベッドの脇でぐずってました(^^;

さてこの旅行、母がスーパーで当選した招待・優待旅行。本当は姉が同行する予定だったのが急に職場が変わって仕事になってしまったためピンチヒッターとして参加。
久しぶりにバス旅行をしましたが・・・疲れた・・・(−−;
朝の7時に大阪の南部を出発し中国道・西宮の方にある宝飾店の見学、その後岡山県美作市の湯郷温泉で昼食と温泉入浴、そしておみやげ物屋に寄ってさらに岡山市の三大庭園の一つ後楽園を見学、帰路につくというもの。
地図を見ながら読んで頂くとよく分かると思いますが・・・すごいハードな旅行だわ・・・。
お腹がいっぱいになって慌しく温泉につかると逆上せそうなので入らなかったんですが、お昼ご飯はとっても美味でした。野菜や果物がとても素材の味がしておいしい♪
その後もおみやげ物屋では試食をくれるし、後楽園では名物という「あん入りきびだんご」も抹茶を飲むと試食をくれるしで食べ続けていたような気もします(^^;

さて、そんなハードな日帰り旅行。ちょっと人間観察してしまったことが・・・。

  [続きを読む]
Nov 01, 2006
どこまで続くんだろ・・・
1162354164133967.jpg今日から11月ですね〜。残りあと2ヶ月・・・早いな・・・。
ちょっと小麦の旅行記を続けて書いていたので今日は溜まっていた小麦ママの独り言を(^^;

小麦が我が家に来て2年=犬との生活を始めて2年(実家は別)。
フルタイムの仕事を辞めて1年=ネット・ブログというものをじっくりと見るようになって1年。
いかにそれまでが知識もなく事件のことも知らなかったか・・・を痛感しています。
「アニマルポリスを誕生させよう!」で知った山梨の事件これは2001年に報道され大きな問題となっていたんですよね。言い訳ですが、その頃、新聞もろくに読めず、テレビも見てる時間もなく・・・つまり私はこの事件のことを全く記憶していませんでした。
そして今尚、減ったとはいえ犬たちが残されてボランティアの方々の手で生活しているという事実。5年経っているのに・・・。
5年前にもあったのに・・・また起こった広島での事件。動物たちが起こした事件じゃない、私たちと同じ人間が起こした事件です。全然進歩していないってことか・・・。
私と同じように「初耳」という方はこちらのページをご覧ください。
そして「アニポリ」で紹介されていたハッチーさんの記事
この方はその現場をご存知でした。あまりにも酷い現場・・・。

今回の「ひろしまドッグぱーく」の犬たちが同じように忘れ去られないか、「かわいそう」とだけ思った人が自分の許容範囲を超えて里親になり同じ事件を引き起こさないか・・・考えることがいっぱい出てきてしまいます。
よく考えましょう!犬を1頭飼うっていうことは子供を一人成人させるのと同じことです。いえ・・・それ以上に手をかけてあげないといけないかもしれないのです。
何十人、何百人の子供を養えますか??私には無理です。
マンションの規定もありますが、うちでの許容範囲は1頭、これ以上里子を受け入れる余裕はありません・・・。金銭的な話だけではなく、時間、愛情面など色々なことを考慮して。

だからこそ、里親を探さなければいけない子が出てくる状況を減らすことに目を向け、少しでもお手伝いをさせてもらいたいと思うのです。
Oct 16, 2006
「著作権侵害」をしていませんか?
1160964846002629.jpg今日はちょ〜っと気になっていたことを書かせてもらいますね〜。
「小麦ママの独り言バージョン」です。

「著作権」誰でも聞いたことはありますよね?でもそれが自分にもとても関係があるって知っていますか?
特にこういうブログとかHPを誰でも持つようになって自分が「著作権侵害」しているかもしれないと考えたことはあるでしょうか・・・。

