November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
【夜うさぎ】

ういっしゅの主人(多分)。実家・新潟から遠く離れた岡山で遠距離飼い主中。今年は卒論やら就活やらに追われる予定…。

【うぃっしゅ】

10歳のゴールデン。愛称うぃ。現在リンパ腫寛解記録、1年11ヶ月!甲状腺機能低下症で投薬中。乳腺腫瘍、腎不全発病。

【りんく】

2歳のしっぽ付きコーギー。愛称りん・りん子。口蓋裂の手術・治療終了しました。避妊手術はいつになったらできるのだろうか。

【みん】

夜うさぎの双子の片割れ的存在の三毛猫。しっぽはカギ尻尾です。通称・化け猫みん様。2007年8月3日永眠。享年21歳。

CATEGORY
RECENT
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINK
MYALBUM
SEARCH
PR




疑惑
ずっと、ずっと気になってはいたんです。
うぃっしゅの様子。


リンパ腫という大きい病気をしたとはいえ、まだ10歳なのに、あまりにも老け込んでいないか?

抗がん剤の副作用で毛は少なかったけど、今も毛が少ないのはおかしくないか?
抗がん剤を切ってから1年5ヶ月。副作用はこんなに長く続かないはず。

リンパ腫治療中、体力が落ちたまま戻らない。それに加えて、もともと股関節形成不全。
そのせいで足が弱っているけれど、それにしたって動かなすぎではないか?

そして。
これだけカロリーを減らして、りんくより少ない量のご飯にしているのに、体重が減らない…
それどころか、気を抜けばすぐ太ってしまうのは何故か?


その答えに、近いものに行き当たりました。

甲状腺機能低下症


その名の通りの病気です。

中・大型犬に多く、5歳以上の中・高齢期に発症しやすいです。
(まれに1歳くらいで発症する子もいるようですが)
犬にはとても多く見られるホルモン疾患です。

非常に進行がゆっくりで、「歳のせいだ」と見逃される事が多く、そうして放置されるうちに甲状腺細胞が破壊され、最終的には衰弱死してしまうそうです。


症状は実にたくさんですが、典型症状と言えるものはあまりないそうです。

よく言われる症状は、

・あまり遊ばない
・運動したあとでも、息が荒くならない
・しっぽを垂れ、頭を下げた姿勢が多い
・いつも申し訳なさそうな顔つきをしている
・名前を呼んでも、反応が鈍い
・歩く時、前足のつめを擦るように歩く
・後ろ足を突っ張った不自然な歩き方をする

・眼に輝きがない
・暖かい季節でも寒がる
・太りやすい
・毛並み、毛づやが悪い
・毛がゴワゴワする
・毛がはげやすくなった
・一度、毛を刈ると、なかなか生えそろわない
・おなかの毛が薄くなった
・おなかの皮膚が黒ずんできた

・舌先が冷たい
・皮膚が乾燥している

とにかく「不活発」。
ただし、「食欲」は、衰弱死の寸前までなくなることはなく、病気発見を見逃しやすい要因でもあるそうです。

これらの症状と、血液検査によって確定診断されます。
完治はしませんが、甲状腺ホルモン剤を飲ませることで改善はされます。
しかし、薬をやめることはできません。


で、うぃっしゅはどうかというと…
赤字にしてあるのが、うぃに当てはまっている症状です。
ほとんど全部です。特に、被毛・皮膚に関する項目。

抗がん剤の副作用は切れているはずなのに、尻尾・肩甲骨・鼻の頭の毛が薄い。
お腹の皮膚は黒ずんでいて、毛はほとんどありません。
長毛種なのに毛並みは悪く、ゴワゴワと硬い毛です。
りんと同じ周期で洗っているのに(それもトリミングに出しているのに)、りんよりも遥かに被毛の状態は悪いのです。
皮膚はカサカサしていて、フケも出ます。
秋頃、リンパの腫れで手術した時の毛刈り跡に、まだ毛が生えていません(産毛程度)。

歳のせいと思っていましたが、かなり不活発でよく寝ています。
歩き方に関しては、当てはまってはいますが…関節が悪いため、もとからそういった歩き方もしているので、微妙なラインです。

そして、最も発症しやすい犬種にあげられるのがゴールデンなのだそうです。
ざっと調べたところ、発症しやすい犬種は、
ゴールデン、シェルティ、ドーベルマン、コッカー、柴など…


うぃも、この急激な老化に関して、何度も主治医に相談していました。
そして、その度に太りすぎを注意されてきました。
太りすぎと決め付けられ(確かにそうなんですけど^^;)、他の原因の可能性はないような言われ方でした。
あまりに決め付けられ、結局は自分で調べて、この病気に行き当たったのです。


