食いしん坊ビーグルの拾い食い日記

January, 2011
-
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
PROFILE
ゴッティ☆プロフェッサー(飼い主)

ナッティ★プロフェッサー(♀) 03.11.13 岐阜県生まれ    大阪在住 現在8.9キロ

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Jan 06, 2011
年に願いを・・・。

明けまして、おめでとうございます。

気付けば歳くって、歳越しちゃいました。。。な

 

2011年ですか、ウサギ年ですか、でも結局良い年になる事を願うだけで。。。

 

ここ半年、ブログをさぼり、仕事をがんばり、また天狗になり、ブログをさぼりを繰り返し、11月に36歳になりましたが、財布が新しくなったくらいで、税金が安くなるわけでもなく。。。

 

書く事も相変わらず、相変わらずナッティと僕の場合はワンダフルな日々である。

 

1294303604012232.jpg

 

相変わらずコミカルでポップなショーを繰り出す愛犬に、愛想笑いを忘れちまう犬飼いである。

 

今年に願うのは、また、してもであるが、ナッティが健康かつ元気で過ごせたら、と願う。

 

また時間があればナッティと僕の大冒険を大げさに書きしたためるとしよう。

 

また、それを見て少しでも愉快な気持ちになれれば、と思う。

スポンサード リンク
Sep 27, 2010
1000円トラベラー

梅雨の休日に愛車が車検、代車はインサイトでETC装備、人のフンドシでなんて考えず、ここぞとばかりに日帰りトラベラー、新車の匂いプンプンの車内に乗り込み、トリオでGO!

 

行先は、鳥取・徳島・香川・静岡・愛知・・・とりあえず片道4時間を前日にリストアップ、天気予報ではほとんどが雨・雨・雨の100パーセント、しかし、唯一50%のエリアが!

 

で、向かった先は北陸 “ 金沢 ” ノドグロが旬と聞きつけ朝食にシ―スーをと午前4時に出動であった。。。

 

1285574474861050.jpg

 

福井県に突入して休憩、曇りながらも雨は止み。。。予報士のスゴさを初めて体感、サービスエリアも外に出れたりのアバウトな作りで、近所の河原でボール遊び。。。

 

1285574467051403.jpg

 

で、たどり着いたのは近江町市場、8時過ぎなんで人はパラパラ、魚の匂いにナッティは大喜び、で、向かったのは。。。

 

1285574459788333.jpg

 

有名なお寿司屋さん、自らさんづけはともかく、新鮮な魚をムシャムシャであった。お値段も特上にぎりが3500円、安い!が・・・。

 

地元の魚が全てオプション別料金、ノドグロの炙りやガスエビなど別料金でしかも、食べたくなるだの遠まわしの誘い文句にイライラ、関西では流行らん!職人なら自信のあるうまいもん、喰わしたいもん喰わせんかい!とは言えず、店を後に。。。

 

1285574452934393.jpg

 

で、ナッティのお散歩、兼六園や金沢城的なところは犬禁、しかたなく城の周りをローリング、たどり着いたのは石川県立美術館、内にある “ ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ ” 辻口シェフが故郷に錦を飾るお店である。

 

1285574482237038.jpg

 

東京と変わらぬいで立ちに、全く変わらないお値段、加賀百万石のセレブたちの太っ腹に便乗の営業であった。

 

和洋スイーツのフルコースを味わえるカフェは満席に行列、とりあえずテイクアウトのお土産を買い、帰って食べたがうまい、やはり関西人アイ的には、安くてうまいもんだが、一手間かけたもんでこの値段ならアリかな、って思う。

 

1285574490742329.jpg

 

で、ナッティは店の周りで大はしゃぎ、しかしいきなりのお出かけに勉強不足もあるが、あまり犬飼いスポットは見当たらずであった。

 

また次回、調べてから自前の車で訪れるとしよう。

 

しかし1000円でどこまでも?ってな認識だったが、街を脱出するのと、公団のシマ争いでだいぶかかった気が・・・。

 

 

 

Sep 20, 2010
S・O・S!

