キャバリア らいす の Blog

January, 2016
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
-
PROFILE
らいす

【犬種】キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル Cavalier King Charles Spaniel 【生年月日】1997年 4月30日生まれ、丑年、牡牛座 【没年月日】2011年11月18日 【没年齢】14歳 6ヶ月20日 【性別】女の子 【性格】おっとり、のんびり、おとなしい。裏を返せば、こわがり、おまぬけ、さみしがり。 【特技】噛まずに丸呑み、ゆえに早食い。 【特徴】いつまでも童顔…。 【通称】ネコイヌ(イタチイヌ) 【愛称】らいちゅ、おこめちゃん、およねばあ、あまちゃん、ひめた、りも、などなど。       ********************

らいすの助っ人

2005年 6月27日から僧帽弁閉鎖不全症のお薬とお付き合いを始めました。 ACEIベナゼプリルは 6年 4ヶ月23日間、ピモベンダン&硝酸イソソルビドは 4年 0ヶ月18日間服用しました。 2011年11月18日、助っ人の役目を終えました。         ********************

らいす母

【略称】母、米母、おかあちゃま。【性格】のんきだけど、あわてんぼうでおっちょこちょい。心配性。極めて不器用。【特徴】らいす溺愛の超親バカ、試したがりの実験好き、知りたがりの質問魔。らいすの健康管理がライフワークです。                http://twitter.com/ricehaha http://twitter.com/cavarice ********************

ぶちゃいく・しもぶくれーず

きゃばらいす 別館。らいすのぶちゃいく顔・しもぶくれ顔を集めた写真館です。このところ更新を怠ってます。。。                  http://rice.a-thera.jp/ ********************

らいす&らいす母

みなさん、長い間、応援してくださって、ありがとうございました。 2011年11月18日、らいすは、先に虹の橋へ行き、後から来る母を待つことになりました。

RECENT
CATEGORY
ARCHIVES
MYALBUM
LINK
SEARCH
PR




Oct 29, 2009
お散歩に燃える
ardent1.jpgこの後姿は・・・









らいすです♪




昨日、久しぶりにいつもの公園へお散歩に行ってきました。

らいす、燃えてます。(笑)

ardent2.jpg




















  [続きを読む]
Oct 28, 2009
知りたがり
昨日は、病院デーでした。

そろそろフロセミドを止められたらいいな〜と思っていたのですが、
先生曰く、「肺の音が気になるといえば気になる」そうで、
肺水腫になっては困るので、もう少し続けてみることにしました。

でも、らいすの場合、基本的に興奮時の咳で、
はしゃげば出るし、おとなしくしていれば出ないし、
飲んでも飲まなくても、あまり変わらないような気もします。(爆)

とはいえ、昨夜は、眠っていても心拍数80回/分・呼吸数20回/分と、
普段のらいすに比べると、やや上昇しておりました。
呼吸音も大きく、微かにプツプツとヘンな音も聴こえるような・・・。

  [続きを読む]
Oct 26, 2009
のんきな母も大慌ての後日談
前の記事 で申し上げたとおり、久々にめちゃくちゃ慌てた母です。

未だに引きずっております。
正直、不安です。
内容が内容ですから。(汗)

  [続きを読む]
Oct 25, 2009
のんきな母も大慌てのワケ
またしても、母のつぶやきです。

今回は、ちょっと毒があるかも?(笑)


10/22(木)、X線検査をして、フロセミドの投与を決めました。
翌10/23(金)、普段からお世話になっている別の病院で心電図検査をしました。

  というのは、お薬の処方をしていただいている病院では、
  心電図の検査機器がなく、検査ができないからです。

  上記2つの病院でも、カラードプラーの心エコー検査はできないので、
  もう1つ別の病院にもお世話になっていましたが、最近はご無沙汰しています。

  [続きを読む]
『らいすの助っ人』
左サイドのプロフィールにある『らいすの助っ人』の一員、フロセミドですが、
一時的に飲ませているだけだから、落ち着いたら止めるから、と
しつこく“休止中”と表示しておりましたが、
実際に飲ませているので、日数を入れることにしました。

いつかまた、“休止中”に戻せるといいな〜。

  [続きを読む]
Oct 23, 2009
スプーン印
10/19(月)の夜、日付が変わる直前、
眠っていたらいすが、突然咳込んで起きました。

今回は、ちょっと長いな・・・と感じた母は、
迷ったのですが、「念のため」とフロセミド(4mg)を飲ませました。
らいすの体重は、このところずっと、6.90〜7.00kgの間なので、
体重1kgあたりにすると、0.57mg/kgという量です。


