ポメラニアン&キャバリアと過ごす毎日。

November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
▼勇(ゆう)

[犬種]ポメラニアン[毛色]オレンジ[性別]オス[誕生日]2005年1月10日[性格]小心者です。典型的な内弁慶。ワンコってこわ〜い!

.



▼愛(あい)

[犬種]キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル[毛色]ブレンハイム[性別]メス[誕生日]2006年6月29日[性格]大の人好き。ぶっ飛び愛です。30分でフル充電! 

ちなみに愛はスタードッグスクール↓の1期生です。

http://www.stardog.jp
ホームページ
.



▼ぽめきゃば(管理人)

●ホームヘルパー2級 ●愛玩動物飼養管理士2級 ●東京都動物愛護推進員 ●ドッグヨーガインストラクター ●ペットナチュラルケアアドバイサー ●愛犬家住宅コーディネーター ●ドッグライフカウンセラー ●アニマルアロマセラピスト ●リンペットパッドトレーニングマスター ●リンパケアアドバイサー ●愛玩動物救命士(ペットレスキュー)●ペット・マッサージセラピスト ●老犬介護セミナー終了 ●バッチフラワーレメディーレベル1,2終了 マスターズフラワーエッセンスワークショップ終了 ●クォンタムタッチ ワークショップ2回終了 

LINK
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MYALBUM
SEARCH
PR




Sep 30, 2007
ホントにマッサージセラピスト?
マッサージ.gif
最近、私の周りはいろいろと変化がでてきた。
なんだかラッキーなことが転がり込んでくるような気がする。
う〜ん、いいぞ!っていう感じ。
でも、予定を入れすぎて、自分で自分の首を絞めてしまいそう(笑)気をつけないとね。
ペットマッサージセラピストの資格を取って、もうすぐ1年。今まで使うことがなかったが、今度はちゃんと資格を活かせそうだ。嬉しいけど、勇や愛と遊ぶ時間が少なくなるな・・・お留守番も長い時間になるし。それがちょっと心配。どうなるかはまだ定かではない。
Sep 29, 2007
ドックダンス見学
ushirosugata.jpg
ドッグダンス・ドッグセラピー体験イベントが、ジャパンドックアカデミー(JDA)東京校で開催されたので行ってみた。以前からドックダンスには興味があって、我が家の2頭のわんこにも、できないものかと自己流で教えたりしていたので、今回はとても楽しみにしていた。
残念なことに雨だったので、わんこはお家でお留守番となってしまった。東京校となっているが、なんと我が家から、自転車で10分ぐらいのところにあるのだ、そのJDA東京校!田園調布の住宅街からはずいぶん離れているが、田園調布には変わりはない。なぜこんなところに?って思うようなところにあるのだ。
根本的には、ドックセラピーやドックダンスを教えるスクールではなく、ドックトレーナーの養成校だ。セラピーやダンスは、上級トレーナーのクラスに取り込まれている。学校案内を取り寄せたことがあるので知っていた。今回はちょっと覗いてみたくて、予約のTELも入れずに突然行ってみた。
お試しで教えていたのは、基礎の基礎。愛もできる「スピン」や「8の字」でも、これらのひとつひとつの動作を、音楽に合うように構成し、つなげるのが難しい。でも、楽しそうだった。やってみたくなってしまった。
本来はドックダンスだけでは教えてくれないのだと思っていたが、いろいろお話を聞いたりしているうちに、基本をマスターしていれば、ドックダンスだけでも教えてくれるということになった。私は愛犬と楽しみたいだけで、ドックトレーナ−になるつもりはないから。空いている時間、1時間3千円で教えてもらえるように交渉成立。さて、いつから行こうかな?!なんて本気で考え始めている。愛はいやかもね(笑)
Sep 28, 2007
和牛の骨
最近お留守番させることが多い。
今日も午前中は表参道まで出かけ、お昼ごろ1度戻り、またマッサージ関係の話を聞くために出かけていた。自宅近くにある「セラピーワン」というドックマッサージの店舗である。

良い子でお留守番していたご褒美に、セラピーワンさんのオリジナル「和牛の骨」をプレゼントした。勇は特に硬いもの好きだからね!でもこれはちょっと手ごわいぞ!

骨.jpg
「セラピーワンの和牛骨」とは・・・

日本の食肉牛には個体識別番号が付いてる。『個体識別番号』とは 行政が管理している番号で、その番号からその牛のデータがわかるというもの。
人間が美味しいと安心して食べられるその超高級食材の牛骨を、食肉会社と提携し、2日間の加熱と完全乾燥(もちろん無添加)により製品化したものが「セラピーワンの和牛骨」だ。

噛むことが大好きなワンコたち。防カビ剤や着色料等一切不使用、完全無添加のこの牛骨は、人間社会で暮らすワンコたちのストレス減少・歯磨き、歯槽膿漏の予防、天然のカルシウム補給ができる素晴らしいおやつ!ペットショップ JOKER(ジョーカー)各店でも取り扱っている。(一部店舗を除く)

Sep 27, 2007
予防注射で病院へ
1190872985918349.jpg朝の散歩の後、愛にシャンプーをして、予防注射の為にかかりつけの病院へ行ってきた。愛はちょっとのことでも大袈裟に騒ぐので、今回もキャンキャン騒ぐかと思ったが、全然平気だった。ここでも人好きを発揮。病院で注射されたって先生も看護士さんも大好きなのである。ほんとどうなってんだ、このワンコ。

勇は愛と違って怖がりで、ビビリまくり。耳を診察してもらったのだが、診察台の上でビクビク震えてた。病院にいる間中シッポは垂れっぱなし・・・。かわいそうなぐらいビビリだ。

