キャバリア らいす の Blog

January, 2016
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
-
PROFILE
らいす

【犬種】キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル Cavalier King Charles Spaniel 【生年月日】1997年 4月30日生まれ、丑年、牡牛座 【没年月日】2011年11月18日 【没年齢】14歳 6ヶ月20日 【性別】女の子 【性格】おっとり、のんびり、おとなしい。裏を返せば、こわがり、おまぬけ、さみしがり。 【特技】噛まずに丸呑み、ゆえに早食い。 【特徴】いつまでも童顔…。 【通称】ネコイヌ(イタチイヌ) 【愛称】らいちゅ、おこめちゃん、およねばあ、あまちゃん、ひめた、りも、などなど。       ********************

らいすの助っ人

2005年 6月27日から僧帽弁閉鎖不全症のお薬とお付き合いを始めました。 ACEIベナゼプリルは 6年 4ヶ月23日間、ピモベンダン&硝酸イソソルビドは 4年 0ヶ月18日間服用しました。 2011年11月18日、助っ人の役目を終えました。         ********************

らいす母

【略称】母、米母、おかあちゃま。【性格】のんきだけど、あわてんぼうでおっちょこちょい。心配性。極めて不器用。【特徴】らいす溺愛の超親バカ、試したがりの実験好き、知りたがりの質問魔。らいすの健康管理がライフワークです。                http://twitter.com/ricehaha http://twitter.com/cavarice ********************

ぶちゃいく・しもぶくれーず

きゃばらいす 別館。らいすのぶちゃいく顔・しもぶくれ顔を集めた写真館です。このところ更新を怠ってます。。。                  http://rice.a-thera.jp/ ********************

らいす&らいす母

みなさん、長い間、応援してくださって、ありがとうございました。 2011年11月18日、らいすは、先に虹の橋へ行き、後から来る母を待つことになりました。

RECENT
CATEGORY
ARCHIVES
MYALBUM
LINK
SEARCH
PR




Mar 06, 2010
今日で「半分」
duration1120100306s.jpg 今日は、
 ACEIを飲み始めて
 1714日目。

 硝酸イソソルビド、
 ピモベンダンを飲み始めて
 857日目。



やっと、ISDNとピモの日数が、フォルテコールの日数の半分まで来ました。

  [続きを読む]
Jan 29, 2010
らいすと母の遠足 第12話
ご無沙汰いたしました。

慢性膵炎の急性増悪を思わせる血液検査の結果が出てからというもの、
ひたすらおとなしくしておりました。

おかげさまで、検査当日1/5(火)の朝以降、嘔吐も無く下痢も無く、
24日が経過しました。

もう大丈夫かな?と思っているんですが、どうですかね〜。(汗)
一応、今週土曜日には、膵炎のお薬は一時休止の見込みです。

  [続きを読む]
Jan 14, 2010
母のメモ “膵炎のお薬”
らいすの慢性膵炎の治療薬。

【注射】
  ・ドパミン受容体拮抗薬
      メトクロプラミド
  ・H2受容体拮抗薬
      ファモチジン
  ・四級アンモニウム塩合成抗コリン薬
      ブチルスコポラミン臭化物

【経口】
  ・蛋白分解酵素阻害薬
      カモスタットメシル酸塩(例:フオイパン錠)
  ・ドパミン受容体拮抗薬
      メトクロプラミド(例:プリンペラン錠)
  ・H2受容体拮抗薬
      ファモチジン(例:ガスター錠)
Jan 10, 2010
NT-proBNP12回目&3度目の膵炎
1/5(火)、今年初めての通院でした。

「今日は血液検査するから食事抜きなの、ごめんね〜」とらいすに告げて、
母が支度をしていると・・・
らいすが嘔吐しました。(爆)

らいすにとって嘔吐は、それほど珍しいことでもなかったので、
母は「おなかの空きすぎかな?」くらいに軽く考えて出かけたのですが。

  [続きを読む]
Dec 25, 2009
サンタさんへのおねだり
皆さん、クリスマスプレゼントはもらえましたか?

