ポメラニアン&キャバリアと過ごす毎日。

November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
▼勇(ゆう)

[犬種]ポメラニアン[毛色]オレンジ[性別]オス[誕生日]2005年1月10日[性格]小心者です。典型的な内弁慶。ワンコってこわ〜い!

.



▼愛(あい)

[犬種]キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル[毛色]ブレンハイム[性別]メス[誕生日]2006年6月29日[性格]大の人好き。ぶっ飛び愛です。30分でフル充電! 

ちなみに愛はスタードッグスクール↓の1期生です。

http://www.stardog.jp
ホームページ
.



▼ぽめきゃば(管理人)

●ホームヘルパー2級 ●愛玩動物飼養管理士2級 ●東京都動物愛護推進員 ●ドッグヨーガインストラクター ●ペットナチュラルケアアドバイサー ●愛犬家住宅コーディネーター ●ドッグライフカウンセラー ●アニマルアロマセラピスト ●リンペットパッドトレーニングマスター ●リンパケアアドバイサー ●愛玩動物救命士(ペットレスキュー)●ペット・マッサージセラピスト ●老犬介護セミナー終了 ●バッチフラワーレメディーレベル1,2終了 マスターズフラワーエッセンスワークショップ終了 ●クォンタムタッチ ワークショップ2回終了 

LINK
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MYALBUM
SEARCH
PR




Sep 30, 2008
あっという間!!
cafe01.jpg某コーヒーメーカーの詰め替え用インスタントコーヒーを購入。
以前から詰め替えの時に、あちこちにコーヒーの粉を撒き散らかしてしまっていた私。
飛び散ったコーヒーの粉を、ワンコが近寄らないように「ギャーギャー」言いながら、ラップで必死にくっつけて取っていたりしていた(笑)


この新しい形の詰め替え用、CMで見て、どうなっているのか不思議でたまらなかった。
で、即購入してみたものの、半月ほど眺めていて、今回やっと出番となったのである!

さて、本当に簡単に詰め替えられるのか?


勇がテーブルに上ってきて、「何かするの?」 という顔でちょっと離れて見ている。



cafe02.jpg詰め替え用コーヒーのキャップを外し、コーヒーのビンに逆さまにして被せる。
上からトンと押すと、一気にサーッと粉が落ちてきて、あっという間にキレイに詰め替えが完了してしまった。

これ、イイ!すごくイイ。
早いし、きれいにこぼさずに出来るし。

なんだかこんなことに感激して、いい気分になった。ホント単純な私である。こんな小さなことに感激するんだから、幸せなんだな〜と思う。



側で見ていた勇くんも、私の喜びように呆れたご様子。
Sep 29, 2008
キッズモデルとの撮影

撮影後に、キッズモデルの2人と一緒に


主婦の友社「Como」12月号(11月1日発売)の撮影に参加してきました。

今回は、都内某所のハウススタジオにて、キッズモデルの2人とのカットでした。
12月号ということで、スタジオのセットは「クリスマス」で暖かく、可愛い感じ。愛の撮影はお庭での予定でしたが、あいにくの雨で室内に変更。
お外にいるイメージの壁紙の前で、2人のキッズモデルの間にお座りしているカットを撮っていただきました。キッズモデルの2人は、とても可愛くておとなしく、慣れているな〜っという感じで、撮影はスムーズに進みました。スタッフの方々もワンコ好きの方々ばかりだったので、皆さんに可愛がってもらって、愛も上機嫌でした。
最近は、ハンドラーである私の意識が他の方に向いてしまっていたので、すっかり練習をサボっていたため、基本の「待て」が出来るかどうかすら心配だったのですが、何事もなく撮影できたので、内心ホッとしました。(笑)

スタッフや関係者の方々、ありがとうございました。
ワンカットだけですが、発売がとても楽しみです。
Sep 27, 2008
健・楽・学 セルフケアークラブセミナー Vol.2
人形町Dr.Norikoペット自然療法院3Fセミナールームにて、今月から始った『健・楽・学 セルフケアークラブセミナー』、今回はその2回目だった。
午前中「ヨーガ教室(リラクゼーション・ストレッチ)」、そして午後は「Dr.のり子のセルフメディケーション・何でもQ&A」である。※今回から「Dr.のり子の"ワンニャンHowTo"Q&A" 」から、名前を変更。