我が家の2頭のワンコは正反対の性格である。
Sep 26, 2007
ワンフーとうさちゃんガム
うっかり買い忘れたりしないように、ドライフードは定期購入している。
今月分というか、来月分というか(笑)・・・今日、宅配便で届いた。生食へ切り替えたこともあって、今回からワンフーレギュラー200g×10パックとワンフーグルメを3袋に変更。

2頭ともワンフーレギュラーだが、食べる量を変えている。
去勢後太りやすくなり、運動量が少ない勇は30g/日。活動的な愛は50g/日。
これ+バーフダイエット(カンガルー)を1/4パテが1量。、朝はすりおろしりんごとカズピ海ヨーグルトひと匙。


夜はうさちゃんガム(ワンフーグルメ)とミルクのガム。
ワンフーのうさちゃんガムは、防腐剤、着色料、酸化防止剤を一切つかわない100%ナチュラル。
ウサギの背肉を乾燥して、食べやすいように細くカット。
うちの子たちはこのガムが大好きである。
特に勇は硬い物が好きで、必死になって噛んでいる。
愛はというと、噛んでいるのが面倒なのか、口の中に無理やり押し込み、丸呑みしてしまう。
フードを食べるのは勇が早いが、ガムなどは愛の方が俄然早い、なぜって丸呑みだから。
食べ終わるまで見ていないと、本当に危ない。のどに詰まりそうになって、オエオエやってるんだから・・・。
この子はこういう面では手がかかる。
Sep 25, 2007
またまた、お留守番
お留守番.jpg
23,24日と2日間お留守番が続いたが、また今日も午後はお留守番。
おばあちゃんの通院日だったから。
整形外科と神経内科の2つ受診して、薬をもらうとまるまる半日かかる。
今日はレントゲンも撮ったから、余計に時間がかかってしまった。
帰りが遅くなると、それにつれ散歩の時間も遅くなる。
だんだん暗くなるのが早くなってきたので、気をつけなくちゃいけない。
車や自転車だけでなく、落ちているもの(笑)いろいろあるよね・・・注意しないといけない。
Sep 24, 2007
お昼休みにぶらぶら〜
クゥオンタムタッチ2日目。
今日はちょっと気分転換に、京橋から銀座一丁目辺りまでぶらぶらしてみた。お昼の休憩時間が一時間ちょっとあるからね。
だいたいセミナーなどに出るときには、パンと飲み物を持参していく。外で食事をとるのは苦手だから。で、今回もパンを食べてちょこっとお話してから、外へ出てみた。気分も変わるし、眠気に襲われることもないし。



京橋から銀座一丁目あたりまで歩いてみた。
歩行者天国だったが、それほど混雑しているようではなかった。工事中のビルにかかった幕(?)には、ブルドックが!

あれ、どこのビルなんだろうか?

どうしてブルなんだろ?

などと考えながら来た道を引き返した。

午後も練習、練習、また練習で、面白かった。
「ワインの味を変える」っていうのはいい。私でも飲めるじゃない、グレープジュースだもの!

2日間を振り返ると、一番大変だったのは 初日のグループレッスンだったかな。
2日目は慣れてきたのか面白く、時間が過ぎるのも早かった。

これからどうやって、このタッチを実践で活かそうか・・・悩むところだ。
Sep 23, 2007
ハンズオンヒーリング(手技療法)
23、24の両日、クゥオンタムタッチというハンズオンヒーリング(手技療法)のセミナーに出た。

人間が生まれながらにして持っているヒーリング能力。呼吸法と瞑想(イメージ)によって、自分自身の波動(周波数)を非常に高いレベルで維持することにより、人間本来の自然治癒力を高め、身体的、精神的な領域までに強力なヒーリングを起こすことができる技法である。

クゥオンタムタッチ.jpg私の母は現在69才。まだ若いがパーキンソン病と腰椎狭窄症で、5年ほど前から病と闘っている。薬を飲んで症状を安定させているが、いつ動けない体になるかわからない。パーキンソン病もだんだん症状が進んでいる。腰椎の方は、神経を圧迫しはじめたら・・・と思うと怖い。この夏頃から 胸椎の方まで変形し始めている。悪くなる一方である。

母の腰痛は40代の頃からで、治すために野口整体に通っていた。「癒気」と言われる「気」をおくり、他人を治す(癒すかな)ことができるまで、極めていた。でも、さすがに自分の難病を癒気で治すことはできない。

私がクゥオンタムタッチを学び、母の自然治癒力を引き出し、これ以上悪くならないように、いや、治してあげたかった。遠隔ヒーリングも可能、ペットや植物、全てのものの治癒力を高め、癒す事が出来る、素晴らしいクゥオンタムタッチ!
我が家のワンコにも「クゥオンタムタッチ!」
Sep 22, 2007
影.jpg
「うちの子撮影会」で、愛犬のチワワちゃんと、自分の影を上手に撮って、作品に仕上げている人がいました。
なんとか2頭の影を上手く入れて、写真を撮りたくて、挑戦してはみたものの・・・×。
また、今度挑戦してみます。
これは失敗作品です、なんて・・・いつもと変わらないか(笑)
Sep 21, 2007
ワン、わん、お疲れみたいだワン!
わんわん.jpg
昨日20日は、愛のスタードックスクールがあった。

前回台風のおかげで延期になったので、1ヵ月も間が開いてしまい、またまた吠え吠えワンコ状態に逆戻り。愛は外に出ると興奮して、うるさいんだよね。困った奴だよ、本当に。

散歩の時も、ぐいぐい引っ張って、好きな人のところにどんどん近づいて、「なでなで、なでてぇ〜」となでてコールの嵐。ボクもほとほと手を焼いているんだ。なぜって、遊そぼうってしつこく付きまとうじゃないか。ボクはゆっくり休みたいんだよぉ。わかってくれよ、そのへん。