母はまだもらっていません。
サンタへのおねだり、何にするかずっと迷っていたので出遅れました。(爆)


前の記事と日時が前後しますが・・・

サンタさんに変身したらいすの写真をたくさん掲載しようと、
12/23(水)の午後、母主催、モデルらいすで撮影会(笑)を行うつもりでした。

ところが、突然、らいすがいつもと違う状態になってしまいました。


12/23(水)正午10分ほど前、お気に入りのバッグに入って眠っている時でした。

「お食事にしよ〜」と呼んでも来ない、「あれ?おかしいな?」と目を遣ると、
のそのそとバッグから出てきたものの、なんだかとても辛そう。

  [続きを読む]
Dec 04, 2009
母のメモ “ ACVIM Consensus Statement ”
American College of Veterinary Internal Medicine (ACVIM)

Guidelines for the Diagnosis and Treatment of
Canine Chronic Valvular Heart Disease

C. Atkins, J. Bonagura, S. Ettinger, P. Fox, S. Gordon, J. Haggstrom, R.
Hamlin, B. Keene (Chair), V. Luis-Fuentes, and R. Stepien

→ ttp://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/fulltext/122604679/PDFSTART

  [続きを読む]
Dec 03, 2009
質か量か
Perceptions and priorities of owners of dogs with heart disease
regarding quality versus quantity of life for their pets.
  → ttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18593317

Abstractですので、細かいことは分かりませんが・・・
量というのは、時間の長さ、生存期間ということですね。

  [続きを読む]
Nov 19, 2009
らいすと母の遠足 第11話
一昨日は低気圧の影響を受けて一日中寒く、冷たい雨が降ったせいか、
またしても、らいすの体調が少し悪くなりました。
咳の回数が極端に増えることはなかったのですが、
以前に比べると、より苦しそうな酷い咳になってしまいまして・・・
そのため、一昨日の夜は「長時間の移動に耐えられるかな?」と不安に思っていました。

しかし、昨日の朝には元気が戻っており、心拍数も呼吸数も安定していたので、
予定通り大学病院へ行って参りました。
抱える数々の気がかりを、少しでも早く解消したい気持ちもありましたので。

  [続きを読む]
Nov 12, 2009
新しいNT-proBNP検査
11/10(火)、IDEXX Cardiopet proBNP (NT-proBNP)検査を受けました。

これは、以前のNT-proBNP検査とは違うものです。


【2009/11/16 23:50追記】
NT-proBNP検査結果の推移のグラフを追加しました。

【2009/11/19 14:30追記】
Cardiopet proBNPの基準値(画像)を差し替えました。

【2010/04/28 23:50追記】
Cardiopet proBNPの解釈基準が変更されたため、以前の基準を削除しました。

  [続きを読む]
ダルダルダル子さん、再び
先月、『 ダルダルダル子さん 』という記事をアップしましたが、
今月になってから、再び、ダルダルダル子さんな日々が続いていました。

なんといっても一番おかしいと感じるのは、動かないこと。(汗)
やたらとおとなしく、眠ってばかりで、食事の催促をしません。
これは、らいすにとっては、極めて異常なことです。(笑)

  [続きを読む]
Nov 11, 2009
y=x+2
お久しぶりです。

らいすの今の状況で新規記事をアップしなければ、ご心配をおかけすると
分かっているのですが・・・
なんせ、らいすは12歳のシニアキャバ。(汗)
調子が良くなったり悪くなったりで忙しく、ご無沙汰してしまいました。

今日は、フロセミドを休止して2日目。
今のところ異常なしです。
ようやくフロセミドと少し距離をおくことができそうな気がします。

  [続きを読む]
Nov 01, 2009
ピモベンダン2周年
この日がやってきました。

2007年11月 1日、ピモベンダンの服用を開始してから、満2年。

  [続きを読む]
Oct 28, 2009
知りたがり
昨日は、病院デーでした。

そろそろフロセミドを止められたらいいな〜と思っていたのですが、
先生曰く、「肺の音が気になるといえば気になる」そうで、
肺水腫になっては困るので、もう少し続けてみることにしました。

でも、らいすの場合、基本的に興奮時の咳で、
はしゃげば出るし、おとなしくしていれば出ないし、
飲んでも飲まなくても、あまり変わらないような気もします。(爆)

とはいえ、昨夜は、眠っていても心拍数80回/分・呼吸数20回/分と、
普段のらいすに比べると、やや上昇しておりました。
呼吸音も大きく、微かにプツプツとヘンな音も聴こえるような・・・。

