犬と暮らすイギリス ケンブリッジ。黒ラブフェリックスとママのケンブリッジ見聞録

May, 2009
-
-
-
-
-
01
03
04
05
06
07
10
11
12
13
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
-
PROFILE
佐藤フェリックス

イギリスのケンブリッジに犬を連れてお引越し。ラブラドールのフェリックスは今日もママと一緒に徒歩&車で、いろんなものを見て聞いて体験しています。

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Feb 27, 2007
満開!

1172571478637491.jpg

フェリックスのお散歩コースの一つ、近くの教会前の公園。

 

先週末あたりからケンブリッジ市内のあちこちで満開の木がある。

 

でも名前が分からなくて気になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1172571509581686.jpg

みたい・・・でも違うみたい・・・

 

花びらの色は木によってピンクのものや白いものがあります。

 

とりあえず木の下から眺めていると、ちょっとしたお花見気分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1172571541871728.jpg

 

 

 

 

 

近くで見るとこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1172571570808452.jpg

 

 

 

 

 

お散歩していると、あちこちにを発見できる今日この頃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー一日1クリックして頂けると嬉しいです。

     よろしくお願いします            

 

 

Feb 25, 2007
川面を渡る風

川べり1

 

 

 

 

日本は花粉真っ盛りだとか、皆様如何お過ごしでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

こちらは日も伸びてきて、川面を渡る風も多少和らいできました。

 

”Catch! Catch!! Faster! Faster!!"

 

・・・とケム川では来週始まるレースの練習にも熱が入っているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

先日のカントリーパークと違い、今日はお友達もいっぱいいます。

 

 

ボートのお兄さ〜ん、お疲れ様で〜す!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

さぁ、僕もボール遊びでひと暴れしよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

と思っていると、

 

ウン?

 

なにやら向こうからデカイわんこが走ってくるぞ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6

 

や、やぁ・・・

 

はじめましてダネ

 

相手は背中の毛が立っているけど、フェリックスは珍しくまだ立っていない。

リラックスしているの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

・・・と思うのもつかの間、一気に緊張感が高まり背筋がゾゾゾ〜ッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8

 

や、やるかぁ

ガウガウごっこ

 

でもチョッと手ごわそう

っていうか、キミ全体的に雰囲気怖いよぉ

何者?

 

飼い主さん呼び戻してくれないかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9

飼い主が一見”ややこしそう”な若いお兄さんだったので、近頃英国内で問題の獰猛な犬だったらどうしようと思いました。

フェリにボールを投げて遠くへ走らせても執拗に追いかけてくるし・・・最終的には飼い主の呼び戻しに答えて離れてくれました。

 

犬種によっては、攻撃的だしコワモテだし、どれだけ訓練されているか分からないと怖い時もあります。

基本的には攻撃的な犬や呼び戻しの訓練が徹底していない犬はノーリードにはしないけれど、興奮するとやっぱり犬種の性格や本能がでるから、要注意!!

しかもフェリックスは去勢しているせいか、オスにもメスにも追いかけられます。(中性的フェロモンの魅力なの?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10

 

だいぶ遠くまで行ったから、もう大丈夫だね・・・

 

勇ましい後姿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11

 

はぁ〜・・・

散々走り回ったから、暑いわぁ〜 

 

川面の風が気持ちいいねぇ〜 

 

 

 

コワモテのワンとの絡みはいつもより緊張するせいか、チョッと疲れるわ・・・

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナーワンクリックして頂けると嬉しいです

 よろしくお願い致します。

Feb 24, 2007
ゴグマゴグの丘

ゴグマゴグのおか今日はケンブリッジの南にあるゴグマゴグの丘にお散歩に来ています。

 

ここは紀元前5世紀の鉄器時代の要塞だったんだ。

 

近くには青銅器時代の遺跡やローマ人の居住地跡、サクソン人のお墓もあるよ!

 

丘の上にあるWandlebury Country Parkに入ってみよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Stable

 

 

 

Wandlebury Country Parkの中の厩舎。

18世紀初頭の建築。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キューポラ時計台

 

 

 厩舎の屋根にはキューポラの時計台

 

四面ある時計は、全て針が1本ずつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Stable arch

 

 

 

 

 

厩舎のアーチをくぐると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

スタリオンのお墓

 ゴドルフィン・アラビアン(Godolphin Arabian)のお墓があります。

 

現代のサラブレッドのほとんどのご先祖様らしい。

1753年享年29歳にしてこの地で亡くなったそう。

 

 

250年以上前の馬のお墓って珍しくない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

貸切状態!

 

 

昔から羊や牛が草を食んだり、馬がギャロップしたりしていた広場・・・

 

でも今日は誰もいない・・・

 

思いっきりボールで遊べるけど、チョッと広すぎてさびしい・・・

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時計

 

 

 

日時計

 

要塞としての役目もなくなり、18世紀以降の持ち主により作られた庭園の名残り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

斜めの木

 

 

 

庭園内の斜めに生えている木

 

倒れているみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

小屋

 

 

庭園内の小屋

 

高床式だ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メモリーベンチ

庭園内のあちこちにあるベンチ。

 

背もたれ中央に

In Loving Merory Of Mark Nelson 1963-1979

のプレート。

遺族の思い出の言葉と共に寄贈されている。(英国の公園でよくみかけます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

blue doors

 

 

ブルーの扉がかわいい建物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

貸切状態2

説明しよう・・・

 

Wandlebury Country Parkは鉄器時代の要塞の名残である直径304メートルの溝に囲まれたリング状高台と周囲を取り巻く広大な土地からなっている。

 

太古から様々な人種(ローマ人、ケルト人、など等)を経て、近世の領主、地主の管轄の最後に、20世紀半ばで宅地開発の一環として売却されそうになる。

しかし歴史あるこの地域を保存するため1954年にCambridge Preservation Societyの手に渡り現在 Country parkとして無料開放されている。(修理や維持には寄付を募っている)

 

しっかし、誰もいないなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群生

 

 

 

リングの周りを歩いていたら、スノードロップスの群生を発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唖然!

