穏やかで緩やかな時が流れますように・・

July, 2018
01
02
03
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
PROFILE
名前 Lento君 ( 13歳 )

2005年6月17日生

RECENT
LINK
ARCHIVES
Jul 2018(1)
Jun 2018(27)
May 2018(21)
Apr 2018(13)
Mar 2018(15)
Feb 2018(7)
Jan 2018(14)
Dec 2017(13)
Nov 2017(21)
Oct 2017(11)
Sep 2017(18)
Aug 2017(10)
Jul 2017(17)
Jun 2017(22)
May 2017(28)
Apr 2017(8)
Mar 2017(8)
Feb 2017(11)
Jan 2017(10)
Dec 2016(23)
Nov 2016(13)
Oct 2016(12)
Sep 2016(13)
Aug 2016(16)
Jul 2016(13)
Jun 2016(10)
May 2016(14)
Apr 2016(17)
Mar 2016(11)
Feb 2016(8)
Jan 2016(5)
Dec 2015(15)
Nov 2015(13)
Oct 2015(12)
Sep 2015(10)
Aug 2015(17)
Jul 2015(11)
Jun 2015(18)
May 2015(18)
Apr 2015(10)
Mar 2015(1)
Feb 2015(1)
Jan 2015(9)
Dec 2014(12)
Nov 2014(11)
Oct 2014(15)
Sep 2014(3)
Aug 2014(26)
Jul 2014(20)
Jun 2014(21)
May 2014(11)
Apr 2014(18)
Mar 2014(13)
Feb 2014(14)
Jan 2014(10)
Dec 2013(19)
Nov 2013(23)
Oct 2013(7)
Sep 2013(12)
Aug 2013(18)
Jul 2013(8)
Jun 2013(22)
May 2013(15)
Apr 2013(14)
Mar 2013(10)
Feb 2013(9)
Jan 2013(10)
Dec 2012(18)
Nov 2012(22)
Oct 2012(11)
Sep 2012(9)
Aug 2012(7)
Jul 2012(13)
Jun 2012(18)
May 2012(14)
Apr 2012(13)
Mar 2012(11)
Feb 2012(13)
Jan 2012(8)
Dec 2011(16)
Nov 2011(15)
Oct 2011(13)
Sep 2011(8)
Aug 2011(11)
Jul 2011(13)
May 2011(8)
Apr 2011(11)
Mar 2011(8)
Feb 2011(9)
Jan 2011(13)
Dec 2010(17)
Nov 2010(17)
Oct 2010(17)
Sep 2010(18)
Aug 2010(16)
Jul 2010(15)
Jun 2010(17)
May 2010(14)
Apr 2010(10)
Mar 2010(10)
Feb 2010(14)
Jan 2010(15)
Dec 2009(16)
Nov 2009(14)
Oct 2009(13)
Sep 2009(10)
Aug 2009(5)
Jul 2009(9)
Jun 2009(13)
May 2009(13)
Apr 2009(9)
Mar 2009(6)
Feb 2009(6)
Dec 2008(7)
Nov 2008(12)
Oct 2008(14)
Sep 2008(7)
Aug 2008(6)
Jul 2008(5)
Jun 2008(15)
May 2008(14)
Apr 2008(14)
Mar 2008(16)
Feb 2008(12)
Jan 2008(13)
Dec 2007(12)
Nov 2007(11)
Oct 2007(13)
Sep 2007(10)
Aug 2007(10)
Jul 2007(13)
Jun 2007(19)
May 2007(17)
Apr 2007(14)
Mar 2007(19)
Feb 2007(17)
Jan 2007(13)
Dec 2006(18)
Nov 2006(14)
Oct 2006(13)
Sep 2006(13)
Aug 2006(16)
Jul 2006(12)
Jun 2006(11)
May 2006(11)
Apr 2006(12)
Mar 2006(12)
Feb 2006(8)
Jan 2006(13)
Dec 2005(16)
Nov 2005(15)
Oct 2005(27)
Sep 2005(3)
Aug 2005(9)
PR




だいすきな あなたに・・
ひとりぼっちで 泣かないで・・。忘れないで! ここに「 ボク 」がいることを・・

どんなに辛いことがあっても、いつも どんな時も、ボクは ずっとあなたの味方。

ボクは いつだって あなたのこと 見てる。いつだって あなたのこと 考えてる。

あなたのこと、こーんなに思ってるの、世界中で きっと ボクだけだよ!