自己診断スコアもやってみました。

10点以上→甲状腺機能低下症を含めて、何らかの異常が存在する可能性あり
15点以上→甲状腺機能低下症が強く疑われる
うぃの点数は20点でした。



実は1年前に、うぃの鼻のハゲを記事にしたところ、甲状腺の低下ではないかというコメントを頂いていたのです。
バカな私は、そのコメントに3ヶ月も経ってから気がつきました…
その後、主治医にその事を話してみたのですが、その時は他の症状が出ていず、たぶん違うだろうと言われたのです。
時期的にも、寛解して、抗がん剤の効果も切れていて、再発が怖い…という時期で、私も主治医も、たぶんリンパ腫の事ばかり意識していたのでしょう。
違うだろうと言われて、そのまま忘れていたのです。


今思えば、歳のせいだけとは言い難い事はたくさんありました。

なんでもっと気にかけていなかったのか。
なんで、1年前にコメントを頂いた時にもっと真剣に考えなかったのか。
なんで「たぶん」違う、という主治医の言葉を信じたのか。
なんでもっと食い下がらなかったのか。

なんであの時…は沢山あります。
けど、必要なのは「あの時」ではなく、「これから」です。


妹に連絡をして、なるべく早めに病院へ連れて行くように伝えました。
しかし、今の我が家では、りんの口蓋裂の時のように、先延ばし先延ばしになりそうな気がします。
こういう時に、私がうぃの傍にいれば、すぐにでも連れて行くのに…
リンパ腫の時も、手術の時も、そして今回も。
肝心な時にいつもいないなんて、本当にどうしようもない飼い主です。




暗い記事ですみません…。
スポンサード リンク

この記事へのトラックバックURL
http://dog.pelogoo.com/dandelion707/rtb.php?no=1175941516730233



この記事への返信
動物が年をとると、いろんな病気が出てきますね。心配がつきません。ぽっぽももうすぐ10歳。シニアの仲間入りなのかなと(もうとっくに入ってる??)思うとさみしいです。猫については、甲状腺機能亢進症のほうをよく耳にします。
だから、ぽっぽがいつもより遊んだり、ご飯食べたり、トイレに行く回数が1回でも多いと、亢進症や腎不全が頭をよぎって、怖くなります。
うぃちゃんはまだ病気って決まったわけじゃないけど、心配しちゃいますよね、やっぱり。この中途半端な時って、不安がどんどん大きくなっていってしまう…。どうぞ、早く病院に行くことができて、そして良いことが聞けますように。
Posted by marie | 00:35:03, Apr 08, 2007
たしかに、うぃちゃんに当てはまる項目が多すぎですね・・・
心配を抱えたままだと、精神衛生上もよくないと思う。
早めに病院で検査してもらった方がいいと思います。
夜うさぎさんのおっしゃるように、必要なのは「あの時」ではなく、「これから」ですもの。
夜うさぎけのみなさん、どうぞお願いします。
Posted by ピーママ | 14:54:06, Apr 08, 2007
ご無沙汰してますm(__)m
夜うさぎさんも演奏会に帰省にとお忙しかった様子ですね。
でもうぃちゃんやりんちゃんと一緒に過ごされて楽しかったご様子♪
りんちゃんの手術後は順調みたいですね。元気そうだもんね(*^^)v
気になるのは、やっぱりうぃちゃん。遠く離れてる分、心配も不安も募りますますよね。出来るだけ早く病院に連れて行って貰えますように。
最後に今更ですが、うぃちゃん&りんちゃんのお誕生日おめでとうございました\(^o^)/
Posted by ももり | 18:01:24, Apr 08, 2007
そういえば、ボックンも甲状腺機能低下症じゃないかって検査した。確か血ィ採って、検査機関に出すだけだったような。でも、その機関がオーストラリアかで結果が出るまでに2週間位かかったかなぁ。オーストラリアって聞いて、検査料金ボッタクられるんじゃないかってビビッたけど、大した事無かった。きっと、ある日突然なにかにビックリして、夜うさぎ父ちゃんと弟ちゃんが病院に連れてってくれるよ!うぃちゃん、それまでの辛抱じゃ。なんちゃって。
Posted by ポンボク | 12:12:04, Apr 09, 2007
そういえば、ボックンも甲状腺機能低下症じゃないかって検査した。確か血ィ採って、検査機関に出すだけだったような。でも、その機関がオーストラリアかで結果が出るまでに2週間位かかったかなぁ。オーストラリアって聞いて、検査料金ボッタクられるんじゃないかってビビッたけど、大した事無かった。きっと、ある日突然なにかにビックリして、夜うさぎ父ちゃんと弟ちゃんが病院に連れてってくれるよ!うぃちゃん、それまでの辛抱じゃ。なんちゃって。
Posted by ポンボク | 12:12:37, Apr 09, 2007
うぃちゃん、もしかして私と一緒???
私も去年の夏、甲状腺ホルモンが崩れバセドウになりました。薬を切らす事は出来ませんが、私は去年11月決められた数だけ服用していましたが、具合が悪くなり止めました。
今は、サプリを飲んで病院にも行かず物凄く体調いいです。
ホルモンバランスに最適!?なサプリ飲用しています。
私は、暑くて暑くてたまらなく、そしてなんといってもダルイくて仕方がなかった。
きっとうぃちゃんも、だるいからあまり動かないのでは?
Posted by りょう | 21:20:48, Apr 09, 2007
marieさん

