犬と暮らすイギリス ケンブリッジ。黒ラブフェリックスとママのケンブリッジ見聞録

July, 2009
-
-
-
01
02
03
04
05
06
08
09
11
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
26
28
29
30
-
PROFILE
佐藤フェリックス

イギリスのケンブリッジに犬を連れてお引越し。ラブラドールのフェリックスは今日もママと一緒に徒歩&車で、いろんなものを見て聞いて体験しています。

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Jun 28, 2007
犬連れティールーム巡り felixのつぶやき編

Antie's  cafe Cambridge

最近ママは散歩と称して、やたらとお茶ばっかりしている。。。

 

ホントは散歩がメインじゃないでしょっ

 

だって歩いてる時間より座っている時間の方が長いと思うもん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995103557117.jpg

「今日はお昼食べてなかったから。。。」とか言って、おやつにパニーニ食べちゃうわけ

 

カプチーノだけにしておけば?

 

(ケンブリッジのグレートセントメアリー教会前のAntie'sにて)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995142616836.jpg

また今日も、「お散歩しに行こうね

とか言って車に乗せられたかと思ったら、散歩の前にまずはランチじゃないかぁ

 

確かダイエットするって誓ってなかった?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995171195507.jpgあのさぁ、教会の敷地内のティールームで、よくそんなに簡単に誓いを破れるねぇ。。。

 

で、今日は何を食べてるの?

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995235536508.jpg

お友達Aさんはジャケットポテト

 

トッピングは小海老(prawn)のマヨネーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995265405583.jpg

もう一人のお友達Yさんはサーモンサンド。

イギリスらしいチョイスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995208675674.jpg

 

「私は、にんじんとコリアンダーのスープ。イギリスのスープってドロドロで濃い〜!

確かにこれならsoupは、 drinkでなく eatだわ!」

 

「おっダイエットの誓いを思い出してスープだけにとどめるんだね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995654760665.jpg

「そしてこれがCathedral Ploughman's Lunch

ここのプラウマンズランチは、通常のチーズ、酢漬けの野菜やチャツネ、の他にお肉のパテも付いていてボリュームたっぷり

 

「え〜?一人でプラウマンズランチとスープと両方食べるの?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995741587987.jpg

 

もう、見てらんないよ

 

また「ふふふ!ダイエットは明日からねっ!

とか言ってる。。。

 

ホント情けない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995771386478.jpg

はぁ〜ペットは飼い主に似るっていうけど、僕が歩く胃袋って言われるのは、飼い主に似たからなのかなぁ?

 

 

「何落ち込んでるのぉ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995808191614.jpg

「聞いてくれる?

うちの飼い主ったら美味しい物に目がなくて、意志が弱いんだよ〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995843911032.jpg

「ふぅ〜ん、やっぱりご主人様には、いつも誘惑に負けない、毅然とした態度でいて欲しいよねぇ」

 

 

そう、その通りだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182995875507936.jpg

「そんな飼い主に”ラブは満腹中枢がにぶい!”なんて言われたくないよっ

うわぁ〜ん、泣けてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ

 ←だけどやっぱり美味しい物の誘惑には勝てない。。。

  では、クリック一回よろしくお願い致します。

 

Jun 24, 2007
ミッドサマー・フェアー 2007

メリーゴーランドかれこれ800年も続いているというケンブリッジのミッドサマーフェアー

その歴史を紐解けば、1211年のキングジョンから与えられた憲章にさかのぼる。

 

歴史の古さもさることながら、現在は単なるファンフェアーと化したミッドサマーフェアーなれど、その規模は他のファンフェアーを圧倒する最大級

 

なにしろ乗り物も巨大な物が多いし、フードもバラエティに富んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新市長

歴史的しきたりに基づき、今でもミッドサマーフェアーの開催宣言はケンブリッジ市長によってなされます。

古い因習を守って、開催宣言に集まった子供達にはコインを投げるのだとか。。。

最近就任した新市長Jonny Bailey市長自らライドをお楽しみのご様子が新聞にも載っておりました。写真中央の帽子を被っているのが市長。

新市長のビックリネタはまた後ほどにして、しばしフェリックスとぶらぶら見て回りましょう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッドサマーフェア メリーゴーランド

やっぱり遊園地といえばメリーゴーランド

子供の頃はもちろん、大人になっても舞踏会へ向かうお姫様気分でどっぷり自分の世界に浸れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182634758839084.jpg

こちらは球状の籠の中に入ってのバンジージャンプ。

ビヨ〜ン、ビヨ〜ンと何度も上下してなかなか止まりません。

私なら絶対中で気を失うか、涙でぐちゃぐちゃになっていそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182634946196951.jpg

これまたかなりの高さがあるライド。

 

今日は晴天かと思うと突然雷がなって豪雨が降ったり、とても不安定なお天気。

 

この状態で雷が来たら、高度+落雷の恐怖でさぞやスリリングかと。。。

(実際、この1時間後再び雷と豪雨がありました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182635019001223.jpg確かに先日のファンフェアーより大規模なライドが多いなぁ。。。

 

夏休みまでのカウントダウンに入ったティーンエイジャー達は、男女沢山のグループで遊びに来ています。

 