あなたの気持ち、ボク わかってる。そばにいるだけで心に じんじん 伝わるよ。

あなたのこと、ボクが いちばん よく知ってる。ボクたち、ずっと一緒にいようね。






そんなに かなしまないで・・。元気のない あなたの姿を見るのはつらいから・・

ボクは あなたの笑顔が大好きだから 元気になってね、大好きな笑顔みせてね。


いなくなってしまったなんで思わないで。いっぱい いっぱい思い出があるじゃない。

いつだって あなたの こころのなかに いるんだから。だから 笑って・・

いつだって あなたのこと 見守ってる。ずっとずっと、あなたのこと想ってる。

あなたが しあわせで ありますように、って・・。


( ごとう やすゆき・著書 『 イヌココロ 』 本文中より抜粋 )







れんママです。いろいろ ありがとうございました。心配かけて ごめんなさい。


やわらかな陽射しに照らされ、そよぐ暖かな風に包まれて満開に咲く
梅花の木々に囲まれ ふんわりと漂う梅花の香りに 懐かれながら・・
3月20日、亡母の 四十九日の法要、そして 納骨を 済ませました。


心に ぽっかり大きな穴が開いて 風がスースーふきぬけます。
かなしいです、さみしいです、とっても・・。かなしくてさみしくて・・
母のこと思うと、母を思い出しては涙が出て泣いてしまいます。


お悔やの言葉や励ましの言葉、ありがとうございました。ひとつひとつが心に
沁み入りました。今まだ 哀しみが大きいけど 母の死という現実を受け入れ
向き合い日々を過ごしながら哀しみを少しずつ乗り越えていこうと思います。



この記事への返信
れんママさん、こればかりは
なんて言って慰めたらいいのか
よく分からないけど、いつでも
家族がそばにいることは忘れないでね。
きっと↑の詩の心境でみんな
元気になられるのを見守っていることでしょう。
焦らずにゆっくりとね。
Posted by エメラルド | 20:55:00, Mar 24, 2009
みじかな方が旅立たれると、とってもつらいですね。無理しないで、涙をながしてゆっくりゆっくり歩いてください。こんなとき、れん君の存在は大きいでしょう。パパさんや息子さんたちも、もちろん。
Posted by なお | 21:21:38, Mar 24, 2009
泣かないで!元気を出して!…とは言いません。
お母さまを思い、思いっきり涙してください。
いつか必ず、笑顔と共にお母さまを思い出せる日が
きっとやって来ると思います。
パパさんや息子さん、そしてれん君が
れんママさんの心にそっと寄り添っておられますよ。
Posted by hako | 21:44:17, Mar 24, 2009
子供にとって、母の存在は大きすぎますものね。
悲しみが深いという事は、それだけ愛し、愛されていたと
いう事ですね。
お母様のためにも、ご自分のためにも、今はまだ涙を流す時間が必要なのでしょう。
ご家族も、きっとそんなママさんを理解し、支えてくれているのだと思います。
ゆっくりと、ご自分のペースで歩いて下さいね。
Posted by あずき | 02:48:36, Mar 25, 2009
お悔やみ そして励ましの言葉を ありがとうございます。
最愛なる父母との永遠の別れ、誰にでも いつか かならず
おとずれるものとは解かってはいるけど、つらいですよね。
大切な家族がいるっていうこと、なによりもの事と思います。
パパが「寂しい事も哀しい事も家族みんなで一緒に分け合えばさみしさも哀しさも半分になるんだおあらね」って・・。
「泣いてもいいから、泣いたのと同じくらい
笑えるように
なろうね」って・・。大切な家族のためにも がんばっていかなきゃ・・。