午前中のヨーガは、元SKDの加藤薫先生。リラクゼーション・ストレッチということで、ヨーガのポーズ重視ではなく、ゆっくり、のんびり、体と心を柔らかくほぐしていく。またまたのり子先生とご一緒できた!今回は、花田先生も参加され、人数も増えたので5Fに場所を移して行われた。先生方はお仕事が忙しく、定期的にお体を動かすことがなかったそうなので、健康のためにも出来るだけ続けていかれるとのこと。とても楽しみにされているので、これからもご一緒できそうである。

午後はのり子先生のセミナー、今回からセミナーの名前を「Dr.のり子のセルフメディケーション・何でもQ&A」と変更。ペットも飼い主さんも、自分の健康は自分で守っていきましょうというセミナーで、先生に気軽に何でも質問できるのである。  [続きを読む]
Sep 26, 2008
組み合わせ
ビックリした! 我が家と同じ組み合わせだったのだ。ポメラニアン&キャバリア。

今日、夕方の散歩の時に、その子たちに偶然に会った。あちらの飼い主さんも、今まで同じ組み合わせのワンコ達に、会ったこと、見かけたことがなかったと言われ、お互い『おなじ〜!』と声をあげて、ビックリしあった。

ちょこっとお話したのだが、我が家とは逆で、キャバリアちゃんがオスで年上、ポメちゃんがメスで年下。性格は、後から来たポメちゃんが、キャバちゃんそっくりになってきて、人懐っこいのだそうだ。(いいな〜)
 
我が家のポメの勇くんは、本当に臆病で、いつも番犬している。まあ、これも個性だと思ってはいるが、2頭がまったく違う性格なので、いつもひっちゃかめっちゃかのお散歩タイムである。
Sep 25, 2008
岩盤浴マット



ペット用、岩盤浴マットを作ってみた。
麻の生地を購入して、袋状に縫い、9種類の薬石を詰める。
超簡単な岩盤浴マットの出来上がり!

Sep 23, 2008
シッポにゴム
ame.jpg雨の日のお散歩、皆さんどうしてますか?
我が家では、2頭とも雨の日のお散歩は嫌いのようです。

特に愛はすぐにびっちょりになって、毛が体に張りついてしまいます。だから雨が小ぶりの時に、トイレだけのためにちょこっと出て、ものの5分もしないうちに戻ってきたりします。勇はお家で出来るので良いのですが、愛はう〇ちは外でする派なんです。だから雨の日は、通常2回の散歩タイムが、1回のトイレタイムになちゃう訳です。

雨上がりの時も問題あり、なんです。歩き方、そして肉球の大きさなどの違いからでしょう。勇はほとんど跳ね返さずに歩くのに、愛は跳ね返して、脚も、お腹もびちょびちょ〜になっちゃいます。仕方がないので、Tシャツを着せてお散歩に出ます。

ぐるぐる.jpgそして、もう1つの問題、それはシッポ! 長くて下に垂れているシッポを、お構いナシにフリフリし、地面をお掃除しちゃいます。

だから、こうやって、シッポを100円ショップで購入したゴムで、ぐるぐる巻き巻き!!こうしておけば、シッポも濡れず、汚れずでOKです。
Sep 22, 2008
ナチュケア修了!
昨日、9ヶ月間かけて学んできた「ペットのための、ナチュラルケアアドバイサー養成コース 2期生」が修了した。

9ヶ月間を、今改めて思い返してみる・・・短かったと思う。
でも、内容は濃いものであった。
最近になってやっと自分が何をすれば良いのか、何をしたいのかが、少しだけわかってきたように思う。
やっと、スタートラインに立ったような気がしている。
これからが、本当のはじまりなのだと、改めて感じている。



バインダー4冊、書き留めたノート5冊・・・。
これから少しづつ、学んできたものを整理ししょう。次のステージのために!
Sep 21, 2008
ナチュケアvol.26
ナチュケアとは?
動物自然療法協会主催の「ペットのナチュラルケアアドバイザー養成コース」のことである。
計130時間に及ぶこのセミナーは、多方面からペットを癒し、健康へ導く「ペットのナチュラルケアアドバイザー」の養成を目指している。その26日目。

26日目 いよいよ最終日

10:00〜11:00 『ホリスティック医療の今後』

東洋伝承医学研究所 所長、日本アーユルヴェーダスクール顧問であり、動物自然療法協会の顧問でもる幡井先生の講義であった。

これからの医療(一般医療)は、西洋医療だけでは間に合わない。その人の体の状態によって選び、様々な物を合わせて取ることによって効果(相乗作用)があり、副作を軽減できる統合医療が、これから増えてくると思われる。