  [続きを読む]
Oct 26, 2009
のんきな母も大慌ての後日談
前の記事 で申し上げたとおり、久々にめちゃくちゃ慌てた母です。

未だに引きずっております。
正直、不安です。
内容が内容ですから。(汗)

  [続きを読む]
Oct 25, 2009
のんきな母も大慌てのワケ
またしても、母のつぶやきです。

今回は、ちょっと毒があるかも?(笑)


10/22(木)、X線検査をして、フロセミドの投与を決めました。
翌10/23(金)、普段からお世話になっている別の病院で心電図検査をしました。

  というのは、お薬の処方をしていただいている病院では、
  心電図の検査機器がなく、検査ができないからです。

  上記2つの病院でも、カラードプラーの心エコー検査はできないので、
  もう1つ別の病院にもお世話になっていましたが、最近はご無沙汰しています。

  [続きを読む]
『らいすの助っ人』
左サイドのプロフィールにある『らいすの助っ人』の一員、フロセミドですが、
一時的に飲ませているだけだから、落ち着いたら止めるから、と
しつこく“休止中”と表示しておりましたが、
実際に飲ませているので、日数を入れることにしました。

いつかまた、“休止中”に戻せるといいな〜。

  [続きを読む]
Oct 23, 2009
スプーン印
10/19(月)の夜、日付が変わる直前、
眠っていたらいすが、突然咳込んで起きました。

今回は、ちょっと長いな・・・と感じた母は、
迷ったのですが、「念のため」とフロセミド(4mg)を飲ませました。
らいすの体重は、このところずっと、6.90〜7.00kgの間なので、
体重1kgあたりにすると、0.57mg/kgという量です。


翌10/20(火)は、興奮時の単発の咳のみ。
これで落ち着くかな〜?と期待していたんですが。

  [続きを読む]
Oct 21, 2009
母のメモ “僧帽弁閉鎖不全症と肺高血圧症”
「僧帽弁閉鎖不全症から左心不全、そして肺高血圧症」関連。

  [続きを読む]
Oct 19, 2009
母のメモ “ cardiac troponin I (cTnI) ”
まだ研究段階。

  [続きを読む]
Oct 16, 2009
休止トライアル
らいすの心拍数・呼吸数が安定、咳は減少、運動量は増加、
聴診で気がかりな音も聞こえなくなったことだし・・・

先生には、調子が悪くなったら、即投与ということで、
様子を見て休止して良いと言われたし・・・

この様子なら「無し」で大丈夫かも?

ということで、今日から、フロセミドを休止してみることにしました。

  [続きを読む]
Oct 11, 2009
presyncope 前失神
【2009/10/12 21:00追記】

不謹慎だと怒らないでください。

らいすを見ていて、闘病生活って、すごろくに似ている・・・
と思っている母。

  すごろくって、若いヒトには分からないかな?(汗)

でも、すごろくのあがり=お別れだとすれば、
お別れは、遅い方がいいです。

ですから、闘病生活の目的は、すごろくとは全く逆ということになりますが。


なぜ急にこんなことを言い出したかというと・・・

  [続きを読む]
Oct 03, 2009
らいすと母の遠足 第10話
またまたご無沙汰いたしました。

9/30(水)は、10回目の遠足(大学病院)でした。

朝から雨で、母には肌寒いくらいでしたので、
らいすの暑さ対策をせず(アイスノンを持たず)に出かけてしまったのですが、
湿度が高く(特に電車内)、らいすには暑すぎたようです。(汗)

バッグの中のらいすは、へろへろ。(爆)
心拍数100〜120回/分、呼吸数40〜60?回/分、という状態でした。

「温度が低くても、湿度が高いと、心不全の子はしんどい」ということを
あらためて思い知らされた母でした。

シャーベットスプレー(細かい氷の結晶?が吹き出すスプレー)と
濡らしたタオルでらいすの体を冷やしつつ、やっとの思いで病院に到着です。

  [続きを読む]
Sep 13, 2009
イヌの心臓、キャバリアの心臓、らいすの心臓
胸部X線検査、X線写真から求める心臓の大きさ、VHS。

イヌの vertebral heart size は、 9.7v +/- 0.5v 。

詳しくは、↓こちら。

1995年
Vertebral scale system to measure canine heart size in radiographs.
Buchanan JW, Bucheler J.
ttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7751220