やっぱり、m年齢が2桁になると、飼い主の意識も変わってきますね。
ちょっとでも様子がいつもと違ったら、もう心配で心配で。もっとも、うぃの場合は全ての心配がリンパ腫につながっていて、ホルモン疾患なんて考えもしませんでした。
本当に、診断が下るまでのこの時間は辛いですね。調べれば調べるほど、うぃに当てはまる症状がでてきて。
うぃが具合悪くなってからリンパ腫と診断されるまでの時間と、よく似た気持ちです。明日当たり、母にも直接電話で話してみようと思います。
Posted by 夜うさぎ | 00:42:52, Apr 10, 2007
ピーママさん

本当に、今のうぃの状態と症状の項目が一致していて、びっくりしました。
知識さえあれば、もっと早くに気付けたのに…と思うと悔やんでも悔やみきれませんが、今は過去を悔やんでる場合ではありませんね。
とにかく、離れている私にできる事は情報収集なので、パソコンにかじりついている日々です。こういう時、ネットって本当に便利ですね。
実家も何かと慌しい状態ですが、何とか早く病院に連れていくようにかけあってみます。
Posted by 夜うさぎ | 00:48:29, Apr 10, 2007
ももりさん

ありがとうございます(^^)そしてお久しぶりです!
りんくはとってもとっても元気ですよ〜。最近は体重も増えてきました。もうすぐ7圓砲覆蠅修Δ任后
うぃも、元気だと思っていたんですが…再発ばかりを心配していて、他の病気には思い切り油断していました。
とにかく早く病院に行って、診断をもらえるよう頑張ります。
Posted by 夜うさぎ | 00:54:21, Apr 10, 2007
ポンボクさん

検査機関、オーストラリアなんですか!ボックン君の血は海を渡ったんですねぇ(そういう問題じゃない?)。
でも、2週間はちょっと長いですね。その場でぱっと検査結果がでたら、飼い主の精神状態にも良いのですが…現実は厳しいですね。。。
夜うさぎ母は、病気に対してはものすごく後ろ向きで消極的なので、ここは父弟、男2人組に期待するほうがいいかも…(笑
Posted by 夜うさぎ | 00:58:42, Apr 10, 2007
りょうさん

実はこの病気に気付いたきっかけが、バセドウの方のブログだったんです。その方の飼われているわんちゃんが甲状腺機能低下症になって、おそろいになってしまった…という記事で。それを読んでいたら、「ん?これはうぃにも当てはまってるような…」と思い、調べてみたら案の定…です。
ホルモンバランスにいいサプリがあるんですね。探してみて、うぃにも飲ませたいです。
うぃが動かないのは、股関節と足腰の弱りのせいで、もしかしたら痛みがあるのかも…なんて思っていたんですが…
確かに、だるそうな様子はかなりありました。すっかり関節のせいだと思い込んでました…思い込みって恐ろしいです…
Posted by 夜うさぎ | 01:05:32, Apr 10, 2007
本当ですね!
人間の思い込みほど恐ろしいものは、ないかもしれませんね!
ホルモン系にいいのは「ノニ」というものです。
一度は聞いたことあるかもしれませんが・・・。
Posted by りょう | 19:18:59, Apr 10, 2007
ノニですかぁ。どこかで聞いたことがあります。
どこだったかな…、確かノニジュースとか聞いたようなような…。
調べてみます(^^)ありがとうございます〜。
Posted by 夜うさぎ | 00:34:36, Apr 12, 2007


◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :