☆七頭の愛犬達と仔犬達の育児日記☆

2010年11月
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
黒狼ママ

甲斐犬にドップリはまってしまった黒狼ママです。よろしくお願いしま〜す(^o^)/
ホームページ
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




2007/10/03
愛犬達の食事Α覆やつ編)
《犬のおやつ》
 
犬のおやつって凄く美味しそう^^
黒狼パパは鳥ささみジャーキーを
『これえぇお酒のあてになるわ〜o(^-^)o 』
と言いながら良く食べます。
ほんとに止めれなくなるくらいの美味しさです。
でもおやつの記載ラベルには
《これは犬用のおやつです。人間は食べないで下さい。》
との記載がある。
『え〜何で〜(*´д`)?? 』
これが逆なら人用のものは塩分等の関係から犬に与えてはいけない事は理解できるけど。
確かに豚耳やデンタル系のものは人が食べるのは抵抗を感じるけどジャーキーは納得ができない。
それから又々ジプシーの日々。
ネットでこだわりのお店で購入した物の中には《飼い主さんもどうぞ》と記載されているのもある。
これには高感度アップ。
人が食べてはいけない犬のおやつ??
いったいどんなお肉?材料?
 
おやつも時々犬クッキーやジャーキーを手作りする時がある。
ごはんもそうだけど犬の為の手作りは素材だけに気遣いして見栄えや味付けを気にしなくて良いのが楽なのです。
 
犬が口にする物は人間も食べれる物
これが黒狼ママが犬達のおやつやお肉を選ぶ基本なのです。
 
注、これらはあくまでも黒狼ママの考えです。
 
犬の食事など連載シリーズ?で書かせていただきましたが興味深くご覧下さりありがとうございました。
少しでもご参考になれば嬉しいですm(_ _)m
皆様のご愛犬が健康でありますように(人´∀*)
2007/10/02
愛犬達の食事
『仔犬達はドッグフード?』
 
仔犬達にも本当は手作りご飯を与えたいんだけど、最初から手作りの味覚に慣れてしまうと、きっとドッグフードは食べなくなると思うんです。
巣立っていく子の里親さんに食事の事まで強制する事はできません。
まずは食べなれているドッグフードから与えてもらい以後の食事は里親さんにお任せするようにしたい。
ドッグフードから手作りご飯への切り替えは楽だと思うけど逆の場合はきっと苦労されると思います。
なので仔犬達にはドッグフードと山羊ミルクのみです。
ちなみに生後5ヶ月の我が家の杏ちゃんはまだドッグフードのみです。
まだまだ遊び食いをするし全く食べない時もある。そして人間の食べる物には興味深々!油断をすると盗み食いされそうです。
こんな状態の間は避ける方が無難と思う。
『だから杏ちゃん、もう少しドッグフードで我慢してね^^、ドッグフードを規則正しく?食べれるようになったら黒狼ママが作ったご飯をあげるからね^^』
 
注、これらはあくまでも黒狼ママの考えです。
 
犬のおやつについても疑問に思う事がある。
 
                        次回につづく
                                          
2007/10/01
愛犬達の食事
『手作り食の場合の栄養バランスは大丈夫なの?』
 
手作り食の場合栄養バランスにはかなり気をつかいました。
ドッグフードにも仔犬用、成犬用、シニア用・・・・と分かれているように年齢によって必要とする栄養素が違うのです。
手作りを始める時には研究(というほど大げさなものではないけど)もしました。
考えれば考えるほど『あ〜こんなん無理や〜』と挫折しかけたり・・・・。
でも黒狼ママはひらきなおりました(v`▽´)v
当の人間達家族のご飯は毎日栄養バランスやカロリーを考えた食事ではありません。
食材が偏らないように気をくばるくらいの調理です。
それに添加物バリバリのスナック菓子も食べるしね〜(^^)
『そうなんや!犬にも深く考えなくていいんや!!考え過ぎるとしんどくなる!!』
って自分で自分を納得させて犬が食べてはいけない食材だけには注意し手作り食を開始したのです。
その日家にある野菜(緑黄色、淡色)を使い、肉、魚などをトッピング(調味料不可)
リゾット系にするのも良し!素材の栄養素を損ねないよう無水調理をしても良し!
ただそれだけ!簡単な事です。カロリー計算や栄養バランスを深く考えると身体ももたない。
毎日ドッグフードを与えるよりずっとずっと良いと思う。
そんなこんなで手作りご飯を気軽に開始したのです。
 
肉類は馬肉以外にも鶏肉を使用しているが送料の関係で馬肉のお店でまとめ買い。なので当分は馬肉責めヾ(;´▽`Aアセアセ
本日の夕ご飯
19年10月1日食事
馬肉(生肉)、米(五分づき米)、まぐろ、、かぼちゃ、キャベツ、人参、インゲン、ブロッコリー、おから、煮干(塩無添加)、スキムミルク
 
『仔犬達はドッグフード?』
                           次回につづく
2007/09/30
愛犬達の食事
『え!何で併用なん?それなら完全手作りにすればいいのに・・・・・』
 