2000年
Vertebral scale system to measure heart size in radiographs.
Buchanan JW.
ttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10768239

※上記と異なる値を掲載している書籍やサイトもあります。

  [続きを読む]
Sep 06, 2009
NT-proBNP10回目
夏の間、外出を控えて、らいすは冷房の効いた部屋でのんびり。
一日中ほとんど寝て過ごしました。

無理をしなかったからでしょうか?
今年の春に比べたら、ずっと調子がいいようです。


ということで、らいすの心臓の状態を確かめるべく、
9/1に、10回目のNT-proBNP検査をしました。

  [続きを読む]
NT-proBNP検査についてその2
ご無沙汰しております。

らいすは元気です♪
冷房のおかげで、夏の暑さに体調を崩すこともなく、無事に過ごしました。
この分なら、まだまだ頑張れそうです。(笑)


さて、1年半以上前になりますが、NT-proBNP検査について書きました。
  → 過去記事:『 NT-proBNP検査について


母は、「らいすの心臓の状態を知りたい!」という思いから、
NT-proBNP検査を続けてきましたが・・・

今まで行っていたNT-proBNP検査は、終わってしまったそうです。(驚)

  [続きを読む]
Aug 02, 2009
NT-proBNPと腎臓
過去記事 → NT-proBNP9回目


らいすのNT-proBNP検査の結果が、なぜ下がったのか?
いったい何が、どのように、血中濃度の変動と関連しているのか?

理由が分かれば、らいすの体調維持にプラスになるかも?と期待して、
あちらこちらのサイトにお邪魔している母ですが、今も「?」です。

きっと、らいすにヒントがあるはず・・・と考えてみたものの、
思いつくのは、フロセミドの服用くらい。

  [続きを読む]
Jul 28, 2009
命を繋ぐもの

medicine1.jpg



















らいすのお薬です。

  [続きを読む]
Jul 26, 2009
NT-proBNP9回目
僧帽弁閉鎖不全症において、心拡大は病状悪化のサインですが・・・

6/24(水)の大学病院で、「(前回よりもさらに)心臓が大きくなっている」
と指摘されたらいすです。

心エコー検査の結果、FSも低下していたので、心不全が悪化したと
考えるのが当然なのでしょう。

「それなら・・・」と母は考えました。

「NT-proBNP濃度も、また上がっているのかな?」

「相関するなら、上がっているはずだよね?」



そこで、予定を繰り上げて、7/21(火)にNT-proBNP検査をしました。

  [続きを読む]
Jul 06, 2009
らいすと母の遠足 第9話
ご無沙汰いたしました。

もう先月のことになりますが、
6/24(水)は、9回目の遠足(=大学病院)でした。

前回は4/15(水)なので、3ヶ月後であれば 7月になるのですが、
真夏の遠出は、らいすも母もしんどいので、繰り上げさせてもらいました。

当日は朝から雨でしたが、その分気温が低めでラッキーでした。
とはいえ、蒸し暑い梅雨の最中の外出ということで、
らいすが入るバッグの中にはアイスノンを2個仕込みました。

これで、らいす+バッグ本体+いろいろなグッズ+アイスノン=12kg・・・
めちゃくちゃ重かったです。(汗)
帰宅後、母の肩には、バッグの幅広のストラップの痕がくっきり。(爆)

でも、アイスノンのおかげで、らいすは行きも帰りも快適!
パンティングもせず、心拍数80回前後、呼吸数20回前後と、安定した状態で、
移動できました。

  [続きを読む]
Jun 08, 2009
曇りのち晴れ〜動画編〜
今日は、6/8(月)ですが、
せっかく撮ったのに、掲載するのを忘れていました。(汗)

関連する記事は、こちらです。
曇りのち晴れ〜曇り編〜
曇りのち晴れ〜晴れ編〜

dash1.jpg



























ということで、三度、6/1(月)のお散歩の模様を。
今度は、動画で。(笑)

Adobe Flash Player で見る!
  → 『 草を掻き分け、ながら族その2
          (ファイルサイズ:4.13MB、別タブ、別窓が開きます)