とりあえず何から書きしたためれば良いか、記念日とか仕事からむんでヒミツにして、ソロ活動をポロり。。。

 

久しぶりにアメリカ村に入国、街を歩けば100円Tや激安コスメ、不況のあおりを喰らってか、クソガキどももオシャレより着れれば的なセコい商売、いかんいかん、日本の未来がダサダサである。

 

最低賃金は上がってんだから、働いて無駄遣いをして働いて、流行は流れてナンボである。ってこんな事言い出したって事は、おっさんかもであるが、僕の知ってるアメ村も古き良き時代だったのかもである。

 

1284987742416174.jpg

 

で、ここに来た目的はロックンロールマジックショー、ザ・50回転ズのライブを拝みにグローリーグローリーグローリー。。。

 

1人でもつい来てしまうのは、彼らのパフォーマンスにほんの2,3日の元気をもらい、ほんの2,3時間だが何もかも忘れて楽しい気分になってって、これこれ、これこそが無駄遣いかもであるが、TUTAYAでは借りれないし、壊れかけのレデェオでは聞けない、ここでしか聞けない生音源である。

 

ファンが少ないのも事実なんで、一票の重みは重大、行ける範囲でまた足を運ぶとしよう。。。

 

1284987749928688.jpg

 

で、この日のごはんは“ 宮田麺児 ” 開店して間もないころで撮影中で人がゾロゾロ。。。

 

1284987764078280.jpg

 

で、宮田麺児もやってきてご挨拶、思ってたより小さく、しかし濃さはテレビジョンで見るのと変わらずであった。

 

1284987756953807.jpg

 

で、そのお味は、、、確かに麦の香りがプ〜ン、味も麦麦しいT5つのお味であった。

 

うまいもん腹いっぱいでおさらばブギウギ、何だかんだ言っても思い出したらエエ話、またどこかで50回転するとしよう。

 

Sep 19, 2010
ついたらすぐいる?

暑かった夏も終わりに近づき、朝晩と秋の気配がソロリ、ソロリ、ブログをサボること季が変わり、が、しかし暑い夏も愛犬との思い出は作られ、物語はまだまだ続くのである。

 

1284899884496013.jpg

 

恒例のケラケラドームのイベントや。。。

 

1284899806534134.jpg

 

トリオでの墓荒らし。。。

 

1284899922067698.jpg

 

1284899931794808.jpg

 

1300年の歴史をまたしても感じつつ。。。

 

1284899911586506.jpg

 

100時間のカレーを味わいつつ。。。

 

その他たまり過ぎて書き記すのがメンドーなぐらいトリオの冒険は今も続いている。

 

僕の仕事があまりにもデカくなり、たしかにテングになっているが、ナッティと僕の場合は終わらない、そことここにある命がある間は。。。

 

この数か月、チラチラとのぞいてくれてた方々、たまたまかもですが、嬉しくない訳なかろうもんです。

 

相変わらず自分勝手な独り言ですが、物語を物語り、それを見て愉快な気持ちになれたらな、と思います。

 

ではでは、日はまた昇り繰り返すとしよう。。。

May 27, 2010
2億4千万の桜 〜億千本×億千本〜

もう5月も終わろうかという時期であるが、1ヶ月前の今頃トリオでお出かけ、向かった先は奈良吉野、今年のお花見はいつかは、って言って行けてなかった吉野であった。

 

もちろんシーズンど真ん中、朝1番でも吉野山駐車場は満車、ナッティをゲージに入れバスに揺られて中千本×奥千本。。。

 

1274925376640981.jpg

 

降り立つナッティの背中に見える桜吹雪、サクラ、サクラ、サクラ、ピンクに染まった山々が、僕らを迎え入れてくれた。

 

1274925384138025.jpg

 

ただのハイキングコースもこの時期は原宿のごとく人・人・人、商いが行われ活気にあふれていた。

 

1274925394686375.jpg

 

1274925403702648.jpg

 

1274925411658917.jpg

 

咲き誇る桜も素晴らしいが、豪雨のように散りゆく花びらが、でら美しかった。ナッティの抜け毛のように、こんなに散ってもまだ花が残り、億千本の桜の勢いに圧倒であった。

 

1274925419898234.jpg

 

野山を駆けまわり疲れたのか、下山のバスでは大揺れでもバタりであった。で、お土産を求めて次なる港へ。。。

 