女の子軍団の多くはマイクロミニスカート&ピンヒールにヘソピアス

すれ違うだけで圧倒され、すごいパワーを感じます。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182635096094591.jpg

あっ、これこれ、市長さんが乗っていたDodgements

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182635154485112.jpg

お化け屋敷前の看板男フランケンシュタインとパチリ

 

フェリックスはやたら後ろを振り返り何度も見上げておりました。

チョッと怖かった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the mayoress

で、最後になったケンブリッジ新市長のビックリネタの件ですが。。。

 

この市長さんの驚きの経歴。

ケンブリッジ初めての女性市長。。。

なんだけど、かつては男性だった

かつて男性として結婚していた時に生まれた20歳と18歳の2人の息子を持ち、15年前に性転換手術を受けて女性として社会生活を送り、現在は別の女性と前妻との子供の一人とで3人暮らしという。。。

個人的には社会人として、市長として、きちんと社会に貢献していれば別にトランスジェンダを非難するつもりはありませんが、チョッと日本では考えられないような事実。

 

800年の歴史を重んじ中世の佇まいを今に残すケンブリッジも、かつて性転換したけど現在は女性と暮らす初の女性(?)市長を生み出すケンブリッジも、どちらも同じケンブリッジという不思議。

 

古くて新しい、コンサバティブでありながらリベラルな。。。

ケンブリッジの魅力は摩訶不思議。。。

 

(蛇足ながら現在この市長と暮らしている女性もかつて男性だった性転換した女性という噂。頭の中が整理できずぐちゃぐちゃ!新市長の右後ろには以前市庁舎訪問でお会いした前市長の姿!お懐かしや。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスブログ←一日一クリックのご協力、

 どうぞよろしくお願い致します。

 

Jun 23, 2007
ペンブルク・コレッジ メイ・ボール

May Ball 1学年末試験も終わったサマーターム最後の大イベント、May Ball。

多くのコレッジが独自の趣向を凝らしてフォーマルパーティを開きます。

学生主催の学生の為のお楽しみ会。

タキシードやイブニングドレスに身を包み、普段とは見違えるほど紳士淑女になった学生達が、パーティーの開場を待っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

may ball 2シャンペン・ボールと題した今回のPembroke CollegeのMay Ball。

 

翌朝5時過ぎまで続く長〜いパーティのスタートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552009982184.jpg午後8時。

ディナーの準備が整った合図のゴーンというドラの音と共に、一同ゾロゾロとディナー会場のテントへ移動。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552083621889.jpg

サーモンのテリーヌ、フィレステーキ、クレーム・ビュルレ、チーズ各種、コーヒー、ミントチョコ、といかにもイギリスらしいディナーが終わる頃には既に日も暮れ、コレッジ内のあちこちのテントでは様々な催し物が始まっていました。

 

コレッジの建物は皆May Ball 独特の青、ピンク、グリーン、黄色などの照明に照らされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552107560415.jpg

学生の手描き垂れ幕。

 

日本の学祭みたい。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552135418629.jpg

こちらのテントではスコティッシュダンスをしています。

 

パンプスを脱ぎ捨てて裸足にロングドレスの女の子やキルト姿の男の子もチラホラ。

どんどん下がる外の気温とは裏腹に、テントの中はエンドレスに踊りまくる熱気で熱いくらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552226652298.jpg

フォトスポットのシャボン玉マシンの前ではしゃぐカップル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552261442154.jpg

こちらのコーナーではBouncing Castleが設営されています。

この他、クラシックやジャズのコンサート、ロックコンサート、クラブ系ダンス、コメディ、マジック、カジノ等など朝までアトラクションがいっぱい。食べ物もハンバーガーやピザからお寿司に至るまで、豊富な種類のお酒と食べ物に長蛇の列。

「パーティの最後を見届けたいと言うお友達にエールを送って、私は途中でリタイア。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182552396006763.jpg

そして私が帰った後も頑張って残っていたお友達からの報告写真。

 

最後まで残った証しであるサバイバー・フォトの集合写真に写るために、翌朝5時過ぎそぞろ集まる学生達の姿。

蝶ネクタイもはずし、ちょっとやつれた感じのサバイバー

最後は我慢大会のようなパーティーだけど、皆様お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←クリック一回、よろしくお願い致します。

 ご協力、感謝いたしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jun 19, 2007
セント・ジョンズ・コレッジ チャペルコンサート

St John's college 1学年末試験が終了したこの時期のケンブリッジ大学の学生は、シビアなテストを乗り切ってホッとリラックスモード。

試験後の週はMay Weekと呼ばれ、各コレッジではチャペルコンサートやコレッジのお庭でシェークスピアの劇を上演したり、各種イベントが盛りだくさん。

最大の盛り上がりは有名なMay Ballというフォーマルパーティーですが、今晩はSt John's CollegeのMay Week Concertに行って来ました。

いつもはなかなか訪れる事のないSt John's College内のMerton Court。13世紀初めの建物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182209941836014.jpg

The Pythagoras Building

(ピタゴラスビルディング)