今回は、ちょっと長めのムービーです。

スタスタとよく歩くらいすをご覧ください。

「曇りのち晴れ」で、前半と後半、らいすの色が変わりますよ。

そうそう、“ながら族”の衝撃の場面は、30秒後です。(笑)
(ながら族その1は、こちら。→ 『 時間節約?ながら族 』)

  [続きを読む]
May 22, 2009
NT-proBNP8回目
5/19(火)に行ったNT-proBNP検査の結果が出ました。

下の画像をクリックしていただくと、拡大表示されます。

【 2009/05/23 18:40 】 画像を差し替えました。

  [続きを読む]
May 18, 2009
再挑戦
先週の月曜日、心電図検査をしました。
その時の記事は、こちらです。→ 『 荒れ模様

あれから一週間。

自宅で聴診している時も、怪しげなリズムを刻むらいすの心臓さん。
でも、「少し落ち着いてきたかも?」と思ったので、行ってきました。

心電図検査に再挑戦です。(笑)

  [続きを読む]
May 12, 2009
荒れ模様
ご無沙汰してしまいました。

らいすは元気です♪
が、このところ、らいすの心臓さんは荒れておりまして。(汗)

嵐の前触れか、大波小波でございます。(爆)


まずは、こちらをご覧ください。
昨日の検査結果です。

  [続きを読む]
Apr 17, 2009
らいすと母の遠足 第8話
4/15(水)は、8回目の遠足(=大学病院)でした。

今回は、 2/23(月)の呼吸困難があり、軽い肺水腫と診断されたこと、
2/22(日)からフロセミドの服用、 4/ 9(木)にフロセミド休止と、
この間の投与量、発咳や鼻水の程度、心拍数と呼吸数の変化、
楽しくないイベントが盛りだくさんだったために、説明するのが大変そうで、
あらかじめメモを用意していきました。

突然ですが、ここで母の感想を。 「心不全の3ヶ月は長い。」(爆)

3ヶ月は、らいすの時間に直すと、1年という時間になります。
いろいろあって当然かな?
備忘録として、日記はつけておくべきですね〜、特に病気の犬と暮らす場合は。

  [続きを読む]
Apr 11, 2009
母のメモ “服用期間” ver.20090411
先月、3/5に服用期間のグラフを掲載してから、1ヶ月以上経ちました。

2/22(日)から飲み始めていたフロセミドを、4/9(木)から休止しています。

今のところ、フロセミド無しでも大丈夫そうです。

今まで通り、5〜10分のお散歩にはやる気満々(笑)で行けますし、
呼吸数も心拍数も、2/23(月)の呼吸困難になる前とほぼ同じくらいに
回復しています。

「このまま体調が安定していますように」との願いをこめて、
『 服用期間 ver.20090411 』を貼り付けておきます。

  [続きを読む]
Mar 22, 2009
母のメモ “心不全に関するサイト”
心不全に関するサイトって、探してみれば、いろいろあるものですね。
かつて見たサイトもリニューアルしていたり。

獣医学系大学、病院、獣医師の個人サイトなどなど、
内容は、飼い主向けから、獣医学生や獣医師を対象としたものまで、
自宅に居ながら、世界中の情報が手に入るのですから、
インターネットには本当に感謝です。

  [続きを読む]
Mar 19, 2009
意外と普通な血液検査結果3月分
3/10(火)に行った血液検査の結果です。

以前の結果は、あちらこちらに散らばっていますが、(汗)
  『 NT-proBNP6回目 』  『 検査の信憑性
  『 ビミョウ・・・血液検査結果4月分
上記3つの記事で、この2年分くらいは繋がるかと思います。(爆)


bloodtest13s.jpg  左の画像をクリックして
  拡大表示でご覧ください。


  検査項目が多いので、
  縦に長い画像になっています。
  ご注意ください。


  同日に行ったNT-oroBNPの結果は、
  『 NT-proBNP7回目 』に
  掲載しております。


  [続きを読む]
Mar 13, 2009
NT-proBNP7回目
3/10(火)に行ったNT-proBNP検査の結果が出ました。

  [続きを読む]
Mar 11, 2009
心臓のお薬の処方、海の向こうでは・・・その2
昨日(3/10)、血液検査をしてまいりました。
7回目となるNT-proBNP検査もしましたので、詳しくは後日あらためて・・・

