犬と暮らすイギリス ケンブリッジ。黒ラブフェリックスとママのケンブリッジ見聞録

March, 2015
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
PROFILE
佐藤フェリックス

イギリスのケンブリッジに犬を連れてお引越し。ラブラドールのフェリックスは今日もママと一緒に徒歩&車で、いろんなものを見て聞いて体験しています。

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Aug 07, 2009
ピクニックコンサートProms最終日

プロムス2009


この3年間、毎年夏についうっかりチケットを取り損なっていたオードリーエンドハウス(ケンブリッジにあるイングリッシュ・ヘリテージの管理する中世の館)でのピクニックコンサートにお友達と行って来ました。


 


しかもこの日は最終日のプロムス。


 


コンサートは午後7時半の開演ですが、3時頃からそぞろ集まってきた観客はすでにピクニックを楽しんでおり、私が到着した6時過ぎには沢山の人でにぎわっていました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1249604011426254.jpg


ピクニックコンサートでは、屋外のコンサート会場に観客がそれぞれピクニックチェアや敷物、あるいは気合の入っているグループは大きなタープやテントを持参して 、飲んだり食べたりしながら音楽を楽しみます。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1249604042014792.jpg


「ポン♪」というシャンペンを開ける音が聞こてきたり、ワインの香りが漂う会場内には、音楽を楽しみながらマッサージのサービスも(有料だけどね) 


 


ちなみに私達は地味ぃ〜なお弁当と魔法瓶の紅茶を飲みながら小学生の遠足並みのピクニックを堪能!


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1249604076482256.jpg


 コンサートが始まり空を見上げると、第二次世界大戦中の英国の戦闘機スピットファイアーがぐんぐん近づいてきました。


(写真はクリックで拡大します。)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1249604104424030.jpg


オーケストラによる英国の愛国心を鼓舞するような曲(第二次大戦中英国によってドイツのダムを攻撃した作戦を題材にした映画のテーマ"March, The Dam Busters”)の演奏と共に、会場上空ではスピットファイアーが宙返りや急降下急上昇などの見事な航空ショーを展開しています。


 


やおら英国の国旗であるユニオンジャックや、イングランドの旗である紅白のセント・ジョージ・クロスの旗を振りつつ、スピットファイアーの雄姿にうっとり見ほれている観客達。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1249604132391021.jpg


 この日のメインは、ウェールズ出身のKatherine


Jenkins。


 


そのせいかやたらイングランドに対抗意識を燃やして、彼女の郷土ウェールズを意識した話題が取り上げられたり、あるいは会場内にはウェールズの旗を振っているグループも見かけました。


 (「英国」とひとことで言っても、この国はイングランドやウェールズ、スコットランドにアイルランドや沢山の島々という独自の歴史と特徴を持つかつての王国から成り立っているから郷土愛が強いのね。)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1249604160557768.jpg


 NimrodやAmazing Grace、God Fatherの愛のテーマにオペラ座の怪人の曲などなど、人気のある一般的な曲目が続いた後、後半は"Rule Britania!"


"Jerusalem", "Pomp and Circumstance March"(威風堂々)と、「英国万歳♪」的な愛国心に燃えるような曲がたたみかけるように続きます。


 


いったいどこに隠し持っていたの?と思うほど、大勢の観客がウェールズの旗やらイングランドの旗やユニオンジャック(これが大半)を振りかざして愛国の歌を大合唱


 


ふと周囲を見渡したら、どうやら英国人以外は私達くらい。。。


なんとも場違いで居心地悪いような。。。(普段のケンブリッジならどこでもよくみかけるはずのインド人や中国人も見事なほど皆無。


 


後から聞いたところによると、どうやらPromsの最終日というものは、「愛国集会」的なコンサートなのだそう。


 


とはいえ日本人なれど、ライトアップされた中世の館の上に上がる花火は、夏の思い出に相応しいロマンチックな夜でした。


(写真はクリックで拡大します。)


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリス情報


←イギリス情報ランキングに参加しています。


一日一回クリックして頂けるとうれしいです。

Nov 23, 2008
オードリー・エンド・ハウス(Audley End House)/カントリーハウスをお散歩

オードリー・エンド・ハウス


ケンブリッジから車で40分くらいにあるカントリーハウス、オードリー・エンド・ハウスのお庭をお散歩してきました。


 


今週末は、敷地内に大きなテントを張り、毎年恒例の「クリスマス ギフト&クラフト展示即売会」をしています。


(画像はクリックで拡大します。) 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1227376361025811.jpg