だから、ママはお疲れの様子。ボクが、「わんわん」って話しかけても、黙ってるよ。いい加減に困らせるなよ、愛。

Sep 20, 2007
はじめてのskype会議
勉強会.jpg
18日19:00から「わんにゃんぴっ塾 skype会議 第1回目」が行なわれました。

7,8月に参加した老犬介護セミナーで「老犬介護の具体的ケア」を2日間にわたり教えてくださった増子先生と、先生の師匠で、動物病院NORIKOの院長であるのり子先生のもとで、
広島、神戸、川崎、東京、熊本 から参加する塾生8名が、健康や栄養学を学び、いずれは「わんにゃんぴっ相談室(分室)」を持つことを目標に学ぶ勉強会です。
増子先生の「全国に、心ある相談室を作りたい。しつけや食事や管理は、簡単ではなく雑誌や本通りにはいかない。だからこそ、その子にあったものを選べるカウンセラーが必要。できるだけ、飼い主さんや動物と会って、カウンセリングできるような人材を育てたい。」という思いと、私たち8名の「学びたい」という希望がかなった素晴らしい勉強会です。

内容としては、1時間半×全6回のスカイプ会議は、塾生の学びたい要望に沿ってすすられるようです。

1・皮膚・関節・食べ物に答えられる知識
2・ホリステイックな事をどのように勧めるか?
3・わんこ&飼い主さんの幸せになるお手伝い
4・病気にならない身体作り
5・遺伝的な病気に向けての食事選びやマッサージ
  (アレルギー、骨格形成不全)
6・体にいいおやつの選び方
7・老犬老猫の介護とその飼い主さんのサポート
8・介護とペットロス
9・わんこ&にゃんこ関する知識と飼い主さんに必要とされるカウンセラーになるための知識
10・予防医学的な栄養学

などが要望として上がっているとのことでした。
のり子先生の著書である「シニアドックバイブル」がテキスト、及び資料となっています。

さて、1回目の勉強会では、各自の質問にのり子先生が直接答えてくださいました。先ずは、塾生同士がお互いのワンちゃん、猫ちゃんのことを知り、その悩みを共有するというところからはじまりました。多くの症例を実際に聞き、その対処法を専門家に教えていただけるという、今までにない勉強会!
今後も身近な症例を出し合い、それに対する対処法や、テーマを決めて勉強していくという、内容の濃い勉強会になりそうです。

スカイプを使用するのも、会議として参加するのも始めてという、本当に始めてだらけの勉強会でしたが、とても有意義な時間を皆さんと共有できて、ますます「学びたい」気持ちがアップ↑しました。
Sep 19, 2007
課題提出 完了!
提出.jpg
やっと課題を仕上げ、今日提出してきました。
なんと苦しい日々だったでしょう。
こんなに難しいとは思いませんでした。
とにかく2冊の教本を読んで、理解していないと解けない問題でした。
そこが狙いなんでしょうけど。
疲れちゃいました。
その反面、いろいろと勉強になって良かったとも思います。
有鱗目トカゲ類や有鱗目ヘビ類はちょっとご遠慮していただきたかったです。
小さい頃から今まで、昆虫から始まり、鳥、亀、ひよこ、うさぎ、モルモット、ハムスターなど、いろいろなペットを飼ってきたけれど、ほとんど知識もなく飼われていたあのコたちが可愛そうだったと、自責の念に駆られたり・・・。
あの時こんなに知識があったなら、もっと幸せにしてあげられたのに、という思いで一杯になりました。
なんだか、またたくさんのペットと、生活を共にしてみたくなりました。(笑)現実は無理ですね、2頭のワンコて手一杯です。

Sep 18, 2007
老犬の日?

9月17日は敬老の日。
人間の高齢化と同じように、ワンコのたちの、高齢化も進んでいるようです。


老犬(シニア)の先輩方、元気で長生きしてね!


ペットフード工業会が行う、「第13回(平成18年度) 全国犬猫飼育率調査」の結果が下記です。

全国の飼育率は、「犬 : 19.2%(昨年度:19.4%)猫 : 14.7%(昨年度:14.9%)」
全国での飼育頭数は犬:1208万9千頭、猫:1245万7千頭、合計2454万6千頭。
調査の結果、純粋犬で4割と雑種犬の6割が7歳以上の高齢犬であることが判明し、全体の約7歳以上が高齢犬であることが分かった。
また、室内飼いの傾向や犬・猫にたいして癒しを求める傾向が強くなっており、犬・猫の飼育意向は若年層と、団塊の世代の間で広がりを見せ高まっている。


昔に比べて動物医療の技術は格段に進歩し、食餌に対する飼い主の意識やその質の向上などから考えても、高齢化は当たり前のことですね。
人間同様、ペットも高齢化社会となると、病気や老化による老犬介護の問題や飼育放棄などの問題も出てきます。

15日の朝日新聞にも掲載されていましたが、犬専用の介護施設「ペットのここから」などもオープンし、ますます高齢化するペットたちのケア施設も人間並みになってきました。
でも、ペットたちは、愛する家族のもとで、最後まで一緒に過ごすことを望んでいると思います。出来る限りのことをして、お互いに悔いのない、納得のいく最期を迎えさせてあげるのことが、飼い主のペットに対する本当の愛情だと思うこの頃です。
ああ、この問題は難しい・・・。
Sep 17, 2007
バーフ狂
1190036640601002.jpg
バーフダイエットへの切り替えが、順調に進んでいます。
2頭とも、今まで生肉を食べたことがなかった為、お腹の調子を心配しましたが、かえって生肉に変えたこと、ドライフードもウサギ肉と漢方処方のワンフーに切り替えたことが良かったのか、調子が良いです。変な話ですが、う○ちの臭いもないし、量も少ない。勇の方がちょっと硬過ぎかとも思うので、時々りんごやサツマイモを食べさせています。