「著作権等について。」
「著作権等について。−其の2」
イラストレーターであるSTUDIO WARPさんの記事です。
私たち素人にとってもとても重要なことを書いておられると思いましたのでリンクをさせて頂きました。
尚、このリンクも許可を頂いております。許可なく転載・リンクすることは認められておりません。
↑この一文で「ハッ!」として頂いた方もいらっしゃるかと思いますが、上記リンク先を読んで頂いた上で「続き」を読んでくださいませ。

  [続きを読む]
Jul 11, 2006
番外編:ものさし・・・
1152589707010789.jpgいやぁ〜台風の影響でしょうか・・・風が強い。しかも暑い。
小麦は早々と「限界」の訴え。クーラーで小麦の部屋も温度を少し下げてあげました。(扇風機を使って間接風なんです)

さて、久々にちょっと私の独り言なんてものを・・・。
「ものさし」といっても定規そのもののことではありませんので一応・・・。
昨日、再就職のための面接に行ってました。先週たまたま出されていた「動物病院」の求人。事務系じゃないものにしようとは思っていたもののかなり感心がある所なので即応募しました。
で、昨日面接をし先生と話をさせて頂いて色々と思うところがいっぱいあったのです。
(ちなみに・・・仕事は辞退しました。手術助手を必要とされていて、私・・・血を見て貧血を起こす可能性がかなり高いので・・・)
かなり正直な方だったので何でも思ったことは口に出してしまうそう。ということでスタッフだろうと患者さん(?)であろうとかまわず叱り付けているそうです。
そのことは私、ある意味共感してしまいました。だってそういう人には「叱り付けられる」理由があるからなのであって間違ってはいないと思います。
ただ、経営者としては「うまくない」のだとご本人も言っておられました。
ここでまず1つ。
よく近所話やネットでの「動物病院の良し悪し」って聞きますよね?
でもそれの信憑性ってどれぐらいのものなんでしょう・・・。
例えば「怒鳴りつけられた」という話をされている方が犬のそれまでの飼い方や状況も報告し病院が何の処理もせず(または悪化させて)さらに文句をつけられた・・・というのならばまだ「ナルホド」と思うかもしれません。
でも何の管理もせず病気が最悪な状態になってから「何とかして」という飼い主も実際にはかなりいるのだそうです。ですからこの先生は犬を助け良い生活をして欲しいために「飼い主」を叱るのだとおっしゃっていました。
そして「良い病院」と噂される根拠に「再診料もなくて安い」ことが理由な場合もあります。
でも本当にそうですか?再診料がなくても高くて不要な検査や薬代がかかったりはしていませんか?
実際の「動物病院」は診療数も不安定でスタッフはハードな仕事を求められるものだと言っておられました。でも安全を確保するにはスタッフや最新器具はとても重要です。経営をし安全を維持するには「再診料」は必要なものではないかと改めて考えさせられました。
自分が働いている職場で人手がなく多忙な仕事をこなしているというのに給料が減らされると言われては誰だって続けませんよね?
本当に「患蓄」のことを考えていることこそが「良い病院」なのではないのかと改めて思った出来事でした。
ニコニコしながら飼い主の機嫌を損ねないように検査をし薬を出してくれる病院も多いようです。でも本当は「どうしようもない飼い主のお相手」と思っているかもしれない・・・。
あなたの愛犬との生活はどうですか?一度よく考えてみてくださいね。

そして・・・先月末に神戸市内にて純血種の犬達が遺棄されていた事件、ご存知でしょうか?
その犯人が「愛護動物遺棄」の疑いで逮捕されたと新聞に載っていました。20代の男と30代の女の2人です。
その理由は「ちょっとは頭使って考えてみたら?」という内容でした。
ペットショップを開店しようと犬を購入したものの賃貸住宅の大家に苦情を言われさらに犬の餌代がかかるために遺棄した・・・。
はあぁ〜!?そんなこと想像したら分かることでしょ?
いい歳して何を言ってるんだか・・・。