11:10〜16:30 『ケーススタディ』

東洋獣医学を教えていただいていた由本先生が講師であった。
数点のケースのアドバイスを、今まで得た知識を駆使(?)してカウンセラーとしてアドバイスするケーススタディであった。

17:30〜 『修了式&懇親会』



講義の終了後、場所を移して、修了式と懇親会が行われた。
修了書は、幡井先生から授与していただいた。
ケーキを用意してくださっていのだが、上にちょこんと乗っている2頭のワンコと1匹のねこちゃん!そう、愛が乗ってるの!ね〜、わかる?可愛いでしょ、感激!!
このマジパン細工は、記念になるので、大切に自宅に持って帰ってきた。
Sep 20, 2008
ナチュケアvol.25
ナチュケアとは?
動物自然療法協会主催の「ペットのナチュラルケアアドバイザー養成コース」のことである。
計130時間に及ぶこのセミナーは、多方面からペットを癒し、健康へ導く「ペットのナチュラルケアアドバイザー」の養成を目指している。その25日目。 

25日目 10:00〜16:30 『フラワーエッセンス』

私のフラワーエッセンスとの出会いは、ホリスティックケアーカウンセラー養成講座の受講の時、バッチフラワーレメディからである。そこで初めて、水に転写した花のエネルギーがあることを知った。フラワーエッセンス、それは魂に向かって落ちていく、魂の治療薬・・・。

今回ナチュケアでのフラワーエッセンスでは、バッチしか知らなかった私に、世界には様々な特徴をもった、いろいろなエッセンスがあることを教えてくれた。
そしてそれは、人生のプロセスの中で、自分を癒すひとつの方法であり、その重要性も学ぶことが出来た。エッセンスを選ぶことは、自分と向き合うこと、冷静に自分を見る目が必要で、客観的に見ることが大切である。

地に足をつけてグラウディングをし、上に伸びていく光のエネルギーを感じながら、ペットと共に生きていく・・・愛を感じ、抵抗、拒みをなくし、決めつけずに、心が温かくなる感じを理屈ナシで受け入れる・・・ハートを開いて、生きていきたい。

今まで10時間教えていただいてきたが、私の凝り固まった頭はバッチからなかなか開放されなかった。それが今回の5時間で、その呪縛(?)から抜け出せた感じがした。これからはもっと頭を柔軟にして、世界中の様々なエッセンスを、自分やペットたちの魂の治療薬として、使ってみたいと思う。

自分が癒されていなければ、ペットも他人も癒せない。信頼してもらえる自分であるように、人として成長し続けていくことの大切さを学んだ。やっとスタートに立てたような気がした、フラワーエッセンスの最後の講義であった。
Sep 19, 2008
パワースポット
2,3日前のこと。朝の某番組に宮崎県知事がゲスト出演していた。ちょうど宮崎県の話題だったのである。

神々が最初に降り立ったと言い伝えられている「宮崎高千穂」、多くの神話が残され、元気がもらえるパワースポットだという。
私ももう20年ぐらい前だが、訪れたことがあったので、興味深く見た。

宮崎県知事は、それまで、通ったことがない高千穂の天安河原で、県知事選に出馬しようと決心したといい、足元からパワーが沸いてくる場所であるとお話されていた。

パワースポットと聞いて、先日の「エネルギーワーク」の講義の中でも、そういったパワースポットの話を聞いた事を思い出した。

その時は世界遺産でもある「屋久島」と沖縄県知念村の離島「久高島」が、パワーのみなぎる島であると教えていただいた。
四方を海に囲まれ、島の中心には高い山がそびえている屋久島は日本そのものなのだという。
そして、その名前すら聞いたことがなかった「久高島」であるが、この島は今も海洋民族の純粋な形を残している島なのだという。

こういうパワーのある場所に行き、化学物質や雑多な都会生活で鈍った体に、パワフルで新鮮なエネルギーをたっぷりチャージしたいものだ。
それこそ、これからの人生が変わるかも?!
Sep 18, 2008
今夜のご飯は「イワシ」


頭がちょっとグロテスクかな?
今夜のご飯は「いわし」
お刺身用のいきの良いいわしが手に入ったので、2頭のために買ってきた。
お野菜の方は、これまた近所で農業を営んでいるおじさんのところで、採れたての冬瓜を買った。今夜の人間の食事は、この冬瓜の煮物である。勿論、ワンコ達のもある。
冬瓜、にんじん、空心菜、野菜はすべてみじん切り。消化酵素、ヌクレオエンジェル、オメガ3・6、そしてガーリックパウダー、卵殻パウダー、ミネラルなどを足して出来上がり〜♪
Sep 16, 2008
「ヒト化マウス」
またまた遺伝子に関係する話題である。このところ私が敏感のではなく、本当にこの手の話題が多い。