 

 

 

うわぁ、きれい

 

思わずウットリ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Snow drops up

 

 

 

Snowdropsのアップ

 

 

 

わぁ光ってる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

snow drops 群生アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お花の絨毯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

snow drops 群生&フェリ1

 

 

アングリッシーアビーのスノードロップスのお庭は犬の入場お断りだったけど、ここならわんこも一緒にお花見できて最高!

 

しかもすいてるし

 

 

是非お友達を誘ってまた来たいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナーワンクリックして頂けると嬉しいです

よろしくお願い致します 

 

 

Feb 23, 2007
洋式お風呂での犬洗い

シャワー1

フェリ、今日はお客様がいらっしゃるよ!

 

???

 

お風呂に入ってピカピカになろうね!

 

???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1172183286857860.jpg

 

日本式のお風呂が恋しい・・・

 

洋式バスタブで苦労するのは、体重30キロ以上のフェリックスを抱き上げてバスタブにいれること。

 

中腰で持ち上げ、そっと下ろす・・・

こ、腰が。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャワー3

 

なんとか犬投入。

 

お尻から暖かいシャワーをかけます。

 

英国のお風呂って温度調節がむずかしい。(うちだけ?)

日本の様に温度設定は無く、熱湯と冷水の2つのひねりを微妙に調節・・・・

アレッ?・・・

すぐに限りなく水に近づいていきます・・・

 

水が溜まると足が水につかるのを嫌がり、バスタブの端っこの方へモゾモゾ・・・

 

・・・出たい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1172183416124789.jpg

 

サッサとしないとブルブル攻撃があるので、急いでシャンプー!

 

 

背中の模様に見覚えが・・・

 

あっ、日本で近所にウロウロしていた

ウリボウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1172183742833764.jpg

 

ほうっ

 

お日様まぶしい!

 

朝シャンも悪くないなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1172183802909484.jpg

 

ドライたいむ

 

タオルをくわえてクルクルクルクル

全自動自己脱水機 

 

ひたすら舞い踊ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャワー7

 

はい、おしまい!

 

いい男になったかなぁ?

 

 お客様に気に入ってもらえるといいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー←クリックしてね!

 よろしくお願いします

 

 

 

 

 

Feb 21, 2007
フェリの好きな言葉3段活用!その1

行こっか?1

 第一段活用

ベッドの上でつまらなそうなフェリックス。

 

「ひま、暇、ヒマ〜

そろそろだと思うんだけどなぁ・・・」

 

 

 

すると大好きな言葉

 

「行こっか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行こっか?2

 

第二段活用

 

いきなりバネ仕掛けのおもちゃのようにがばっと起き上がり、まずはお座り・・・

 

えっ 今なんか言った??

いやいや確かに言ったよね

 

 だからぁ、お散歩行こっか?って言ってるの

フェリックスはいつも最初に右側に首をかしげます。みんなのわんこは最初どっちに傾く?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行こっか?3

第三段活用

 

 更に立ち上がり、ずずいぃ・・・と詰め寄ります

 

「おぅ 何度聞いてもいい言葉

 もう一回言って」

  

 

「さ行こっか

 ちっ、近い・・・

 

 この後はクルクル回って飛び跳ねて喜ぶため写真には収められません・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー1日1クリックして頂けると嬉しいです。

  ご協力とても感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Feb 19, 2007
Anglesey Abbeyへ冬のお散歩

1171890007545518.jpg

 

 

ナショナルトラストの一つアングリッシィー・アビーは家から車で15分。

1月〜3月はスノードロップスの花が咲くのでウィンターガーデンを公開中。

でもガーデン内は犬の立ち入り禁止なので、今日はその外郭を歩くフットパスをお散歩します。

 

「早く、早く、こっちだよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フットパス サイン

 

Horningsea

土地の名前にSEAが残っていると言うことは、この辺りも昔は海だったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水車小屋 1

 

水車小屋

200年くらい前から働き続け、今もまだ現役!

ナショナルトラストの職員が稼動させています。

 

川の向こうで見学しているのはガーデン散策中の人たち

 

ガーデン内は混雑しているみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水車小屋前

 

 

はぁ、気持ちイイ!

 

爽やかな空気を満喫

 

背後では轟々と水車の回る音と、どこかでシューティングをしているのか時々パーンと鉄砲の音が聞こえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倒れた木の橋

 

 

川沿いをお散歩

 

根元が割れて倒れた木。

 

橋みたいだけど、枝が邪魔して渡れそうもありません・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の木立

 

冬の木立

木々に緑覆い茂る日が待ち遠しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Secuared Area Sign

 

フットパスの途中にある村の入り口。

村の安全の為部外者は立ち入れないように

ゲートにはロックがかかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鐘

村の中の鐘

 

村の中はひっそりしていて時間が止まっているよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水練

この川は浅く(水深30センチくらい)流れも緩やか。

 

フェリックスに水馴れさせようとお兄ちゃん自ら川の中に入り試みるも・・・

見よ!この巻いた尻尾にへっぴり腰!