 もともとはローマン・カトリックのベネディクト会の修道院だったそうですが、当時ローマ教皇と決裂したヘンリー8世が修道院を追放して敷地を取り上げ、サー・トーマス・オードリーに与えたのだそう。


 


そして後に初代サッフォーク伯のトーマス・ハワード伯、競馬好きだった王チャールズ2世(ニューマーケット競馬場が近いから定宿として好都合だった?)など、多くの人々の手に渡り、ビクトリア時代以降ほぼ現在の姿になったのだとか。


 


日本でも現在公開中の「ブーリン家の姉妹」のキーパーソン、ヘンリー8世。


王の離婚劇はこんなイギリスの郊外の館の運命まで変えていたのね。。。 


王が離婚していなければ、今もここは修道院か教会だったりして?!


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1227376574969360.jpg


今日はとてもいいお天気。


 


でも気温は低くて、かなりの強風です。


 


そんな中、館の門の上に立つライオンは、立派なたてがみとしっぽを風になびかせ、まるで冷たい風に立ち向かって行くかのよう。


 


さすが百獣の王身じろぎもせず力強いわ!


(石像だもの、当たり前か。。。) 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1227376440578112.jpg


一方フェリックスときたら、耳はひらひら、体はゆらゆら。。。


 


舞い上がる木の葉と共に、思いっきり風に負けてます。


ぷっ。箱入り息子の君らしいよ。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1227376647721855.jpg


気を取り直して館の正面入り口にやってきました。


 


現在はイングリッシュヘリテージが管理しており、かつて一番広かった時の3分の1のサイズらしいです。


 


それでも充分広いけど。。。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


Audley End House


夏にはお庭も綺麗だし、野外コンサートや各種イベントも開催されますが、冬場の11月から3月はイベントのある週末以外閉館します。 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


フェリックス@オードリーエンドハウス


 クリスマスクラフト展は今週末のみ。


 


来週末11月29日から12月14日は、クリスマスのイベントを開催するので、再び週末のみ開館します。


 


今日はフェリックスのお散歩のために来たから館の中には入りませんが、クリスマスのイベント中にまた来ようっと


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1227377054702893.jpg


 フェリックスだけでなく、私も北風に耳をひきちぎられそうなくらい寒かったけれど、澄み渡る青空が気持ちよいお散歩でした。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


イギリスブログ


 ←12月締め切りの論文に追われ、ブログ更新が頻繁に出来ませんが、細々と営業中。


ナンチャッテ女子大生の私にクリックよろしくどうぞ


 


 


 


ブログランキング


 ←わんこブログも参加中。


フェリックスへの応援ポチもどうぞよろしく


 

May 03, 2008
廃墟の大修道院 Rievaulx Abbey

Rievaulx Abbey 1

1132年に建てられた修道院リーボー・アビー(Rievaulx Abbey)です。

 

(写真は全てクリックで迫力の画面に拡大可能)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーボー・アビー

 

北イングランドで最初に建てられたシトー派(Cistercian)の大修道院だそうです。

 

Rievaulxって何て発音するのか分からなくて、地元の人に尋ねてようやくリーボーと読むことが分かりました。

 

シトー派はフランスの修道会だから、フランス語の名前なのかな?

 

それにしても大っきい

 

廃墟になって、まだこれだけ大きいのだから、当時はどれほど巨大だったのでしょう?

 

ちなみに建物の下に小さく見える赤い点は見学者。

建物全体がどれほどの大きさかご想像頂けたでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209761159591796.jpg

左手の建物は修道院の食堂。

 

中央手前の黒ずんだ低い建物は皮なめし場。

 

修道院の敷地内で育てた羊の皮は、ここでなめして羊皮紙を作り、写本室で本を作っていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209761247040945.jpg

 

 

 修道院内の教会。

 

アーチの手前がNave.(一般の会衆席)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209761282760125.jpg

 Naveのさらに奥(修道士達の座る席)

 

 この修道院が栄えた頃には、140人のChoir Monks(主に祈りを奉げるのが仕事の読み書きのできる修道士)と、500人のLay Brothers(主に羊の世話、大工、調理など肉体労働が仕事の修道士。文盲率が高かった。)

とその召使達がここに住んでいたとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209761336991622.jpg

 

 

 

 まるでお城のような立派な聖堂。

 

一時は沢山の修道士と村の人々が集っていたものの、400年の時代の波にもまれ、最後に残ったのはたったの22人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209761384442723.jpg

 廃墟となった現在のあるじは鳥達。

 

どんよりと重たい空から雨がしょうしょうと降っています。

 

バタバタバタッ!!と、突然激しい羽音をたてて飛び立ち、上空を何度も円を描きながら飛び回る鳥達。

キャーッ!なんだかホラー映画のワンシーンみたい。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209761430764090.jpg

 

 小心者の私は急に怖くなって、他の見学者のいるエリアに移動

 

当時の中庭跡なのか、回廊の一部が残っています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209761469492982.jpg

 

 

 修道院内では、病気の修道士や高齢の修道士も手厚く看護されていました。

 

ここはそんな修道士のための診療室。

 

「新鮮な空気と太陽の光が病気を回復させる」と信じられていたので、当時の病室には大きな窓があったのだとか。

 

さらに十字軍の遠征で東方から持ち帰った薬草をこの敷地内で育て、修道士達の手によって薬として病人に投与していたらしいです。

 

イギリスの歴史物推理小説の修道士カドフェルシリーズのカドフェルも、十字軍遠征で持ち帰った薬草を育てて使っていたし、時代背景が同じ!

 

修道士カドフェルの世界って、こんな感じなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209761524913583.jpg

 修道士達が会議をしていた部屋の跡。

 

石のベンチシートに修道士が集まり座っていたのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209761580640823.jpg

 

 周囲を牧場に囲まれた谷間の廃墟リーボー・アビー。

 

現在はイングリッシュヘリテージが管理しており、エギジビション・ルームやティールームもあり、中世の歴史に思いをはせつつ美味しいお茶とケーキも楽しめます。

 

ノースヨークシャーをドライブする機会があれば、是非訪れて欲しい廃墟の一つです。

 

 

 

イギリスバーナー←一日一回のクリック、どうぞよろしく

 ポチッと応援していただけると嬉しいです。

Apr 30, 2008
ヘルムスリー城跡 (イングリッシュ・ヘリテージ) 

Helmsley Castle 1

週末のイングランド北部ヨークへの旅。

 

ヘルムスリー(Helmsley)にあるヘルムスリー城(Helmsley Castle)の城跡をお散歩しました。

 

(写真は全てクリックで拡大します。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルムスリー城跡

現在はイングリッシュ・ヘリテージ(English Heritage)

が管理する12世紀のお城です。

 

お城は二重のお堀で囲まれています。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

1209481612176844.jpg

 

お城が栄えていた頃はこんな感じだったのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209481668913217.jpg

 

当時の跳ね橋を渡って中に入ると、広い敷地の中には崩れかけた城壁や塔が静かにたたずんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209481703725594.jpg

 

 

 East Tower.

 

上まで上ったらいい眺めだろうなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209481736233774.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209481772664818.jpg

なんとか途中まででも階段があれば上れるのになぁ。。。と探したけれど、塔の内側は壁だけでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1209481850397509.jpg

12世紀に建てられたときは防衛のお城だったけれど、エリザベス1世の頃には貴族の館として一部豪華なお屋敷として建て直されたのだとか。

 

しかしそれも今は昔。

 

4階までの各階の壁には、大きな暖炉が当時屋敷に住んでいた人々の気配を感じさせるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Helmsley castle window

窓の外に広がるヨークシャーの風景。

 

遠くで羊達が草を食むのどかなこの景色だけは、中世の人々が見た景色と変わらないのでしょうか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

 よろしくお願い致します。

Aug 12, 2007
イギリス2000年の歴史を一日で体験!

jester & FelixFESTIVAL OF HISTORY

 

イギリス(スコットランドやアイルランドはエリア外)の史跡を網羅するイングリッシュヘリテージが誇る年に一度の最大の歴史祭り。

 

「絶対見なきゃ損」と自信を持って宣伝するだけのことはある大規模なイベントです。

 

犬連れOKなので、フェリックスも一緒に行きました。

 雑誌の表紙にもなっていた道化師のおじさんとパチリ

 

 

 

 

1187397411174218.jpg

 会場のKelmarsh Hallはノーサンプトンシャーにあります。(ケンブリッジから車で約1時間)。

広い敷地の中には青銅器時代から第一次世界大戦までの各時代の生活ぶりをそれぞれのサイトで再現しています。

この方は中世の鎧屋さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

Bronzeage man

 

こちらは青銅器時代の男性 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397489487206.jpg

 時代毎のサイトの他、6箇所のステージやイベント広場では色々な歴史劇を繰り広げています。

 

 このビレッジサイトではBattle of Kelmarshという歴史劇を上演中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397576259511.jpg

 

 中世の村を再現。

 

ステージやイベントに参加していない間も常にその時代を再現、演技し続けています。

なので昼食も昔の台所で調理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397707331691.jpg

 

 

 

ばら戦争の頃の村。

白薔薇だからヨークね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398490092864.jpg

 

 

 

こちらの会場ではNormans対Norsemen(Northから来た人=バイキング)のダブリンの戦いを再現。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398528247517.jpg

 

 

 

 かなり真剣に戦っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398600324993.jpg

 

 エイッ

 とどめだ〜!

 

ゥ〜やられたぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397787834462.jpg

 

 

 次の再現劇は1645年〜1895年、市民戦争からヴィクトリア時代までのイギリスのレッドコート(軍隊)の歴史。

少しずつ軍服も武器も変化して行くのが見えるかな? 

最初は市民戦争の頃の火縄銃部隊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pikemen

 

 火縄銃部隊を援護するPikemen(長い槍部隊)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397824426346.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少し時代が進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397865879371.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 軍服も徐々にオシャレになってきたかんじ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397926608708.jpg

 

 

 

 

 あれ?よく見ると太鼓を抱えている兵隊さんは子供が演じています。

身長の半分が太鼓だぁ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187397968620629.jpg

 

 武器も段々近代的な銃になってきて、構えてから発射までの時間がどんどん短縮されて来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398005052385.jpg

 

 

 

 

 

 この時代の軍服は今の警察官の制服の原型なのかな?どこか似ているような。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398666180084.jpg

 

 

 鎖の帷子を着て勇ましく歩く兵士。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187398819377176.jpg

 

 

 

 

 

 ノーマンVSバイキングの戦いの後戦場を引き上げる兵士達。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Norman soldiers & Felix1

 実はこの日はとても暑く、最初ははしゃいでいたフェリックスもお昼を過ぎるとバテバテでした。

 

少しでも日陰を見つけると、なんとかその陰で一休みしようと突進していきます。

 

日陰み〜つけ!と飛び込んだ先は。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187399187902266.jpg

 

 

戦いの再現劇に出演する兵士達の盾の陰。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187399231408235.jpg

 

 「わぁ、おじさん達も暑そうですネェ。。。」

 

「おぅ、30〜40キロの重装備なんだぞぉ!」

 

 「ひぇ〜、すご〜い強いんだねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兜屋さん前

 

 

沢山お水を飲んで、更に頭からお水かけてもらって、それでもヘロヘロだぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←文字制限の関係上前半はここまで。後半も見てねとりあえずここに「ポチッ」のマークを入れておくから、気に入ってくれたらクリックしてね!

FESTIVAL OF HISTORY ☆歴史大スペクタクル☆

joust

 歴史絵巻を見るようなイベントの数々に、暑さも忘れて見とれてしまいます。

 

この会場では東西南北それぞれ4人の騎士がJoust(馬上槍試合)のトーナメントをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

騎士馬も騎士もどちらもカッコいい!
 
 
 
1187399717951357.jpg
 
紅顔の美少年の赤い騎士はなんと最年少の19歳。
 
プログラムを見たら、それぞれ4人の騎士の戦いに臨むコメントと名前がありました。ビックリしたのは4人全員Sirの称号だったこと 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1187399981758345.jpg

 

騎士のJoustの後はバラ戦争の頃の歩兵の戦いぶりのデモンストレーション。

 

戦場は一気に弓矢の雨。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1187400017249775.jpg 

 隣で見ていた幼い少女が
「あの人本当に死んじゃったの?」と心配するほどの熱演。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1187400159550563.jpg

 

見物人として 来場した人の中には、家族でコスプレしている人達もいました。

 こちらはわんこ連れコスプレ母娘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187400198137963.jpg

 

 

 

あっジャックスパロウ様

 

ん〜、でもチョッと太目のような 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイリッシュガードのウルフハウンドも暑そう1187400318229986.jpg

 

 

 

 

 

 

 

1187400356885586.jpg

 

 女王陛下エリザベス祇

 

(こちらは見物人ではなく出演者の方です。念のため

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187400424273439.jpg

 

 

 チャールズ鏡

 

見ている我々平民に向けて何やら語りかけておられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ladies

 

 見ている私達は冷たいコーラやミネラルウォーターを売店で買って飲めますが、昔の人々になりきっているイベント主催者側は角のコップや素焼きの水差しからお水を飲む徹底ぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187400936590926.jpg

 