1200年頃の建物。

Merton Courtとこの建物のあるエリアは、400年以上前からSt John's Collegeの敷地であるにもかかわらず、つい最近(1959年)までOxford UniversityのMerton Collegeの所有物でした。(元々オックスフォード大学の学者の一部がケンブリッジに移ったという歴史的背景があるので)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182209985722399.jpg

セント・ジョンズのコレッジ内は、明日に控えたMay Ball の準備が着々と進んでいる様子。

 

普段ならフェロー以外は踏む事を許されない芝生がブルーのカーペットで覆われ、ネイティブアメリカンのテントのような物が設営されています。

 

きれいな青空ですが、ちなみに夜8時の空です。(今が一番日が長いからね。。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182210036565859.jpg

New Court

 

セント・ジョンズの学生はこんな建物に住めるなんて、羨ましい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182210069369093.jpg

コンサートに出演するセント・ジョンズ・コレッジの少年合唱団(Choir boys)

 

まだあどけない顔の子供達です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St John's chapel

St John's College Chapel

 

今晩はここで.ーケストラ、男性合唱団、オルガン、ぞ年合唱団、ゥーケストラ+男性合唱団+女子ソプラノ +女子メゾソプラノ+少年合唱団のコンサートの5部編成です。

教会内の写真はコレッジのホームページから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182218805663329.jpg

見事な天井画と全面のステンドグラスから差仕込む優しい光りは、時間と共に色合いを変えて暮れていきます。

 

ステンドグラスに描かれた鮮やかな聖書の中のシーンを眺めつつ、少年達の天使の歌声を聞いていると、この世の煩雑さを忘れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182218861047124.jpg 

すばらしい音楽を身近で楽しめるのも、大学の街ケンブリッジならでは。。。

(学生のコンサートはタダOR格安)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182210097814591.jpg

コンサートの後、お庭でワイン、沢山の種類のカナッペ、ソーセージロール、デザートのエクレアとフルーツタルト各種などが振舞われました。

 

セントジョンスと言えばこれ、ため息橋(Bridge of sighs)の夜景。

夜10時半。ようやく暗くなって来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182210141785256.jpg

明日のMay Ball用の照明で照らされて、一段と美しいNew Court

 

昼の姿よりさらにエレガント。。。

 

本当に学生の居住+勉強空間とは思えません。。。

 

お隣のトリニティー・コレッジ(コレッジの中で一番裕福なコレッジ)は今晩がMay Ball。

10時45分から花火が上がるというので、みんなバックスの芝生の上に集まって豪華な打ち上げ花火を楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182210169646471.jpg

 

 

 

 

 
 
1182210198801637.jpg
 
 
ハリーポッターの音楽で始まった花火。
夏の花火大会と違い、すいていて真上に大きく見えて最高!
今晩の花火はトリニティのおごり。
三日月さえもロマンティックにまたたく初夏の宵でした。
 
 
1182210223653400.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一クリックのご協力ありがとうございます。

 実は明後日、私もとあるMayBalに参加します!写真撮れるといいな!

Jun 18, 2007
メイ・バンプスレース結果

Head of the river  2007

最終日の土曜。一日中不安定なお天気の中、やっぱり結果が気になったので、お散歩がてらメイバンプスを観に行きました。

 

ちょうど女子、男子の第1ディビジョンの最終レースに間に合いました。

 

2007年のMay Bumpsの女子優勝チームは、ジーザスコレッジ。

 

コレッジの旗を掲げてスタート地点へ戻ります。(陸上で言うところのウィニングランの為)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182123000916091.jpg

そして男子のMay Bumps 優勝者Head of the riverは今年もゴンビル&キーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182123038415464.jpg

キーズのコックスもコレッジの旗を掲げて嬉しそう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182123065901637.jpg

こちらはレースの実況中継をしていたケンブリッジ大学ラジオステーションのDJ。

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1182123091432038.jpg

晴れているかと思ったら、急に雷がなったり、突然豪雨になったり、猫の目のようにコロコロ変わるイギリスらしいお天気のでしたが、虹の美しさとフレッシュな空気を堪能した午後でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日ワンクリックよろしくお願い致します。

  ご協力ありがとうございます。

Jun 15, 2007
ケンブリッジ大学ボートレース メイ・バンプス

start2007年のケンブリッジ大学 ボートレース”May Bumps"(May Races)の季節がやって来ました。

今年は6月13日〜16日の4日間。

 

180年以上の長い歴史を誇るボートレースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

May bumps cannon

アンティークなキャノン砲。

 

レース4分前、1分前、30秒前、スタート、と合図をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181773901432454.jpg

スタート直前の緊張の一瞬。

 

コックスがボートを岸につないでいた鎖をはずして手に持ち、岸から離れてスタートのドカンという合図を待ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トゥパス

川沿いのトゥパス。

 

ボートがスタートすると同時に、各チームのコーチを乗せた自転車や応援の人も一斉に走り出し、狭いTowpathはさながら障害物競走状態 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181774508601073.jpg

女子第4ディビジョンのレースを観戦していると、突然失速しているボートが。。。

 

どうやら中央のクルーのブレードが問題の様子。

どんどんスピードが落ち、後ろから追い上げるボートがどんどん迫ってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181774561892584.jpg