思いっきり腰が引けて、前足踏ん張っております。

「おやつは欲しいけど、お水はイヤだよぉ・・・

チョットォ!落ちそうだよぉ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

水仙

 

 

川のほとりにたたずむ水仙。

 

水面にその美しい姿を映すナルシス・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フットパス川沿い

 

 

フットパスは限りなく続くので途中で引き返します。

再び水車小屋まで戻ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

畑

「おう!新鮮野菜がいっぱい!」

・・・ってダメだよぉ〜、よその畑の野菜食べたら

 

チョッとお腹もすいてきたし、帰ってお茶にしようね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー←1クリックして頂けると嬉しいです

 よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

Feb 18, 2007
地上34メートルからの眺め

Great St.Mary's 1ケンブリッジの真ん中、Market Hillにある教会Great St.Mary's

 

歴史は古く、少なくとも1205年の記載にその存在が残っていることから、800年以上前から(ケンブリッジに大学が出来る前から) このマーケットの前に建っています。

 

写真左側のタワーの中が螺旋階段になっています。

今日はこの階段をのぼって、教会の塔頂上を目指します。

 

よ〜く見ると途中に小さな窓があるのだけれど、見えるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's Door

 

 

 

 

 

では早速扉を開けて中に入ります。

 

魅力的な重厚で古い扉!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 2

 

 

教会の中

 

 

外観の素朴さからは想像できないほど鮮やかなステンドグラス。

 

彫刻の美しい木製の長椅子は16世紀のもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 3

 

 

いよいよ階段をのぼります。

 

閉所恐怖症の私でものぼれるかなぁ・・・

 

 

上を見上げるとこんなかんじ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 4

 

 

 

下を見るとこんなかんじ。

 

 

 

階段の幅が狭いので足を踏み外しそう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 5 Bells

 

  

途中にある鐘は16世紀初頭の物。

 

画面左に上向きの鐘があります。

 4つあるはずなんだけど、暗くてよく見えません・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's plateこれも階段の途中の壁に埋め込まれているプレート

1607年(?)なんて読むのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 6 window

 

 

 

そとから見えたタワー途中の小さな窓。

 

この窓のお陰で螺旋階段に光りが差し込み、閉所恐怖症としては少しホッとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's 7

 

 

 

やっと頂上に到着!

 

扉を出るとパッと視界が開けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's South

 

地上114フィート(約34メートル)からのパノラマ。

 

 

King's College

 

King's paradeの歩行者も見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's West

 

西側の景色

 

正面手前がThe Old School

その向こうの茶色っぽい建物が

Trinity Hall

 

さらに中央一番奥が

University Library

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great St.Mary's North

 

北側の眺め

 

 

手前がGonville and Caius College

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Great StMary's East

 

 

 

 

 

東側

 市庁舎

The Guildhall

 

 工事中のジョン・ルイス(ロバートセール)も見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ1

 

 

おまけ1

南側の建物の中庭

なんとなくかわいらしい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ2 St.John's

 

 

 

 

 

 おまけ2

 

北側遠くのSt,John's

College

にズーム・イン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ3 Gonvil & Caius

 

 

おまけ3

 

 

Gonville and Caius College

 

the Gate of Virture

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ4 Market place

おまけ4

 

マーケットプレイスの色とりどりの屋根。

 

人々の声とざわめきが聞こえてきます。

 

  

馬鹿と煙はなんとやら・・・でもたまに高いところに上り、思いっきり深呼吸すると、階下では味わえない開放感が味わえて楽しかったです。はぁスッキリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日1クリックしていただけると嬉しいです。

 ご協力ありがとうございます。

Feb 16, 2007
パブでジャムセッション!

Hay Makers Jam 1

 

フェリックスのお散歩道の途中にあるパブ。

 

ここは夜な夜な

英国版ちょいワルおやじ

ライブミュージックとビールを楽しむために集まってくる。

 ステージ上のプレイヤーは

全て飛び入り参加のお客さん。

 

バンドとして練習しているわけではなく、その日集まったお客さんの中から演奏したい人が適当にステージに上がってプレイする。

 

それぞれ自分の弾きたい楽器を各自で持ち込み、ドラムを叩きたい人はマイスティックを持って飲みに来ている。

曜日毎にJazz night,Blues night, rock&roll night、とジャンルが決まっている。

今晩はJazz/Funk nightでサックス奏者が4人もいた。

 

なにやらゴソゴソ相談して、ソロの順番やフレーズのチェックをしている模様。

 

 

 

 

 

 

Hay Makers Jam 2そして演奏が始まる。

 

息もぴったり・・・

 

さっきまで隣のテーブルで飲んだくれていた酔っ払いのオジサンが、いきなり次の曲でステージに上がり、見事なギタープレーを披露してくれる。

 

もっとビックリするのは、さっきドラムを叩いていた人が別の曲でキーボードだったりベースだったり、とにかくみんなオールランドに楽器が上手!

 

このオジサン達、昼間はどんな職業なのかな?と想像力をかき立てられます。

 

 

 

 

 

 

 

Hay Makers 3

 

私の背後ではビリヤードをしている人もいます。

 

お客さんの平均年齢40歳以上じゃないかと思うほど大人ばかりのライブパブなのでした。

 

 

 

 

 

シェパードを連れて来ている人もいたから、次回はフェリックスも一緒に連れて来よう!