ということで、今日は別のお話を。


時間があると、気になるワードを入力しては検索している母です。(笑)

ヒットした検索結果を順にクリックしていくと、
たまに「これはいい!保存しとこ!」と思うページを見つけることがあります。

【 2009/03/13 [続きを読む]以下に加筆しました 】

  [続きを読む]
Mar 05, 2009
母のメモ “服用期間”
らいすの心臓のお薬を振り返ってみました。

というか、らいすが眠っていて母と遊んでくれず、あまりにも暇なので、
作ってみただけなんですが。(笑)


  [続きを読む]
Feb 27, 2009
2度目の呼吸困難
ご心配をおかけしました。m(_ _)m

新規の記事にする余裕がなく、↓の記事のコメント欄に書かせていただきましたが、
23日(月)00:47、らいすは2度目の呼吸困難に陥ってしまいました。

ですが、今回は回復も早く、かなり落ち着いてきました。
もう大丈夫かな〜と思っています。(油断はできませんが)



さて、写真は、 ミュウママさん のリクエスト?にお応えして、
白いまつげのらいすです。

(ミュウママさん、リクエストしたことにしといてくださいませ〜。笑)

1235695569222419.jpg



















画像をクリックして、拡大表示でご覧くださいませ。



今まで、らいすの体調が変わるのは、いつも突然で、
「なぜ? どうして?」と慌てふためくばかりでした。

しかし、今回は、らいすはしっかりサインを出していて、
母もサインを受け取っていました。

ただ、母が、そのサインの意味をきちんと理解できていませんでした。
で、結局、慌てふためく始末。(爆)

あ〜もう、本当に頼りない母なんだから。
「おかあちゃまが守るから!」なんて、ウソついてました。

ごめんね、らいす。

  [続きを読む]
Feb 22, 2009
プレッシャー
明日は雨という予報に、晴れているうちにと、2/19(木)にお散歩に出かけました。

pressure1.jpgらいすはウキウキ♪

いつものようにルンルンで
巡回していました。


昨夜、珍しく咳込んだので、
少し心配したのですが、
そこそこ元気で、
舌の色もまあまあ。


これなら大丈夫かな?
と思って写真を撮っていたら、
突如、グフグフ発生!




グフグフというのは、母が勝手に命名したのですが、(爆)
短頭種とお暮らしの皆さんなら、一度や二度は聞いたことがあるかも?という
あの音のことです。
雰囲気は、過呼吸。

お散歩でここまで酷いグフグフは初めてでした。
お座りして休憩している時だったのですが、
「あれれ?うまく息ができない?」と、母は焦りまくり。(汗)
そして、らいすに「落ち着いて!ゆっくり息をして!」と叫んでいました。
そんなこと言ったって無理なのに。(爆)

1分くらいしたら、普通に呼吸ができるようになり、らいすはクンクンを再開。
母も、写真撮影を再開。
でも、なんかいつもと違うような・・・。

pressure2.jpgうん、やっぱり違う!


ということで、
パトロールを続けようとする
らいすを抱き上げ、終了。



今思うと、
これは前兆だったのかも?








  [続きを読む]
Feb 17, 2009
見えないものを見たくて
昨日2/16(月)、X線検査と心電図検査のために病院に行ってきました。

肺や気管に問題があれば、咳が出たり聴診でヘンな音が聞こえたりするので、
X線写真を撮る前に、ある程度予測することが(心の準備も)できます。
幸い、このところ、そのような様子はなく、「呼吸器系は、まだ大丈夫だろう」と
心配性の母もわりと落ち着いていました。

でも、ちょっぴりドキドキしました。

  [続きを読む]
Feb 05, 2009
らいすと母の遠足 第7話
記事アップが遅れてしまいましたが、
1月14日(水)は、7回目の遠足(=大学病院)でした。

前回の2008年10月 8日(水)以降、心臓に関しては、これといった問題もなく、
信じられないくらい穏やかに過ごしておりました。

酷く咳き込むことはありませんでしたし、咳をするといっても日に1〜2回。
1分間の心拍数は眠っている時で60回、起きている時で80回、歩き回って90回。
病院の診察時やお耳を洗浄する時には、100〜110回になっていましたが。(笑)