現在の食餌は、
朝・・・ワンフー+核酸2粒(サプリメント)+カスピ海ヨーグルト
夜・・・ワンフー(少量)+カンガルーバーフダイエット1/4枚+核酸2粒(サプリメント)+ウサギ肉ガム1枚

べったりとひどかった愛の目やにもなくなり、お口のまわりの赤みもずいぶんとひいています。

バーフの威力は凄まじく、2頭とも食餌時間が待てないほど。キュンキュンなきながら、くるくる回ってひたすらせがんできます。それに生肉を食べるようになってから、それだけで満足するのか、ガムやおやつをそれほどほしがらなくなっています。やはり犬は肉食なのですね。実感!
Sep 16, 2007
自転車に乗って
1189948808408709.jpg

連休だよ
お天気もバッチリ
ん?ちょっと暑いかな

でも、
自転車のかごに仲良くおさまって
これなら大丈夫だよ
ね、どこかに行こうよ♪

Sep 15, 2007
体整形マッサージ
1189947957630276.jpg

ビリーの次はこれ!
またまた流行りものを購入してしまいました。
TVで紹介されていて、やってみなくちゃと使命感に燃え(?)アマゾンで購入。アマゾンでなくても、うちの近くの小さな本屋さんでも、犬の本は置いてないのに、これは置いていた(笑)

早速DVD見ながらトライ!勉強疲れで(?)腰が痛い、体が重い、マッサージで癒してあげるよっていう感じかな。

この「体整形マッサージ」の基本は、むくまず冷えない体へと改善するため、リンパの流れを促進する「リンパマッサージ」。
毎日5分基本のマッサージを行なうことで、冷えやむくみを解消する。体の側面を重点的にマッサージするため、老けを印象ずける体のマチにあたる部分を引き締め、メリハリのある若々しいボディラインへと変化させていく。
なんて理想的!自分の体を自分でケアして美しいボディラインを作る!確かに腕から脇、脇から側面、ウエストまでのマッサージは普段全くしないので、引き締まる感じが気持ちよかった。腕を上げたり、後ろへ回したりするので、肩こりの解消にも良いかも。

これで、若々しく美しいボディラインを手に入れたぞ!(爆笑)
Sep 14, 2007
コーギーだらけ???
1189945060596093.jpgなぜでしょう?
昨日ノーリードのコーギーに襲われ、コーギーアレルギーなのに、今朝の散歩は「コーギーだらけ」。

家から出てすぐに、マジで苦手なマリリンに遭遇。その後行く先々で会うワンコは何故かコーギーばかり。
苦手な3頭連れのコーギーにも久しぶりにご対面。3頭一緒に吠えまくられる。始めて会った、お姉さんが連れてるコーギー。時々会う「怖がり」のコーギー、飼い主のおばさんは膝まづいて宥めてるけど、この子も会うワンコに吠えかかる。ちょっと離れたところから、見かけたコーギーは、お友達の2頭のワンコに吠え掛かっていた。
家の近くまで戻ってきて、仲良しのベルくん、ターシャちゃん、このコたちはおとなしくて、人懐っこい。勇も愛とも仲良しのお友達。
結局 朝の散歩だけで9頭ものコーギーに遭遇。こんなに同じ犬種に会うのも珍しい。こんなにいたのねっていう感じでした。

ちょっと コーギーの登録頭数順位を調べてみました。

2000年以降のJ.K.C 犬種別年間登録頭数順位
2006年 1. ダックスフンド 2. チワワ 3. プードル 〜 9.コーギー
2005年 1. ダックスフンド 2. チワワ 3. プードル 〜 7. コーギー
2004年 1. ダックスフンド 2. チワワ 3. プードル 〜 6. コーギー
2003年 1. ダックスフンド 2. チワワ 3. プードル 4.コーギー
2002年 1. ダックスフンド 2. チワワ 3. コーギー
2001年 1. ダックスフンド 2. チワワ 3. シー・ズー 4. コ−ギー
2000年 1. ダックスフンド 2. シー・ズー 3.チワワ 4. コーギー

と、こんな感じで2003年以前は3,4位を争っていたのですね。5才前後のコーギーが多いのは、ちょっと意外でしたがこれで納得。ポメやキャバなんてお呼びじゃないですね(笑)
Sep 13, 2007
ノーリードは止めて!
1189944375549583.jpg朝晩は涼しくなってきたので、お散歩が楽になってきました。
今朝は、いつもの夏コースよりちょっとプラスして、田園調布本町近辺の住宅街を気分よく、2頭連れて ぶらぶら♪るんるん♪
「今日は天気がいいねぇ〜。楽しいねぇ。おうちに帰ったら美味しい(犬用ミルク)飲もうねぇ〜」などと、2頭のワンコに話しかけたりしながらお散歩です。
いつも2頭のワンコにいろいろ話しかけます。今日の予定とか、ワンコのお友達のこととか。2頭とも分かったような、分からんような・・・。

気分よくお散歩して4つ角のところにきたら、坂の上の方からノーリードのコーギーが突進してくるではないですか!うちのワンコを見つけて、遊びたくなったのか、飼い主さんの「待て!」という指示も聞かずに、走りよって来ます!慌てて2頭を引き寄せて、囲うようにして守りました。危うく飛び掛られたりはしませんでしたが、本当にびっくりです!

コーギーって体は大きいし、坂道を駆け下りてきたので迫力があるし、ましてノーリードだし、てんやわんやの大騒ぎでした。勇も愛もビビッて逃げる体制。私も怖かったんだから、きっとすごく怖かったでしょう。落ち着きを取りもどすまで、しばらくかかりました。住宅街でノーリードのワンコに突撃されるとは!