結局ブレードがコントロールきかずもたついているうちに、後方から追っていた青いシャツのダーウィン・コレッジのボートが追いついてBump

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181774606945909.jpg

Bumpに成功したチームのクルーは、岸の緑をちぎって月桂冠のように髪に差します。

明日のスタート順位が一つ上がるので嬉しそう

偶然にもクルーの一人がお友達の元ハウスメイトと分かり、ビックリ

明日からのレースも頑張ってね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガートン

クルー全員、髪の毛の色をコレッジカラーの緑と赤に染めて、気合たっぷりのガートンコレッジ・チーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

last

冬のレント・バンプスと違い、雨、雪、強風がないので、観戦している人達はみなピクニック気分で楽しんでいます。

 

最終日の土曜日、もしお天気が良ければまた観戦に来ようっとはじけるしぶきと、まばゆい光に魅せられたから。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←クリック一回よろしくお願い致します。

 ご協力ありがとうございます。

Jun 14, 2007
オープンガーデン in Histon & Impington

garden1バラをはじめ、沢山の花々が美しさを競いあうこの季節、ガーデニング王国イギリスでは、各地で自慢のお庭を一般公開しています。

 

ケンブリッジ北部から車で5分、自転車で20分のインピントンとヒストンという村では、16軒の家がオープンガーデンをしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767076399056.jpg「今日はどちらからいらしたの?」

 

とお庭の美しさに感嘆している私に優しく声をかけてくれた老婦人。

 

「ケンブリッジです。素敵なお庭ですね」

と答えると、

 

「お花だけでなく、果樹や野菜も育てているの。新鮮で健康にいいのよ!」

との言葉に何気なく胸のシールを見るとGarden Ownerと書いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767230553943.jpg

1800年から続くこの敷地の一角には、ビクトリア時代の屠殺小屋もあります。

(このバラのつたう小屋は屠殺小屋ではありません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

garden2

2軒目のおうちは、個人のお庭とは思えないほど広い敷地。

 

こちらのお庭ではお茶も楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767412318141.jpg

お庭には高貴な雰囲気を漂わせる猫ちゃんもいました。

2匹いるのが見えるかな?

 

なぜかフェリックスが気になるらしく、ずっと後ろからついて来ています。

 

フェリックスは犬、牛のみならず、猫にもストーカーされるのね。。。何故でしょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767441763352.jpg

ここのお庭の特徴は二つ。

 

ひとつはこの巨大なLondon Plane。

 

木陰は涼しく吹く風が心地よいです。

 

木漏れ日の下うとうと。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767489157718.jpg

そしてもうひとつの特徴はこの湖。

 

自宅の庭に湖

 

かわいらしい小船がゆらゆら揺れています。

 

この湖はかつてSamuel Pepysのおじに当たるTalbot Pepysの館Impington Hallの一部だったとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181767586705351.jpg

 

 

 

色とりどりのお花にうっとり。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

garden4

次のお庭は、かつてこの地域最大のジャム工場と果樹園だったChiver's一家の屋敷だったという家。

 

家の周囲を様々な種類のバラが取り囲んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181768113180446.jpg

迷路のようなお庭。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

garden4-2

 

自宅の庭を散策するだけで哲学者になれそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181768196898722.jpg

お庭でアジリティの自主トレができるなんて、なんて贅沢なわんこでしょう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181768287265160.jpg

こちらは自宅に風車のあるおうち。

 

このお庭ではPloughman's lunchとTeaも頂けます。

 

あまりの人気で私がたどり着いた時には既にランチは売り切れ

 

代わりにスコーンとキャロットケーキとミルクティを注文しました。

 

ランチを食べるよりカロリーが多くなったような。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181768395897327.jpg

どこからともなく近寄ってきた男の子。

 

家族と一緒にお茶をしていたのか、口の周りはチョコレートだらけ。。。

 

犬好きなのか、いきなり

なでなで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181768424537568.jpg

そして、

ハグハグ。。。

 

 

 

綺麗なお庭を堪能して、帰宅後自宅の庭の現実を見て、ふぅ。。。

ため息ひとつ

 

左の欄のマイフォトアルバムに14枚の花の写真を入れました。写真をクリックすると大きくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一クリックのご協力、よろしくお願い致します。

  ありがとうございます   

 

 

 

 

Jun 11, 2007
タウン&カントリーショー

steam engine1今年第一回目のケンブリッジ・タウン&カントリーショーが開催されました。

 

市長主催による新しいイベント。ケンブリッジ近郊のクラフトや食品販売、各種イベントが全てパーカーズ・ピースの広場に集結しました。

先日のストロベリーフェアと違い、ヒッピーも酔っ払いもいない(しかも夕方5時に終わる)健全な雰囲気!小さな子供のいる家族には最適のイベント

 

楽しそうなものが色々。。。何から見ようか?