Posted by れんママ | 06:05:48, Mar 25, 2009
お悔やみ そして励ましの言葉を ありがとうございます。
最愛なる父母との永遠の別れ、誰にでも いつか かならず
おとずれるものとは解かってはいるけど、つらいですよね。
れん君が いつも寄り添ってくれました、慰められました。
子供達の優しさや思いやりに助けられました。いつのまにか
頼もしくなってました、成長してって事なのでしょうね・・。
Posted by れんママ | 06:08:50, Mar 25, 2009
お悔やみ そして励ましの言葉を ありがとうございます。
最愛なる父母との永遠の別れ、誰にでも いつか かならず
おとずれるものとは解かってはいるけど、つらいですよね。
そうですよね、いつか きっと笑って思い出せるときが来るって
そう信じていたいです。決して消えてなくなることない思い出だから・・。
家族、そして れん君が寄り添ってくれてます、気持ち救われてます。
Posted by れんママ | 06:11:37, Mar 25, 2009
お悔やみ そして励ましの言葉を ありがとうございます。
最愛なる父母との永遠の別れ、誰にでも いつか かならず
おとずれるものとは解かってはいるけど、つらいですよね。
いくつになっても親、とりわけ母親の存在って大きいですね。
改めて その偉大な存在を思います。私の母のようになれるかなぁ。
大切な家族のためにも がんばっていかなきゃ、自分ペースで・・。
Posted by れんママ | 06:15:02, Mar 25, 2009
れんママさん・・・
きっとこの日記を綴るの涙が溢れて時間がかかったでしょうね・・・ホント、いつかは誰もが通る道と分かっていながら、自分の両親は不死身ってどこかで思ってしまいたくなる様ね・・・
れんママさん・・・
無理だけはしないで少しずつゆっくり元気になって下さいねっ!

Posted by ともぞ〜 | 10:03:14, Mar 25, 2009
お悔やみ そして励ましの言葉を ありがとうございます。
最愛なる父母との永遠の別れ、誰にでも いつか かならず
おとずれるものとは解かってはいるけど、つらいですよね。
そうなんですよね、自分の親って いつも変わらず元気で
そこに そうして居て当たり前って、そう思ってたから・・。
気持ちに逆らわないで 時間を掛けて乗り越えたいと思います。
Posted by れんママ | 12:35:38, Mar 25, 2009
お帰りなさい(^―^)
春の訪れとともに、戻って来られたら良いなぁ〜って思っていました。
詩を読んでいて、心にジ〜〜ンと来ました。
ご両親はキットいつでも傍で見守られていると思います
れん君も。。。

どうぞ、無理をされない様にして下さいね。
時間をかけてゆっくりと・・・奏でて下さい(^-^)
Posted by 哲マミー | 23:03:05, Mar 25, 2009
れんママさん!
お帰りなさい!!!

水仙、見にいってきましたか?
Posted by こむまま | 11:43:05, Mar 26, 2009
いつも心のこもったメッセ、ありがとうm(_ _)mです、感謝・・
たくさんの思い出と共に日々を過ごしていきたいと思います。
時間を掛けて ちょっとずつちょっとずつ元気になります・・

Posted by れんママ | 14:25:54, Mar 26, 2009
四十九日法要、納骨を済ませ帰りました、ただいま・・
向うは暖かなのでしょうね、梅の花が満開に咲いてました。

こちら会津は昨日、今日と雪が舞い飛んでます、とても寒いです。
今週は雪予報で寒いらしいから暖かくなったらスイセンを見に行きたいです。
Posted by れんママ | 14:29:09, Mar 26, 2009


◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :