ポメラニアン&キャバリアと過ごす毎日。

November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
▼勇(ゆう)

[犬種]ポメラニアン[毛色]オレンジ[性別]オス[誕生日]2005年1月10日[性格]小心者です。典型的な内弁慶。ワンコってこわ〜い!

.



▼愛(あい)

[犬種]キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル[毛色]ブレンハイム[性別]メス[誕生日]2006年6月29日[性格]大の人好き。ぶっ飛び愛です。30分でフル充電! 

ちなみに愛はスタードッグスクール↓の1期生です。

http://www.stardog.jp
ホームページ
.



▼ぽめきゃば(管理人)

●ホームヘルパー2級 ●愛玩動物飼養管理士2級 ●東京都動物愛護推進員 ●ドッグヨーガインストラクター ●ペットナチュラルケアアドバイサー ●愛犬家住宅コーディネーター ●ドッグライフカウンセラー ●アニマルアロマセラピスト ●リンペットパッドトレーニングマスター ●リンパケアアドバイサー ●愛玩動物救命士(ペットレスキュー)●ペット・マッサージセラピスト ●老犬介護セミナー終了 ●バッチフラワーレメディーレベル1,2終了 マスターズフラワーエッセンスワークショップ終了 ●クォンタムタッチ ワークショップ2回終了 

LINK
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MYALBUM
SEARCH
PR




Nov 30, 2008
アニマルアロマ vol.4
アニマルアロマ vol.4
Nov 29, 2008
アニマルアロマ vol.3
アニマルアロマ vol.3
Nov 26, 2008
手作り食
愛犬チャンプ 2009年2月号(2008年12月25日発売)で犬ごはんの特集があるということで、取材を受けた。私のところに話がくるとは本当にびっくりである!!

現在まだはっきりと決まっていないのだそうだが、
企画名:いま食べさせたい! 簡単(優)犬ごはんBOOK(仮)
コーナー名:第3章 絶対マネしたい犬ごはんレシピ(仮)

カメラマンとライターの方が来られて、ごはんを作り、その場で勇と愛に食べさせているところが取材された。

作ったごはんの撮影と食事風景に加えて、勇と愛と一緒にプロフィール用の写真撮影や、手作りおやつや使っているサプリメントも撮影していかれた。

しかしレシピについてはまだしも、レシピ名、材料の分量などは普段からまったくいい加減の目分量であるから、何g?と聞かれても答えられず・・・苦笑。
作りかたって言われても、刻む!しかないって。生なんだから!!
こだわりのポイントだって、生だよ〜、生!!

何がきっかけで食事にこだわりだした?かって、話せばなが〜くなるでしょう(笑)
参考にしている先生、これは決まってるのだ。3名いるのだ。しっかり学ばせていただいてた先生は!
また、こんな質問もあったな。
あなたが考えるわんこの食事の基本概念・・・これも答えるのが難しくて・・・

終えたところで、ホッとしてため息が出て、いつもの食事なのに、説明の難しさを感じた。

さ〜て、これはどんな風に紙面に出るのかはとても不安な反面、楽しみでもある。
Nov 23, 2008
アニマルアロマ vol.1,2
昨日から、日本アニマルアロマセラピー協会主催、アニマルアロマセラピスト養成講座が始った。この講座は11月22,23,29,30日の4日間で、ペットのための本物のアロマセラピーを学ぶ講座である。
講師は、獣医師で元多摩動物公園、上野動物公園動物病院院長、協会会長である 田邉興記先生(コアラ、パンダを診ていらした先生です)。そして奥様であり協会副会長、獣医師、獣医学翻訳家(愛しのペットアロマセラピー翻訳)、英国メディカルアロマセラピスト資格を取得されている田邉和子先生。

23日(1日目)は、アニマルセラピーの歴史、化学、精油の機能的分析など、人とアロマセラピーに関する最新情報で、アロマの基礎を学んだ。

24日(2日目)は、アニマルアロマセラピーの歴史、ペットのアロマセラピーの絶対条件、精油の見分け方、精油の各作用、精油の副作用最新情報などを学んだ。

身近にある植物で、犬や猫に危険な物がたくさんあることには非常に驚いた。身近な植物でも、気をつけないと中毒症状がでることを知り、改めて無知は恐いと痛感したりだった。
これからの季節に欠かせない、ポインセチアやシクラメンは、犬猫を飼っていたら室内に置くべきではない植物だそうだ。
Nov 22, 2008
チャリティードッグディナーパーティー
介助犬.jpg京王プラザホテルで開催された「第4回チャリティドッグディナーパーティー」に出席してきました。

主催は特定非営利活動法人「日本介助犬アカデミー」。
介助犬(セラピー犬)に関係する団体は数社あるが、この団体は介助犬を育成する目的で活動している訳ではない。
肢体不自由者の日常生活活動の介助をして、自立を助ける介助犬の社会における理解や普及をめざした活動をしているのである。また、介助犬と共に暮らす障害者の社会参加、社会復帰を推進することを目的に発足した団体なのだということである。

会場には、蝶ネクタイをしたり、サンタさんのカッコをしたりとステキに着飾った介助犬と一緒に、ドレスアップしたオーナーさんが、多数参加されていた。こんなにたくさんの介助犬を見たことが無かったが、どのオーナーさんも、介助犬を本当に愛して、信頼して、共に生きているのだということが良くわかった。

立食パーティーだから、あちこちでテーブルを囲んで食事をしていたり、談笑していても、じ〜っとオーナーさんの側でお座りやフセをして、指示があるまで待っている。介助犬であるゴールデンやラブは、人懐っこくて可愛く、本当にお利口さんだった。

介助犬として生きているワンコ達は、オーナーさんを助け、可愛がってもらって、それが幸せなんだなと感じた。
こういう生き方をしているワンコ達もいるのだと初めて実感としてわかったパーティーだったし、このような介助犬を育てるのではなく、オーナーさんの社会生活の質を良くしていくことを援助する団体もあるのだということがわかった。
Nov 21, 2008
わんにゃんぴっ塾 東京

「わんにゃんぴっ塾in東京」が開かれ参加しました。

のり子先生、花田先生、増子さんを囲んでの勉強会はとても有意義な時間でした。
皆さんの熱心に学ぶ姿勢がとてもステキ。
今まで一緒に学んできただけあって、話がわかりあえる感じがしてとても居心地が良かったです。

セミナーとして一方的に聞くだけでなく、お茶とお菓子をつまみながら、和気あいあいといろいろなことを話しあえる時間を持つことは、とても大切であると思いました。とてもステキな時間でした。

分かり合える仲間がいるということの素晴らしさを、
改めて再確認出来た時間でもありました。
Nov 19, 2008
ドッグヨーガat人形町開催されました
1227621315536103.jpg人形町Dr.Noriko ペット自然療法院3Fセミナールームにて、ドッグヨーガが開催されました。
詳しくはドッグヨーガ わんことポーズのブログを見てください。



Nov 16, 2008
お散歩は狩り!
えもの.jpg勇の朝のお散歩は、まるで狩りをしているかのようである。いつも獲物がないかと、耳をおっ立て、キョロキョロ見回し捜しているのである。

左は最近のお散歩で、勇が獲物として捕獲してきたものである。

得意そうに運んできた物は・・・ハンドタオル、テニスボール、子供用スコップ。

お目当ての物を見つけると、サッと咥えて離さない。そそくさと早足で歩いて、家までしっかり離さずに持ち帰る。

勇、キミはレトリバーじゃないんだよ。愛玩動物のポメラニアンなんだから〜。ちょっと違うぞ、お仕事の内容が!