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←ランキングに参加しています。

 1クリックして頂けると嬉しいです。

 他の海外ブログも面白いので覗いてみてくださいね!

 

 

 

 

 

Feb 14, 2007
イギリスのお菓子(おっと!よだれが・・・)

King's College Backs

 

 

キングスコレッジのバックス

 

先週の雪とはうって変わり今週は暖かく、

日中の最高気温は10度くらい。

すっかり春めいた日差し。

 (明け方の最低気温は1度だけどね)

 

 今日は私のお気に入りフィッツビリーズのお菓子を買いに出かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Clare

 

 

クレアコレッジの敷地内の花たち。

 

うす紫と黄色の絨毯が広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 purple

 

 

 

 

 可憐な姿にうっとり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yellow & Purple

 

 

 

 

 

 

 小さくてとてもかわいい花たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

お花も堪能したところで、花よりお菓子の私は、足取りも軽くキングスコレッジ正面、キングスパレードを歩きます。

 

どこからか、甘〜くいい匂いが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fudge Kitchen 1

 

甘〜いキャラメルの匂いに誘われて、匂いを辿ってお店に入ると・・・

そこはキングスパレードの真ん中辺りにあるファッジ屋さん

Fudge Kitchen

銅鍋でシュガーケイン等の材料を溶かしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fudge Kitchen 2

ケントに本店のあるこのお店は、英国内に支店が10店舗ほどあります。

 

店内の大理石の台の上では、溶かした材料を広げていました。

 

 

ただ今ファッジ作りの真っ最中!

 

お店いっぱいの幸せな香りは、表通りのキングスパレードまで溢れ出し、ハーフタームホリデー中の子供達の心を鷲づかみ!

みんな呪文にかかったようにニコニコしながら店に引き寄せられます。

 

 ハーフターム・ホリデー→学期途中の10日ほどの中間休み 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fudge Kitchen 3

 

 

 

大理石の上で材料を広げ、キャラメルにナッツなどを入れてよくかき混ぜ、空気を入れて練った後、型に入れ冷まして固めます。

 

口の中であっという間に溶けるクリーミーなFudge Kitchenならではのあの美味しさの秘密は、この丁寧な工程とよい材料を使うからだそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fudge Kitchen 4

 

 

店頭で買うと、紙に包んでナイフつきフォークも入れてくれます。

 

 歩きながらつまみたい衝動に駆られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the Fitzsbillies

さてさてファッジも買ったし、先を急ぎましょう!

 

キングスパレードも終わりトランピントンストリートにさしかかった辺りにあるのが本日お目当てのお店。

地元の人や学生にも大人気の

Fitzbillies。 

パン、フルーツケーキ、メレンゲ、サンドイッチ、チョコレートなど等。

ランチタイムはソーセージロール、コーニッシュペストリーを温めて売っています。

いつ行ってもお店の中は行列です。

ちなみにイギリスのケーキはフルーツケーキにシュガーコーティングで飾ったタイプ。日本のようなスポンジの上に生クリームというショートケーキタイプは見かけません。

 

 

 

 

 

 

 

チェルシー・バンなんといってもお店の名物と言えば

チェルシー・バンズ。

 

夕方には売り切れること多々。

1922年の創業以来かたくなに守られたレシピーは現代も人々を虜にしています。

世界一ベトベトなお菓子!というのが自慢。

手で食べて最後は指までしゃぶりたくなるような甘いバンズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

シュー・バン

 

 

こちらは私が個人的に一押しのシュウ・バンズ。

 

しっかり硬めのシュウにダブルクリームのホイップ(甘みなし)をサンドしてあり、上からコーヒー風味のシュガークリーム。

 

 すごいカロリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スコーンもちろん、忘れちゃいけない、スコーンも!

 

家に持ち帰り、ホイップしたダブルクリームかデボン州のクロテッドクリーム(バターのように脂肪の多いクリーム)+地元農家のおばさん手作りブルーベリージャムを添えて頂きます。→スコーン+クリーム+ジャム+紅茶を総称クリームティーと言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fitzbilly flower cake

 

 

あまりにかわいいので買ってしまったミニケーキ。

4センチ四方くらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St.Valentine's Day

 

 

 

今日はバレンタイン!

 

愛するわんこと甘いお菓子に囲まれて、至福の時を味わいます。

 

Happy Valentine's Day

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

夜に中華を食べにいきまいた。お店の中はバレンタインモード!

 

1171498438604711.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Chinese restaurant

 

 

 

 それぞれのテーブルにはバレンタインのハート型の風船が!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー←一日1クリックしていただけると嬉しいです。

   よろしくお願い致します。

   他のラブちゃんのブログも読めます。

Feb 12, 2007
長いお散歩グランチェスター編(ラブ・テンコ盛り)

Granchester meadows walk

 

 

今日はお天気もよく気持ちいい一日。

 

グランチェスターメドウをお散歩しに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

puppy

 

 

お散歩デビューホヤホヤの赤ちゃんラブに遭遇。

 

無垢な瞳・・・かわいい

 

フェリックスもこんな時期があったなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

puppy1

 

 

今ではこんなに大きくなっちゃって。

 

赤ちゃんのやわらかい毛並みが懐かしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

footpath1

平野をゆったりと流れる川に沿って歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

footpath2

 

 

 

春らしい陽気に誘われて沢山の人がフットパスを歩いています。

 

 途中S先生ご夫妻とすれ違いました。

行く手のORCHARD のティールームは混雑しているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Felix 11 Feb 2007 1

 

 

今日はお散歩ついでに水泳特訓もする

って?