1274925427207514.jpg

 

訪れたのは大淀の道の駅、出迎えてくれたのはせんとくん、観光客で盛り上がるも、野菜などは他県もんばかりで、大したもんはなかった。やはり自賛自称でも地元産である。

 

1274925434871051.jpg

 

で、次に立ち寄ったのは、飛鳥エリア、歴史を削った古い古い遺跡の町である。

 

1274925443157160.jpg

 

1274925450421283.jpg

 

1274925457286729.jpg

 

不謹慎であるが、墓の内部や周りをケラケラとお散歩であった。大自然と古代の日本の風景に大満足の旅路であった。

 

が、奈良にウマいもんはない!、関西では良くいわれることであるが、最多を誇る道の駅、未知なる遭遇を期待して次の旅は。。。

May 18, 2010
渋谷でゴチ

師匠の待つ渋谷に到着、若者の波に立ち向かう僕を応援してか、100%の勇気がふりそそいでいた。

 

1273746223445538.jpg

 

で、5時まで20分ぐらい、とりあえず渋谷土産と。。。

 

1273746216367406.jpg

 

訪れたのは名店 “ ヴィロン ” パン・ケーキ・カフェとあり、敷居が高く感じるのは表向きだけ、店内は温かみがある感じであった。

 

バゲットレトロドールと数点購入し、後日頂いたが、実にウマウマし、見た目カッコつけたハード系が多く、僕的にはどうかと思っていたが、気どった感じが特になく、誰となく好まれる大衆の味であった。

 

で、再びハチ公前に5時師匠と合流し、目的地へ。。。訪れたのは、僕と同じ4月から東京で働く師匠の息子さんのお店であった。

 

関西で様々な形態で出店する会社で、今回初の東京進出に息子さんが現場見習いとして、働いている姿を一目見たい、それが本音であろう、「ついでちょっと」という言葉には、親バカ心がギッシリであった。

 

息子さんは3月末まで弊社で勤めていたが、新たな船出に見知らぬ業界へとどんぶらこ、師匠と言えど親としては心配なのであろう。

 

店に着くと以前よりはるかにエエ顔した息子さんがお出迎え、ややテレながらもご予約のお客様とよそよそしくご案内であった。

 

交わす言葉は少なくとも、見ている僕がじんわりであった。張り切る息子に満面の笑みで見てるだけ、ただそれだけだがドラマを感じた。

 

息子さんは以前より明るく声がデカくなっており、見習いながら一生懸命の接客、僕もがんばらなくては、と連動する限りであった。

 

デジカメを忍ばせていた師匠に、せっかくだから記念写真を、と忙しいスタッフを捕まえてパチり、親そして子、僕の知らない世界がまたここにあるんだな、そう思った。

 

1273746198437671.jpg

 

親子を交え写真を撮りつ撮られつが繰り広げられ、写真嫌いな僕もダイヤモンドガール達とパチリ、気付けば満面の笑みであった。

 

最後はあっけないお別れであったが、心の中からがんばれって言っているってな躍動がメラメラであった。

 

僕がゴチになったのは、酒代なんて数えれるもんじゃなく、また違った絆の形であった。

 

さて、僕にとっても新たな船出、息子さんに負けじとどんぶらこ、どんぶらこ

May 13, 2010
セルフ販促

4月1日、貼り出された紙切れに僕の名前が。。。

 

またしても紙切れ一枚で西へ東へ、そして紙切れ一枚で右往左往、僕は本社付の営業となった。

 

紙切れによると、僕の担当は営業トップの補佐役、良いように取れば右腕的な、現実は師匠につかえる弟子である。

 

しかし、僕は弟子入りを志願してでもご同行願いたく、そんなお師匠はんであり、僕はただただ、ついて勉強の日々である。

 

客先はデカ過ぎてここではおしゃべりできんが、いつの日か師匠に、あの客先お前にくれてやる、ってなお言葉を頂ける日を現実にするため、営業として商品、サービス以上に、自分を売りさばくこの頃である。

 

で、別れを告げた東京に、2週間たらずでコンニチハ、東京ビッグサイト的なところで開催されていた展示会へ、師匠に同行で出張であった。

 