翌10/20(火)は、興奮時の単発の咳のみ。
これで落ち着くかな〜?と期待していたんですが。

  [続きを読む]
Oct 21, 2009
母のメモ “僧帽弁閉鎖不全症と肺高血圧症”
「僧帽弁閉鎖不全症から左心不全、そして肺高血圧症」関連。

  [続きを読む]
Oct 19, 2009
母のメモ “ cardiac troponin I (cTnI) ”
まだ研究段階。

  [続きを読む]
Oct 16, 2009
休止トライアル
らいすの心拍数・呼吸数が安定、咳は減少、運動量は増加、
聴診で気がかりな音も聞こえなくなったことだし・・・

先生には、調子が悪くなったら、即投与ということで、
様子を見て休止して良いと言われたし・・・

この様子なら「無し」で大丈夫かも?

ということで、今日から、フロセミドを休止してみることにしました。

  [続きを読む]
Oct 15, 2009
ダルダルダル子さん
フロセミドを飲んだおかげなのかどうか分かりませんが、
肺を聴診した時の、いつもと違う呼吸の音は気にならなくなったのですが、
らいすに元気がなくなってしまって・・・。(汗)

10/12(月)の、その時の様子です。

listless1.jpgなんとなく物憂げです。













  [続きを読む]
Oct 14, 2009
秋の気長
秋の夜長といいますが、

気も長くしてみてください♪


                     −−− by らいす
  [続きを読む]
Oct 11, 2009
presyncope 前失神
【2009/10/12 21:00追記】

不謹慎だと怒らないでください。

らいすを見ていて、闘病生活って、すごろくに似ている・・・
と思っている母。

  すごろくって、若いヒトには分からないかな?(汗)

でも、すごろくのあがり=お別れだとすれば、
お別れは、遅い方がいいです。

ですから、闘病生活の目的は、すごろくとは全く逆ということになりますが。


なぜ急にこんなことを言い出したかというと・・・

  [続きを読む]
Oct 09, 2009
夏の日の思い出
らいすの心臓病のどどーんと重い話ばかりだと、母自身が暗くなってしまうので、
今更ですが、アップし忘れていたこの夏のお散歩の写真を。(笑)

8月の18:30過ぎ。
まだ明るいはずなのですが、古いコンデジさんには荷が重過ぎたようで、
画像がとても暗いです。

しかたなくフラッシュを使って撮りました。

midsummer1.jpgmidsummer2.jpg


















この頃はまだ暑かったんですよね〜。

らいすのお耳の飾り毛は、よだれさんで濡れています。(爆)

(きちゃない画像ですみません。汗)

  [続きを読む]
Oct 07, 2009
目標は高く
このところ、らいすのお散歩はお休みしています。
でも、らいすは元気です♪

ありがたいことに、安静時の咳は無く、興奮時の咳のみです。
興奮することがなければ、一日中咳をしないでいられるという状態です。

らいすの心不全の進行の度合い、病状から考えると、
獣医さんも感心してしまうくらい、“うまくいっている”ケースらしいです。

毎日、この状態を維持し続けられますように・・と願っている母です。


さて、2009年 4月15日の遠足(大学病院)で、
「僧帽弁逸脱(MVP)が酷くなった。腱索が一部断裂した可能性が高い」
と言われたらいす。

腱索の部分断裂が生じた後、どうなるのだろう?
あとどれくらい生きられるのだろう?

気にはなるけれど、知りたいような知りたくないような気持ちでいたのですが、
調べてみました。

  [続きを読む]
Oct 03, 2009
らいすと母の遠足 第10話
またまたご無沙汰いたしました。

9/30(水)は、10回目の遠足(大学病院)でした。

朝から雨で、母には肌寒いくらいでしたので、
らいすの暑さ対策をせず(アイスノンを持たず)に出かけてしまったのですが、
湿度が高く(特に電車内)、らいすには暑すぎたようです。(汗)

バッグの中のらいすは、へろへろ。(爆)
心拍数100〜120回/分、呼吸数40〜60?回/分、という状態でした。

「温度が低くても、湿度が高いと、心不全の子はしんどい」ということを
あらためて思い知らされた母でした。

シャーベットスプレー(細かい氷の結晶?が吹き出すスプレー)と
濡らしたタオルでらいすの体を冷やしつつ、やっとの思いで病院に到着です。

  [続きを読む]