 

え〜っ

まだ寒くない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Felix 11 Feb 2007 2

 

 

おっ!

沢山お友達が歩いてくる。

 

ワクワク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dogs by the river

 

 

今日は何故か黒ラブが多いみたい。

 

みんな川にボールを投げてもらってドボ〜ンと飛び込んで遊んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Triplet playing by the ri

 

 

 

特に気が合ったのはこの兄弟。

 

ガリバー君とロボ君(共に2歳)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

triplet

 まるで三つ子のよう

 

 

左青の首輪ロボ君

 左前足がキュート!

 

中央フェリックス

 

右赤の首輪ガリバー君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見ててね!

 

 

 

ガリバー君と一緒に泳ぐよ

 

見ててね (手前がフェリックス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fetch my ball , please.

 

 

と思ったけど、どうしても飛び込めない

 

「ガリバー君、僕のボールとって来てくれる?」

 

「プリ〜ズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガリバー1

 

  

 ガリバー君かっこいい!流れに負けず、ぐんぐん泳ぎます。

 

「しょうがないなぁ・・・」

 

「自分の物くらい、自分で取ればいいのに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1171243981625884.jpg

 

 

 

ふ〜っ、気持ちいい

ヨイショッと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガリバー3

 

 

「はい、オバチャン!

フェリックスのボール持ってきてあげたよ!」

「フェリックスって、泳げないの?

だっせぇ〜!」

 

Gun Dogのトレーニングを受けて、立派な成績を修めたガリバー君の面目躍如。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lobo4

 

 

こちらはロボ君。

 

ボールには興味がないけれど、木の枝が大好き。

 

ボールは取りに行かないけれど、枝なら俄然張り切って取りに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lobo2

 

 

 

枝を見つけたら大興奮!

 

兄弟でも全然性格が違うのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lobo3

 

 

 

そしてもう一つロボ君の好きな物。

それはプラスティック。

 

何を隠そう、彼はプラスティックフェチなのだそう。

 

フェリックスのフリスビーが大変お気に召したご様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Wendy2 

「さぁ、フェリックスも一緒に泳いで取りに行ってらっしゃい!」

 

とロボには枝、ガリバーとフェリックスにはボールをなげてくれた飼い主のウエンディさん。

 

「勘弁して下さい。どうか僕のことは構わないで・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wendy 1

ウェンディさんは今まで沢山犬を飼った経験があるので、色々教えていただきお勉強になりました。

電話番号とメルアドも交換して、また会う約束を。

次に会うときは、動物のホメオパシーについて伺います。

がんの末期で獣医さんに見放され、化学療法を受けても余命3ヶ月!と宣告されたラブちゃんを、本来は人間専門のホメオパシーの専門家に診てもらい、化学療法に頼らず、ホメオパシーのレメディだけで9ヶ月生かすことが出来たのだそうです。最近ホメオパシーやリフレクソロジーアロマテラピーが気になる私としては、とても興味深いお話でした。

 

 

ラブラドールバーナー←一日1クリックして頂けると嬉しいです。

 よろしくお願い致します。

 

 

Feb 10, 2007
ケンブリッジでの詐欺事件について

police officer金曜日の夜10時近く。

週末なのでゆっくり食事をした後ボケ〜っとテレビを観ていました。

 

すると突然

「ピンポ〜ン

 「エ〜ッこんな時間に誰

 と怪しく思っていると、玄関にお巡りさんが立っていました。

 「先日起きた詐欺事件について事情聴取をしたいのですが、よろしいでしょうか?」

 「・・・?あぁ、3日前にも訪ねて来たけれど私が留守にしていたんだった。

え〜でも今からぁ?こんな遅くにぃ

この写真はイメージですが、この写真に大変よく似たお巡りさんでした。

 

 

 

 

 

その詐欺事件は昨年11月頃起きました。

 

30歳くらいの男性が、英国国営放送BBCの主催する18歳以下の子供の為のチャリティChildren In Needを語って、ケンブリッジ市内の家々の扉を叩き募金を騙し取って行ったのです。

 

 

Pudsey

 

この片目のクマちゃんはChildren In Need のキャラクター

PUDSEY

 

ホームレスネグレクト虐待貧困、重病肉体的精神的障害、などに苦しむ18歳以下の子供達の為にポジティブな生き方が出来るよう、彼らを支える活動グループに対する資金を集めよう・・・といった内容のチャリティです。

 

街にはPUDSEYのキャラクターグッズを売るチャリティショップもあるし、募金は一年中出来るのだけれど、秋にBBCが特番を組んでアピールする時期があります。

ゲストのポップ歌手がチャリティ・ライブをしたり、お祭り気分を盛り上げるので、今回はそのキャンペーン中に募金が回って来たから、皆ついつい信じてしまったのではないでしょうか。

 

11月のある日の夕方、PUDSEYの絵の付いた募金箱を片手に、我が家にもその男性は現れました。

 

彼はオシャレでスマートな格好・・・とは言えないけれど、別段見苦しい身なりでもなく、愛想のよい男性でした。

 

「チルドレン・イン・ニーズの募金活動でこの辺りを回っています。

賛同いただけた方には、住所とサインと募金金額を記入していただいています。」

 

と沢山の名前と募金金額の記載されているリストを見せられました。

その金額を見て、なぜみんな2ポンドなの?と不思議に思いました。

 