1273746173812548.jpg

 

で、大規模な試食に試飲で腹ごしらえ、師匠に断りを入れ以前の部署のお客様にご挨拶へとゆりかもめにゆられてゆらりゆらり。。。

 

サンプル等、部活の一年のような荷物を抱え挨拶にむかう道中、ここ2年間の仕事を思い浮かべ、いい事も悪い事もあった、でも最後はさびしさがやってきて、みんないい人の記憶を刻んだ。

 

タンタンとかわす挨拶の言葉、ありふれたセリフの連続であるが、交わした握手の握力は、バイヤーと僕との絆の強さであった。

 

もちろんどこでどうめぐり会うかなんてもんは、12000万分の1なんてかんがえちゃあだめ、しっかりと自分を売りつけて焼きつけた。

 

シュールな気分で師匠が5時に待つ渋谷へ行く前に。。。

 

1273746183311991.jpg

 

銀座でお土産をと、イデミ・スギノへ。。。もちろんケーキは売り切れであったが、焼き菓子を買い、師匠が5時に待つ渋谷へ。。。

 

1273746190765032.jpg

 

って前に有楽町のサダハル・アオキでお土産を仕入れに。。。何度来てもここの店員は、モテない独男なら勘違いする接客であった。

 

で、今度こそ師匠が5時に待つ渋谷へ。。。

May 10, 2010
シャラ浜アドベンチャー

 

1273485216783770.jpg

 

残念なお宿にイジけつつ、ナッティ的にもあまりお気に召さなかったようで。。。スリッパの履き替えやカーティンじゃなくふすま、何を持って犬飼いを呼ぶのか、それはワールドワイドウェブにのせた架空の世界である。

 

ホネはゼロの宿であった。が、1つだけ、そう1つだけここにしかない花が咲いていた。それは、“ 温泉 ” であった。

 

源泉かけ流しの浴槽は、硫黄臭、不潔感極まりないが、ひとたび足を踏み入れるとでら熱く、何じゃこれはとビクリツするも、ヌメッた体がウソみたくウルウル、35回転目にして温泉の効能はこれかい!と痛感した。

 

今までの温泉がバスロマンと化し、出の悪いシャワーもオンリーワンなドライヤーも、湯気と消えにし、わが身かな、一期一会の名湯を堪能、朝ごはんなしのプランでドロンドロン。。。

 

1273485474872179.jpg

 

眠気覚ましに向かった先は三段壁、これまた大自然が創り上げた建造物に、恐怖すら覚える大スペクタクルであった。

 

1273485462619539.jpg

 

踏み外すと確実に死す、この恐怖感こそここにある命である。ビルディングから見降ろすとはまた違った景色が広がり、ここでしばし風を感じた。

 

1273485428244697.jpg

 

で、朝ごはん、何だかんだ言ってここしかなく、また切り目の入ったマグロがさばかれ、血を流す魚類を子供達は目を輝かせ見入った。

 

1273485418106664.jpg

 

朝ごはんはOh!トロ、何だかんだ言っても日本人にとってマグロは見せもんじゃなく喰いもんである。これがびっくりするほどウマ五つであった。海の幸を喰らい尽くし、シャラ浜を後にした。

 

1273485393700046.jpg

 

背後から襲いかかる武蔵坊も気にせず、野菜直売所よってってによってって、喰う・買う・散歩と大行進の旅路であった。

 

1273485440255787.jpg

 

シャララ浜と平草原公園以外、ほとんど犬同伴可で、今回はトリオでお祭りマンボであった。今回のお宿はノーサンキューであるが、良い宿を見つけてまた訪れるとしよう。

 

Apr 27, 2010
シャララ浜

続いてたどり着いた次の目的地は。。。

 

1272355620377826.jpg

 

円月島であった。正確に言うと見える沿岸部である。京都の寺みたく、何だかんだと入場料をとるスポットが多い中、ここは駐車場もタダ、ただ遊覧船が時折ウザいポジショニングであった。

 

大自然が創り上げたオブジェに関心×関心、次なる港へピーヒャラ×ピーヒャラ。。。

 

1272355629886406.jpg

 