エイズやC型肝炎のウィルスなどごく一部の霊長類にしか感染しない病気の実験のために、遺伝子操作で超免疫不全マウスをつくり、何代もかけ合わせて免疫能力がほとんどゼロの『免疫不全マウス』を作り上げ、実験に使っているのだそうだ。
この『免疫不全マウス』に、人間の白血球のもとになるものを注射すると、それが体内で分化してT細胞などになり、拒絶反応をおこさずにヒトの血液が再生され、人間の白血球成分をもつ『ヒト化マウス』になるのだという。このマウスは、エイズや血液のガンの治療薬の開発に使われる。
また、肝障害マウスと『免疫不全マウス』をかけ合せ、『肝障害免疫不全マウス』をつくり、ヒトの肝細胞を注射、こうしてマウスの肝細胞は壊されヒトの肝細胞に置換されるのだという。こうして作り上げられた『肝障害免疫不全マウス』は、B型,C型肝炎の治療薬開発や薬の分解を調べるのに使われるという。

「ヒト化マウス」は、薬の試験だけにとどまらないらしい。
マウスの胚にヒト染色体を持つ細胞を注射すると、成長とともにヒト染色体がマウス内でヒト抗体をつくる。こうして『人間の抗体をつくる遺伝子を持つマウス』ができ、ガンやリウマチなどの「抗体医薬」という薬の生産に使われているのだという。

人間というのは自分達が生き延びるために、たとえ小さくても同じ命、魂をもつ動物達を自由に作り上げ、実験台にし、使っていること、その行為には驚きと、戸惑いを覚えた。
オソロシイ生き物である、ニンゲン!
Sep 15, 2008
変わったマーキング
ヤブイヌってご存知ですか?私も見たことがない・・・と思います。(記憶にはないのだけれど?)

なんでも、ヤブイヌ(藪犬、Speothos venaticus )は、哺乳綱食肉目イヌ科ヤブイヌ属に属し、1属1種。イヌ科動物の原始的な形質を比較的保持している動物だと考えられていて、ブッシュドッグ(Bush Dog)とも呼ばれているのだそうです。

彼らは、とても変わったマーキングの仕方をするのだそう。
そのマーキングの仕方とは・・・

木の側に行って逆立ちしてマーキングする、それもメスだけ

マーキングって、本来♂がするものと思い込んでいたのですが、よ〜く考えてみると、我が家の愛も♀なのにマーキング娘でありました(笑)
あ、当たり前ですが、逆立ちはしません(笑)

動物の習性って面白いな〜と思ったし、遺伝的にも何かあるのではないかと思った話でした。
Sep 14, 2008
100歳まで生きる?
遺伝子栄養学セミナーや、高校生講座「生物」で、染色体、DNA、遺伝子とは何かについて、また、遺伝子と病気との関係について学ぶ機会を得てから、「遺伝子」という言葉に敏感になっているかもしれない(笑)
ふとTV番組表を見ていて、「遺伝子」という文字を発見!それもなんと「長寿遺伝子」。それって何だろう?興味が湧いたので見てみることにした。
肥満遺伝子があるくらいだから、長寿遺伝子だってあったっておかしくないよね(笑)この先もきっと「〇〇遺伝子」って、出てくるかもしれない。さて、〇〇の中には、どんな言葉が入るのでしょうか?今から楽しみである(笑)

その番組は『近未来×予測テレビ ジキル&ハイド』。数回見たことがあるかな〜?

今回のお題は・・・「どこでも顔パス最新認証システム」「トマトがしみ・しわ・たるみを予防する」「老化を防ぐ遺伝子がある」の3つ。
トマトの効能にも心惹かれつつ、自分が長生きしたいからではないが、やはりメインは『長寿遺伝子』のこと。

長寿遺伝子は誰もが持っているものだが、そのスイッチが「オン」であるか「オフ」であるかで、老化のスピードに影響があるのだそうである。

長寿遺伝子をオンにするには、カロリーを控えめにして(腹7分目)、日常できる軽めの運動を持続させること。そして、赤ワインや、野菜や果物(リンゴなど)の皮に多く含まれるポリフェノールの一種である「レスベラトロール」を摂取することなのだそうだ。