まずは蒸気機関車の前でパチリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523518783631.jpg

すご〜い

展示だけでなく、乗せて動かしてくれるんだぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523541369800.jpg

こんな可愛らしい機関車も走っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Medieval craftman1

中世の村を再現したようなテントを発見

 

こちらは鍛冶屋さん。

 

大きなふいごで空気を送り、鉄を真っ赤に熱して叩いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523703029521.jpg

なにやらゴソゴソ袋から出しているのは弓矢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

knight1

こちらのお方は中世の騎士とお見うけします。

 

どうやらこれから出陣の身支度をされるご様子。

 

興味深く横で見ていると、

「チョッと持ってみる?はい!」

といきなり胸の部分の甲冑を手渡され。。。

「おっ、おも〜、持てない。。。」

11ストーン(約70kg)もあるのだそう。

 

こんな重いものを着てよく騎馬戦できるなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523829427276.jpg

 

まずは足から。。。

ひとつひとつのパーツを皮ひもで結んで身に着けていきます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523859445613.jpg

騎士が鎧兜を身に着けるデモンストレーションの間、当時の騎士がいかに戦い、いかに死と隣り合わせであったかをナレーションしてくれます。

 

彼の左胸に付いているのはThe House of Yorkの白バラでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523885074421.jpg

着る方も着せる方も汗だくです。

 

着付け担当の男性のメガネの、耳にかける部分が紐になっているこだわりよう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181523914800729.jpg時間もかかるし、着るだけで水分も消耗してしまいます。

 

ヘルメットをかぶる直前に、水かエールを飲んで脱水症状にならないようにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

knight6

デモンストレーションの後は撮影タイム

 

これだけ頑丈に身を固めていても、足の後ろ(動くために後ろは硬いプロテクトが無いので)を切られると、さしもの騎士も地面に倒れてしまう。

地面に倒れる=動けない=死

という過酷な運命。。。

 

でも戦い方としては、武士の一騎打ち同様、ハイテク兵器を使う現代のそれよりも、優雅で人間味がある気がする。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

medieval instruments

 

血なまぐさい歴史の後は優雅な中世の楽器の展示をしているテントを覗きます。

 

 

バイオリンとアコーデオンを足して2で割ったような不思議な形の楽器を発見。

下の取っ手をくるくる回しながらキーボードを叩くと、ノスタルジックな音色を奏でます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181524160648306.jpg

楽器の説明をしてくださったおじいさん。

 

傘や杖の取っ手のような形の笛も吹いてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181524198845904.jpg

フェリックスは中世のテントでリラックス。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

candles maker

キャンドル作りの職人さんもいました。

 

熱湯で湯煎したワックスの中につける事20回。右のボードに印をつけて数えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

herb

当時はお金持ちのためだけだったハーブ屋さん。

 

お得意様である領主や貴族の為にポプリを作ったり色々調合します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

falconry

「うちの犬は私が中世の衣装を着ると吼えるのよ!」

と話しかけてきたお姉さんとパチリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

falconry1

鷹のショー。

「おいで!」

と呼ばれたら、トコトコ地面を歩いて来る姿がかわいらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Punch & Judy

人形劇の定番といえば、パンチ&ジュディ。

元祖パペットマペット

 

大人も子供もベタなネタで大騒ぎ。。。

 

「みんなパンチはどこ〜?」

「後ろ〜」

「え〜?いないじゃなぁい」そこを後ろから殴られて

「イタタ!」

みたいなお約束ギャグです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181525804620400.jpg

お話の内容は赤ちゃんをソーセージにしちゃう。。。というかなりグロテスクなお話でびっくり。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

the sheep show

 

 

 

こちらは羊のショー。

 

全部違う種類の羊が舞台に上がり、曲と共に左右に揺れながら踊ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181525954782154.jpg

羊のダンスの後は羊刈りのデモンストレーション。

 

羊は仰向けにされた途端おとなしくなるのだそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181526002332545.jpg

すっきりきれいに刈られたウール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181526042397776.jpg

羊のショーのお次はシープドッグのショー。

 

羊飼いの指示に従いながら、上手に羊たちを誘導します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181526080102403.jpg

飲食屋台やクラフト販売のテントなどの他に、ファンフェア(移動遊園地)の乗り物も沢山ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181526121003730.jpg

沢山のわんこに会って遊んだり、色んな人になでられた一日でした。

 

あ〜よく遊んだ来年もまたあるといいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←一日一回クリックのご協力ありがとうございます。

 とてもとても感謝しています。

 

Jun 08, 2007
犬連れボート・セイリング

sailing16月にしては肌寒い曇り空の下ですが、「犬と一緒に舟遊びをしよう!」ということで、今日はお友達のモーターボートに乗って川を下りながらピクニックに行くことになりました。

 

まずは本日一緒に行くお友達わんこエリーちゃんを迎えに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218493306618.jpgこちらが本日乗船するボートDabchick号

(ダブチック=カイツブリ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218563577455.jpgこちらはブログ2度目の登場エリーちゃん(3歳) 初登場は2月1日「ラブなのに」

別名 トビウオ・エリー

 

驚異のお鼻と抜群の泳力を持つイングリッシュスプリンガースパニエルのおきゃんな女の子。

 

水鳥を見つけると、冷たい水もなんのその、弾丸のように飛び込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218802977103.jpg

で、こちらが本日の船長さん。

キャプテン・エルフ

 

本日の同乗者はみな○年前のお嬢様方←みのもんた?