訪れたのは、シャララ浜であった。ここはワイハのキキワイかと思っちゃうくらいの景色が広がり、ナッティも大はしゃぎであった。砂が白く眩しく、春を通り越して真夏と錯覚してしまうほど太陽がサンサンであった。

 

1272355641182654.jpg

 

が、しかし数時間後・・・。ペット禁止と気付く。。。皆さんも気をつけましょう。。。

 

1272355651319248.jpg

 

続いてやってきたのは、三段壁、これまた大自然が刻んだシワの数、ナッティと一緒にシワを数え歩いた。岩の壁があるとこと、

 

1272355661860029.jpg

 

岩のないところの風圧がでら違く、この風圧がシワを刻んだのであろう。しかし残念なことに自然に刻まれたシワよりも、人類が刻んだ落書きの方が多く目に入った。

 

1272355679980984.jpg

 

気を取り直して、地ビールである “ ナギサビール ”を調達、ここではお食事と生を楽しめるようでお客様がギッシリであった。地ビール情報も収集でき、次は肴をとウッ!ハアー×ウッ!ハアー。。。

 

1272355689062822.jpg

 

訪れたのはとれとれ市場、マグロ解体ショーでお金をとれとれ、どれどれと人は集まりだし。。。

 

1272355698896376.jpg

 

マイクパフォーマンスにのせて、あらかじめ切り目を入れたマグロを豪快にさばき、各部位を最初は格安、後半はそこそこの値段で売りさばいた。シーシェパードに噛みつかれないように。。。

 

何だかんだと見て回り、試食を繰り返し満足×満足、肴をしいれていざ宴会へと今夜のお宿へ。。。

 

1272355710125257.jpg

 

が、京都に引き続き、あえて名前は控えさせてもらうが、この日のお宿は、H.Pとでら違い、古さもさることながら設備・経営・サービス全てにおいて、思っていたヤツとは程遠いお宿であった。

 

うかつにも料理を豪華なオプション付きを頼んでおり、時が戻るなら素泊まりを選択であった。出された料理は決してマズくはないが、冷たく、仕事で帰りが遅い仮面夫婦の食卓のようであった。

 

とは言えナギサビールを飲んだらどーでもこーでも、亀田の試合を見逃すほど爆睡眠であった。。。

 

が、夜中の2時にナッティがソワソワ、霊的なオプションもあってかとにかく恐ろしい体験であった。

 

 

Apr 22, 2010
MO・TO・YA

試験とマラソンの疲れを癒す為、そして関西の春をわれ先にと、トリオで南へとワッショイ×ワッショイ。。。

 

で、いきなりの寄り道、梅にうるさいユウコが舵をきり、『 道の駅 南部川梅振興館 』 へ。。。

 

1271938728355616.jpg

 

出迎えてくれたのは、アートなかかしであった。ナッティも吠えかかる不気味なオブジェであった。

 

1271938769515414.jpg

 

気を取り直してまた寄り道、訪れたのは地元の新鮮な魚介類が手に入るお店 “ も・と・や ” であった。

 

1271938750728548.jpg

 

1271940907256289.jpg

 

新鮮なさかなくんがギョロギョロ、どれも生命が宿っており、食べモノというより生物であった。

 

1271938760168373.jpg

 

で、さっそくするめとさんま寿司をモグモグモグ、ウマ10本足のお味であった。干物と等を買い上げて店を後に。。。

 

1271938738857563.jpg

 

お店の裏にはキレイな海、大阪湾につながってる事がウソみたくキレイな海であった。しばし散歩を楽しんだ後、次なる港へバヒンッ!バヒンッ!