日本人の私としては、2ポンド=500円弱なので、気軽に募金するにはためらう額。

日本で赤い羽根は「街頭募金箱なら」100円以内!と思っていた私には、かなり疑問。

しかもなぜ1ポンドでなく2ポンドなの?・・・と。

 

「でもここでケチると日本人は心が狭いと思われても嫌だし・・・」

などと変に日本人代表を意識してしまい、結局2ポンド募金してサインしました。

 

「かわいい犬ですねぇ!僕も犬を飼っています。」

 

と言ってフェリックスの頭をなでていました。

 

結局彼は逮捕されたらしく、没収したリストから一軒一軒警察が訪ねて歩き、事情聴取をして証拠の裏付けをしているのだそうです。

 

被害は約200軒だとか。

 

そこまで頑張って歩いて集めたなら、それはそれなりに”労働”かも!・・・

と思わなくもないけれど、”騙し取った”のだから罪ですね。

 

犯人に脅されなかったか?とか、証人として裁判所に出廷することが可能か?とか、色々質問され再びサインをし、こちらからは最近の近所の治安の悪さを訴えたり話し合うこと15分。

同僚の警官2人が合流して次の新たな事件現場出動して行きました。

ちなみにフェリックスはお巡りさんと私の間に入って暴睡しておりました。

 

今思えば、あのお巡りさんが本物だと言う証拠はどこにあったのでしょう?

 

制服も着ていたし、腰には手錠を下げていて、外見は本物だけど・・・

英国は警察手帳をださないのかな?見たところで、本物かどうか区別つかないけど・・・

 

事件に関する警察のお知らせメールe copsでは,父親(30歳くらい)と子供(8歳くらい)の子連れによる、

「バス代7ポンド貸してください!」詐欺も多発しているとか・・・

 

親切心が仇になるこのご時世。

 

もう疑心暗鬼状態!なんにも信じられない今日この頃です。

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日1クリックして頂けると嬉しいです。

 よろしくお願い致します。 

Feb 09, 2007
ケンブリッジ街中雪模様

St.John's College

 

ケンブリッジの街中までお散歩に出発。

 

ジーザスグリーンからセンターに向かう。

 

St.John's Collegeのタワーが見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St.John's College 2

 

 

 

 

 

St.John's College

 

塔の近くまで来ると、こんなかんじ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Old School

 

 

 

学位授与式などに使用される

The Old School

 

 雪のせいか全ての建物が寒そうに青ざめて見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Felix & Titan 1

 

 

ジーザスグリーンでボケーっと歩いていたら、何処からともなく走り寄ってくるわんこが

 

はじめまして!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて挨拶もそこそこにいきなりパ〜ンチ

「へへっ!ラブのオジサンすきありっ」Felix & Titan 4

 

 

 

 

 

 

 

5

フェリ 

「オッ、オジサン」

 

 

「4歳のオッサンラブには負けないよ

だって僕はまだ6ヶ月の子供だもん」 

 

フェリ

 「・・・・・」

 

 

2匹で雪の上を転げまわることしばし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170983734443494.jpg

 

 

 

 

 

 

 

ガウガウごっこも疲れたし、やっぱり仲良くしよっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170983756695156.jpg

 

 

 

 彼の名前はタイタン。

ギリシャ神話の巨人族の名前。

 

将来大物になりそう!

 

名前からして負けてたね、フェリックス。

 

 

 

 

 

 

 

 かまくら

 

 

 

雪に喜んでいたのは犬だけではなかったようで・・・

 

学校が休みのティーンエイジャーもかまくらを作って大はしゃぎしておりました。

でも外遊びは男の子ばっかり!

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一クリックして頂けると嬉しいです。

   よろしくお願い致します。

Feb 08, 2007
英国全土雪注意報!

1170935258598294.jpg

こんにちは

フェリックスです。

 

本日は僕がご報告します。

 

え〜っと、今日は朝から英国中が雪に覆われています。

 

駅も道路も空港も、全てマヒしています。

英国のほとんどの学校も休みです。

こんな日は外で遊ぶに限ります!

 

 

 

 

 

1170935288800711.jpg

 

外に出ても誰も遊んでいません。

 

何でかな?

 

みんな〜でておいでよぉ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170935318513403.jpg

 

 

えっと・・・

誰も出て来る気配がないので、とりあえず一人で遊びます。

 

う〜んと、まず何をしようかなぁ?

 

まだ誰も踏んでいないきれいな雪が沢山あるからぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

1170935346443728.jpg

 

雪のお味見をして見ます。

 

うんうん、なかなかいけますっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170935371416834.jpg

 

 

 

 

あちこち場所を変えて、微妙な味の違いを楽しむのもよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170935393205218.jpg

 

 

 

おなかが冷えてきたので、そろそろ体を動かしましょう。

 

ボールっ!ボールっ!

必殺おねだり目線でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170935425384951.jpg

 

 

投げてっ!

投げてっ!

早くっ、投げてっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170935449322728.jpg

 

 

アレッ?

どこに落ちたっけ

 

雪の日はせっかく投げてもらったボールを見失いやすいので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170935477442382.jpg

 

 

 

しばらく探しても見つからない場合、我ら犬族自慢の嗅覚のプライドは捨て去り、凍えて立って見ているご主人様にも参加してもらい、一緒に探してもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170935501742089.jpg

 

 

 

「どこ探しているの?そこにあるじゃないっ

とヒントをもらって・・・

 

おぅあったあったぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170935531517041.jpg

 

ウォーミングアップも済んだことだし、ミルクとパンのおやつを食べたら、午後はちょっと遠くまでお散歩に行こう

 

3ヶ月ごとの室内チェックに不動産屋さんが来ることになってるって

こんな雪の日、どうせ約束していたって、いくら待ってても不動産屋さんのおじさんは来ないと思うよ!