 

英国の年配女性はみな元気溌剌で勇ましいです。

 

行動力ある彼女達はとても頼もしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218644382995.jpg

サンドイッチに果物、ケーキやワイン、ウィスキーまで積み込んで、いざ出航

 

イーリーのカッターインの前のマリーナから出発して、今日はThe River Ouseをケンブリッジと反対方向へ進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218714523907.jpg

午後から晴れるという予報は当たりそうもないけれど、しっかり防寒してさぁ出発。

 

フェリックスは船尾で風に吹かれております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218872630436.jpg

いつもは岸辺から眺めている鳥達の姿だけれど、こうして川の中から彼らと同じ流れの中で見る景色は、今までとはひと味違ってとても新鮮です。

 

キャプテンはバードウォッチングが趣味なので、双眼鏡で飛ぶ鳥や遠くの鳥の名前を教えてくれるけれど、ちっとも覚えられない私。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181218943823838.jpg

あっ、これなら知ってる

 

あひる

 

お風呂の中のおもちゃみたい。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219014456925.jpg

船上でくつろぐエリー嬢。

 

川面を渡る風が気持ちいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219150455836.jpg

一方こちらは船室の窓から景色を楽しむフェリックス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219292244510.jpg

キッチンには、おままごとのようなガスレンジがついています。

 

早速お湯を沸かしてフルーツケーキを切って、熱々ミルクティで第一回目のティータイム。

 

寒い屋外では熱い紅茶が一番!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219365181255.jpg

水路の標識。

 

分かれ道、どっちに行こう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219413368666.jpg

目の前に広がる湿地帯は水鳥達のサンクチュアリー。

 

エリーちゃん、狩猟犬の血が騒ぎます

 

お願いだから、飛び込まないでね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219466827834.jpg

「エリーちゃん、何をそんなに熱心に見ているのぉ?」

 

「・・・」

 

「ねぇ、ねぇ、何が見えるのぉ?」

 

弾丸娘エリーちゃんと臆病者フェリックス、全然性格が違うけれど、仲良く並んで船旅を満喫しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219566777463.jpg

リトルポートの村にやって来ました。

 

ナローボートやモーターボートで訪れる人の為に、岸辺には看板が立っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219653646659.jpg

ここらでちょっと一休み。

 

上陸してピクニック・ランチに致しましょう。

 

対岸にはナローボートが停泊しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181219979396508.jpg

「すみませ〜ん、サンドイッチのおかわりとデザートのチェリー下さいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181220101316960.jpgお腹いっぱいになったところで、エリーちゃんとフェリックスはそのまま陸に上がり食後のお散歩を楽しみました。

 

「じゃぁ、30分後に合流ね

ということで、ボートは先へ進み私達は川沿いに土手をテクテクテク。。。。

 

ところが合流地点で待っていても、いっこうに姿を現さないダブチック号

どうしちゃったのかなぁこんなところに取り残されても、イーリーまで歩いて戻るなんて遠いし。。。

ポケットの中のチョコレートをエリーちゃんの飼い主さんと分けて、心細く待つこと一時間弱。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181220168384860.jpg

やっとボートが戻ってきました。

 

どうやら途中でエンジンが突然ストップして、全くかからなくなってしまったらしく、立ち往生していたのだとか。

たまたま通りかかった親切なボートに助けてもらい、原因である水草茂る場所から無事脱出できたそう。

 

あ〜良かったぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181220229116063.jpg

私達の不安をなんとなく感じとっていたエリーちゃんとフェリックスも、ボートに戻るとホッとした様子。

安心したら、なんだか眠たくなってきた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181220287717937.jpg

ちょっとしたハプニングも冒険には良いスパイス

 

結局最後までお日様は顔を出さなかったけれど、フェリックスにとっては初めての舟遊び、とても楽しい一日でした。

 

でも臆病者のビビリ・フェリックスは桟橋とボートの間の溝が怖くて、乗り降りの度に腰が引けて「ヒィ〜ン、ヒィ〜ン」って鳴いてなかなかジャンプできませんでした。

結局乗り降りの度にみんなにお尻を持ち上げてもらって乗り込んで、エリーちゃんや見ている人に笑われた!、というお話は内緒。。。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←寒くてお天気が悪くても、全く気にせずアウトドアを楽しめるようになって来たから、そろそろイギリス気質を身に付けたかな?

           クリックよろしくお願い致します。

 

 

Jun 06, 2007
イングリッシュ・ローズ

Felix & roses

6月はバラの美しい季節。

あちこちのローズガーデン巡りをするのも楽しいです。

 

ふと散歩から帰ってきて、我が家の生垣の外側にパステルピンクのバラが沢山咲いていることに気づきました。

 

生垣の内側である庭にはあまり咲いていないので気にもとめていなかったけれど、彼女達は庭の外に向かって伸びていたのでした。

 

去年はまだこの家に住んでいなかったので、こんなに見事なバラが咲くとは知りませんでした。

しかも誰も通らない目立たぬ場所に。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181058132541847.jpg

2メートルくらいある生垣を超えて、滝のようにつたい降りてくるバラたち。

 

見る者がいなくても、それぞれ精一杯咲き誇る姿に感動。。。

 

もっと沢山の人が通るところに咲いていたら、もっと多くの人の目を楽しませることが出来たのに、残念ねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1181058159522850.jpg

正面の赤いバラもどんどん花が開き、花の重みで枝がたわんでバラのトンネルのようになってきました。

 

はたしてこの2種類のバラの木、どうやってお世話して上げたら良いのでしょう?・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←切り花のバラと違い、木のバラを切るのは難しそう。。。

  クリックのご協力ありがとうございます。

Jun 03, 2007
ストロベリー・フェア

Strawbbery fair 1初夏らしい穏やかなお天気に恵まれた週末。

普段ならひと気のない家の前の道がにわかに騒がしく、なにやら皆同じ方向へ歩いていきます。

家族連れも、カップルも、わんこもみんな足早に向かう先は?。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861569204210.jpg

タウンの中心にある広場のひとつミッドサマーコモンで開催されているストロベリーフェア。

 

いちごの食べ放題を連想しそうですが、毎年6月最初の週末に開催される地元のお祭りのひとつ。

のろしのようにモクモク上がるBBQの煙も見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861593496600.jpg

先日ここで行われていた移動遊園地Fun Fairの時は家族連れかティーンエイジャーばかりだったけれど、ストロベリーフェアーはまさに老若男女が集まり、人人人。。。

一番の違いはタトゥーをいれているおじさん、お兄さん達の多さ

ストロベリーフェアーという名前は可愛いけれど、チョッとイメージが違うような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861615465660.jpg

唯一見つけたストロベリーはこのテントの上でした。

 

でもイチゴの即売所ではなく、ハンバーガー、チキン、フライドポテト販売のテント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861668248870.jpg

BBQやタイ料理、中華、ケバブなどの食べ物の販売だけでなく、いくつかのテントではライブも楽しめます。

 

こちらは英国版はなわ?

ギターをかき鳴らして思いのたけを叫んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861694610356.jpg

こちらのステージではおやじバンドのライブ。

 

みんな草の上に寝転びながらピクニック気分。

サンドイッチをほお張り飲み物を飲み、一部の”困ったチャン”はタバコ以外のものをパフパフ吸って。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861719847112.jpg

聞いているだけでは飽き足らないオーディエンスは踊りだし。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861745706059.jpg

動物たちも楽しげ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861773855330.jpg

雨が降ったらどうするんだろう?

とひとごとながら心配になったぬいぐるみやさん。

 

たぶん、何が降ってこようと、このまま店を続けるのだろうけど。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861642652964.jpg

ヒッピーみたいな格好をしている大人も見かけたけれど、フェアリーの格好をしている若い子たちも見かけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861821078665.jpg

きれいな布のお店

アフリカ、ジャマイカ、インド、

カリビアン、などなどエスニックなお店も沢山ありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861856682654.jpg

フェアリー姿の女の子が着ていたような羽のかざりやドレスのお店。

仮装専門店?

熱心に品定めをするおじさん。

娘さんへのプレゼントであることを祈ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861895057436.jpg

5ポンド均一の帽子屋さん。

 

可愛い帽子から、Silly hat

まで豊富な品揃え。

Mad Hatter?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861953456492.jpg

どれか一つ欲しくなったのでチョッと物色中。。。

フェリ、どれがいいと思う?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180861981610948.jpg

子供連れも多いけれど、わんこ連れも沢山います。

 

酔っ払った飼い主に存在を忘れられたのか?

迷子ならぬ迷い犬も続出。。。

 

このわんこはハァハァいいながらあてもなくさ迷っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180862006150211.jpg

 

というか、フェリックスを気に入ったのかフェリックスの後をストーカーのようにずっとついて来ます。

 

私がレゲーの流れるジャマイカンのお店をのぞいている間も、半径1メートル以内にはかならずポチが。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180862295249791.jpg

セキュリティスタッフを見つけたので、「迷い犬ポチがついて来てしまうので帰れないんだけど、ポチを預かってくれますか?」と相談しても、ははは!ほっとけば?と一笑。

困ったなぁ。。。

わっ!セキュリティーのおじさんの頭にもタトゥー

髪の毛伸びたら見えなくなるから、お手入れ大変でしょうねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180862155792021.jpg

何度もポチをまく作戦に失敗したものの、なんとかポチが他のわんこに気を取られている隙にフェアーを脱出!

 

会場の横を流れるケム川のほとりにも沢山の人が初夏の日差しを楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180862203150070.jpg

で、本日の戦利品は。。。

 

刺繍が可愛くて買ったカラフルパーカー。

 

モデルさんのものではなく、私用。念のため。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180862230984452.jpg

これはモデルさんも共用できそうな、Silly Hat

 

動くと小さな鈴が鳴って、気分はJolly Joker

 

 

「昔のストロベリーフェアーはもっと和気藹々と歌も踊りももっとおとなしくて、ローカルの手作りクラフトやチャリティーストアが店を出す、のどかなフェアーだったのに。。。今ではドラッグや酔っ払いの問題やゴミ問題で近隣住人は迷惑よ!」

とGood old daysを懐かしんでお嘆きの方もおられますが、なかなかライブリーなフェアーで楽しい一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←毎度ご協力ありがとうございます。