偶然にも、2,3日前にノーリードで散歩させてる人がいるっていう話は聞いていたのですが、まさが自分たちが遭遇するとは。ノーリードだけは、止めてほしいと思います。うちの子は大丈夫って思っているのかもしれませんが、何があるか分かりません、ワンコですから。静かな住宅街でも、交通事故に巻き込まれないとも限らないではないですか。車も、バイクも自転車も通ります。ネコやカラスなど、ワンコの本能をくすぐるものはたくさんあります。自分のワンコの安全のためにも、大切に思って可愛がっているなら、リードは離してはいけません。

今回は、飼い主のおじさんに「マナー違反は止めてください!」って叫んじゃいました。飼い主さん、首輪にリードを繋いで、謝りながらワンコを叱ってました。叱るのはおかしいですよね、悪いのは飼い主さんですよ、ワンコは悪くないですね。こういう飼い主さんこそ、「動物の愛護及び管理に関する法律」や「動物の行動学」を勉強してほしいです。ああ、怖かった。
Sep 12, 2007
睡魔と格闘
愛玩動物飼養管理士2級の課題報告提出期限が迫っているのにもかかわらず、勉強しようと課題報告問題とテキストを広げて見ているうちに、睡魔が襲ってきて・・・どうにもこうにも眠くて仕方がなくなる。



普段使っていない頭は、思うように動いてくれず、その記憶力はないに等しい・・・悲しい現実。老犬介護どころの話じゃない、自分の方が老化現象が十分に現れてるじゃないか。この課題を期限内に提出しないと、12月の本試験の受験資格がなくなってしまう。明日から頑張ろう!っていつもこうだ。駄目な私。
レメディでも飲んで、やる気を出して頑張らなければ。はて、何の、どのレメディを飲むんだっけ?こっちの勉強もおろそかになってるあらま、どうする???


是清.jpg

勉強の合間に(合間ばかり・・・)昨日買ってきた両口屋是清の甘いものでも食べて、リラックス。これが美味しいのだ、親指ほどの可愛らしい茶つう「草まくら」と、小豆餡を玉子皮で包んだ焼き菓子「志なの路」。う〜んおいひぃ。さあ、本当にやらなくちゃ、勉強。
Sep 11, 2007
愛犬カメラ術 、最終回
【女性カメラマン、蜂巣文香の素敵な「ワン」ショット! プロが教える愛犬カメラ術】セミナーの3回目に参加してきました。
7月に「撮り方講座」8月に「『うちの子』撮影会」、今回の最終回は「最終仕上げと鑑賞会」でした。




アルバム01.jpg

「ワンオンワン表参道サロン」で行なわれた「『うちの子』撮影会」では、楽しみながらも必死の形相で2頭のワンコを相手に悪戦苦闘。アナログ写真で、フイルム枚数に制限あり、ということもあって、失敗したらどうしようという思いから、なかなかシャッターが切れなかったことを思い出して苦笑い。前日から仕上がりを想像するものの、一枚も作品になるようなものが撮れていなかったらどうするの?と胸中複雑でした。
仕上がりを見るまで、本当にドキドキ、ワクワク!この気持ちを味わえただけでもいいや、なんて思ったりもして(笑)で、その仕上がりですが・・・


アルバム02.jpg

私は16ページのミニアルバムにしたのですが、これがどれを使うか迷ってしまうほどの出来栄え!!
どう考えても、私が撮ったものとは思えません!と、大げさですが、本当に良い作品ができたのです。
ほんのちょっとアドバイスをいただいたり、ちょっとしたテクニックで思わぬ良さが出たりと、写真の魅力や、可能性は無限大ですね。それにしても、今回はアナログ写真のよさを再確認しちゃいました。






写真を撮るときには、ただ漠然と撮るのではなく、例えば「美味しいお顔の写真を撮るぞ!」とか、必ずテーマを決めて撮るようにするのがポイントだそうです。
いや〜、この講座は本当に楽しかった。また上級講座など開催してほしいものです。参加しちゃうよ、絶対!!



Sep 10, 2007
愛犬健康チェック日記
3種の神器.jpg3種の神器(笑)
聴診器、体温計、メジャーです。




増子先生から、愛犬の健康状態を常に把握するためにも、「愛犬健康チェック日記」をつけると良いと薦められました。
実際のデーターとして残すことにより、変化がきちんとた数値で把握できます。

犬は早いスピードで成長するので、ちょっとおかしいなと思ったら、病状が進んでしまっている、ということが多いそうです。
病気の予防やスキンシップにもなるので、週に1度ぐらいで始めてみることにしました。取り合えず、問題ありの愛ちゃんからです。

チェック項目は
体重、体温、心拍数、呼吸数、腸の音、排尿(色、におい、回数)、排便(状態、回数)、食餌、おやつ、運動、ご機嫌など
その他、体長、体高、胸囲、腹囲、首周り(月に1度ぐらいで計測)

そうそう、お散歩でお友達になったパピヨンちゃんですが、食欲がなく、最近痩せちゃったのよ、などと少し前から話をしていたのですが、今朝お会いしてお話を聞いてビックリ。腎臓が悪くなっていたのだそうです。普段から元気いっぱいに動き回っている子なので、まさか病気だったなんてと、ショックを受けていました。
今から思えば、食欲減退や体重減少が病気のサインだったのですね。でも元気はあるから分からなかった・・・こういうことって多いですよね。何かおかしいなって、普段と違うなって思っても、病院へ行くかどうするかの判断て難しい。
だからこそ、普段からの健康チェックは必要なのかもしれませんね。常に気を配ってあげられるということからも。
Sep 09, 2007
アロマdeドックヨガ