 

1271938778850148.jpg

 

この日のランチは、“ PIZZERIA PESCATORI ” 海が見えるサイコーのロケーションのお店である。

 

1271938792287937.jpg

 

クアトロフォルマッジをテイクアウトし、海を見ながらムシャムシャムシャ、新聞紙に包まれたそのお味は、まぁーまぁーまぁ、ここらじゃこれくらいで的なお味であった。

 

念のため申すと、決してマズく無いし、景色を含めここにしかないお味であった。

 

腹いっぱいで次なる港へ、ドスコイ×ドスコイ。。。

Apr 19, 2010
センチメンタル☆ジャーニー

今年度最後の東京出張、経費削減もあって願ったりかなったりの一人旅であった。

 

昇格したため、異動がささやかれる中、おそらく最後になるであろうと腹をくくっての上京であった。

 

1271670940110618.jpg

 

きつねやでホルモン丼を喰らいつつ、築地も中々来れなくなるなーって思うと、名古屋人好みのクソミソ味も、どこかセンチメンタルなお味であった。

 

会議はチャンチャンと終わり、別れの挨拶、もちろん相手先はいつものサヨナラであったが、僕的にはありがとうのサヨナラであった。

 

トリトンの橋の感触も、カモメも潮の香りも、これでしばらくと思うと。。。金さえだせばいつでも来れる、わかっちゃいるが、とにかくメンタル的にセンチであった。もう35歳なのに。

 

1271670963433330.jpg

 

お土産を買いにきた銀座も、

 

1271670948437622.jpg

 

松屋のガトーフェスタハラダの行列も、

 

1271670956034065.jpg

 

H&Mも、、、大阪に比べて行列が無いのもあるが、どこか寂しく感じた。両方とも東京では熱が若干冷めており、また暖かい流行がこの街で生まれるのであろう。

 

帰りの新幹線、どえらいモミあげの名古屋の老舗サービス業のえらいさんと意気投合、エビスビールと崎陽軒のシューマイを御馳走になり、東京ー名古屋間をしゃべり続けた。

 

イイ気分になってか、こんな出会いもあり、また東京に行く事もあるであろう。メガロポリスでも意外な再会とかあるかもだし、前向きに、新たな道へと旅するとしよう。

Apr 16, 2010
アフターマラソン

アカシアの風にふかれた前日、自由参加の名の下の会社行事、太閤haaanのお膝元リレーマラソンに参戦であった。

 

どんよりの寒の戻りの寒さでゾクゾク、にもかかわらず参加者達がゾロゾロであった。

 

フルマラソンの孤独な戦いとは違い、1周2辧■吋繊璽4人以上20人未満で42.195kmを、4時間以内の完走を目指す、団体競技である。

 

ド☆素人集団にとっては、4時間耐久レース、さらに今回は本社対支店のデスク対現場の道のりであった。

 

もちろんビール片手のお偉いはん方も、監督兼やからで参戦、それは健康を目的としたスポーツではなく、売上戦争に匹敵する戦場であった。

 

さらに親会社のごっついええスポーツ飲料Tシャツを支給され、練習不足なんて言わせないよと支給されたゼリー、ドリンクなどを飲み放題でゴクゴク、それはもう軽いドーピングであった。

 

1271394914212457.jpg

 

3分のリードのまま前々走者が走っており、全然勝ってると余裕の待機中、タスキを紛失とのイタイお知らせ、勝負はおろか失格の恐れが・・・。

 

大会スタッフが拾ってくれており、何とかレースに戻るも、1分逆にリードされて僕の出番が・・・。

 

練習はしていなくともたかが2km、足裏・ヒザが200mで痛くなるも、沿道に現れるワンカップ片手のお偉いはんの罵倒に圧倒され、気がつけば敵を抜き去る大金星であった。

 

レースの行方もさることながら、平●理●アナが隣にとの情報。確認したがカメラの先には明らかに違う若い女性が・・・。よくよく見ると僕らの待機所の隣にウキウキワクワクテレビジョンの女子アナチームが・・・。

 

あまりのオーラの無さに、レース終盤まで気づかず・・・。ミ●ネの相方なんていてたかいなや。。。

 

某テレビ局HP女子アナ動画で、確認を行い毒をはくイケメンズは僕ではありません。

 

何だかんだ言って3時間半過ぎに感動のゴール、僕らの勝利で4時間近いストーリーは終わった。

 

かのように思えたが、2時過ぎより京橋で打ち上げ、ディープな街だけに日曜朝から営業の居酒屋が当たり前のように営業であった。

 

その後3次会まで8時間、マラソンより長い道のりであった。酒を飲むために走るのか、それとも酒を飲むために走るのか。。。

 