そうなんです。
我が家の生活環境を考えました。
まず完全手作り食にするとドッグフードは確実に食べなくなる。(全員ではありません)
食べる物なら何でも来いの子もいれば食の我がままな子もいる。
かと言ってその子その子に応じて食事を変えていくような我がままにはしない。
時には厳しくが黒狼ママのもっとうです(^^)
食材のアレルギーがあるなら別だが出された物は好き嫌いなく何でも食べる。それが礼儀だと思う。これは人間社会にも値すると思う。
当初は手作り食に移行する時にはドッグフードに少しずつ食材を混ぜて慣らせていった。ドッグフードで慣れている子がいきなり手作り食や生肉を与えると、好んで食べても胃が順応しない為下痢や嘔吐をする場合がある。なので慎重に切り替えていかなければいけない。それはドッグフードの種類を変える場合も同じです。そんなこんなで手作り食への移行にも成功。
このまま完全手作りにと思ったが今後の事を考えた。我が家の場合は年に数回遠征する場合がある。多頭に飼育していれば全頭同行する事ができず何頭かはお留守番をさせる事になる。
お留守番犬の世話等は留守番の家族(娘達)に頼んでいく。
家族の負担を考えるとやはりそんな時にはドッグフードが便利です。遠征前にたくさん作り置きをして小分けをして冷凍庫に保存する方法も考えたが非常食的な考え方で家族にお願いする時にはドッグフードを与えてもらう。そして遠征に同行する犬達にもドッグフードを与えています。
そんな時の為に普段からどちらでも食べれるように併用している。
今後は工夫をして完全手作り食にするかもしれないけれど今の所はこれに落ち着いている。
 
『手作り食の場合の栄養バランスは大丈夫なの?』
『仔犬達はドッグフード?』
 
                                                            次回につづく
2007/09/29
愛犬達の食事
愛犬達の食事は当初、ドッグフード単体でした。ドッグフードは総合栄養食であり、飼い主も手間隙かけず簡単に与えられとても便利。そして犬達にとっても良いものと信じて与えていた。ドッグフードでも10腺隠娃娃葦澎未諒もあれば10000円以上する物もある。高価だと良いというものでもありませんが高価だと質も良いと思い込んでしまう事もありました。当時は価格もまぁまぁ手の出る範囲で成分を見てもまぁまぁ悪くない。そんなフードを与えていました。
しばらくは与え続けていたがたまに犬達が胃液を吐く(白や黄の泡状のもの)。どうも空腹の時に多いようです。その時の対策として2回の食事を3回に増やしたりしていました。そして直が3年前、原因不明の下痢、医者で診ていただいても原因がわからず、検査や点滴などでかなりの高額なお金を支払いました。でも治らず・・・・・・・。約下痢も2週間くらい続いたでしょうか。別の獣医さんに行き診察を受けると、フードを変えなさいと言われます。言われるがまま獣医さん処方のフードに移行。すると嘘のように下痢が治った。簡単な事でした与えていたフードが合わなかったのです。ドッグフードに疑問を感じ始めたのはそれからです。それからドッグフードについていろいろ調べました。出るわ出るわドッグフードの危険性。ドッグフードの何をどう信じて良いのかわからない時期がありました。これと思うものに納得して変更し、成分を見てこの部分がおかしいと思えば又変更。そんな繰り返しでした。そんな時友人が飼育しているワンちゃんが皮膚病で悩まされているらしく病院で処方のお薬が放せない状態だと知りました。その当時に我が家で与え始めていたドッグフード、サイトの説明ではかなり期待できそうです。その時半信半疑で友人にこのフードを勧めてみた。すると約2ヶ月ほどですっかり皮膚病が改善。数年通い続けた病院にも行かなくてすむようになったそうです。なんかかなり嬉しかった。
それからずっと我が家ではそのフードを与え続けているがドッグフードの不信感が消えたわけではありません。それなら手作りごはんにすれば良いのだと思い始めた。それが一年半くらい前の事です。
それからドッグフードと手作りごはんの併用です。
『え!何で併用なん?それなら完全手作りにすればいいのに・・・・・』
 
そうなんです。その理由は又次回につづく。
 
今日(昨日?)の犬達のご飯
19年9月28日食事
馬肉(生肉)、米(五分づき米)、スキムミルク、かぼちゃ、キャベツ、大根葉、インゲン、ブロッコリー、おから、煮干(塩無添加)、ごま油
 
注、 これらはあくまでも我が家の犬達が経験して感じた事でありすべてのドッグフードを否定した事ではありません。
 
19年9月28日杏
        杏ちゃんはもう少しドッグフードで我慢してね^^
2007/09/27
愛犬達の食事
我が家の犬達(親犬達)の食事はドッグフードと手作り食の併用で与えている。
手作りを与えるようになったのには理由がある。
又ドッグフードもいろんなものにジプシーしながら現在の物に今の所落ち着いている。
仔犬達にはドッグフードと山羊ミルクのみです。
それも又理由がある。書くと長くなりそうなので又改めて書きます。
 
今日の犬達のご飯。
19年9月27日食事
馬肉、米(五分づき米)、かぼちゃ、キャベツ、人参、インゲン、チンゲン菜、おから、煮干(塩無添加)、オリーブ油
 
ドッグフードの時より手作りごはんのほうがかなり嬉しそうです(^^)