ドックヨガスクールの新しいレッスンが始まりました。
その名も「アロマdeドックヨガ」。

今回もボクが参加しました。ビビリ勇です。


アロマの香り漂う中で、愛犬とドックヨガをして、ともにアロマを楽しみながら絆を深めていく、というおしゃれで素敵なドッグヨガです。初日の今日、午前の部に勇とともに参加してきました。

リラックス.jpg教えてくれるのは、ドッグヨーガインストラクター、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、 ナチュラルペットケアアドバイザーである『sioさん』。老犬介護セミナーでも、一緒にお勉強させていただいた、とても素敵な方です。今日は、愛犬カノンちゃん(スムースチワワ、4才)が協力してくれました。

本日の精油は、ラベンダーとマンダリン(ランチみたいってsioさんが笑ってました)。どちらも鎮静効果がある精油だそうです。お教室に入ったときから、ほんわかといい香りがしていましたっけ。和むな〜。

で、ヨガのほうですが、これが3回目の勇と一緒に参加でしたが、相変わらずビビリの勇でした。でも、だんだん回を重ねるごとに、一緒に協力してくれるポーズが増えてきたりして、楽しいひとときを過ごせるようになってきたみたいです。徐々に一緒にやっていこうねって、勇に話しかけました(笑)


木のポーズ.jpg木のポーズです


英雄のポーズ.jpg









英雄のポーズです



あれれ、
一緒にレッスンに参加していた、トイプードルのビビアンちゃんがチューしにきたよ。
うちの勇は隅っこでイジイジ(笑)




Sep 08, 2007
どきどきの尿検査
ねむねむ.jpg
爆睡中の愛です。台風の後ということもあり、とても暑かったので、帰宅後は2頭ともバテバテでした。









愛の尿検査とフィラリア薬をいただくために、かかりつけの動物病院へ行って来ました。
先日、動物病院NORIKOで健康診断を受けた際、のり子先生に指摘された「愛の尿のニオイ」のための尿検査です。
腎臓の機能か、膀胱が悪いのかなど心配だったので、1度検査を受けなければいけないと思っていました。

尿検査は取った尿をすぐに検査する必要があります。時間が経つと雑菌が繁殖して、正確な検査ができないからです。もうひとつ、ある程度膀胱に溜まっている尿でなければならないということもあるので、動物の尿検査の為の尿の採取は難しいですよね。
愛はすのこ付きトイレを使用しているので、すのこの下に食品トレーを挟み、その中に受けるようにして取ってみました。それをお弁当用の使い捨ての、マヨネーズやケチャップを入れるふた付きの携帯用容器に入れ変えて、採取後すぐに病院へ直行。
我ながら上手に取れたものだと感心したりして・・・。そうそうこの容器は検便の時にも便利です。

結果は、pH 6.5、ウロビリノーゲン、潜血、ビリルビン、ケトン体、ブドウ糖、タンパク質、が(−)、尿比重 1.034、白血球、赤血球、が(−)、上皮細胞(±)、円柱、精子、結晶、細菌、脂肪滴が(−)でした。
先生の説明では、特に異常はないそうです。ただ、上皮細胞が(±)なので粘膜が弱いかもしれないとのことで、これはのり子先生のお見立て通りでした。尿検査なしで、ずばりあててしまうのり子先生の直感の鋭さに驚きました。特別異常が認められなかったので、ホッとしました。

勇と愛の体重測定後、それぞれフィラリア薬をいただき、月末の愛のワクチン接種の相談をして帰ってきました。
Sep 07, 2007
食餌とサプリメント
バーフダイエット.jpgのりこ先生に薦められたバーフダイエット。今日が2日目です。1枚のパテの1/12の量です。正規の量は体重約5キロの小型犬なので、1日分が1/2枚。でも、ドライフードのワンフーと混ぜるので1/4です。2頭で2日で1枚の計算です。ちょっとお高いお食事で・・・(汗)健康には代えられませんけど。
勇も愛も生肉はとっても好きな様子。「今日のゴハンもお肉あるよぉ」と言うと、今までになく喜ぶのです。目がキンキンキラキラッ!くるくる部屋中走りながら回っちゃうんです。大騒ぎ状態。抑えられません。
愛はずっとお腹がゆるい性質だったけど、ワンフー+バーフでお腹の調子は今までになく良好、そして何より食いつき抜群。ニオイもドックフードより段違いに良い、ドックフードって独特のニオイがあるじゃないですか、「犬のゴハンだぞぉ」ていうニオイ。あれがないんですよ。バーフの中でも一番癖があって食べにくいと言われたカンガルーですけど。今まで、美味しい物をあげていなくてよかったかな。結局は、2頭とも単に食いしん坊なのね(笑)

核酸.jpgDr.のり子のNucleo Angel
核酸(DNA,RNA)、プロタミン、10種類のビタミンをバランスよく配合した栄養補助食品



もうひとつ、のりこ先生に薦められた物があります。それは、サプリメント「核酸」です。
核酸(DNA,RNA)は、地球上のあらゆる生命の基本物質であり、最重要の生体成分です。

主な核酸の働きは
/慶賃綣奸丙挧κ裂)を促す
血流を良くする
9鎧晴什醉
せ號辰竜杣を遅くする
サ憶力を良くする
Ε咼侫ズス菌を増加させる
など様々です。

現代の犬や猫は高脂肪や添加物の多いフードなどの食生活に囲まれ、胃腸が弱く、感染に弱いと言われています。また、長寿化、高齢化にともなってガンなどの難治性の病気や、人間同様に生活習慣病も急増しています。いつまでも元気で共に暮らすためにも核酸をとって免疫力を高めてあげたいと思います。