戦いの後の水分補給

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187401032770703.jpg

 一番現代に近い歴史として紹介されていたのは第一次世界大戦。

 

”フライボーイ”と題した第一次世界大戦での空中戦の再現劇。

目の前を超低空飛行する戦闘機からは爆弾が落とされ、迎え撃つは地上から攻撃する兵士達。

 

 

 

 

 

 

 

1187401070273318.jpg
上空ではアクロバティックな飛行を繰り広げるパイロット達が当時の空中戦を彷彿とさせる航空ショーを見せてくれます。戦うための飛行機なのに鳥肌がたつほどの優美さを感じたのは何故?
死と背中あわせだった当時のパイロットの緊張感の残像?
 
3枚羽の飛行機が飛んでいるのは初めて見ました。
飛行機のメンテナンスの良さだけでなく、空中で宙返りをしている彼らパイロット達が73歳前後だったのには驚愕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Romans

 

 フェスティバルの最後にはローマ人の侵略から第一次世界大戦にいたるまでの英国の歴史を出演者全員によるパレードで見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187401371076880.jpg

 

 

 

 あっさっき一緒に写真を撮ってくれた道化師だぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187401597337470.jpg

 歴史は戦争で作られてきたのだなぁ、と感じさせらる各時代の兵隊達。

後を歩く当時の子供達の姿に癒されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1187401630914366.jpg

総勢数百人を超える人々の列は、まさに壮大な歴史絵巻。

 

噂通り、一日で2000年を体験したお祭りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Felix 日陰

 

爆弾の音や火薬の匂いが怖くて震えちゃったけど、みんなと一緒にお出かけできて、楽しい夏の思い出ができたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←もし8月12日頃イギリスに来られる方がいらしたら、

 このイベントは是非お勧め!一見の価値有りです

                        ランキング参加中、 よかったらクリックしてね

 

 

Aug 06, 2007
Oxburgh Hallで17世紀にタイムスリップ!

Oxburgh Hall

 イベント目白押しの夏。。。

 

イギリス各地のナショナルトラストもイングリッシュヘリテージも家族向けの歴史イベントを開催しています。

 

8月4日〜5日の2日間、Oxburgh Hall(ケンブリッジから車で50分)で17世紀の市民戦争を再現する歴史イベントを見に行きました。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925276733324.jpg

 

 時は17世紀中頃、議会派Parliamentariansと王党派Royalistが激しく戦っていた市民戦争のとある一日の出来事。

 この館の主ヘンリー・ベディングフェルド二世はロイヤリストとして王族の為に戦っていたが、近くのキングスリンで戦っていた議会派の軍がついに今日屋敷を占領しようと攻撃を仕掛けてきた。

左の赤いベルトが館を護るロイヤリスト、右の青が議会派軍の指揮官。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925351275062.jpg

 

 交渉決裂

 

シャキーン

シャキーン

 

 

ロイヤリストのフリル袖とヘルメットの羽が優雅

 

頑張れロイヤリスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925415146686.jpg

赤いコートのロイヤリスト陣営。

 

指揮官同士は刀で戦っておりますが、他の兵隊は火縄銃と大砲で戦います。

 

ドカ〜ンと大砲を打つたびに、座って見ている地面が揺れるほど。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925495353339.jpg

 

 本物の火縄銃と大砲や槍を使い、弾丸が入っていないだけで本物の爆薬を使うので、 演じている役者さん達も真剣そのもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925697100595.jpg

 

 歴史の教科書でしか見た事のない火縄銃が火を噴くなんて、迫力満点です

 

 すごい音と火薬の臭い

 

目で耳で鼻で体で歴史を感じる貴重な体験です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

injured Royalist

 

 

 

 おっ!ロイヤリスト側に負傷者が。。。

 

 

でも大丈夫

戦いが終わりみんなの拍手で奇跡がおこり倒れた兵士も無事生き返ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925881359127.jpg

 

 戦いの後の説明タイム。

 

ガンマンが手にして入るのは火縄銃の縄。

 

腰にジャラジャラつけている小さな木の入れ物は火薬入れ。

一つ一つに一回分の火薬が詰められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186926086526915.jpg

 

 怪我をした(お芝居で)兵士も駐屯テントで火縄銃の説明をしてくれます。

 

実際持ったり構えたりさせてくれますが、ものすごく重くてビックリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186925968567872.jpg

 

 

何気なく かっこよく構えていますが、こんなにさまになるようになるには、かなりの力と技術が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186926037681477.jpg

 

