〜 幸せダイアリー 〜

November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
ペ コ

1994年6月3日生まれのシーズー♂ ☆2006年12月11日、天使となりました(12才6ヶ月)
ホームページ
ikko (イッコ)

ペコとの愛に生きる管理人

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Nov 24, 2006
おニューのベッド&マット♪
 今日、ペコのベッドが届きました
 
どの部屋もペコのものでいっぱい・・・
 
もうこれ以上ペコのものを買うのはやめよう、、なんて思ってたけど、買っちゃいました
 
 
 これは  たまごでおやすみ 目玉焼き  というマット 
1164366140377921.jpg
 
”白身”の部分はとってもやわらかで気持ちいい〜〜、フワフワ〜
 
”黄身”の部分はちょっと厚みのあるモコモコって感じで、
 
とっても可愛いし、ペコも私も気にってます
 
 
 そしてこちらは”低反発ベッド”  
1164366194313448.jpg
 
周囲は”あご枕”になるし、大きさも丁度。
 
これは夜用にするつもり。今晩は気持ちよく眠れるかな??
 
  
Nov 23, 2006
無題
 
先日”神経病”のことを書きましたが、分かってホッとした?ものの
 
このことは”心臓”ほど心配はしていません。
 
なぜなら、前回悪かったときにも、昏睡、虚脱状態、足腰が立ちにくい、
 
首が座らない感じ、など同じような”症状”があり、
 
このときにも”神経”からきてるのかも・・・と言われたんですが、
 
あまりピンとこず忘れてました。
 
それにちゃんと回復したんで、”急性的”なものだと思っています。
 
今はちゃんと歩いているし、起きてる時間も長くなったし、わがままだけど
 
ちょっとは食べてくれるようになったし、(レパートリー超少なし
   
 
気になるのはやはり”心臓”の様子。
 
ゆっくりと深い呼吸はできてるものの、ときには息を吸うときに体がふるえるくらい
 
吸う力を要してるといった感じで、心拍数も多いし、良く見ればみるほど、
 
あ〜〜〜〜〜〜
 
と言う感じです。
 
 
ペコはしんどいのかな。。。
 
ときには”がんばれ〜”と言えない気持ちにもなります。
 
1164279554547681.jpg
 
なんせ横になってる時間が長いんで、少しでも楽でいられるよう
 
今日”低反発”のベッドを注文しました!
 
 明日届く予定デス 
Nov 21, 2006
わかったこと
 

みなさん、いつもいつも応援ありがとうございます 

 

みなさんの言葉のおかげで

 

日々新たな気持ちになれる自分がいます。

 

     

 

昨日の続きになりますが、どうして??という疑問を解決するために

昨夜病院へ相談の電話をしました。

 

日記を書いた後、折り返し電話があったんですが、

 

”心臓”は落ち着いている。なのに??となると、

 

やはり他の場所の不具合ということになる。

 

でも”数値”などに現れていないということは、、、、

 

出てる症状から、あらゆる想定をし、薬を使い、

反応があるかを見るしかないという結論になりました。

 

   

 

さて、今日のペコはなが〜い眠りから覚めたように、

可愛い目をパッチリ開けてよく起きていました

 

ただ・・・

 

お天気が良かったので外に出してみると、右後ろ足がおかしい。

 

麻痺しているような感じで、肉球が地面に着かず、クネッと”甲”の部分が地に着いてしまう。

そして他の手足もふらついていてうまく歩けない。

 

抱っこしても首が座らない感じも少しあった。

 

が〜〜ん

 

そしてその後、また病院へ相談に行き、やっとこの状態から推測ができました。

 

おそらく”脳・神経”からくる症状なのだということ。

 

先日何度か起こした発作も”心臓発作”でなく、おそらく”てんかん発作”だろうということ。

 

とにかくあれこれたっぷり話してきたので、整理もできていないのだけど、

 

脳や神経の病であったとしても、病名を確定する検査や、麻酔を使うなどの治療は

今のペコはもうできない状態なので、”薬”を使って改善を望む。

 

この方法しかないということになりました。

 

   

 

”食欲増進剤”とあわせて2種類の追加。合計8種類になった。

 

朝、心配だった歩行は何とかうまく歩けているし、

 

早速”増進剤”の効果か、トリ肉たくさんとサツマイモをハグハグ食べました

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何かを良くするためには、どこかが犠牲になるというリスクもあるし、

 

また必ずしも”薬”を使うことで改善するかは、あくまで使ってみなければ分からない。

 

どこで”折り合い”をつけるか、何を”優先”にするのかはこちらの意思で決めていく。

 

などなど

もう、説明も予測もつかない何ともいえない現状だけど、

 

やるしかない!!っすよね!