タブレット.jpg

「悪くなったらお医者さんにかかればいい」という考え方を改めて、物言わぬペットだからこそ、病気の予防という面から健康について考えてあげましょう。質の良い食餌と効果的なサプリメントの摂取は健康を保つために大切ですね。動物も人間同様、健康な体は食餌からしか作れませんものね。

我が家の2頭にも、今日から「核酸」を食べさせてみます。
Sep 06, 2007
バーフデビュー
のりこ先生にも薦められたバーフダイエット、その日のうちに注文した商品が本日届きました。


バーフダイエット、個別包装で扱いやすい。
解凍後は冷蔵庫のチルド室で保存。
人間用の生肉と同じような扱い。


今夜から食べさせてみました。バーフデビューです!
我が家の2頭は、好き嫌いをしたことがないので、癖のあるカンガルー肉でも大丈夫だと思っていました。予想通り全然平気、平気というより、食いつきが抜群!食いつきが良すぎてニオイですでに大興奮。 いつもそうですが、あっという間に平らげてしまいました。


勇くんの「ワンフーごはん」に
「バーフダイエット、カンガルー」を追加!



バーフダイエットとは・・・

バーフとは『Biologycally Appropriate Row Foof』、つまり「生物学的に適正な生の食事」の頭文字を並べた言葉だとか。

「犬がオオカミから進化したと考えると、骨を含んだ生の食事を与えるのが正しい」という考えに基づいているのだそう。
生の食物には、豊富に含まれている酵素が食物の消化を補助したり、老化のプロセスを遅らせたりする働きがあるが、これらの酵素はタンパク質で構成されているので、熱で破壊されてしまいます。
いくらバランスがとれた食事でも、調理されたものだけを食べている動物は免疫反応が減退するのだそうです。
この「バーフダイエット」は、人間も食べられる質の高い生肉に骨や野菜を加えて与えることによって、筋肉が強くなったり骨格がしっかりしてきたり、アレルギーや感染症が軽減されたりという効果もあるのだそうです。
体は食べ物でしか作れないのです。健康になる食餌を考えてあげましょう!


Sep 05, 2007
お疲れですね・・・


昨日の「動物病院NORIKO」へのお出かけで、
2頭ともとても疲れたのでしょう。
今日はおとなしく「ねんねんの日」となりました。



勇くん 寝てるの?
本当にねてるのぉ?
遊ぼうよぉ・・・つまんないよぉ。
・・・・・。
つまらないから、また、私も寝ようかな・・・。

Sep 04, 2007
動物病院NORIKOへ
健康診断をしてもらうために、港区麻布十番にある「動物病院NORIKO」へ行って来ました。
動物病院NORIKOでは、西洋医学を基盤に、メスと薬だけの治療ではなく、統合医療と病気の予防に力を注いでいらっしゃいます。
頻繁に定期健診をし、食事・栄養療法、中医学(中薬・針灸)、ホメオパシー、ジェモテラピー、アロマ療法、サイモステラピー(体のひずみを矯正)を用いたペットのリンパマッサージ療法などを行っています。
たくさんの方法の中から、その子にあった治療を見つけ出して、自然治癒力をいかしながら負担のかからない方法で治癒に導いてくれるのです。


診察券&領収書


医院長である宮野のりこ先生は、老犬介護セミナーで私が習った、動物介護士でコンパニオンアニマルCAPの増子元美先生の師匠でもあります。
その関係から、一度は勇と愛を診察していただきたいと思っていました。
「犬・猫との出会いは決して偶然ではないのです。人間の出会いのように、見えない糸で結ばれ決められていることです。飼い主さんと犬・猫は鏡同士、必ずリンクします。可愛い子が天寿を全うできるよう、出会ったときからお別れするまで素敵な飼い主さんでいてください。」
と自身の著書の中でおっしゃっています。

ちょっと強面の先生でしたが、真剣な眼差しで勇と愛の体の隅々まで(口腔内、歯の状態や肛門の状態などまで)触りながら、診察してくださいました。

勇は、はじめての病院、先生にビビリまくり・・・診察台の上で、耳までぴくぴく震えさせて、手を出されるたびに体を引っ込めてしまっていました。
勇は、ちょっと肛門の周りが赤かったこと、爪がのびていることぐらいでした。ポメラニアンは犬種的に、脚が弱い傾向にあるのですが、勇は骨も太くしっかりしているとのことです。
肛門周りの赤みは、お話しているうちに、私が肛門腺を絞った際に、ウエットティッシュやティッシュペーパーで強く拭きすぎることにあることが判明しました。肛門腺絞りは一週間に一度くらい行っていたのですが、そのぐらいだったら良いとのこと。でも炎症のもとmなので、ティッシュなどで拭いてはいけないそうです。スプレーボトルにぬるま湯をいれて吹付け、後は軽く布でおさえるようするように指示されました。
爪きりの仕方などもアドバイスいただきました。

愛は、CAPPボランティアに参加するため、指定健康診断書を書いていただけるように、お願いしてあったので、検便検査も行っていただきました。
愛は、増子先生にもセミナーでご指摘いただいていた通り、筋骨格系として後足(膝)の関節がゆるく弱いこと、歩様が悪いこと、口腔、歯については、口の中の粘膜が赤い(口内炎)など、数箇所指摘されました。
骨格系の問題は、治ることはないので、食事療法で栄養状態を良くし、しっかりした筋肉をつけることでカバーするようにとのことでした。口腔内の赤みについては、少しアレルギー気味なことと、栄養状態が悪い為のようでした。
検便検査では異常は認められませんでしたが、尿にニオイがあるそうで、かかりつけの病院で尿検査をするようにとの指示をいただきました。先生のところで検査できなかった理由は、触診で膀胱が空っぽのためです。腎臓が悪かったら困るな・・・と思っています。でも、少しの異常でも気になったことははっきりおっしゃってくださって、その対処法なども的確に指示していただけました。