深く考えなくても良い、また走りたい、ただそう思う。

Apr 02, 2010
アカシあの風に

前週末、京都南エリア野菜直売所で、対してええもんがなく、平和堂でお目当ての丸中醤油も買えずの恨みを晴らさんとばかりにトリオでお出かけ、向かった先は。。。

 

1270174847151439.jpg

 

神戸のはてにある “ 六甲のめぐみ ” 西日本最大級の直売所と聞きつけ、知ったからには行っとかないと。。。で、到着するとナッティもペロり、うまいもんを嗅ぎつけたのであろうか。

 

駐車場を含めると、それはすごいデカメロンであるが、建造物だけだとたいしてデカくないような。。。

 

で、内容は、神戸と言えどはてはド田舎のど真ん中で、自然の恵みを蓄えた野菜は大きく、色も良く、種類もたくさん置いてあり、野菜ソムリエでなくともウマい食材とわかる代物がズラりであった。

 

さらに神戸牛や神戸ワイン、やまがきハムなど地元のもんもおいてあり、なかなか見ごたえのある品揃えであった。

 

1270174854731226.jpg

 

で、そのお隣にある農業公園へ。。。この農業公園こそ、西日本最大では、と思うほどデカく、また人も少ない。。。バブルの負の遺産そのものであったが、犬飼い的にはでらうれしいシチュエーションであった。

 

1270174862720527.jpg

 

ワイン工場もあり、葡萄畑的なところも。。。

 

1270174869944094.jpg

 

で、さっそくワインの城へ、ふぁっふぁふぁ、ふあっふぁふぁ。。。

 

1270174877846228.jpg

 

残念ではあるが、建造物内犬禁であった。。。

 

1270174884594859.jpg

 

しかし、貯蔵庫的なところは半分屋外っぽいし、係員なんていないもんだから、ついつい愛犬同伴でウロウロであった。

 

1270174905526132.jpg

 

ワインの城の洋館もあれば、日本の古い農家もあり、全く計画がわからん、とりあえずハコもん建てとけ的なコンセプトだけは強く感じられた。

 

謎の25mプール跡でボートやゴーカート、さらにもともと動物いてました的なふれあい動物園的な施設も。。。

 

1270175019137661.jpg

 

サボテンのみの植物園も。。。室内熱っ!3分も居てられん!ここの温度維持だけでもケッコーな経費が。。。

 

さんざんつっこんであれだが、人も少なく(係員を含む)自然がいっぱいで、犬飼い的にはまた来たい施設であった。

 

1270175026839972.jpg

 

この日のランチはお隣明石の “ チーロ ” トリオでは2回目の来店である。

 

1270175036910505.jpg

 

犬禁のためテイクアウト、待つことしばし目の前に広がる明石海峡春景色が美しく、たこフェリーに乗って行きたい陽気であった。

 

1270175046019643.jpg

 

で、ピザ、クアトロフォルマッジのチーズが激減していた。決っしてマズくはなってないが、ケチくささに不満がつのった。最初からこの量なら何ともであるが、以前が以前だけに寂しさが感じられた。

 

1270175072013356.jpg

 

で、逆に前回寂かった魚の棚がどえらい盛り上がりであった。一歩路地に入ればってやつであるが、メインは人がゾロゾロであった。明石の地ビールをお土産に、タコのかまぼこと明石焼きを喰らったが、やはりタコがウマウマであった。

 

1270175055721478.jpg

 

ちょっとお高いが、丸ごとはいったタコのせんべいを購入、店の前にバーニーズが2匹、ナッティに襲いかかりそうなんで反対車線から記念撮影であった。

 

1270175124135665.jpg

 

シメに明石城をお散歩、桜が一本だけ咲いており、花見客もチラホラであった。今回のお出かけはナッティと全て一緒に行動できた。犬飼い的にはでらいいプランで、ぜひともま訪れたいものである。

 

で、さかのぼることこの日の前日。。。

Mar 30, 2010
平等in

立て続けであるがトリオでお出かけ、この日向かったのは京都宇治であった。目的は小粒であるが、ここに来てこそそこそこの町である。

 

1269957851787885.jpg

 

まずは宇治のみならず、京都一ウマいパン屋と言われるたま木亭へ。。。せませまの店舗にパンと客がビッシリ、名店の匂いがプンプンであった。

 

やはり狭い店内、次々とパンばさみで奪い合う光景に、つい買い過ぎる次第であった。

 

そのお味は、どれがどうってことはないが、そりゃウマいパンには間違いない!人それぞれ好みはあれど、マズいとは言わん、そんなパンが勢ぞろいであった。

 

1269957860667646.jpg

 

1269957868374432.jpg

 

続いて宇治界隈のお茶の名店をチェックチェック、見た目良さげで中身少ななお茶チョコを、バレンタインの不幸のチョコの返品にセレクト、思わぬ安あがりにニンマリであった。

 

1269957886886867.jpg

 

そして今回のお散歩スポットは平等院、2度目であるが犬可と知らず、前回はカゴの中であったが、今回はトリオでお散歩であった。

 

国宝や世界遺産など、営利目的の勲章にあやかり、犬を差別する神様仏様が多い中、マジであっぱれな寺院である。

 

もちろんナッティはうんこりんをころがしたが、拾って持ち帰りますよ〜と後をにごさずであった。

 

心の広い平等な神様仏様が増えるよう、とりあえずここの神様にお願いをして後にした。。。

 

1269957894873595.jpg

 

1269957901864187.jpg

 

そして周辺を散策、カモにカモられつつ、ナッティは嬉しそうに大行進であった。前回と違い、ドラクエ兇里瓦箸トリオでずっと冒険できて、ナッティも大満足の旅路であった。

 

1269957909591691.jpg

 

その後、京都南部の野菜直売所をチェックしたが、期待はずれの出来であった。。。

 

その悔しさを晴らすべく次の週末は。。。

 

 

Mar 24, 2010
続☆レッツゴー3匹

お受験戦争から解放され、戦争後遺症にならぬよう、安らぎを求めてトリオでお出かけ、向かった先はまたしても猪名川の道の駅であった。

 

開店前からスタンバイ、いつものように野菜を買占めた。ここまでの交通費を考えると、決して安い買いもんじゃないが、取れたてのワイルドな野菜は格別で、やはりここに来てこそである。

 

1269357013824759.jpg

 

いつもの一庫公園でお散歩、いつきても公園はキレイで人が少なく、人が少ないからゴミが少ないのかもだが、犬飼い的には安心してお散歩でき、この日も広い公園をもれなく散策であった。

 

何億円の資本をつぎ込まなくとも、自然そのものに山が土が森が、ナッティにとってはアトラクションであった。ここ最近深く思うが、自然が多い場所に行くとナッティは本当にうれしそうで、またその姿見たさに、この場所にやってくるのであろう。

 

1267592957434603.jpg

 

続いての港は探偵ナイトスクープで取り上げられた、人気パン屋からラーメン屋になり、大失敗してパン屋に戻った迷店 “ ベッカライ ” 名物のくるみパンは、食べたかどうか忘れてしまうほど記憶に薄いお味であった。

 

1267593117716528.jpg

 

気を取り直して次なる港へワッショイ×ワッショイ、この日のランチは真のナポリピザ協会に認定された池田の名店 “ パンチャ ピエーナ ” 、店は予約で満席、これはこれは期待が出来そうなオーラがメラメラであった。

 

店員の接客もなかなかじゃない、やはりウマいもん出す店は接客も店の味、その一つ一つがピザの味を左右するもんである。

 

どんなにうまかろうと、全無視の店なんてって思うし、店の思いやりこそも味の査定に入れるべき項目である。

 

1267592975482704.jpg

 

で、出来上がり、クアトロフォルマッジをムシャムシャムシャ、そのお味は、ウマウマであった。コンビニでコーラを買う間も惜しんで2、3枚いっちゃうウマさであった。

 

仕入、お散歩、ビーグルメ、お土産、プロフェッサー家のいつものお出かけであるが、開放感からかとても楽しかった。

 

全ては合格したからであるが、合格して得たものは昇格や昇給だけじゃなく、生活や休日にも直結していて、心のゆとり的なもんも大である。

 

もちろん家族にもつながっており、支えてくれた家族に感謝しつつ、お受験戦争は終わらないが、しばし別れを告げ、平和ボケなお出かけを繰り広げるとしよう。