 

   

 

ということで、ダラダラと書いていきましたが、

 

これからも頑張っていきま〜す!!

Nov 20, 2006
ペコの様子
あまり更新が遅くなると、心配おかけしちゃいますよね
 
 
ペコはちゃんと生きています(あたりまえっ)
 
でも相変わらず何も食べず、ひたすら眠る日々。
 
一時、やけに高すぎた心拍数(160〜200)。少しは下がってきています。→140前後)
 
先日紹介した”聴診器”で、いっちょまえにヒマさえあれば心拍数測ってるんですが、
 
”聴診器”がなくてもペコの心臓はかなり大きくなってるんで、
胸に手を当てるだけで十分分かります。
 
また胸に耳を当てなくても、ちょっと近づくだけで心音が聞こえるし、
胸を見るとドクドクと心臓の動きまでよく分かるほど。
 
水が溜まってきたときの”雑音”を聞き取れるようになれば、と買ったものの、今はその心配はなさそうです。
 
咳はピタッと止まっているし、呼吸も落ち着いている。
 
”失神”が続いた後からのことだけど、検査ではその前(まあまあ調子良かったとき)と特に変わりないのに、
 
なぜ???
  
もしかしてもう”心臓病の末期”の、それも”終末”だとしたら、、、
 
それにしては穏やか過ぎる。
 
  
 
もちろん苦しまず安らかに旅立ってほしい、といつも願ってるものの
 
前回のように、復活してくれると信じられずにはいられないという感じです。
 
1164022233666985.jpg
 
Nov 17, 2006
逆戻り
 
すっかり逆戻りしてしまったという感じです。
 
トイレと水を飲む以外は、ひたすら眠っている。
 
たまに「酸素室」から出てくると、私が食べ物を持ち構えて待っているんで
 
逃げるようにまた「酸素室」に入って行きます。
 
  
 
また食欲が全くなくなり、食べなくなってから丸2日になる。
 
そろそろ体力も落ちてくるだろうし、頑張るしかない。
 
またしても、”注入器”の登場!
 
ふ〜〜
 
今回は”高カロリー食”でなく、須崎先生の本にあった”滋養食・玄米クリーム”を作りました。
(玄米のおかゆを、ミキサーでクリーム状にしたもの)
  
  
 
しんどいときは、食べれないのは分かる、ひたすら眠ることが1番。
 
でも最低限の栄養は摂らないとね。
 
ペコとお互い大変だけど、またがんばるぞ〜〜
 
  
 
こんなの買いました
 
1163755617656577.jpg
Nov 16, 2006
発作の続き
 
先日のペコの”発作”ですが、前々深夜と昨日の日中に3度、続いてまた起こりました。
 
回復して「酸素室」から出るとまた倒れ、を繰り返し、昨日からほとんど昏々と眠り続けてるといった具合です。
 
今朝の目覚めは良く病院へも行けたけど、またこれで疲れてしまったようで
帰ってからはひたすら眠り続ける。。
 
検査では特に異常はなかった。
薬は6種類にも増え、これで心機能をあげていくしかない。
(効果がでますように)
 
いっときの調子の良かったころから、ほんの少しずつ食べる量や元気の度合いが
落ちてきてるかな?とは感じていたけど、いっきに来てしまいました。
 
 
ペコ、たくさんぐっすり眠って、きっとまた復活してね。
Nov 14, 2006
おまいり
 
昨日、地元の神社に行ってきました。 
別の用だったのだけど、お天気がよくポカポカだったので、ペコも一緒です
1163467776622957.jpg
 
願いごとは・・・
 
「ペコがこれからも平穏に過ごせ、安らかに”天寿”を全うできますように」
 
  
 
今はペット用の”お守り”も売ってるんですよねっ
 
買おうと思ったけど、肉球の模様の”イカにも〜〜”って感じで
”お守り”らしくなかったんで、やめときました
 
  
 
朝夜は結構冷え込んできましたが、先週末の夜、ペコが失神しました。
(心配しないで読んでくださいね^^;)
 
夜、普段過ごす部屋で、ペコはホットカーペットも毛布も使わず、
タオル地のベッドで寝てたんで、寒くないんだなーと思い、
そのままお互い寝てしまいました。
 
12時過ぎごろ、寒くなってきたのか、私の寝室のほうに入ってきて”酸素室”(ペコの寝室)に
 入いるな、と思いきや、パタンと音がしたので見てみるともう横になっていた。
 
もしかして倒れた??と様子を見ると、目はうつろで”あい〜ん、あい〜ん”と
弱々しい声を出し、オシッコがジャーと出た。
 
口の中は白っぽく、心拍数も半分ほど、、、
 
”酸素”のスイッチを入れると、その音でふと我に返ったような様子になった。
 
今すべきことは??と考えたけど、「酸素室」。 これがあれば心配ない。
(本当に心強い味方です!) 
 