食事の件ですが、以前はベッツプランを与えていたこと、現在「ワンフー」に100%切り替えたことなどをお話しましたが、ウサギ肉で漢方の「ワンフー」は悪くないとのことでした。
これは私にとって非常に嬉しかったです。これからは先生が薦めている「バーフダイエット」を追加して、徐々に「バーフダイエット」の割合を増やしていくようにとのアドバイスを受けました。ただ完全に「バーフダイエットだけにするのは、何かあったときや、私だけしか食事を与えられないなどの危険を避けるため良くないので、「ワンフー」を少量でも続けていくようにとのことでした。そして、食事と同様にサプリメント(核酸)の指示もしていただきました。早速取り寄せて試してみます。



Sep 03, 2007
スカイプの登録



最近ちょっと勇と愛から離れてワンコと関係ない(?)ことはないけれど、ワンコからちょっと離れた自分のブログになってきてしまっています。
今日の話題も「スカイプ」!

スカイプとは、世界中のスカイプユーザに無料で電話をかけることができ、電話会議では、10人までの相手と同時に通話することができます。
リアルタイムに文を送りあうテキストチャットや、小さなファイルなら、通話中やチャット中に必要となったファイルを転送することもできるという優れもの。
老犬介護セミナーでお世話になった、動物看護士でありコンパニオンアニマルCAPの増子先生と、動物病院NORIKOの宮野のりこ先生が中心になり、生徒8人の計10人が参加してスカイプ会議を行うのです。
スカイプを利用した「わんにゃんぴっ塾」が開塾されます(一期生です)。この塾の目的は、動物と飼い主さんのケアーについて、栄養、健康、保育、出産、介護、動物メンタル面、ペットロスなど動物全般にカウンセリングできる人材の育成です。
参加準備で私もスカイプをダウンロードし、登録しましました。早速、熊本在住の増子先生とスカイプ電話でマイクテスト!30分もおしゃべりして無事テスト完了。
なんだか、また難しいことに首を突っ込んでしまった感があるのですが、勉強あるのみ。うちのワンコたちだけでなく、たくさんのワンコ達を、少しでも辛くなく幸せな毎日を過ごさせてあげたいと思うのです。
そうだ、スカイプ使用中、うちのワンコ2頭は暇そうで、愛が勇に絡んで喧嘩を売って大暴走してました。困った奴らなもんだ。
Sep 02, 2007
CAPPボランティア活動の見学
先月CAPPボランティア活動講習会に出席しましたが、今日は実際の活動を動物を連れずに見学してきました。
正式に活動するには、講習会の参加後、動物を連れずに実際の活動内容を体験し理解し、自分の動物の適正を自分でチェックすることから始まります。
違う施設(活動場所)へ参加する場合も、このように動物を連れずに見学することから始めなければいけません。


バス車内から公園通りを写す


今回見学に訪れた「渋谷区あやめの苑・代々木」は、自宅から少し遠いのですが、参加してきました。
渋谷駅から新宿駅西口を結ぶ路線で平日の朝夕は混雑しているのでしょうが、日曜日の昼間ということもあり、行きも帰りも余裕で座れる程空いていました。
代々木三丁目バス停まで、京王バスで10分ちょっと。この路線は、ハチ公前の交差点,丸井・西武などの横を通過し,公園通りを渋谷区役所へ。何といっても公園通りを行き交う人達を眺めながら、バスに揺られているのは、また違った渋谷を見られて結構楽しかったです。
その後NHKの横を通過し,代々木公園や明治神宮の裏口である参宮橋駅の近く、代々木三丁目バス停からすこし住宅街を入ったところに、あやめの苑はありました。



代々木三丁目バス停付近


今回の活動に参加したワンちゃんは8頭でした。やはりその犬種の特性からでしょうか、プードルが4頭参加していました。チワワが2頭、柴が1頭、初めて見ましたがチベタンスパニエルが1頭。(なんとも言いがたい可愛いお顔をしていました。)どのワンちゃんたちも、この場ではおとなしく「お仕事モード」の様子。昨夜、または今朝シャンプーしてもらっているので、それがこの活動に参加するという合図になっていて、気持ちもしっかりCAPPに向いているのだそうです。
ハンドラーさんたちも感じの良い方々ばかりで、ワンちゃんを愛し、人間を愛し、気持ちがひとつになり、活動が行われました。
今回参加されたお年寄りの方々がどんどん打ち解けて、表情が明るくなっていくのが分って、楽しんでもらえた様子に心が和み、とても有意義な時間を過ごすことができたと思いました。

次回ここでの活動は11月4日だそうですが、そのときは愛を連れて参加したいと思います。先ずは愛に健康診断を受けさせ、診断書の提出をしなくては!

Sep 01, 2007
今日から9月


今日から9月、だんだん暑さも和らいできて、お出かけするのにも良い季節になってきます。
「敬老の日」や「秋分の日」の振り替えがあったり、土日を含めると12日もお休みがあり、普段の月より遊べるぞ!という感じ(笑)
2頭のワンコを連れて、どこかに遊びに行きたいという気持ちは大!現実は・・・無理かな。
7、8月となんだかんだと外出も多かったので、ほら、勉強しないと月末の「課題報告提出」合わない。
そうそう、「うちの子撮影会」の写真、どう撮れているのかな?11日に3回目の講習があり、そのときミニアルバムを完成さます。アルバムができるだけ、きちんとした写真が撮れているのか???
スカイプを使用した「わんにゃんぴ勉強会」にも参加する予定なので、こちらの準備もしなくちゃ。CAPPの見学にも、行きたいし・・・。ああ、やりたいことがたくさんありすぎ(笑)

盛夏の疲れが出ないように、健康第一で頑張りましょ!!