家では オモチャを投げあげても、咥えることすらしないのに、散歩の時だけするんだよね、レトリーブ。やっぱり散歩は捕獲なんだ、勇にとっては(笑)
Nov 15, 2008
健・楽・学 セルフケアークラブセミナー Vol.6
毎月2回、人形町Dr.Norikoペット自然療法院3Fセミナールームで開催されている『健・楽・学 セルフケアークラブセミナー』。今回はその6回目。
午前中「ヨーガ教室(リラクゼーション・ストレッチ)」、そして午後は「Dr.のり子のセルフメディケーション・何でもQ&A」である。

Dr.のり子のセルフメディケーション・・・今回もためになるお話を伺うことができた。
カルシウムやビタミンAの摂り過ぎによる害はあるかか?というQ から話が発展。何か1つだけ(この場合カルシウム)を摂っても吸収はされないという。カルシウム+リン+マグネシウム=吸収
これは健康な子の場合。健康か、不健康か、ここが最初の分かれ道・・・。臓器がそれぞれキチンと働いていないといけない。

現在の状況は、先生が一般健康診断で触診だけで診てみても、10頭のうち1頭しか健康体と思える子はいないというから恐ろしい。
健康であれば、ある程度は体で自然に流れる(解毒できる)というが、臓器がしっかり働いていなければそれも出来ない。
だからこそ、口から良い物をとることが必要である。口から入るもの、外からの影響は最小限にしたいものだ。

もうひとつ、ビタミンAの過剰摂取による害については、本当に多量を摂った場合であり、普通の状態ではあり得ないという。

耳の病気についても教えていただいた。
病気の見分け方、家庭での手当ての仕方、注意点など。

まとめとして、自分のペット(犬猫)の、種類、ルーツ、DNA、環境、生まれ育った風土などを考えながら、食事の内容、食べる量、回数などを考えてあげことが必要不可欠であると教えていただいた。食べ物が合う合わないは、飼い主さんが見る目をもち、選んであげるしかないということであった。
Nov 14, 2008
dogdays〜キミとのやさしい時間〜


19日のドッグヨーガのために、CDを2枚購入してみた。
dogdays〜キミとのやさしい時間〜ワンコと一緒に聞くためのCDである。
なんでも10曲のうち2曲にワンコにしか聞こえない周波数(14〜20kHz)の音が入っているとのこと。ワンコと音楽を通してコミュニケートしながら、絆を深めていくというコンセプト。
ジャケットのメッセージがとてもステキである。そのメッセージを読み聞かせながら、一緒に音楽を楽しむ、そして話しかける・・・これってまさに、ドッグヨーガの音楽バージョンのようである(笑)
このCDを聞きながらドッグヨーガすると、きっと絆は確実に深まること間違いなしかな!?
Nov 13, 2008
野菜博士のおくりもの
1227624089284156.jpg産地偽装、事故米、中国産食料品…など「食」の安全性について、考えさせられることが多い。
メディアでも“安心”“安全”を求めて国産にこだわる人が急増しており、野菜市場には国産野菜の新たな動きについての情報がチラホラ。
「ミニ白菜」や「はなっこりー」など国産新顔野菜の登場や、地域特産野菜の流通までいろいろなようだ。

そんな中、17年も前に「食の安全性」を訴え、北海道に農薬や化学肥料を減らす「クリーン農業」を定着させた野菜博士のことをTVで知った。
「生きることは食べること」だからこそ食べ物は安全でなくてはいけない。
その信念に共感し、野菜博士 相馬暁さんの本を購入した。

その本は、まるで野菜の写真集か絵本のようであった。難しいことは何も書いていない。
野菜の持っている不思議な力を感じさせてくれる本である。見ているだけで気持ちがリフレッシュされ、野菜を心で楽しむことができる本である。
お気に入りの1冊となった♪
これから試してみたい、旬の野菜を味わえるレシピも紹介してある。