熟睡している時には60回/分を切ることがあり、寧ろ心拍数の少なさを
心配しておりました。
イメージとしては、止まりかけの時計。
あまりにものんびりした心拍に焦り、慌ててらいすを起こすこともありました。

呼吸数も落ち着いていて、眠っている時は12〜15回/分。
肺を聴診しても、昨年の膵炎の時に気になった嫌な音も全く聴こえません。

したがって、今回は、先生に特にご報告することもありませんでした。

  [続きを読む]
Jan 14, 2009
NT-proBNP6回目
長い間、ほったらかしにしてしまい、申し訳ございません。

皆様に「良いお年をお迎えください♪」も「あけましておめでとうございます♪」も
申し上げないまま、すっかり年が明けてしまいました。(汗)

今更ですが・・・本年もよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m


さて、らいすは元気にしております。
本日1/14(水)は7回目の遠足(大学病院)でしたが、
その話は後日とさせていただきまして、
取り急ぎ、昨年のうちに掲載する予定でした8月分&11月分の血液検査結果を。


  [続きを読む]
Oct 11, 2008
らいすと母の遠足 第6話
10/8(水)、大学病院に行ってきました。

前回の遠足は、6/4(水)でした。
本来、3ヵ月ごとの通院ですが、7月に膵炎にしてしまい、大事をとって、
1ヵ月延期して、この日になりました。

  [続きを読む]
Oct 10, 2008
母のメモ “ Effect of benazepril ”
またしても、キャバリアには“有益な効果なし”というお話がありました。

らいすが飲んでいるベナゼプリル=フォルテコール錠についてですが。

『 Effect of benazepril on survival and cardiac events
  in dogs with asymptomatic mitral valve disease:
  a retrospective study of 141 cases. 』
  → ttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18482278


なぜ、キャバリアとキングチャールズには効かないのでしょう???


以前(2002年)、エナラプリル=エナカルド錠についても、
キャバリアには“効かなかった”というお話がありました。

『 Efficacy of enalapril for prevention of congestive
  heart failure in dogs with myxomatous valve disease
  and asymptomatic mitral regurgitation. 』
  → ttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11822810

  [続きを読む]
Aug 21, 2008
心臓のお薬の処方、海の向こうでは・・・
再び、夏休み中の母です。

らいすの体調が回復するまで、ケアに専念するための夏休みですが、
思っていた以上にスローペースなのと、
らいすが次々と母に課題を提供してくれるために、延長し続けております。(汗)

ブログに時間を費やしている場合ぢゃない!と我ながら思うのですが、(爆)
興味のある方には、非常に役に立ちそうなものを見つけたので、
取り急ぎ、お知らせをしたいと思いまして。

  [続きを読む]
Aug 14, 2008
母のメモ “The QUEST Study”
夏休み中の母です。
勉強していたら、おっ?と思う記事を見つけたので。(笑)


ついに、出るらしいです。

母が、『 らいすと母の遠足 第2話 』で

  Vetmedin のサイトを見ると、3年の期間を経て、2006年10月に終了している
  The QUEST Study なるものがあったようです。
  この場合のクエストは、母も好きなあのドラクエのクエストではなく、(笑)
  Quality of life and Extension of Survival Time の頭文字みたいです。
  掲載されている内容によると、ただいま分析中なのかな?

・・・と、申し上げたあの研究結果が。

【2008/08/22 追記】
“出る”のではなく、“出た”ようです。(汗)

  [続きを読む]
Jul 29, 2008
膵炎を振り返って
午前中、病院に行ってきました。

心拍も呼吸も、速くなったり遅くなったり、(汗)
心臓は、今までと“何か違う”という感じで、今ひとつ安定していませんが、
顔つきは、かなりしっかりしてきました。

そして、問題の膵炎ですが、
おかげさまで「9割方、大丈夫!(かな?)」と言ってもよさそうなところまで、
回復しました。


皆様には、大変ご心配をおかけしました。
あらためて、温かい励ましのお言葉を頂戴したこと、お礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

もうすぐ、復活したのほほんちゃんをお見せできると思います。(笑)

  [続きを読む]