 
ペコは前シーズンの冬、寒〜い日の散歩の出だしに同じパターンの失神(発作)が2度ほどありました。
 
どちらかというと”てんかん”に似た感じで、すぐ回復するんだけど、
 
これからは室内でも”温度差”に気をつけないといけませんね。
 
 もうだいじょうぶだヨ 
1163467835302509.jpg
 「危険物につき、取り扱い要注意!」
Nov 10, 2006
まるまる・・・
 
11月とは思えない暑さ!!
 
こんなのあり〜〜?って感じですね。
 
  
 
相変わらず私の”心配性”も続いています。
 
1日の中でも波があるのだけど、”咳”が多いときにはどうしても不安。
 
調子良ければ、お薬だけ追加でもらいに行けばよいのだけど、やはり連れて行ってきました。
 
今回も私が心配するほどでもなかったよう
 
もう1週間様子を見て、安定してなかったら検査してもらうことにしました。
 
--------------------------------------
 
体重は6.6キロ。
 
5,6 → 6,2 → 6,6 と、な、なんと約2週間ほどで1キロも増えた
 
 
これでもペコの大きさからすると、標準の中でも低い目くらいなのだろうけど
 
やはり”咳”にも影響してくるだろうし、心臓さんのためにも
 
このくらいでキープしていったほうがいいよね。。
1163136096236626.jpg
 
  
 
マ・マジで、ついこの間までの悩から一気に逆転!
 
カロリーに気を使わないといけなくなってきた〜〜(笑)
 
今まではとにかく体重増やすのに必死で、いつでも何でも好きな分あげてたから
 
そういう習慣も改めなければいけませんね。
 
でも心臓病のコは、栄養が吸収しにくく痩せ気味になっていくので、逆に太れるということは
 
どちらかというと良いことなんだそうです
 
1163131820287468.jpg
 毛も伸び、おっきなお尻デス・・
Nov 06, 2006
心配性
 
5,6キロにまで減った体重も、あっという間に6,2キロに戻りました。
   
 
順調にここまで回復でき嬉しいんだけど、困ったことに”咳”まで復活してきています。
 
ペコの”咳”はピッタリ止まるようなものでなく、ある程度は仕方のないもの。
 
それが互いにどこまで耐えられ”良し”とできるかの問題。
 
今のところは大丈夫なレベルだけど、もしかしたらまた水が溜まってきてるのでは?
 
と前回”肺水腫”を起こしたことが悪夢のように思い出され、つい心配性になってしまいます。
 
思わずまだたくさん薬が残ってるのに、病院に行ってしまいました。
 
何のことない、雑音もなく、とても落ち着いているとのことでした
 
 
ペコはそんな私の心配をヨソに?毎日散歩に行き、食べたいときに食べたい分を食べて
 
眠いときはひたすら眠り、気ままにペコペースで過ごしています。
 
これからもだいじょうぶだよね
1162777753321781.jpg
 
 
 
Nov 01, 2006
キッチンペコ♪
今日から11月。気持ち新たに行こうね!
 
  
 
ペコは食欲も復活してきており、体もあっという間に丸々してきたような・・・
 
以前のようにキッチンから離れないという、困った現象も復活してきています。
 
 
 なんですか〜〜
1162356577146681.jpg
 
 じゃまじゃま〜〜〜
 
1162356599784846.jpg
 
そんな可愛い顔で見つめられても
 
1162356624009495.jpg
 
   
新しく始めた「心臓サポート」のフード。
 
よく食べてくれ嬉しいんだけど、これって”食が細く、痩せ気味な心臓病のコ用”で
結構カロリー高いんですよね。 (ドライで 436kcl/100g)
 
 
そういえば思い出しました。
 
なんでペコは”手作りゴハン”を食べてたのかという理由。
 
ペコは驚くほど食欲旺盛のコで、
(食べないものはなかった、驚きの品はキッチンに落ちてた生米、生パスタ。
 
心臓のために減量を言われてました。
 
それに高カロリーのフードを与えるとなると、少しの量しかあげることができない。
 
そこで、野菜を足したり、おじやなどを作るうちに、手作りの良さにハマッてしまい
 
今まで続けてきたんだった。
 
「処方食」にしなくても断然調子も良く問題なかった。
 
でも今回”病み上がり”には全く食べてくれなくなり、 「処方食」にしたというわけだけど、
 
今後またカロリーに気を使うことになるのかなあ・・・
 
でもこれって、今の私には幸せな悩みだと思わないといけませんね。