我が家のワンコ達にも、野菜の話をしながらご飯を作って、食べさせてあげよう。
Nov 12, 2008
ミニ湯たんぽ
1226798453219903.jpg地球に優しい暖房用具
どこでも使える可愛いミニサイズの湯たんぽ
『あったかカラフル湯たんぽ(3個セット)』を
通販で衝動買い。
勿論、我が家のお子ちゃま達のためにです。
ワンコ2頭+娘=3(笑)

ふわふわカバー付きの湯たんぽの中には、約600mlのお湯が入る。
ワンコ2頭には、カドラーの中にこっそりしのばせるのに丁度よいミニサイズ。
低温やけどしないように気をつけて、ほんのり暖かくしてあげようと思う。
特に愛は、スキニーで寒がりなので。
Nov 09, 2008
手作り食(1)
本村伸子先生の、新ペットを病気にしないセミナー〜手作り食(1)〜 を受講してきた。

使用テキストは、「もう迷わないペットの健康ごはん」と「ホルモンの異常に気付いていますか?」(コロ出版)。
今回の内容は、内分泌系と食事の話、そして食材についてであった。
前回教えていただいた、「内分泌系」「神経系」「免疫系」の自然治癒力の3つのバランスの復習をしてから、ストレスとホルモンの関係などを学んだ。
Nov 08, 2008
ヨーガ好きにはたまらない
今日は久しぶりにJRに乗って新宿まで行った。
車内広告を眺めていて発見!
ねじった腰掛のポーズと橋のポーズ
ペンギンちゃんがヨーガしてるのである。



↑ ね、見て!
可愛いペンギンがヨーガのポーズをとっている。そしてお尻や、お腹にお水のペットボトルがちょこんとのっている。
そのポーズをとっているまんまるけな姿と、なんとも一生懸命な感じが可愛くて、微笑んでしまった。
ちょっと失礼してシャメってみた。

ねじった腰掛のポーズ+シッポに From AQUA
そして 書いてある言葉がまたいいんだな〜



人のやさしさが 届かないところへ届く水

う〜ん、上手い!


で、もっと面白いのが コレ! 
橋のポーズ+お腹にFrom AQUA


 
結局 おとこのやさしさなんて
のどの渇きも癒せやしない。

読んでみて笑っちゃったよ!



カラダにやさしい天然水。From AQUA
Suica de AQUA

だから ペンギンちゃんを使っているのですね。
それにしても 可愛いくて、面白い。
ヨーガ好きにはたまらない広告でした!
Nov 07, 2008
散りぎわが大事?
1226502745744498.jpgあるところから入手したお土産のお饅頭。
その名は 「さよなら 純ちゃんまんじゅう」

パット見ただけでも十分面白いけれど、パッケージに書かれている言葉にはも〜っと笑えます。

純ちゃん  「男は散りぎわが・・・大事!」
麻生三、福田さん、安部さん  「純ちゃんおつかれさまでした!」
ここまではまあ普通。

横や裏には純ちゃんの、こ〜んな面白い言葉が書いてあるのですよ。
「太郎ちゃん失言には気をつけて!」
「人生いろいろ政治もいろいろ・・・」
「息子をよろしく!」
「国民のみなさん、ありがとうございました。」


お土産で1番売れているのだとか。
Nov 05, 2008
愛のオムツ
1226501452355439.jpgどうも愛はお漏らしをする。夜中にフラフラ〜っと置きだしたら、おねしょをしている可能性が大。このところ寒くなってきて冷えるのか、おねしょがたびたびある。

なんたって人好きのキャバリアだから、1人でなんか寝てくれない。誰かの側でなくっちゃダメなのである。だからおねしょは困るのだ。人間様のお布団が濡れてしまう〜。数回されて耐えかねて、寝るときだけオムツをさせることにしたのだった。