 クリック一回、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

Jun 02, 2007
ケンブリッジ大学セントジョンズコレッジ

1180565987484351.jpgケンブリッジ大学のコレッジの中でもトリニティコレッジについで大所帯のコレッジであるセントジョンズコレッジの見学ツアーに参加しました。

 

もともと13世紀初頭からこの地にあったセントジョンズ・ホスピタルの敷地にコレッジを創ろうとしたのがジョン・フィッシャー(Bishop John Fisher)

彼はヘンリー7世の母親であるレイディ・マーガレット・ビューフォート(The Lady Margaret Beaufort)の友人だったので、彼女にコレッジ創設を薦め、1509年に亡くなった彼女の死後2年経った1511年にようやく正式にコレッジとして認められました。

 

つまりセント・ジョンズ・コレッジの名の由来はその土地にあった病院の名前。

 

このセント・ジョンズ・コレッジのメインゲイトタワーを見ると、その歴史が分かります。

 昔はこのタワーの一番上の部屋に、大切な書類や貴重品を保管していたのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

1180566121714893.jpg

上部の彫像はセント・ジョンズSt.John the Evangelist)

日本語で言うところの「聖書の福音書を書いた聖ヨハネ」イエス・キリストに洗礼を授けたイエスの従兄弟の洗者ヨハネとは別

その下に見えるのがコレッジの紋章

想像上の生き物2匹のYalesに守られたレイディ・マーガレットの紋章です。

左上の赤いバラはビューフォート家のシンボルであるランカスターの赤いバラ。右上の引き上げ式門はレディ・マーガレットの子孫がチューダー朝で多々使用したシンボル。

周囲の白い花はレイディ・マーガレットを表すマーガレットの花模様。

青紫の小さな花は勿忘草Forget me not。これはコレッジのモットー(フランス語のDo not forget)からのイメージ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180697760597755.jpg聖ヨハネの像をアップにすると、足元に鷲がいて、左手にはミサでぶどう酒を入れるカリス(聖餐杯)を持っており、その杯から蛇が這い出ているのが分かります。

ワシはSt.John

のシンボルであることと、杯から蛇が這い出ているのは、St.John(聖ヨハネ)がぶどう酒の中に毒を盛られたが、その毒を蛇の姿に変えて杯から追い出して毒に犯されることなくぶどう酒を飲んだという逸話に基づいており、この像がSt.John the Evangelist(福音の聖ヨハネ)であることを表現しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1180565864456672.jpg

メインゲートをくぐると右手にあるのがチャペル。

 

本来ならコレッジの偉い人(フェロー以上)しか足を踏み入れてはいけない芝生の上を歩かせて頂き、みな大興奮

 

芝生の上には最初にあった13世紀の病院や教会の土台の石が残っています。

芝生の中から見上げたコレッジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

St.John's ギャラリーダイニング

 

Second courtのギャラリーと呼ばれるコンビネーションルーム。

フェロー達のダイニングとして使用されます。

特別な夜には壁とテーブルの上の銀の燭台にろうそくがともされ、幻想的なディナーを楽しめるのだそう。←説明してくださったコレッジのフェローは、ウットリしながらそうおっしゃっていました。先生ロマンチストなのね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m1180514732029350.jpg

ギャラリーにあった金庫。

持ち去ろうにも重過ぎて動かせない金庫。

しかも3つの錠にはそれぞれ違う鍵が付いており、コレッジの偉い人3人別々に保管しているため、この金庫を開けるにはその3人が同時に居合わせなければ開錠できないという仕組み。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブラリーの鍵

不気味ともいえる笑いを浮かべ、チョッと見ホラー映画のキャラクターみたいなおじさんですが、彼の持っているこの大きな古い鍵で重厚な扉を開けると、そこは立派なライブラリー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライブラリー

羊皮紙や牛皮紙に書かれた古い本、

2センチしかない小さな本、60センチくらいある大きなラテン語の歌本、等など。。。古い本の匂いに包まれただけで、チョット知恵を授かったような気分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Library Oriental Window

ライブラリーにあるステンドグラスの出窓。

 

以前パンティングをした際、川から見上げていた美しい窓。

思ったとおり繊細な光りが、しーんとしたライブラリーに優しく差し込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fisher cresta

ある建物についていた創設者フィッシャー(John Fisher)のマーク。

右に見えるのが魚Fish。

Fish here

→Fisher

のダジャレらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Master's lodge chair

あちらこちら見学をした後は、コレッジのマスター夫人によるお茶会。

 

マスターズロッジのあちこちに何気なく置かれている調度品は、どれも重厚感あるアンティークばかり。

 

椅子のクッションにもコレッジのマークを発見。

 

マスター夫人のお茶会だから、もしかして美味しいアフタヌーンティが頂けるの?と期待していたのだけれど、お菓子は市販のビスケットでチョッと残念。。。

とは言え”すばらしいお部屋での楽しい会話が何よりのおもてなし”という感じが、まさにイギリス的だなぁ。。。と感じた午後でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスバーナー←今週はパソコンにバカにされているのか、言うことを聞いてもらえなかったから久々のブログだわぁ!

本日もクリック一回、よろしくお願い致します。