穏やかで緩やかな時が流れますように・・

June, 2021
-
-
03
06
07
08
09
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
PROFILE
名前 Lento君 ( 15歳 )

2005年6月17日生

RECENT
LINK
ARCHIVES
Jun 2021(9)
May 2021(15)
Apr 2021(22)
Mar 2021(17)
Feb 2021(13)
Jan 2021(17)
Dec 2020(13)
Nov 2020(13)
Oct 2020(9)
Sep 2020(9)
Aug 2020(20)
Jul 2020(12)
Jun 2020(9)
May 2020(17)
Apr 2020(16)
Mar 2020(8)
Feb 2020(15)
Jan 2020(9)
Dec 2019(13)
Nov 2019(15)
Oct 2019(17)
Sep 2019(15)
Aug 2019(18)
Jul 2019(20)
Jun 2019(12)
May 2019(5)
Apr 2019(11)
Mar 2019(18)
Feb 2019(11)
Jan 2019(9)
Dec 2018(16)
Nov 2018(20)
Oct 2018(17)
Sep 2018(16)
Aug 2018(25)
Jul 2018(22)
Jun 2018(27)
May 2018(21)
Apr 2018(13)
Mar 2018(15)
Feb 2018(7)
Jan 2018(14)
Dec 2017(13)
Nov 2017(21)
Oct 2017(11)
Sep 2017(18)
Aug 2017(10)
Jul 2017(17)
Jun 2017(22)
May 2017(28)
Apr 2017(8)
Mar 2017(8)
Feb 2017(11)
Jan 2017(10)
Dec 2016(23)
Nov 2016(13)
Oct 2016(12)
Sep 2016(13)
Aug 2016(16)
Jul 2016(13)
Jun 2016(10)
May 2016(14)
Apr 2016(17)
Mar 2016(11)
Feb 2016(8)
Jan 2016(5)
Dec 2015(15)
Nov 2015(13)
Oct 2015(12)
Sep 2015(10)
Aug 2015(17)
Jul 2015(11)
Jun 2015(18)
May 2015(18)
Apr 2015(10)
Mar 2015(1)
Feb 2015(1)
Jan 2015(9)
Dec 2014(12)
Nov 2014(11)
Oct 2014(15)
Sep 2014(3)
Aug 2014(26)
Jul 2014(20)
Jun 2014(21)
May 2014(11)
Apr 2014(18)
Mar 2014(13)
Feb 2014(14)
Jan 2014(10)
Dec 2013(19)
Nov 2013(23)
Oct 2013(7)
Sep 2013(12)
Aug 2013(18)
Jul 2013(8)
Jun 2013(22)
May 2013(15)
Apr 2013(14)
Mar 2013(10)
Feb 2013(9)
Jan 2013(10)
Dec 2012(18)
Nov 2012(22)
Oct 2012(11)
Sep 2012(9)
Aug 2012(7)
Jul 2012(13)
Jun 2012(18)
May 2012(14)
Apr 2012(13)
Mar 2012(11)
Feb 2012(13)
Jan 2012(8)
Dec 2011(16)
Nov 2011(15)
Oct 2011(13)
Sep 2011(8)
Aug 2011(11)
Jul 2011(13)
May 2011(8)
Apr 2011(11)
Mar 2011(8)
Feb 2011(9)
Jan 2011(13)
Dec 2010(17)
Nov 2010(17)
Oct 2010(17)
Sep 2010(18)
Aug 2010(16)
Jul 2010(15)
Jun 2010(17)
May 2010(14)
Apr 2010(10)
Mar 2010(10)
Feb 2010(14)
Jan 2010(15)
Dec 2009(16)
Nov 2009(14)
Oct 2009(13)
Sep 2009(10)
Aug 2009(5)
Jul 2009(9)
Jun 2009(13)
May 2009(13)
Apr 2009(9)
Mar 2009(6)
Feb 2009(6)
Dec 2008(7)
Nov 2008(12)
Oct 2008(14)
Sep 2008(7)
Aug 2008(6)
Jul 2008(5)
Jun 2008(15)
May 2008(14)
Apr 2008(14)
Mar 2008(16)
Feb 2008(12)
Jan 2008(13)
Dec 2007(12)
Nov 2007(11)
Oct 2007(13)
Sep 2007(10)
Aug 2007(10)
Jul 2007(13)
Jun 2007(19)
May 2007(17)
Apr 2007(14)
Mar 2007(19)
Feb 2007(17)
Jan 2007(13)
Dec 2006(18)
Nov 2006(14)
Oct 2006(13)
Sep 2006(13)
Aug 2006(16)
Jul 2006(12)
Jun 2006(11)
May 2006(11)
Apr 2006(12)
Mar 2006(12)
Feb 2006(8)
Jan 2006(13)
Dec 2005(16)
Nov 2005(15)
Oct 2005(27)
Sep 2005(3)
Aug 2005(9)
(1)
(1)
PR




れんたろう父の独り言

ママに 撫でてもらってるれんたろうの この顔の表情が
なんとも いいです!この一枚が 気に入ってます!