1226501861761186.jpgペット用のは高いので、ない頭を働かせ、赤ちゃん用のトレーニングパンツで代用して、試してみることにした。
後ろ前に履かせて、シッポのあたりに切り込みを入れ、腰の上で髪の毛を束ねるためのゴムで結わく。こうすれば足回りからの漏れを防げる。たったこれだけだが大成功。
お漏らししてもトレーニングパンツが、きれいに吸いきってくれたからOKであった。

今から始めておけば、老犬になってからオムツ嫌いにならずにすむだろう。オムツをしたら寝るということを覚えさせることにも繋がる。
私も安心して寝ていられるので大助かり。
でも本当は、きちんとトイレで済ませてくれるといいのだけれど・・・。

無頓着な愛だから、オムツを履かせられても、嫌がらずに寝てくれるから本当に助かった。

トレーニングパンツは3枚1組で780円であった。安いでしょう(笑)
Nov 04, 2008
お魚ディナー
1226501112818949.jpg
今日のご飯は「あじディナー」
週に一度はお魚メニューにしている。
我が家のワンコ2頭とも、お魚は大好物。準備が待ちきれないで騒ぐ騒ぐ!
ポメスピンと愛おどりが炸裂である(笑)

刺身用アジ、にんじん、スプラウト、パセリ、大根おろし、大根の葉、黒すりごま、卵殻パウダー

<サプリメント>
ガーリックイースト、消化酵素、プラントミネラル、ヌクレオエンジェル、オメガ3.6、スーパーE
Nov 02, 2008
ゲルマニウム温浴
1226496839364105.jpg入会したスポーツクラブにはエステサロンも併設されている。
今回のオープン記念として、50名限定でゲルマニウム温浴1ヵ月フリーパスが10,500円であった。
エステなどの美容関係にまったくウトイ私だが、「限定」と言う言葉に引かれたのと、ゲルマニウム温浴に興味が湧いて、チケットを購入してみた。
なんたって1ヵ月間フリーパスだから、何回でも楽しめる・・・通えばね。

通常ゲルマニウム温浴は 20分 1,575円 だから、7回以上入れば元は取れる計算。

「さあ、今日からゲルマニウム温浴でキレイになるぞ〜」と意気込んでチャレンジ!
しかし! 初めてのゲルマではほとんど汗をかかなかった。これってほんとに効果があるのか?
入ったとたんに暑くて出たくなったし、なんだかもったいなかったかも???などという想いが頭をよぎったりして、これで汗(笑)

ゲルマニウム温浴とは???
手と足を有機ゲルマニウム溶液に20分浸して、ラジウム鉱石から出るマイナスイオン効果と遠赤外線効果で、代謝を向上させ、多量の発汗作用を促します。
汗と一緒に体内の毒素となるカドニウム・砒素・水銀などを体外に排出する為、デトックス(毒出し)としても有名。
またその効果は、血行促進・新陳代謝向上、美肌、肩こりや冷え性、腰痛の改善など多種多様だというので、これからの身体の変化や、効果に乞うご期待!!


Nov 01, 2008
健・楽・学 セルフケアークラブセミナー Vol.5
毎月2回、人形町Dr.Norikoペット自然療法院3Fセミナールームで開催されている『健・楽・学 セルフケアークラブセミナー』。今回はその5回目。
午前中「ヨーガ教室(リラクゼーション・ストレッチ)」、そして午後は「Dr.のり子のセルフメディケーション・何でもQ&A」である。

Dr.のり子のセルフメディケーションはQ&Aから始まるが、今回は「腎臓病」と「貧血」について詳しくお聞きすることができた。また、最近フレンチブルドッグの病気で多い、アレルギーと脊椎の変形について教えていただいた。
comoの発売日


先日撮影に参加した雑誌、Como12月号が発売されたので購入してみた。
ワンカットだけだったのだが、丁度男の子を見上げているショットが採用されていて、カメラマンさんの腕の良さに感心。ほんのちょっとの視線の向きを、本当に上手く捕らえてくれている。正面からではないけれど、子供とのフレンドリーな感じが良く出ていると思った。