そして犬とは関係ないのですがある所でこんな記事を紹介されていました。
想像力の欠落」同級生の親御さんが亡くなったという知らせを聞いての男子学生の会話・・・。高校生とも思えない幼稚さです。いったい親は何を育てているのでしょう・・・。ぜひ読んでみてください。

こんな人間が親となり子供を育てていくことになるんです。今映画で「日本沈没」をやっていますがその前に「日本滅亡」になってもおかしくないじゃないかと思わされてしまいました・・・。
Jul 05, 2006
不快指数120%!!
1152070498150735.jpg今朝もまた起きた時にすごい大雨でした。朝の散歩は後からかな〜と思っていたらその雨も止んでいる様子。急いで小麦も用意をしてトーサンの出勤と一緒に外に出ました。
駐車場の周りを桜を植えた歩道で囲っているのですがその桜の下で小麦が用足し。ふと見ると他の車がいなくてトーサンの車が出て行くところでした。
という余所見をして小麦が終えた後を見ると・・・えぇっ!?
うん○が大小2つ・・・。
でもいつも見慣れている小麦のものと思うのは小の1つ。別の大の方はどうみても「不健康」そうな色と硬さぐあい。
違うとは分かってますが私が立っているところと小麦のウンスタイルの間に「したばっかり」なものがあるまま立ち去るとどう考えても「私の放置」と見なされるよなぁ・・・(−−)
はぁ〜〜(_ _)〜さらに言うとマンション内の放置ウン○は見つけた飼い主が拾おうとなっている・・・けど。今までも何回も拾ったことある・・・けど。
すごく触りたくない「不健康さ」加減。
案の定ティッシュでつかむと崩れるし取れないし
しかも臭すぎるっ!!
腸内環境悪すぎじゃないのっ!?って悪態つきながら拾いましたよ・・・
急いで家に帰って手を洗浄したけど鼻にもまだ臭いが残ってる感じだし、何より「病気持ってないよね!?」というのが一番気になる所。
自分の飼い犬だったら状態も分かるからそれ程気にもならなくなってきたけど・・・不明なのはちょっとね(−−;
朝から最悪な日だったわ、ほんと・・・。

自分の飼い犬のウン○ぐらいちゃんと拾っていってよね!
Feb 01, 2006
番外編:ブルガリア・アニマル・サーカス団
大阪のNPO法人アニマルレフュージ関西さんの記事に
「ブルガリアから来たサーカス団の家族と動物が日本の会社側から
報酬未払いのため動物たちが帰国できない状態になっている」
というものがありました。
先週末に掲載され、レスキュー基金を立ち上げられていて毎日更新されています。
月曜日までは勢いがあったのですが、昨日から落ち着き始めてしまいました。
知名度の限界かもと思いました。
良かったら見て頂いた方にも広めてもらえたらと思います。
宜しくお願いします!

http://www.arkbark.net/index.htm
=記事抜粋=
「ブルガリアのサーカス団 救済支援のお願い

東ヨーロッパのバルカン半島に位置し、トルコとギリシャに隣接するブルガリア共和国から、約2年前に日本にやって来たサーカス団が、現在、窮地に立たされています。
年の瀬も押し迫った2005年12月13日、アークに突然一本の電話が入りました。あるサーカス団が、国に帰るお金がなく大変困っている、というのです。そのサーカスは、ブルガリア人夫婦とその娘、そして38匹の猫と6匹の犬からなるサーカス団で、一行は新潟に始まり、11月27日の終了までの約2年間、日本全国を旅しながらサーカスを行ってきました。しかし、日本のサーカス会社が倒産してしまったのです。40匹を超える犬や猫をブルガリアに送るには、約400万円もの大金がかかります。しかし、大切な家族の一員である44匹の動物達を日本に置いて行くことも出来ずにいます。
一行は現在、大阪府河内長野(かわちながの)市にあるサーカス会社が所有する小さなコンテナの中で、身を寄せ合うように生活しています。また、38匹の猫と6匹の犬は、日の差さないコンテナの中にある狭い檻で、非常にストレスのかかるの生活を強いられています。」