ロイヤリスト三人組。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

punch and judy

 

 戦いの後は子供達に向けて昔の人形劇を見せてくれました。

 

怖〜いバケモノとドラゴンの兄弟のお話。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dancing

 

 人形劇の後はみんなで中世の楽器に合わせて中世のダンス。。。

 

手前は楽器を展示しているテントの軒先に揺れていた操り人形。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186926206141361.jpg

 

ばら戦争の頃、1482年にサー・エドモンド・ベディングフェルドにより建てられた館。

屋敷の中もすばらしいですが、お庭も大変美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186926250200987.jpg

 

 

 イングリッシュガーデンらしい夏のお花が沢山。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The priest's hole

 

 歴史再現劇もさることながら、この館を訪れたかったもう一つの目的がこれ。

プリースト・ホール。

 

エリザベス一世の頃弾圧され処刑されていたカトリックの神父達をかくまうために館の壁の奥に作った秘密の隠れ穴。

代々カトリック信者のベディングフェルド一家は王のサポーターでもあり、カトリック神父の命の恩人でもあったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1186926831110963.jpg

色々な 困難な時代をくぐり抜け、500年の歳月を生きいて、沢山の歴史を刻んだ館の頂上の塔に上ると、当時は銃をすえたであろう小さな窓から平和な田園風景が広がります。

 

現在はイングリッシュヘリテージに属しているものの、今もこの館にはベディングフェルド一家が住んでいます。

なぜならもう500年もの間、この館は一家のものだったのだから。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一回クリックして頂けると嬉しいです。

  最近忙しくてなかなか更新できず沢山書くことがたまってしまったぁ。。。

Jul 11, 2007
ライジング城でナイト(Knight)

Rising castle

 

 ノーフォークへのドライブ途中、Castle Risingという城跡を訪ねたんだ

 

1140年頃建てられたノーマンのお城。

 

これまで何度も増改築を繰り返して、迷路のようなお城だよ

お城の周りのお堀の上からパチリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184086165774231.jpg

 

地下の貯蔵庫からの眺め。

 

天井も床も朽ち落ちているので、明るく開放的に見えるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184086199437839.jpg

 

 貯蔵庫エリアの井戸の跡。

 

下まで見えなくて深そう。。。

この上に立ったら下から手がぬ〜っと出て来そうで怖いなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184086234773620.jpg

 

 

 

美しい飾りのアーチ。

 

お城の完成当初はグレートホール(大広間)へのメインエントランスだったけれど・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184086268261565.jpg

 

 16世紀に暖炉としてふさがれてしまったらしい。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

1184086299718467.jpg

 

 城内の廊下は行き止まりだったり、秘密の部屋に通じていたり、迷子になりそうなくらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184086349793004.jpg

 主階段。

12世紀初めから現代までの900年近く、 いったい何人の人がこの石段を登ったのかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184086379993557.jpg

 

 

 

 入り口の上にある飾り。

 

この石の顔、

どこかで見たことあるような?。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1184086723946661.jpg

 ”Where the wild things are”という絵本のキャラに似てない

確か日本語タイトルは「怪獣たちのいるところ」

 

 

 

 

 

 

 

1184086762583623.jpg
それからもう一つ、沖縄のシーサーにも似ているような
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1184111528324331.jpg

 御土産コーナーで子供用中世の騎士の衣装を買ってもらったんだ

で、気分はもう黒い騎士ブラック・ナイト。。

矛と盾でドラゴンを倒し、美しいお姫様を守るのだぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ←一日一回のクリック、よろしくお願い致します。

 ご協力ありがとうございます。

Nov 19, 2006
オードリーエンドハウス

1163904383163016.jpgケンブリッジ市内から車で30分くらいのところにあるオードリーエンドハウスに行ってきました。

ヘンリー8世の頃から続くマナーハウスです。

 

今週末はクリスマス関連グッズをあつかうクラフトフェアが開催されていました。

フェリックスは広大な敷地をお散歩しました。

秋のガーデン
1163903986922286.jpg夏になると色とりどりになるであろうお庭
パルテノン神殿?
1163903588107069.jpg広大な敷地内には何故かギリシャの神殿風の建物もあります。
Oct 14, 2006
シェイクスピアの街
m1160817522567049.jpg

Stratford-upon-Avonに行って来ました。

この写真はシェイクスピアの生まれた家。

父親は手袋職人だったので、一階には工房が再現されていました。

当時の手袋職人は手袋を作る一方、買いに来たお客さんには工房の窓から手袋を売っていたそうです。