さっ、ミルクミルク

 

 

 

 

 

ラブラドールバーナー←こちらを1クリックしてくれると嬉しいな

 他のワンたちも見れるよ

Feb 07, 2007
暖炉?

Frosy morning

 

 

 

今朝も零下3度

 

広場もパリパリに凍っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170842185709613.jpg

 

 

英国の一般的暖房器具、温水式壁付けパネルヒーター。

 

夏でも冷え込む朝晩にはお世話になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

炎

 

 

今朝はそれだけでは寒いので暖炉に火を入れました。

 

暖炉の火は見ているだけで温まります。

 

パチパチと木のはぜる音と炭のにおい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1170841789710111.jpg

 

と思いきや、コレは本物の炭や薪ではありません。

 

外見では区別がつかないけれど、手で持ってみると違いは歴然。

 

ものすご〜く軽い

 

そう、これはガラスファイバーで出来たナンチャッテ炭。

 

 

 

 

 

 

 

 

1170841435600000.jpg

 

 

最近の家庭用暖炉は、煙突掃除も暖炉掃除も

心配ご無用!

 

ナンチャッテ暖炉こと、

ガスストーブなのでした。

 

残念ながら暖炉に靴下を下げても、サンタは降りて来れないけどね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←ランキング参加しております。

 1クリックして頂けると嬉しいです。

 よろしくお願い致します。

 

 

 

 

犬の寝息・・・

1170813277291712.jpg

 

シュ〜ッシュ〜ッ

 

ゆったりと単調なリズム。

 

犬の寝息を聞いていると、とっても眠たくなるのはなぜだろう?

 

フェリクスの寝息は何よりも強力な催眠呪文。

 

 

 

 

 

クチュクチュッ

夢の中で何か食べている

 寝ても覚めてもラブはやっぱり歩く胃袋?

 

 

パタッ、パタッ、パタッ・・・

目を閉じたままゆっくりシッポを振っている。

 夢の中でも何か嬉しかった事を思い出し、喜んでいるんだね

 

 

フェリックスが幸せそうにしていると、私も幸せな気分になる。

 

 

ラブラドールバーナー←ランキング参加しています。

 1日1クリックして頂けると嬉しいです。

 他の幸せなラブちゃんたちの姿も見れます。

 

 

Feb 06, 2007
待っててね!

フェリックスとかものはし

 

今日はわんこを連れて行けない場所へのお出かけ。

 

「待っててね!」

 

フェリックスが一番嫌いな言葉

 

この言葉を聞いたとたん、

元気に振っていた尻尾も突然ピタリと止まります。

 

一気に落ち込みモードへ・・・

 

とっても悲しそうな顔をされると辛いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がっくり

 

 

 

がっくり。

 

せっかくいいお天気なのに、お留守番なの〜?

 

もう、立ち直れない・・・

 カモノハシも一緒に気を失っている模様。

 

 

 

 

ゴメンね!

すぐ帰ってくるね!・・・

 

世界中、おうちで留守番をしているわんこ達はみ〜んな

耳をそばだてて今か今かとご主人様の帰りを待っているんだろうな。

 

 

 

ラブラドールバーナー←ランキングに参加しています。

 1日1クリックして頂けると嬉しいです。

 ご協力よろしくお願い致します。

 

Feb 05, 2007
早春

ダーウィン裏庭

 

朝晩はマイナス3度くらいまで下がりますが、早春のお花たちは元気に咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダーウィン裏庭2

 

 

 

ダーウィンコレッジのお庭の花達

 

近づいてみると、それぞれ微妙に色が違って個性的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花を見て「春だなぁ・・・」と思う今日この頃。

 

もう立春を過ぎたのだから、暦の上でも春ですねぇ。

 

我が家は「まるかぶり」「豆まき」もなしの節分でした。

 

関西の「まるかぶり」(→その年の恵方に向かって1人1本の巻き寿司を黙って食べるという風習)は、てっきりおすし屋さんの陰謀だと思っていましたが、

以前おすし屋さんに聞いたら「あれは海苔屋さんの陰謀だよ」と言われました。

 

ジーザスレーン

 

 

 

 

暦の上だけでなく、早く暖かくならないかな。

 

 

 

隣のサッフォーク州ではターキー鳥インフルエンザにかかったらしいけれど、ケンブリッジの鴨や白鳥は元気そうです。

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←ランキング参加しています。

 1クリックしていただけると嬉しいです。

 よろしくお願い致します。

 

 

 

Feb 02, 2007
シェイクスピアの町

Garrick Inn

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再びストラトフォードアポンエイボンに行ってきました。

今日は「ウィンザーの陽気な女房達」を観ます。

前回「テンペスト」を観に来た時、一通りシェイクスピアの生家などの観光をしたので(10月14日のブログを参照)本日は町をぶらぶらして午後の開演を待ちました。

 

Garrick Inn(真ん中)

16世紀(1594年。一部14世紀)に建てられ、1700年代前半からInnとして使われてきました。

1769年に当時シェイクスピアの舞台の人気役者だったSir.David Garrickがその年のシェイクスピアの誕生会をここで催したのだとか。

彼の名を取りGarrick Innと呼ばれているのだそう。

 

右の建物はHarvard House1596年

当時の持ち主はKatherine Rogersという人。

彼女はJohn Harvard(ハーバード大学の名前の由来になった人)の母にあたる。(一部文献では祖母という話も・・・いずれにせよ血縁関係。)

 

クリスマスショップ

 

 

クリスマスショップ

 

シェイクスピア生誕の家の向えの店。

クリスマスは終わったけれど、このお店は一年中クリスマスグッズのみ扱っている。

 

「クリスマスまであと328日!」

と、すでに次のカウントが始まっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Merry Wives  the Musical

 

 

これが本日の出し物ミュージカル版

「ウィンザーの陽気な女房達」

のイメージ

 

 

 

 

 

 

 

シェイクスピア原作のMERRY WIVES OF WINDSORAntonio Salieriが最初に歌で上演したのは1798年

以来ストレートプレイだけでなく、オペラとしても演じられてきました。

 

 

 

 

Merry Wives The Musical 2

お金も底をついてウィンザーにやって来たホルスタッフ(写真中央)はウィンザーのお金持ちの奥方フォード婦人とペイジ婦人の2人  左右)に言い寄ろうと、全く同じ文章のラブレターを出したのがお話の始まり。

妻の浮気を疑う「やきもち焼きフォード氏」の行動、

ホルスタッフを懲らしめてやろうと色々な手段で仕返しをする2人の婦人(女房)、

それと並行して繰り広げられるペイジ家の美人娘アンを廻る3人の男性による花嫁争奪戦。まさにドタバタコメディです。

 

 もともとHenrry犬覆病召離轡Дぅスピアの作品の脇役として、トラブルメイカーでうぬぼれの強い太っちょキャラで登場していたホルスタッフ。

その憎めない巨漢のホルスタッフがお気に召した当時の女王エリザベス一世がシェイクスピアにリクエストして彼を主人公にしたお話を作らせたのが、この「ウィンザーの陽気な女房」

 

 

シェイクスピアの悲劇などのストレートプレイファンにはお馬鹿過ぎて気に入らないかもしれないけれど、私のような初心者にはゲラゲラ笑える(セリフは無理でもドタバタの部分で)楽しい喜劇でした。

しかも今公演はミュージカルなので、歌あり踊りありドタバタあり・・・と「ミュージカル版吉本新喜劇」

 

 

 Sir John Falstaff

 

 

巨漢女好きホルスタッフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも演じているのは"Amadeus" "Shakespea in Love""Four Weddings and a Funeral"

Simon Callow

 

Simon Callow

 

 

すごく精巧な肉襦袢を着ていたので、

舞台上の入浴シーンでの裸姿は、リアルかつ爆笑ものでした。

コメディ「リトルブリテン」のバブルスのよう)

 

 

 

 

そして有名女優Judi Denchも出演。

最近では007シリーズ最新作"Casino Royale"でボンドの上司M役に出演。

Judi Dench

 

 

 

 

 

出待ち

 

終演後置いてきぼりにならないように!と慌てて帰りのバスに乗り込んだら、目の前で役者の出待ちをしている人たちを発見!

 

 

 

 

今日の脇役でかっこいい若手の役者さんが出ていたなぁ・・・あの扉から出てこないかなぁ・・・・

などど思って窓から外を眺めていたら、いきなり私服に着替えたその役者さんが窓の下を通過して行きました。

あっ、チョッと振り返って!・・・とバスの中から叫んだところで聞こえるわけもなく・・・・

脇役ながらも役者オーラを振りまいて立ち去って行ったのでした。

 

Simon Thomas

 

 

Simon Thomas

綺麗なお顔で振り返って欲しかった・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門がシェイクスピアのD先生の解説のお陰で、ド初心者でも理解できるミュージカルでした。

舞台装置といい、ロイヤルシェイクスピアカンパニーの役者陣の歌・踊り・もちろん演技の上手さに感動と大笑いの一日でした。

 

 

イギリスバーナー←ランキング参加しています。

 一日一クリックしていただけると嬉しいです。

 よろしくお願い致します。

 

Feb 01, 2007
ラブなのに・・・

練習見学今日もケム川沿いをお友達とお散歩。

ボートレースの練習を見学。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お友達とツーショット

 

 

 

お友達とツーショット!

でも微妙な2人の距離・・・

 

 

 

 

 

 

「早く撮ってよ!

まだ泳ぎ足りないわっ!」

 

「ホントおてんば娘だな・・・」

 

 

 

 

ずぶ濡れ

 

 

 

そう、彼女は水泳大好き娘!川沿いに歩いていると、水鳥を見つけた途端、すぐにドボ〜ン!と弾丸のように飛びこんで鴨たちを追い掛け回して遊びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土手を自力で上がれないので飼い主さんに首輪を持って引き上げてもらいます。

川に飛び込んだり、上がって道を歩いたり、を繰り返しながらのお散歩です。

だからもうビショビショ!

 

 

 

 

 

 

大丈夫?

 

 

一方フェリックスと来たらラブのくせに泳ぎが苦手。

浅いお子ちゃま用プールやホースの水遊びは大好きなのに、川や海には飛び込みません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ〜もう、またこんなに濡れちゃって!」

と彼女が上がってくるたびにフェリックスは舐めてあげます。

 

 

フェリ〜、今年は水泳特訓して、泳げるようになろうね!

 

「鴨を追いかけろっ!」とは言わないから、せめて犬かきくらいできないと。

 

ラブなんだから・・・

 

 

 

ラブラドールバーナー

  ←ランキング参加してみました。

  1日1クリックして頂けると嬉しいです。

  よろしくお願い致します。