私の「長寿遺伝子」は完全に「オフ」状態のようである(爆)
Sep 13, 2008
"健・楽・学"セルフケアークラブ Vol.1
人形町Dr.Norikoペット自然療法院3Fセミナールームにて、今月から『"健・楽・学"セルフケアークラブ』というセミナー(勉強会)が始まっている。
第2、4土曜日は、午前中「ヨーガ(人)」、そして午後は「Dr.のり子の"ワンニャンHowTo"Q&A" 」である。どちらも今日が、その1回目であった。

ヨーガでは、もとSKD に所属していらした先生(10年来の患者さんでもあるのだそうだが・・・)で、ハタヨーガ、シャドウヨーガを基本に、呼吸法も数種類取り混ぜながら、ゆっくりとした動きのある、楽しめるヨーガを教えて頂いた。
なんと、のり子先生も参加され、一緒にヨーガをしたのである!!こんな機会はめったにないと、私は喜びを隠せなかった(笑)毎回参加されるのかどうかは???だが、ご一緒できて非常に、楽しかった!!!先生の可愛らしい(?)一面も、垣間見ることが出来た(笑)

そして、午後からは「Dr.のり子の"ワンニャンHowTo"Q&A" 」であった。
今回はじめての開催ということで、先ず、先生の経歴を詳しくお話して下さり、今までお聞きしていなかったことを伺うことも出た。診察の時の先生はちょっと恐い感じであるが、こういったセミナーでは、いろいろとお話してくださって、とても雄弁である。頭に入れておきたいことが沢山あって、聞き逃さないようにメモを取るのだが、ポンポンと歯切れよく、どんどん進んでしまうのである。

今回の内容を少しまとめてみる。
  [続きを読む]
Sep 10, 2008
「スッキリ!」
愛が通っている(笑)スター★ドッグが、日本テレビ、朝の情報番組「スッキリ!」内で特集されました。今回は、タレント犬養成の特集として、スクールの様子やオーディション、その活動内容などが紹介されました。
Sep 07, 2008
ナチュケアvol.23&24
ナチュケアとは?
動物自然療法協会主催の「ペットのナチュラルケアアドバイザー養成コース」のことである。
計130時間に及ぶこのセミナーは、多方面からペットを癒し、健康へ導く「ペットのナチュラルケアアドバイザー」の養成を目指している。

23&24回目 『エネルギーヒーリング』
2日間とも10:00〜16:30  講師 Yui・Wnag(ヒーラー)
私がこのナチュラルケアカウンセラー養成講座を受講した理由は、このエネルギーワークの講義を受講したかったからだと言っても言い過ぎではない。

今回の講師は、ヒーラーである王 由衣(ユイ・ワン/ Yui・Wnag)先生。


生体は特定の周波数を持ち、そのエネルギーの電気的体系を科学的に明確にした、「光の輪」の著者ロザリン・L・ブリエールや、「光の手」「癒しの光」の著者であるバーバラ・ブレナンに学び、ハンズオン・ヒーリングとフラワーエッセンス療法の分野で人間と動物の治療と教育活動に携わられている偉大なヒーラーである。

その経歴は、ニューヨーク州立大卒(理学士)、バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング(BBSH)ヒーリングサイエンス課程卒、HLCC(米国オランダ改革派教会スピリチュアリスト派)神学修士課程在籍。BBSHを卒業後、ヒーラーとして仕事をしながら同校にて教師を務める。退職後は、国際的ヒーラーのロザリン・ブリエール博士の下で研鑽を続け、『癒しの光』バーバラ・アン・ブレナン著、『フラワーエッセンス・レパートリ』パトリシア・カミンスキ&リチャード・キャッツ著を翻訳する。
また、動物のヒーリングや、人間と動物の魂のコンタクトについて多くの記事を執筆、ワークショップ、ヒーリングイベントも行っている。

この2日間は得ることが多過ぎて、未だに頭の中がまとまらない状態である。なんだかジワジワとその波動が体に浸透してきている感じがしている。多分、これからいろいろな面で、この講義の内容を自分の中で噛み砕いて理解していくのだとうと思う。また、そういう場面に多々遭遇することだろう。これだったんだという気付きがあったときには、書いてみようと思っている。

取り合えず講義の内容をほんの少し、メモ的に書いてみることにする。  [続きを読む]
Sep 05, 2008
高校生気分で・・・
午後、何気なくTVのスイッチON・・・めったに2時台の番組は見ないのだが、グッドタイミングであった!

偶然やっていたのは『NHK高校講座 生物』。

遺伝子.jpg第1部 細胞、第2部 生殖と発生ときて、今日から2学期、第3部の始まりであった。第3部その内容は『遺伝』。

4月に遺伝子栄養学セミナーを受講したので、そのことを思いだしながら見てみた。
今回は遺伝についての1回目で、遺伝を考える上での生物の仲間わけである『種』という考え方、そして、遺伝子とは何かという内容であった。
染色体、DNA、遺伝子とは何かについて、わかりやすい説明と図式で学ぶことが出来ると思った。

核の中には染色体があり、その染色体はタンパク質とDNAで出来ていること。
DNAは二重らせん構造で、4種類のヌクレオチド(A、T、G、Cという分子)からできていること。
そしてこの分子の縦の並び方、これが遺伝の暗号、生命の情報を伝えるものになっているということなど、今まで習っているはずのことを、高校生レベルでわかりやすく解説してくれていた。

HPでは各回の内容やバックナンバーもみることが出来るので、これからの勉強に役立ちそうだし、観ていて面白い。
今回、染色体はタンパク質とDNAから出来ているから、タンパク質摂取の重要性、そして傷ついた遺伝子の修復に核酸の必要性を再確認できた。

これからの講座の内容で、10月からの「遺伝子の連鎖と組換え」 「遺伝物質DNA、DNAとタンパク質」「DNA研究とその応用 」などは特に興味深い。
ネットで時間のあるときに見ることができるので嬉しい限りである。
Sep 04, 2008
ギー作り
ギー01.jpg今日は、ナチュケアで実習したこともある
『ギー』を手作りしてみた。

現在手に入りにくいバターである。特に無塩バターはめったに見かけることが出来ない。

幸いにも以前から作ろうと思っていたので、冷蔵庫の中にあった。
そう、この時を待っていたかのように(笑)



ギー02.jpgギー03.jpg







ギーはバターから不純物をとり除いた純粋な乳脂肪。
アーユルヴェーダでは すべての油のなかで特に上質な脂肪としてギーを使う。消化がよい上に、他の食材の持ち味をいかす力がすぐれているからだそうだ。

一般には、オリーブ油やごま油などの植物油が健康によいとされているが、燃やすと綺麗な青い炎で完全燃焼するのはギーだけだという実験結果もあり、体にカスを残さないクリーンな油なのである。




ギー04.jpgバイタルフォースが落ちているワンコには、肝臓、腎臓に負担をかけずにエネルギーを補給できる。

ほんの少しのギーをパンに塗って食べる。ギーはとても幸せなニオイがする。あ〜、なんともほんわか暖かい気持ちになれる、それがギーだ。

我が家のワンコ2頭ともこのギーが大好き。舐めさせて〜と寄ってきて大変な騒ぎになる(笑)
Sep 02, 2008
紫のパワー
金時草1.jpg珍しい野菜を発見!その名は『バイオレットリーフ』。
和名は金時草、またの名を水前寺草。沖縄ではハンダマという名で呼ばれ、昔から薬草として食べられていたのだと言う。

のこぎりのようなぎざぎざ状の葉。その表と裏で色が全く違い、とても特徴ある野菜。表側は緑色だが、その名のとおり裏側は鮮やかな金時色(赤紫色)をしている。

抗酸化物質(ポリフェノール)、鉄分、カルシウムを多く含む、健康機能野菜となれば、買って食べてみるしかないでしょう(笑)夏バテ防止に効果的で、最近の研究では高血圧を抑え、精神の鎮静化にも役立つことがわかっているのだそうだ。
加熱しても、生でも食べられるというから、ワンコにも最適? バーフに混ぜてあげてみることにした。

金時草2.jpg

ちょっと青臭い感じで、小松菜のよう。いつもと変わらずに食べてくれた。2頭とも食いしん坊、好き嫌いがないので楽である。

人間用としては、味が1番わかるおひたしで食した。体のサビには紫パワー!?夏バテ解消になったかも(笑)
Sep 01, 2008
実りの秋


今日から9月。
今朝お散歩中に どんぐりを拾った。
小さな秋を見つけたようで うれしくなった。

涼しさを体で感じるようになり
本当の秋がくるのはまだまだ先になりそうだが、
もうそこまで 秋は確実に近づいてきている。

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋。
さて この秋は何の秋にしようか?

私の場合 春夏秋冬 一年中
ワンコ三昧、ワンコ〜 だが(笑)
ワンコと一緒に 実りの秋にしよう