一昨日 24日は れんママの実父さんの命日でした。今年 三回忌。
三回忌法要は 来月 お盆の12日に 執り行うことになってます。

あの夏のことが、今でも昨日の事のように思いだされます。
れんママにとって最愛の父、私にとっても大きな存在でした。


最愛の父を亡くし寂しさにくれるママを日中、一人にしておくに
忍びなく思い、そんな哀しさや寂しさを癒して気持ちを紛らわせて
くれるには どうすればいいだろうか?と子供達と話し合いました。
そして 決めたのが ペットという その存在でした。

前々から犬を飼いたいと言ってた我が子達だったので犬を飼う
事に関し積極的で率先して世話すると協力的で心強かったです。

そんな私達は、8月7日に 運命的な出逢いをしたんです!

生後50日の柴犬の赤ちゃん。♂なのに おっとりとしてた彼、
そう そうなんです!それが この れんたろうだったんです。

れんママは過去に 二度程、犬に噛まれた経験があって犬は
怖い生き物という思い込みのようなものがあって怖がりました。
手も差しだせず、一時は どうなるかと正直、面食らいました。

それが今じゃ、猫っ可愛がりするほどの れんママです。

我が家族の一員の れんたろう。我が家の末っ子的存在です。
れんたろうが そこにいるだけで皆の気持ちが和みます。
心が安らぎます。穏やかな彼に癒されてます。家族の心を
一つにさせてくれるような、そんな存在の れんたろうです。

もしかして もしかすると・・
亡父が れんたろうに巡り合せてくれたのかもしれません。
最愛なる亡父の命日に故人を偲び、徒然なる想いを・・。



この記事へのトラックバックURL
http://dog.pelogoo.com/ren0617/rtb.php?no=1185450338273977



この記事への返信
れん君を迎えるにあたっては
ご家族みなさんの、れんママさんを想うお気持ちがあったのですね。
れんママさんが犬を怖がっておられたなんて、今は少しも感じられません。
むしろ、犬が大好きになられたのではないでしょうか?
これも、お父さまが、れん君との出逢いをつくってくださったからかもしれませんね。
れん君を愛しむれんママさんの姿を、お父さまは天国から微笑んで見ておられることでしょう。
Posted by hako | 21:49:46, Jul 26, 2007
心温まるエピソード・・・れん君もママさんも幸せですね。ご家族にみなさんにこんなに大切に想われて。れん君の安心しきった優しい横顔、お母さんに甘えてるおさなごのようです。撫でているママさんのも、きっと慈愛に満ちた幸せいっぱいのお顔なんでしょうね。いいお写真ですね。れん君、いい家族にめぐり逢えて本当によかったね。
Posted by なお | 21:55:06, Jul 26, 2007
れん君が、一家に幸せと微笑を届けてくれるまでの経緯を
知って、私も温かい気持ちになりました。♡

天国のお父様が、地上に生を受ける前のれん君に、
 「れん、ママの所へ行ってやってくれ。
  ママのこと、よろしく頼むぞ」
なんて頼んでるシーンが、目に浮かんじゃいました。

れん君、これからもママさんのこと、大切にしてあげてね。
Posted by あずき | 00:30:40, Jul 27, 2007
亡き人へも思いは日に日に深まってくるものでしょうね。
私も父を亡くしていますので(母も相次いで)れんママさんの気持ちは痛いほど分かります。
れん君とめぐり合わせてくれたのは、家族に愛と
お父様だったのかも知れませんね。れんママさん、
三回忌までには少しはよくなるといいですね。
Posted by エメラルド | 00:51:30, Jul 27, 2007
れん君との出会いにこんなエピソードがあったのですか。
れんママを思う家族の気持ちが、れん君をめぐり会わせたんでしょうね。とっても温かくなります。
画像、ほんとにやさしい顔しています。大吾パパも好です。
Posted by 大吾パパ | 14:37:13, Jul 28, 2007
こんにちわ!コメント ありがとうございます。
男ばかりの我が家の紅一点!ですから大事にしないとバチがあたります。
息子達に妻を大事にする事を態度で示すのが一番という思いもあります。
三回忌を無事に迎えました。亡き義父の思いの分も皆で仲良く暮したいです。
Posted by れんたろう父 | 16:05:59, Jul 28, 2007
こんにちわ!コメント ありがとうございます。
れんたろうも含め男所帯の紅一点の存在ですから大事にしないと
いけませんよね。
れんたろうに出会えて私達も本当に良かったです。お互いに・・ですかね。
Posted by れんたろう父 | 16:09:32, Jul 28, 2007
こんにちわ!コメント ありがとうございます。
みなさん、いろんな思いで愛犬を迎え入れるのでしょう
我が家は、このことが良い意味でのキッカケになりました。
Posted by れんたろう父 | 16:11:39, Jul 28, 2007
こんにちわ!コメント ありがとうございます。
そうなんですか、エメラルドさんは相次いでご両親と別れられたんですか。
それは きっと私の想像をはるかに越える程の辛くて哀しい思いを
されたんでしょうね、お察し申し上げます。親が亡くなって初めて知る
思いというものがあるんですね。来月の法事までには元気になれるでしょう。
Posted by れんたろう父 | 16:16:25, Jul 28, 2007
こんにちわ!コメント ありがとうございます。
みなさん、きっと それぞれに いろいろな出会いを
されているのだと思いますが我が家は、こうでした。
れんたろう、すっかり甘えん坊になった気がします。
Posted by れんたろう父 | 16:18:30, Jul 28, 2007


◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :